ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

大赤字も超・納得「ジョン・カーター」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はジョン・カーターです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:愛おしい底抜け大失敗作


あらすじ


ジョン・カーター(テイラー・キッチュ)は甥のエドガーに一冊の本を残していた。
そこに記されていたのは、想像だにしないジョンの冒険譚だった。

13年前。
生きる目的を見失っていた元英雄のジョン・カーターは、未知の力により惑星・バルスームへと飛ばされる。





映画史上最高の赤字を出すとか出さないとかという噂が香ばしい本作。
きっと観たら意外に面白くて「赤字にするなんてとんでもない!」って言えるのだろうと予想していましたが、すみませんこりゃ赤字になるわと思えました

ま~いろいろと難点をあげてみましょう。


①ツッコミどころが満載

やべえってこれ。
もともと荒唐無稽な設定なので序盤はそんなに気にならなかったのですが、途中から脚本の大味っぷりがマイケル・ベイ臭を帯びてきます

ストーリーの主軸があっちこっちにぶれるので、どうにも盛り上がりません。
さらに終盤はすさまじいまでのゴリ押しっぷりで、ゲラゲラ笑って観ていたのですが、劇場で笑っていたのは自分だけでした。
すべりっぷりもマイケルさんらしいですね。


②人物関係が意外と複雑な上に浅い

惑星バルスームに暮らす人々の対立関係が少し複雑です。

・人間型の人種「ゾダンガ」と「ヘリウム」が対立
・異星人っぽい姿の「サーク」は第三勢力で、中立的な立場
・法衣姿の「マタイ・シャン(サーン)」はゾダンガに手を貸している

この構図を把握するのにちょっと時間がかかります。

それ自体はいいんだけど、それに反比例して人物描写が浅すぎます。
悪役はマタイ・シャン役のマーク・ストロング以外、恐ろしく魅力がありません


③固有名詞が多い。

カタカナのことばが大量に出てきますが、この把握がちょっと面倒です。
サークとかサーンとかイスとかその他もろもろが「どういう意味だっけ?」となりがち。
バルスームはバスルームと言いたくなります

主人公の呼び名も3種類もあるし、もう少し取捨選択できないもんかなあ・・・


④主人公の性格がアグレッシブ

主人公はひょんなことから未知の惑星で戦いに身を投じます。
そこの重力が低いため大ジャンプできたりと大活躍。
いわばコーヤコーヤ星に降り立ったのび太状態です。

でもちょっと野蛮すぎじゃ・・・
主人公らしい知的さはほとんどなく、そこらじゅうで暴れまくっている印象です。

この主人公の性格には肯定的な意見もあるし、納得できる部分も大いにあるんですけどね。


⑤この映画誰をターゲットにしてんのさ

少なくともあんまり家族向けでないことは確か。
ちょっと残酷なシーンもあったりします(日本では全年齢指定だけど、本国ではPG-13

異星人の造形も決して可愛らしいものではありません。むしろグロテスクです。
前述のとおり話も単純じゃないし、大人であっても観る人を選びます。

これだけお金をかけた超大作にもかかわらず、好き嫌いが分かれまくるであろう要素ばかりなのはどうかと思うんだけど。


でも個人的には、この映画そんなに嫌いになれません。
ツッコミどころは勢いで乗り切る力強さ、お金を湯水のように使った世界観とアクション、オチの意外性など見どころは満載です。

娯楽性の強さは「ファインディング・ニモ」「ウォーリー」を手がけたアンドリュー・スタントン監督ならでは。

同じくピクサー作品で名を挙げたブラッド・バード監督は「ミッションインポッシブル ゴースト・プロトコル」で大成功を収めているので、これに懲りずに実写映画を作っていってほしいですね。
でもこの映画の続編はポシャると思います(全3部作の予定です)。


原作はエドガー・ライス・バローズによる小説です。

エドガー・ライス バローズ
1890円
評価平均:
powered by yasuikamo
今までで一番面白かった本
ワクワクハラハラの世界!!
あこがれの英雄です

