ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

それが贖罪になるのか?「サラの鍵」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

本日(6月22日)にDVDが発売されたサラの鍵の感想です

クリスティン・スコット・トーマス
2928円
評価平均:
powered by yasuikamo
それでも…それは、語られ続けなければなりません。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:後半の食いたらなさが気になる・・・


あらすじ


ナチス占領下のパリ。
ユダヤ人一斉検挙によってヴェルディヴへ人々が連れ去られるさなか、少女サラは、弟をアパートの部屋に隠し、鍵をかけた。必ず戻ってくると約束して・・・

それから60年後。
パリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、サラの足跡をたどっていくのだが・・・




これは実は劇場で観ていました。
非常に高評価の作品であり、隙のない完成度を誇っていますが、個人的にはあまり入り込めなかった映画でしたので、紹介するのを見送っていました。

理由は後半の物語の主軸が変化していることによります。

この映画は
①現在:記者の中年女性・ジュリアが「サラ」の足跡を探り始める物語
②過去:少女・サラの物語
の2つが平行して描かれます。

①では、現在まで残されたものは何であるかや、歴史がいかなるものであったのかが語られます。
過去を探るジュリアは、ストーリーテラーとしての役目も果たしています。

しかし①はそれだけでなく、ジュリアの家庭環境の悩みなどの要素が入っています。
これはラストシーンのために必要なものなのですが、個人的には②の話と乖離しているように思えたのです。

後半では特に、深く少女・サラ内面を描いていたはずの②がさらにおざなりになり、①ばかりが強調されているように思えました。
それまでに比べ、表面上をなぞっているかのような心理描写に、物足りなさを感じてしまったのです。


構成や画づくり、音楽は申し分ないですし、役者たちの演技も素晴らしいです(特に子役はものすごい)。

でも個人的には展開が好きになれなかった、結末にも違和感があったのも事実です。

母になる女性には思うことのある物語だと思います。
ナチスドイツ政権下の暮らしや、質の高い映画を観たい方には是非オススメします。


以下、展開と結末が大いにネタバレしているので、映画をごらんになった方だけお読みください↓

















~結末:ジュリアは子どもにサラと名付けた~

この結末自体があまり好きではないのです。

ジュリアは自分の好奇心に則って、他人の知りたくない、触れてほしくないことを探っていたことを悔いていました。

「ウィリアムがサラの人生を教えてくれたことを肯定した」後であればよかったのですが、他人の人生に干渉したことを後悔していた彼女が、子どもに「サラ」という名前をつけるのはおこがましいことではないか、と違和感があったのです。


~後半のサラ~

弟の死を知った後の彼女は、いままでとは違い断片的に描かれるようになります。
彼女の内面に迫るシーンはあまりなく、「うつろ」になった彼女の心情を表しているかのようでした。

でも、この描写に物足りなさも感じたのも事実。
彼女が自殺した事実も、なんともやりきれません。


~サラが残したもの~

サラは、息子のウィリアムに真実を教えず、ユダヤ人であると悟られないようにしていました。

現在のウィリアムは、ユダヤ人であるどころか、本当の母の姿を知りませんでした。
それを教えようとしたジュリアに、むしろ憤りを覚えるのです。

帰宅したウィリアムは、父親(サラの夫)からジュリアの話が本当であることを聴かされます。


そして、2年後にジュリアとウィリアムは再会します。
ジュリアは他人の人生に干渉したことを謝り、ウィリアムはむしろ母(サラ)の人生を教えてくれたことにを感謝するようになります。

真実を知ること、悪い歴史を隠すことのどちらを選択すべきかは簡単に判断できるものではありません。

悪い歴史を隠せば、それを知らない人間は後ろめたさを感じずに生きることができる。
真実を知ることは残酷ではあるけれども、それで救われる人もいる。

この映画では、後者を選びました。
ウィリアムは「父は安らかに永眠できた」と言っていました。
ウィリアムの父にとって、サラの人生を語ることができないのは苦しみでもあったのでしょう。

ウィリアムに、その父に、ジュリアに、そして忘れられなかったサラにとって、最良の選択であったと、自分は思います。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-06-22 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。