ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ほのぼのスプラッター「タッカーとデイル」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

DVDで観たタッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」の感想です。

アラン・テュディック
2966円
評価平均:
powered by yasuikamo
異色のスプラッタ・ホラーコメディ。でも只のパロディで終わってないのはお見事。
ホラーが駄目な人は気をつけて
面白い(*^_^*)
*レンタルはTSUTAYAオンリーです

個人的お気に入り度:8/10

一言感想:すげえ可哀想・・・


あらすじ


仲の良い中年男性のタッカーとデイルは、休暇で憧れの別荘に訪れていた。
2人はそこで出会った大学生の集団に、殺人鬼ではないかと疑われてしまう。

タッカーとデイルは溺れかけた女子大生を助けるのだが、さらに誤解を招く結果となり・・・





うわー!すげー面白えー!
超低予算かつB級臭ぷんぷんの作品ですが、間違いなく隠れた良作コメディです。
Rotten Tomatoesの高評価も大納得でした。


映画のプロットは「心優しい中年男性が殺人鬼と勘違いされちゃったせいで、次から次へと人が死んでいく」というもの。
この映画で秀逸なのは、そんな普通に考えれば起こり得そうもない事態にわりと説得力があることです。

ありえない設定だけど、ぎりぎりの線で納得できる点もある。
「そんなわけないじゃん」というバカバカしさもあり、「でもそうしてしまうかも・・・」というもっともに感じる部分もある。
そのさじ加減が絶妙です。


素晴らしいのは伏線の使い方の上手さ。
ちらっと見せたアイテムや言動が後半の展開に生きています。

「アホな学生たちがキャンプ」「やばそうな奴が乱暴に車を追い越す」「殺人鬼が棲んでいそうな小屋」とかホラー映画の「あるある」も満載なのも嬉しいところ。


そして時折見せるモテない中年男性の悲哀
デール(太った方)はその風貌と引っ込み思案な性格のおかげで女性と上手く話せません。
タッカー(痩せた方)はそんな親友を気遣い、ときには言い過ぎなぐらいのアドバイスをします。

この2人の掛け合いだけでも楽しいです。
そればかりか、自分を卑下してばかりのデールが、後半に大きく成長する姿はガチで感動します。
こんな映画(←失礼)で泣かされるとは思いませんでした。


ちなみに原題は「Tucker and Dale vs Evil」。
見たところタッカーとデイルも大学生も勘違いしただけであり、Evil(悪)と呼べそうな者はいないように見えます。
でも観終わって観るとこの原題にもちゃんと意味があることがわかるのです。


R15+も納得のスプラッター描写アリアリ&人がポンポンとテンポ良く死んでいくという点では悪趣味ですが、全体的な雰囲気はほのぼのとしています

いや人が死んでいるのにそんなこと言うのもアレなのはわかっています。
正直あまりに登場人物たちが共倒れしまくるので、笑う前に可哀想にもなってきます

それでもほっこりと癒されてしまう、後味爽快な作品に仕上がっているのです。
映画ファンであればあるほどオススメです!

しっかしこういう「モテないけど女性に優しい中年男性」って可愛いよね。
自分はピュアなおっさんが大好きです。


以下はちょっとネタバレ 核心部分は反転しています↓



「説得力のある設定」のひとつがこれ。
大学生たちが死んでしまった現状を見て、デイルは当然「警察に知らせよう」と言うのですが、タッカーは・・・

タッカーとデイル1
「警察は起こった真実より現場で見た推測を信じる」

うん、確かに。
客観的にこの状況を見れば、「大学生たちが集団自殺(違うけど)」よりも「2人が大学生たちを殺した」のほうが信じてしまいそうです。
心優しいデイルと、現実主義者のタッカーはこういうところでも名コンビなんですよね。



デイルはとにかく優しいので・・・

タッカーとデイル2

大学生に銃をつきつけられると「安全装置を外していないよ」と言ってしまうのです。
あららおバカ。
これも悲劇を呼ぶ結果になってしまうので、笑っていいのか悲しむべきなのやら、わからなくなります。



とことん勘違いをされたタッカーとデイル。
それでもデイルは心優しいことばをかけます。

「君みたいな子に話しかけたら、殺されると思われるんだね」
友だちにあったら、俺は誰も傷つけないと伝えてくれ
とか何とも泣けるじゃないか!

これがあるからこそ、女子大生がデイルの知性を肯定してくれたこと、タッカーが言う「お前は自分に対する評価が低すぎるんだよ」「望むものを自分で手に入れろ」が生きてきます。



あと、冒頭の映像は「チャドは実は生きていた!」ということなんですね。
今作の「恋が実るハッピーエンド」を邪魔しないためにこういう構成にしたのでしょう。
そういう気遣い、大好きです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-04-26 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。