「スター・ウォーズ」や「アバター」に影響を与えたとされる作品で、今でも根強い人気を誇っています。
何度も映画化の話が出ては消えての状態だったので、今回の実写映画は「やっと」のことだったのです。
結果は見ての通りだったけど・・・


「大味ハリウッド底抜け大作」を期待する人には大いに楽しめるでしょうし、こんだけすがすがしいまでの失敗作を劇場で観れるのはこれが最初で最後かもしれません

自分は2Dで観たのですが、3Dを意識した画が多いので3Dで観る価値も十分あるでしょう。
劇場でジョン・カーターを観ようじゃありませんか!


*以下は結末も含めてネタバレです。むしろ突っ込みどころ↓
















はーい、いろいろツッコミどころをあげていきましょう。


~主人公捕まりすぎじゃね?~

バルスームに行く前からジョンは「パウエル大佐」に拉致られる→逃げるを3回繰り返しています

頭突き→逃げる→捕まる→窓割って逃げる→捕まる→パウエル大佐の馬をパクって逃げると非常にアグレッシブ。ギャグ?
「金で北軍の兵を買ってケツをひっぱたいてやるぜ!」と口も悪い。本当に主人公かこいつ。

それだけならまだしも、バルスームに行った後も身体能力が優れているはずなのに弾がかすっただけで気絶したり、タルス・タルカスに倒されたり、サーンに光線浴びて捕まったり、サークたちの村に戻ったら反乱が起きて捕まったり。
場面が切り替わるごとに捕まっているレベル。あんた一発でサーク人殺せるくらい身体能力高いんでしょ?

でもジョンは「誰もためにも戦わない」とも言っており、決して戦うことを望んでいない描写があるのはよかったです。まあ終盤暴力行為しまくりだけどな


~序盤から香ばしい~

サクサク進むのはいいけど、はじめっからかなり大味だよね。

・バルスーム(火星)の説明後、ジョン・カーターが死んだことがわかる

主人公の死から始まるとは思わなんだ・・・
何故ジョンは甥のエドガーに何故速達の電報をあてた?とミステリアスな雰囲気があったのはよかったです。

ちなみにエドガーはその名前が示すとおり、この映画の原作「火星のプリンセス」の作者エドガー・ライス・バローズです。
叔父の体験をまとめたのが原作になるというわけですね。
この後に出てくるフォート・グラント駐屯所も、実際にエドガーが兵として配属された場所です。


・部族の「ドミンゴ」と話すジョン→なんだかんだで乱戦→ジョンは傷ついたパウエル大佐を連れていく
ドミンゴたちとなんて話していたかは結局謎のままなんですけど。

・ジョンは大佐を置いて、洞窟の中へ→冒頭に登場した「サーン」がジョンを攻撃しようとする→ジョンは返り討ちにして、「メダル」によりバルスームへ。
なんでサーンがここにいたんだ・・・最後まで観ても全く不明。
後でカーターは「不老不死?地球で一人殺したぞ!」と言っていたのでバルスームで出会ったのは別人なのでしょうね。



~みんな英語をしゃべるよ~

はじめはことばが通じないジョン。

ことあるごとに罪を犯している「ソラ」(ジョンが来る前はどんな罪を犯していたの?)に、「これでバルスームの声が聞こえる」と言われながら、でかい急須みたいなのから謎の液体を飲まされます。

次の日にみんなのことばが英語で聞こえます。
ってほんやくコンニャクやーん
めっちゃ都合いいアイテムやな!でも何の説明もなくことばが通じているよりはだいぶましです。

でも問題はこのドリンク版ほんやくコンニャク飲む前に、オープニングや、王女「デジャー」とその父との会話シーンで思い切り英語が使われていること。
主人公がことばがわかるようになってから英語にしたほうがいいと思います。



