ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

文学っぽさが映画と不釣り合い?「わが母の記」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はわが母の記です。
*公式ページの「物語」はネタバレがふんだんなので注意


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:説明台詞がちょっと気になる


あらすじ


1959年。
作家の伊上洪作(役所広司)は東京で執筆活動を続けていた。
ある日洪作の父が亡くなり、伊上家は認知症をわずらう母・八重(樹木希林)の面倒をみることになる。

八重は洪作に「あの女に預けたのは一生の不覚だった」と口にする。
女とは、洪作が5歳から8年を共に過ごした曾祖父の妾・おぬいのことだった。





魍魎の匣」「クライマーズ・ハイ」の原田眞人の監督最新作であり、文豪・井上靖の自伝的小説の映画化作品です。

井上 靖
500円
評価平均:
powered by yasuikamo
母親への愛情と作者としての冷静な眼
それなりの年に成らなければ理解できないような小説です!!
自身の老いを考える

原作は「わが母」の80歳を描いた「花の下」、85歳を描いた「月の光」、89歳での死去までを描いた「雪の面」の3編からなっており、映画もその時系列に即しています。


映画の内容は淡々としていています。
家族の中で、移り変わっていくひとたちの心情を描いていくのみです。
刺激的な展開はほとんどありません。

しかし、丁寧な人物描写により、味わい深い作品に仕上がっています。


この映画の魅力の筆頭は、日本が誇る俳優陣。

役所広司は、自分では「かっこういい親父」なイメージでしたが、この映画では結構偏屈で頑固でお調子者な面もある。
いぶし銀なオトナの魅力を存分に見せつけてくれました。

宮崎あおいは、なんと中学生役を演じます
20代半ばなのに全然違和感がない。可愛すぎて辛いレベルです。

樹木希林は認知症をわずらい、さらにそれが日に日に悪化していくという難しい役どころ。
もう彼女のこの演技だけでも観る価値があります。
何をやっても面白くて、どうしてもクスクス笑ってしまいます。

それだけでなく、終盤には「症状の悪化」ということまで見事に表現しきってしまう。
見事ということばは足りない、素晴らしい名演でした。


「認知症による行動に笑う」と書くと、「障がいを持つ人を冷笑している」と誤解を生むかもしれません。

しかしそれは違います。
この面白さは、樹木希林の演技、井上靖の母というモデルがあってこそ。
彼女の行動、言動、それに対する周りの反応がとってもコミカルなのです。

自分も「大鹿村騒動記」では抵抗感を覚えていましたが、この映画では全く気になりません。
認知症を持つ方を受け入れ、時には笑って、時には行動の意味を知り、涙する。
自分も認知症を持つ方にこうしてあげたらな、と思える素敵な関係が育まれています。


反面、気になったことも多かったです。これが自分には結構ネックでした。

ひとつがとにかく説明台詞が多すぎること。
映画の設定を事細かに、物語そのものを俳優の台詞で表現しているシーンがたくさんあります。

原作を読んでいないのではっきりとしたことは言えませんが、これは井上靖の文をそのまま表現したがための弊害だと思います。
主人公の独白なら良いのですが、日常的には言うことがないようなことばで登場人物がやりとりすることに、どうしても違和感があったのです。

もう少し映画ならではの表現で、物語を伝えて欲しかったです。


もうひとつが主人公の境遇です。
映画の設定にとやかく言うのもナンセンスですが、ブルジョアすぎる環境に全く共感を得れませんでした。

作家として大成功をおさめている。
介護をするために金銭的に悩んだり、自分の仕事を省みたりする場面は一切ない。
家族に主人公の娘3人、その妻、妹2人と、母の面倒をみてくれる人物がとても多い。

しかもこれらの描写は原作にはないそうです。

もちろんこの設定が効果的に働いている部分も大いにあります。
この環境だからでこそ、「親と子」の話が際立っていますす。

しかし「いくらなんでも」な恵まれ方は、観る人を選んでしまうと思うのです。

また家族が多いので、その把握も結構大変です。
公式ページで人物相関図が公開されていますので、参考にすることをオススメします。


あまり語り口にスマートさがなかったのは残念ですが、役者の入魂の演技、その人物描写は劇場で観るべきものです。
ロケ地である静岡の風景も美しく、日本映画ならではの時間を過ごすことができました。

とにかく言えるのは宮崎あおい可愛い、樹木希林はもっと可愛い
彼女たちのファンは必見です。

以下、ネタバレです。結末に触れています↓















~洪作の人物像~

頑固に見える彼ですが、結構「いいかげん」に思える描写があるのが面白いです。
住んできた場所は「日本地図が描けるくらい」多いし、
父と違ってそばがき嫌いと言っているのに、東京に戻るやいなやそばがきを頼んだりします。
「東京に来た理由」も言えていませんしね。


~70年前に死んだ「しんま」さん~

八重は「しんまさんのことはずっと奥にしまっていたのよ」と初めて話すように言っていましたが、実際はトランプ占いをしている間にも、何度もしんまさんの話を繰り返していたのです。

