ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

かつて戦艦に乗っていた人へ「バトルシップ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はバトルシップです。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:見事なドンパチオンリー映画


あらすじ


無職のアレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)は、兄の強い薦めにより軍隊に入隊する。

訓練中彼はナガタ(浅野忠信)と出会うが、性格の異なる2人は喧嘩になってしまう。
そのことでアレックスは退役を告げられることになるかもしれない、と兄に宣告される。

そんなとき、宇宙から未確認の飛行物体が近づいていた・・・





キングダム」「ハンコック」のピーター・バーグ監督最新作です。

いやーすげー楽しかったです。
「戦艦がとりあえず戦っていれば満足なんだろ?」という需要にしっかりと応えた、素敵なアメリカ万歳映画に仕上がっています。

何より主人公がアホで周りの信頼がゼロ、というのがいいですね。
ニートの上に貯金が65ドルしかなく、ドジで、その上悪びれる様子もない(でも彼女からはなぜかモテモテ)。
何の共感も持てないほどのすさまじいボンクラ具合なのですが、そんな彼が成長していく姿はなんともほほえましいのです。

冒頭20分はそんな能無し主人公の描写ばかりが続くので、なんの映画を見に来たのかわからなくなりますが、これはこれで面白いのでよし。


戦闘のバリエーションの多さも魅力の一つです。
艦隊の人間描写だけでなく、外界の人間たちの奮闘を描いているのがとてもいい。
画や展開が一本調子でないので、飽きにくいつくりになっています。


映画の元ネタは実はボードゲームです。

バトルシップ<こんなの


このゲームの要素がどこにあんねんと思われるところでしょうが、ちゃんとあります。
ゲーム感覚で楽しめる映画なのです。


もうひとつ嬉しいのが浅野忠信さんの大活躍!
「マイティ・ソー」ではひどい扱いでがっかりしましたが、本作では準主役級と言ってよいほどです。

ほかのところでも日本がとってもフィーチャーされています。
これはかつて真珠湾でアメリカと日本が交戦した歴史を踏まえ、アメリカと日本が共闘する映画を作りたかった、という監督の意向によるものです。

ところどころ日本語も聞けるので、ある意味日本人がこの映画を最も楽しめるでしょう。


高尚なテーマや人間ドラマはほとんどなく、お話は当然のようにスッカスカな印象です

でもそれがいい。
この手の映画に登場人物の葛藤やら人間ドラマはそれほど重要ではありません。
すごく深刻な事態が起きているのに、どこかお気楽で楽しいのはこの映画の長所でしょう。


少々残念なのが、その内容に反比例して上映時間が2時間10分と長いこと。
観たあとの疲労度はハンパないと思うので、体調のよいときにご覧ください。

あとツッコミどころも満載です。
大体世界侵略の危機を海兵隊&民間人だけで対応しているのが無茶なんですが、まあこれはそういう映画なんですからしょうがない。でもNASAぐらいは仕事しろ。


とにかく、地球侵略系ムービーとしてとっても面白い作品です。
同じようなジャンルに「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「スカイラインー征服ー」もありますが、個人的にはそれよりも満足感は高かったです。

破壊されまくりなアクションを観たいなら是非どうぞ。
エンドロール後にもおまけがある(アナウンスなし)ので最後まで観ましょう!


以下、ネタバレです 結末に触れまくりです↓














~能無し主人公の成長記録~

有能な兄・ストーンはウデンコーチの名言を引き合いに「逆境は己を見つめ直すきっかけになる」と弟・アレックスに告げます。
でもアレックスは「今は逆境でも将来は違うんだよ」とお気楽アピール。

さらにその後、バーに現れた美女にアタックするため、チキンブリトーを手にいれに行くが、お店は閉まってしまいます。
そこで主人公が行なったのはなんと不法侵入

その間に流れる音楽はピンクパンサーのテーマ
始まって数分でバカ映画っぷりを見せつけるとは素晴らしいですね。

ちゃんとお金をレジに置いてあるあたりが泣かせますね。貯金65ドルなのに。

その後は天井に登りそこねて商品の棚へダイブ。お店はめちゃくちゃ。
彼女にチキンブリトーは渡すけど、結局は警察に捕まります。
無罪放免とはいかない気がするんだけど?