~キャラのバランス悪いなあ~

「イスの聖地」に行くときのメンバーは、ジョン、王女デジャー、ソラ、犬のウーラ(超可愛い)。
パーティのうち2人が女性なのはいいけど、すげえ頼りなく見えます。ソラは自殺しようとするし、デジャーはこっそり自分の故郷に誘導しようとしているし。

すげえワクワクしない旅路でした。
あとデジャーのお父さんが特に活躍していません。ただのヘタレ親父です。



~結末~

とりあえずクライマックス付近の展開が大味すぎて大爆笑です

ジョン・カーターとヒロインのデジャーが、イスの聖地についたときから書いてみましょう

・「ワフーン族」に襲われる一同
誰だおまえら
主人公たちを襲ったのは聖地を冒したからなんだろうけど、説明がなさすぎます。

・妻を失った回想をはさみながら、今度は絶対に助ける!と単身ワフーン族に突っ込むジョン。

・ジョンは気絶。デジャーは「サブ・サン」との結婚を了承。ゾダンガ国へ

・「サントス・カン」が主人公に「人質にしてくれ」と頼む。一緒に王女のとこまで大ジャンプ
むさいおっさんを抱えても何もうれしくないですね

・帰るための合い言葉を知ったカーター→軍が入り込んでくるけど、ジョンはそこにいない→地球には帰っておらず、梁(はり)の上に出る→おばあちゃんに変装していたサーンに捕まる
主人公はもうちょっと隠密心をみせたほうがいいと思うよ。ドアから勢いよく出てくるんじゃねーよ。

・「デジャー」と「サブ・サン」の結婚式が執り行われる。サーンが自身の目的を語る。
「利用しやすい人間を踊らせて滅亡させる」のが彼らの目的らしい。ジョンも言っていたけど、まわりくどいなあ

・犬のウーラ&ソラが助けてくれる
はじめはぶっさいくだったこのウーラが本当可愛く見えてくるから素敵。

・サークの村に援軍を頼もうと帰ると、そこでは「タル」が支配するようになっていた。闘技場にたたっこまれるジョンとタルス・タルカス。

・ジョンVS大白猿。鎖につながれた岩をぶんなげたり。

・ソラは「父の死に様を見るのよ!」とか言っていた女性を突き落とす→その女性は体まっぷたつ
容赦ねえ・・・

・ソラはジョンにでかい刀を投げる(めっちゃ回転している)→ジョンはその刀を見事受け取り、大白猿に突き刺して勝利!
危ねえよ!回転している刀の柄をすんなり握れるジョンは動体視力も抜群なんでしょうね。

・跳んできた「タル」の首も一瞬ではねる。
弱えー。

・ジョンはヘリウムに手を貸すぞーと皆をたきつける→サーク族とともにゾダンガの領地に行くんだけど、結婚式はヘリウム国でやっていることを知る→パンっと頭を叩かれるジョン
場所間違えちゃった。
前から考える前に行動する主人公だとは思っていましたが、ついに仲間内からもツッコまれました。

・結局一人で飛んでいくジョン
理由は「サークは飛ばない」から。

・ジョンは結婚式場にたどり着き「罠だ!ゾダンガ軍が外にいるぞ!」とほざく
嘘ついてんじゃねーよ

・乱戦開始。サークたちも巨大戦艦で飛んでくる。「飛ぶのはこりごりだ」とつぶやく
でもソラは「飛ぶの大好き!」と意気揚々。よかったね。

・サントス・カンは「味方のヘリウム軍だ!」サークたちにアピール
お前いつのまに寝返っていたの?まあそりゃジョンに味方していたけどさ。

・ジョンVSサブ・サン。サブ・サンはサーンに光を浴びせられて、顔がボコっとへこんで死亡
光でごまかされているけど普通にグロいよ。ていうかあっけなさすぎ。

・サーンはジョンに変身し、タルス・タルカスに「メダルをくれ」という→渡そうとするタルスだったが、後ろに本物のジョンを見ると速攻斬ろうとする→サーン逃げる→そこに飛んできたジョンは危うく斬られるところだったが寸前で止める
状況判断早えー。

・なんだかんだでヘリウム側がだいたい勝利。ジョンは王女デジャーに「ヴァージニアの騎士と結婚してくれないか、財産はないが」といきなり求婚
えー!戦い終わったばかりで?地球帰るんじゃなかったの?