このことに対して嫌な顔を全くせずに聞いている3姉妹が大好き。
「おばあちゃん可愛い~」にはすこぶる同意します。

その反面、長年一緒にいた夫のことを語らなかったり、「戦争中に兵隊のくつを磨いた」ことを言うのは切なかったです。


~処女の泉~
1960年のスウェーデン映画です。

マックス・フォン・シードウ
5040円
評価平均:
powered by yasuikamo
信じる者は救われる
芸術作品!
悲しくも、崇高な業の物語
洪作のせいで、この映画を途中までしか観れなかった次女・紀子はその不満をぶちまけます。
琴子にも「お父さんは自由に生きたぶんだけ子どもの自由を迫害している」と、その勝手さを責められてしまいます。
頑固で自分の価値観を娘に押し付けていた父は、こうして反抗されることもなかったのかもしれません。

他にも、志賀子(キムラ緑子)が「『東京なんとか』という映画みたいに・・・」と映画の名前をあげて、洪作に愚痴を言うシーンもありました。
恐らく「東京物語」だと思います。


~アメリカさん~

これは八重の言う、洪作の弟の呼び名(アメリカへ行ったから)。
八重は「かたつむりの瀬川」を「アメリカさん」と勘違いします。

その後に2人の娘に向かって「綺麗な方ですね」って言って「どこから演技かわからない」と返されるのににクスクス。
さらに瀬川は「英語しゃべらないの?」と言われ続け、終いにゃ「Yes!Indeed!(その通り)」と返します。
これには笑いました。

八重にとっては大事な人間の一人。
「誕生日プレゼントの銀時計」を覚えていたのも、そのことを表しています。


~貞代(真野恵里菜)~

途中から登場する使用人の子。
すごく可愛いですよね。伊豆弁に萌えました。


~琴子~

残念だったのが、琴子が「おばあちゃんとはもう絶交!」と言うシーン。
いままで琴子がおばあちゃんに味方していただけに、唐突に思えます。
その後に「あんたとはもうバイバイ」と八重ばかりか、洪作にまで言われるのは面白かったですけどね。

お気に入りなのは、洪作を近くで写真を撮ろうとすると嫌がるので、川を隔てて遠くから撮るシーン。
彼女ならでは「距離感」が垣間見えました。

父・洪作になんと言われようと、母・八重を、家族を助ける彼女は、この物語の中でもひときわ強く見えました。


~瀬川のプロポーズ~

瀬川が、洪作の作品の恋愛観を言うシーンが印象的でした。
「肉体的な接触ではなく、すれちがいやまどろこっしさこそが愛」という理論は、なんとなく納得してしまいます。
「『ブーブーちゃん』やめます」と言いながら琴子を選ぶ彼も、琴子と同じかそれ以上に芯の通った人間だったと思います。


~母が子を探す~

映画は、どしゃぶりの雨の中、軒下で妹たち2人の手を握り、道の向こう側にいる息子を見つめる若い八重の姿から始まりました。
八重は息子を見捨てたのではなく、連れて行くことができなかったのです。

八重は懐中電灯を持ち、徘徊します。
きっと、あの日の息子・洪作を探していたのでしょう。


~母が覚えていたもの~

八重は自分の息子のこともわからなくなっていました。
ただひとつ覚えていたことは、洪作が子どもの頃に遊動円木の上で作った詩でした。

「校庭にはたくさんの水溜りができている、でも、僕の求めているものは、お母さんと渡る海峡ー」
「どこにもない、小さな、新しい海峡」

そう聞いた洪作は、涙をこらえることができません。
母・八重の、50年以上にわたる息子への想いがあらわれていました。

その後に顔を洗い、「いつもと変わらないよ」と、琴子に強がって言う洪作も大好きです。


~母との再会~

紀子を送るハワイ行きの船に乗りこむ洪作ですが、電話で八重が失踪したことを聞かされます。
紀子は洪作に船を降りることを促し、洪作は沼津御用邸に向かいます。

海岸で母・八重を背負い「沼津中学の子は皆、飛び込み台まで泳いでいった」と、昔の思い出を語る洪作。
長年母に恨みを持っていた洪作、そしてその母が、多くの確執を乗り越えたように思えました。


~ラスト~

「時計の音が大きく聞こえる」中、洪作は母の訃報を聞きます。

そして洪作の口から語られる、「姥捨て山」の一節。

「僕の足元はふらついている、歩き回ったが、適当な場所が見つからない」
「おばあちゃんは探し方が悪いって言った」
「一人の『おば』を捨てるのに、探しても罪にはなりますまい」

そのように、母の死を悼みます。


~貸借関係~

香典帳を例に、「日本人は『貸借管理』の精神が根付いている」という洪作のことばが印象的でした。

この映画も、「貸し借り」の物語なのでしょう。

人は老い、やがては死ぬ。
その間でさまざまな貸借を経て、母と子は関係を築きあげていくー。

母が子を育て、子が晩年にそのことを感謝し、「親孝行」をする。
あるべき日本の母子をみることができました。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-05-02 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

しゅんまじゃなくて、しんまさんですよ
2014-03-14 11:08 : URL : 編集
Re: タイトルなし
> しゅんまじゃなくて、しんまさんですよ

訂正します。
(最近コメントに返信できていなくてすみません・・・)
2014-03-14 14:41 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。