しかもアタックした彼女・サムのお父さんは、兄の勤めている海軍の総提督だというんだから。
もう兄・ストーンに同情します。

その後はサッカーのPK勝負で、交代を拒否したがためにゴールを大きく外して負けます。
ナガタ(浅野忠信)に「俺はゴールキーパーの顔をつぶすバカさ」と言ったばかりなのにね(本当バカ)。

さらに彼女とイチャイチャするアレックス(なんであれでモテんねん)。
このシーンって「アルマゲドン」で見た気がするんですけど気のせい?そうじゃないと信じています。

しかもしれっと遅刻します

演習がはじまるやいなや、「娘さんをください」の練習を聞かれたナガタと大喧嘩。大目玉を喰らいます。
ナガタは「もういっぺん言ってみろこのやろう!」と日本語で罵倒していた気がします。通じないよ。

紅一点の海兵隊員・レイクス(リアーナ)にはドナルド・トランプマイク・タイソンのコラボだと揶揄されます。
それぞれの悪いところの組み合わせだというイヤミですね。


うん、いいところが全然ないな

そんな彼はエイリアンが来襲したあと、中盤に艦内で位が一番上だったために艦長に抜擢されます。
なんでこの前ニートだったやつが少尉になっているんだよとツッコミたいんですが、兄のコネのおかげなんでしょうね。

しかし館長になったからと言って中身はそのまま。
海に落ちた隊員たちを無視して突き進もうとし、機関員・ビーストに「兵が海に落ちているのにですか?」と止められます。

結局はそれに従ったアレックスですが、ナガタからにも「お前がおかしいからこうなるんだ!ふざけんな!」とまたもや日本語で罵倒されます(だから通じねえよ)。

アレックスは自信を失い、うなだれてしまいます。
ビーストに「あなたを必要としている」と言われますが、内心ではそれに同意できていなかったでしょう。


彼はPK勝負でも「自分に自信があり、自分の役を代えなかった」ことがありました。
しかし中盤から、館長の座をナガタに譲ります。

自分勝手で先を見据えなかった彼ですが、異星人と戦い、兄を失ったことで、自分のことを知れたのでしょう。
兄の言う「逆境こそが自分を見つめ直すきっかけになる」というのは、まさに的を得ていたのです。


ナガタとアレックスは次第に親友になっていきます。
「夏(←日本語)キャンプ」のことを語るシーンもよかったですが、タイタニックよろしく垂直に落ちる船上の2人でそれを表現するとは思えませんでした。


アレックスは、終盤に思いもよらぬ機転で指示を行います。
砲弾を90度違う方向に掲げ、イカリを降ろし、旋回することで敵の弾をよけ、それと同時に砲撃するのです。

「そうさ、皆死ぬ。君も俺も皆死ぬ。だが今日じゃない」という彼はものすごく格好良かった(今までの反動で余計に)!


ラストでは、兄にかわり海軍十字章を受け取るアレックス。
*ちなみに字幕を担当した戸田奈津子さんはこのときの階級を間違っている

シェーン提督(リーアム・ニーソン)に娘との結婚の許しをいただこうとしますが、返事は「NO!」でした。
「世界を救ったのに!」という彼はまだまだ人間としてはアレな気がしますね。

でも最後に提督が「君の降伏条件を話し合おう」と言ってくれるのがすごく嬉しかった。
でもそりゃ「チキン・ブリトー」のエピソードを知ってりゃ娘をあげたくなくなりますよねー。



~敵のエイリアンの行動と設定が変だよ~

・無害なものは襲わない

バイザー(?)で緑色に光るものは「無害」と判断しスルーする宇宙人たち
銃器そのものや、それを持った人間は赤く光り、攻撃の対象になります。

火の玉みたいなのがローリングしているときも、野球をしていた少年は襲わない不思議。
*火の玉の元ネタはパンジャンドラムでは?とコメントをいただきました。

研究者・キャルがカバンを持っている時でも襲わない不思議。

そもそも見分ける必要があるかも疑問なんですが、ひょっとしたらエイリアンたちは「不殺」をモットーにした良識ある連中だったかもしれないですね。

でもそれにしては序盤では砲撃して人を殺しまくっているわけだし、中盤で明らかに無抵抗の車に乗った人襲っていたし、香港の街や高速道路を派手にぶっ壊しているよね。お前らの目的は何だ

*以下のコメントをいただきました
エイリアンが攻撃したものを見てると、鉄、構造物、危害を加える物(人含む)のみだったので、おそらく文明を破壊した後に生命体を捕虜にするつもりだったのではと思います。
馬も殺さなかったので、敵意が無い人間は馬と変わらないって事で少年やキャルは見逃されたのかと解釈してます。



・「ビーコン・プロジェクト」の結果=宇宙人が侵略に来ちゃった

なんだったんだこのプロジェクト。ご愁傷様です。

以下のコメントをいただきました
「ビーコン・プロジェクト」 の元ネタは「SETI」(地球外知的生命体による宇宙文明の存在を検知しようというプロジェクト)ではないかと思います。
ビーコンプロジェクトは発信、SETIは受信の違いがあるので全く同一ではないですが、主旨は上記のとおりなので手段は違えど同じと見ていいと思います。
「宇宙人と交信して仲良くなろうとする奴らの気がしれない」的なことをキャルが言っていますしね。



・しょっぱなから人工衛星に当たってしまう宇宙船

いきなり自滅して数が減りました。
「通信機」を失う展開のために必要なんでしょうが、高度な技術を持っているエイリアンにしては間抜けすぎやしません?