・デジャーは言い終わらないうちに「はい」。
認めたー!

・ヘリウムの宮殿にいるジョンはメダルを握りしめる。
まさか・・・

・メダルを投げ捨て、「火星のジョン・カーターのほうがいい」とほざく
えー!地球を捨てやがった

・その後速攻でサーンに「帰るがいい!」と言われながら光を当てられて地球に戻される
戻ったー!

・めっちゃ火星に帰りたがるジョン
メダルを捨てたことを後悔しているジョンが笑いどころです。白骨化してしまったパウエル大佐がかわいそう

・火星に戻るために、世界中を探したジョン。「メダル」は見つけるが、つねにサーンが監視していた
相変わらずサーンの行動はまわりくどいなあ。

・甥のエドガーにこの物語を伝えたのは、サーンよりも先に「仮死状態になっていたジョンの体」を守ってほしいからだった!
「俺の体が死ねば、火星の俺も死ぬ」らしい。

・エドガーがジョンの体がある扉を開けると、後ろにはサーンが!でもサーンはジョンに後ろから撃たれて倒れる
どこが不老不死だよ!(2回目)

・エドガーが「僕はただの囮?」と聞くけど、ジョンは「違う、もっと重要な役だ、俺の体を守ってくれ」と言う。
すげー上手く言いくるめられている気がするんですけど。
しかし今までにはない知能プレイですね。

・火星に向かうため、メダルを握るジョン。「John Carter Of Mars」とタイトルが表示される。





妻と娘を失ったジョンにとって、デジャーを守ることこそが「大儀」になったのでしょう。
でも「火星のスーパーマンっぷりが気に入ったから、地球帰らなくていいや」な感じにも思えるから困るわ。


中盤に、火星に送られたのは「複製」だとジョンは言っていました。
地球に戻ったときのジョンは、火星とは違い髭がボーボーだったことから以下が考えられます。
①地球と火星のそれぞれにジョンの肉体がある
②メダルはジョンの精神を転送することができる

火星に行っているときは地球のジョンが抜け殻のようになり、その反対もまたしかりなのでしょう。
火星ではジョンの体が大切に保管されているのかもしれませんね。


この映画の元々のタイトルも「John Carter of Mars」だったのですが、今作は「火星のジョン・カーター」になる過程を描く物語なので「of Mars」を取り除いたそう。
最後にそのことを示すのはなかなか気が効いていて大好きです。


最後に「スティーブ・ジョブズに捧げる」とあったのは、監督がジョブズを恩師のように尊敬し、また感謝をしていたからです。


ちなみに主演を務めたテイラー・キッチュは同日公開の「バトルシップ」にも出演中です。
役者生命が危ぶまれる彼のためにも、どっちか観てやってください

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-04-14 : 映画感想 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ジョン・カーターはCMを見ていても物語の概要が読みにくいですよね。CMで視聴者を惹かせてから劇場へ、の方程式を踏むはずが少し不発気味でしょうかね…。
アカデミー賞専門サイトの方を見てもこの映画は評価が凄い低いようです。アメリカの方でも散々みたいですね。ただこういう映画に限って、日本では意外と興行的に成功することがありますね。見ている視点が違うからだと思いますが、評価と興行は比例しませんね。
2012-04-14 15:03 : エト URL : 編集
No title
「アイデアを並べて、全部積みあげたら、こうなりました!」
という感じでした。

「スター・ウオーズ」「エイプトもの」「タイムスリップ」「アバター」「グラヂエーター」「カウボーイvsエイリアン」等々。

アメリカ人らしい人が見ていましたが、途中で思わぬところで大笑いを一度して、終わり近くで、立ち上がって行きました。

まあ、時間潰しに見るには、イライラする映画ではないかと思いました。

2012-04-14 17:26 : sakura URL : 編集
Re: No title
>エトさん

CMもそうなんですが、「ジョン・カーター」という名前だけだと想像しにくいですよね・・・。
正直日本ではコナンやクレヨンしんちゃんという強豪もいるので、ヒットしなさそうな気がします。

アメリカでも日本でも、往年のSF好きには大評判みたいですよ。
2012-04-14 22:33 : ヒナタカ URL : 編集
Re: No title
>sakurasan

> 「アイデアを並べて、全部積みあげたら、こうなりました!」
> という感じでした。

完全に同意します。詰め込みすぎですよね。

> 「スター・ウオーズ」「エイプトもの」「タイムスリップ」「アバター」「グラヂエーター」「カウボーイvsエイリアン」等々。
> アメリカ人らしい人が見ていましたが、途中で思わぬところで大笑いを一度して、終わり近くで、立ち上がって行きました。

SFだけでなく、衣装は古代ローマ風ですからね。
どこでその人が笑ったか気になります。


> まあ、時間潰しに見るには、イライラする映画ではないかと思いました。

自分は「第9光線」とかの説明の描写にいらいらしました。
固有名詞が多い作品って苦手です。
2012-04-14 22:36 : ヒナタカ URL : 編集
地球側の特撮は、、細かくて、、経費掛かり過ぎ
初めまして、、、

IMAX・3D館で、、観ました

始めの方の、地球上シーンで、、
ひび割れの入ったガラス越しの
蒸気機関車が、、良くでき過ぎ
というか、、こんな所でもCG経費が
湯水の様に、、飛んでしまったかと

火星側は、テレビ宣伝では、全然
見えなかったが、、もの凄く細かい所まで
そして、映画スクリーンで、米粒サイズで、、居る主人公

火星の広大さを、、表すつもりなのだろうが、、
BDソフトでも、、きっと見えない遠い位置

親子の情愛とか、、
夫婦愛も、、入っているのだが、、

1本目で、、既に、2、3話分の詰め込みで、、

全体の流れは、スターウォーズの斜め上上がりの
文字だけ説明して、、、

○○で、火星上に、転送されたカーターは、
火星人間の部族争いに巻き込まれるが、
亡き妻を、守れなかった呵責から、、
火星のプリンスを、守るべく
剣を、抜いたのであつた
、、、
重力の軽い火星では、彼の肉体は
スーパーマンの様に、超力を、発するのだった、、、

逃げて(続編のお楽しみ)良かった気が、、、、

アバター
プリンスオブペルシャ
スターウォーズ、、、

原作は、発表は早いのに、、
やはりぃぃ、、、無理に詰めたら、、
吹きこぼれて、、、台無しになった感じが、、
ヒシヒシと、、感じました、、、。
2012-05-24 06:05 : 思わず、、ね URL : 編集
Re: 地球側の特撮は、、細かくて、、経費掛かり過ぎ
こんばんは。

自分は地球側の描写が気にいっているのですが、たしかにそこだけでも予算がだいぶ飛んでいるかも・・・

やっぱり、これがもとになった「アバター」が公開されて2年くらいの今じゃなく、もう何十年か後でもよかったかもしれませんね。
結局詰め込んで終わった映画なような気もします。
2012-05-24 21:20 : ヒナタカ URL : 編集
No title
原作「火星のプリンセス」やバロウズのファンでないと、何が何やらな映画なのでしょう。

だけど原作ファンとして言いたい!「アイディアを詰め込み過ぎ」って引き合いに出されてる映画が全部「火星のプリンセス」にインスパイアされてる作品ですから。
2013-04-12 20:14 : 十六紫 URL : 編集
No title
今年初めてWOWWOWで見ました。サーンの言う、「単純なやつが扱い易い」。現世の政治家が誰かのアドバイスを受けている様に重なるようなー
2013-05-08 23:06 : 空蝉 URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。