・なんのために船に単身あがりこんでんの?

はじめは仲間がいるので回収しにきた・・・のはわかるんですが、その後もエイリアンは船内をうろうろしています。
行動理由不明。


・トカゲに目が似ているので光に弱いんです!

根拠薄いよ



~戦艦ゲーム~

レーダーが使えなくなっていることの対処法として、設置してあった「津波ブイ」の反応を利用することをナガタは提案します。

孫子の兵法にならい、「ヤツらを見ないで見る」を実行するナガタ。
そこから探りをいれつつの攻撃は燃えた!
2度外したあとの、ギリギリまでおびき寄せての2艦同時撃破は気分爽快でした。

ツッコミどころとしては、レーダやその他もろもろ通信が途絶えているのに何故ブイの放つ電波は無事届くのかというところがあるのですが、まあ気にしちゃダメですかね。

そういやなんでエイリアンの船は飛び跳ねながら近づいてくるんだ。格好の的。
あとそっちも攻撃しろよ。弾ぎれなの?



~サム&ミック&キャル~

理学療法士の女性、両足義足の元軍人、ヘタレの研究員という組み合わせです。
ミックのキャラクターは渋くて大好きだなあ。
ちなみに演じているグレゴリー・D・ガドソンさんは実際に両脚を負傷し、義足をつけている方です。

「俺はもう行かないぞ」と行って戦線離脱していたキャルが、サムの絶体絶命時にカバンで攻撃して助けに来てくれるのはすごく嬉しかった!

それにしてもサムは「宇宙人が電波を地球に送ろうとしている→だから施設をミサイルでぶっ壊して」と言うあたりすげえ決断力だと感心します

つーか宇宙人たちが通信をするとどうなるかも不明ですよね。
おそらく援軍を呼ぶのだと思うけど、そうだとしても巨額をかけた施設を躊躇なく破壊しようとするなんてバブリーですこと。




~タイトルの意味~

アレックスが乗っているJPJ駆逐艦(Destroyer)です。戦艦(Battleship)ではありません。

「戦艦」がタイトルを冠している理由は、後半の展開にありました。

アレックスたちは船をすべて失ってしまいます。
望みをかけたのは「ミズーリ号」。
しかしそれは過去の戦艦。アナログで船を動かさなければならず、マニュアルを読むだけでも膨大な時間がかかってしまいます。

そこに現れたのは、かつてミズリー号に乗っていた船員たちでした。
*船員たちは主人公が遅れてやってきたMPAC開催式にいたようです。

この映画では、かつてバトルシップに乗っていた船員たちに敬意を評し、その活躍の場を与えたのです

どうやってこのタイミングでかけつけたのがわからないのはこの際どうでもいいです(気になるけど)。
涙が出るくらい熱いシーンでした。

船員たちに教えてもらっているレイクスが「最高!」って言ったり、みんなで1tのミサイルを運ぶシーンも大好きです。

ラスト、火の玉がアレックスとナガタに襲いかかる直前では、今まで蚊帳の外だったシェーン提督の船の戦闘機がかけつけ、撃ち落としてくれます。

それぞれが自分の持ち場で、これ以上のない活躍を見せるのです。
爽快な終わり方だった!

でもオーディ(トカゲをペットにしていた人)は活躍してないよ



~エンドロール後~

スコットランドの子どもたちがエイリアンが入っている「箱」を発見し、「ジミー」(誰だお前)が「ジミーに開けないものはない」と言いながら扉をこじ開けたところで映画は幕を閉じます。

いるのかいらんのかよくわからんシーンでしたが、続編では謎のおっさん・ジミーが大活躍してくれることを期待しています

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-04-17 : 映画感想 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
エンドロールが終わるまで、待ちきれずに、出てしまいました。(失敗でした)

極めて親日的な映画だったのですが、サッカーのシーンは、チョット引きました。(ナンカ、韓国では、親日的過ぎると問題になっているようですが)

アノ暴力的な場面と、赤いユニフォーム。

あれではまさにコリアン・サッカーではないですか!!!!

あの回転して暴れまくる戦車(?)の原型は、昔々の小松崎茂さんの未来兵器のイラストにあるような気がします。

それにしても、地球襲撃のエイリアンの無計画性にはビックリです。

通信施設は,自前のものを用意して来るのが、筋でしょう。

見終わって、エイリアンが何故来たのか、さっぱり判らなかったですね。

続編が出来ても、彼等の弱点がわかっているはずなので、どうなるのでしょう?

彼らは、どうして、夜攻撃してこなかったのかな?
2012-04-17 12:41 : sakura URL : 編集
Re: No title
> エンドロールが終わるまで、待ちきれずに、出てしまいました。(失敗でした)

わりとどうでもよさげなシーンではありした。
アナウンス欲しかったなあ。

> 極めて親日的な映画だったのですが、サッカーのシーンは、チョット引きました。(ナンカ、韓国では、親日的過ぎると問題になっているようですが)
> アノ暴力的な場面と、赤いユニフォーム。
> あれではまさにコリアン・サッカーではないですか!!!!

確かにユニフォーム赤でしたね。気づきませんでした。
そこは青じゃないと!惜しいなあ。

> あの回転して暴れまくる戦車(?)の原型は、昔々の小松崎茂さんの未来兵器のイラストにあるような気がします。

戦艦もののイラストレータの方なのですね。画像検索しましたが戦艦が格好良くて惚れそうです。
あの回転するのは見つけれませんでしたが。


> それにしても、地球襲撃のエイリアンの無計画性にはビックリです。
> 通信施設は,自前のものを用意して来るのが、筋でしょう。
> 見終わって、エイリアンが何故来たのか、さっぱり判らなかったですね。
> 続編が出来ても、彼等の弱点がわかっているはずなので、どうなるのでしょう?

通信施設は人工衛星にあたってぶち壊れていました(笑)
ほんとこいつら何しに来たんだろう・・・と思いますね。
多分続編では弱点のこととか忘れてそうです。


> 彼らは、どうして、夜攻撃してこなかったのかな?

多分弾ぎれかなあ。他に説明しようがないです(笑)
2012-04-17 18:41 : ヒナタカ URL : 編集
途中で寝てしもた
いつ船がロボットに変身するのかとドキドキしてましたが…(^_^;)

絶対に続編は匂わすだろうと思ってたので
ラストはやっぱりね状態(⌒~⌒)
次は大和登場ですかね(笑)
2012-05-01 23:14 : YOU URL : 編集
Re: 途中で寝てしもた
> いつ船がロボットに変身するのかとドキドキしてましたが…(^_^;)

ただようトランスフォーマー臭だからそれも仕方ないと思います(笑)
2012-05-02 17:41 : ヒナタカ URL : 編集
ミズーリの元乗組員のロックなじいさん達は序盤、主人公が遅れてやってきたMPAC開催式にいましたよ
かつて日本と戦ったあの恐竜が日本人を乗せて世界の為に戦うシーンは本当に熱かったです

余談ですが鉄球のモデルはイギリスのパンジャンドラムかと、面白い珍兵器です
2012-10-01 20:23 : 通りすがりです URL : 編集
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

パンジャンドラムは面白い平気ですね!実在していたのが信じられないくらいに。
追記させてください!
2012-10-01 23:28 : ヒナタカ URL : 編集
No title
先ほどレンタルで見ました。
もう1年以上も前の作品なんですねw
この手のエイリアン侵略物の中ではダントツにノリが軽いのが気に入りました。

上で突っ込まれている箇所ですが、個人的見解を下記します。

・無害なものは襲わない

エイリアンが攻撃したものを見てると、鉄、構造物、危害を加える物(人含む)のみだったので、おそらく文明を破壊した後に生命体を捕虜にするつもりだったのではと思います。
馬も殺さなかったので、敵意が無い人間は馬と変わらないって事で少年やキャルは見逃されたのかと解釈してます。
敵意を見分けるテクノロジー(サーモグラフィ?興奮した人間は熱か何かで赤く見える)は無駄に進化しすぎw

・「ビーコン・プロジェクト」

これ、元ネタは「SETI」(地球外知的生命体による宇宙文明の存在を検知しようというプロジェクト)ではないかと思います。
ビーコンプロジェクトは発信、SETIは受信の違いがあるので全く同一ではないですが、主旨は上記のとおりなので手段は違えど同じと見ていいと思います。
「宇宙人と交信して仲良くなろうとする奴らの気がしれない」的なことをキャルが言っていますしね。

続編を匂わせる終わり方だったので個人的に楽しみにしていますがラジー賞ということで続編、厳しそうですねえ…
2013-07-06 21:03 : 通りすがり URL : 編集
Re: No title
ご指摘感謝です。記事に追記します。

まあラジー賞は納得ですが(笑)、こういう豪快なバカ映画はもっと作ってほしいところです。
2013-07-08 11:45 : ヒナタカ URL : 編集
No title
地球にきたやつらって偵察隊だったような・・・
だから海兵隊と民間人でなんとか戦うことができたって見せることもできるし。

あとアレックスが宇宙人に掴まれたとき、侵略してる理由が映像で流れてた気がします。間違いかもしれないですけど。。。

私もバカ映画好きです。
人に観られなきゃラジー賞すら取れないですからねw
2014-01-31 14:39 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。