ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

それでも終われない!「サイタマノラッパー3」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はSRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者です。


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:泣いて、泣いて、泣きすぎて、心が震えた!


あらすじ


埼玉のラップグループ「SHO-GUNG」を脱退したマイティ(奥野瑛太)は、東京で人気グループ「極悪鳥」の下働きとして耐える日々を送っていた。
ある日マイティと極悪鳥のメンバーは、MCバトルで優勝したらステージに立たせてもらうことを約束する。
マイティは破竹の勢いで勝ち続けるものも、八百長を命じられ、暴行事件を起こしてしまう。

その10ヵ月後。
SHO-GUNGのメンバーのイック(駒木根隆介)とトム(水澤紳吾)は野外ライブのオーディションのため、栃木に訪れるのだが・・・




オススメです!
上映時期は地域によりバラバラですが、近くで上映していたらぜひご覧ください!

Yahoo!映画での超・超高評価も納得の、すんばらしい映画でした。

この「SR サイタマノラッパー」シリーズは、
低予算のインディーズ作品であり、
ヒップホップを描いた音楽映画であり、
何かになれない大人を描いた青春映画であり、
とことんダメな人間を追い続けた「負け犬応援ムービー」でもあります。

1作目2作目はほとんど同じプロットで作られていましたが、今回はちょっと違います。
サブタイトルにあるように、今回の主人公は「逃亡者」になってしまうのです

いままでの主人公も「未来が全く見えないダメな人たち」だったのですが、今回はそれ以上に思えます。
なにせ激情に身を任せ、暴力をふるってしまうのですから。
その主人公像は、感情移入を阻み、観る人を選んでしまうかもしれません。

また、本気で憎たらしく思える登場人物も多く、泥沼にはまっていく主人公を見るのは何ともツラいものがあります。
シリーズを通して、それは共通。
しかもこの3作目では暴力的なシーンも盛りだくさん。
万人向けとは言い難い作品なのです。


しかし、感情移入できない方でも、そのキャラクターの存在感には圧倒されるはずです。

まず、主人公マイティがMCバトルで勝ち進んだときのラップの上手さがすさまじいです。
「下働きに耐えてきて、ラップに打ち込んだ2年間」がこれだけで見えます。
この時点で自分は涙腺がゆるみっぱなのです。


そしてストーリーは激動と言うに相応しい出来です。

マイティは一寸先はどうなるかわからない、危険な道を愚直に突き進んでいきます。

不満が鬱積していた主人公にどう救済がもたらされるのかー
このシリーズでは安易なハッピーエンドも、バッドエンドも用意されていません。

ラストに至るまでの展開を思えば、とことん主人公を窮地に追い込み、いじめ抜く描写にもちゃんと意味があります。
ここまで「生き様」に魅せられた映画はほとんどありませんでした。


また、この映画のパートは大きく2つに分かれています。
①逃亡者:マイティ
②うさんくさいオーディションを受けるラッパー:イックとトム

これに関して、映画瓦版の服部さんが「うまく噛み合っていない」と評していますが、自分はこれに異を唱えたいです。
この二者の要素があってこそ、際立つものがとても、とてもたくさんあったからです。

①のマイティのパートは自身が逃亡者となる上、周りは犯罪に手を染める最低な人間ばかりです。
今までの作風からすればあまりにもハードです。

だからでこそ、②の今までのような、どこかホッと息をつけるパートが必要だったのでしょう。
この2つの視点はそれだけでは終わりません。
ラストへのカタルシスのためには必要不可でした。


そして撮影がこれまた素晴らしい!
これはネタバレになってしまうので↓に書きますが、このクライマックスに魅了されない人はいないでしょう。
これを撮るのにどれくらいの労力を要したのか、想像もつきません。


重ねて言いますが、この映画は劇場で観るべきです。
役者の演技、
演出、
ストーリー、
そして、音楽が融合した、最強クラスの感動作なのですから。

SHO-GUNG
2000円
評価平均:
powered by yasuikamo

ラップでこんなにも泣けるなんて思いもしなかった。
これまでのシリーズでは役者がラップをしていましたが、本作では本職のラッパーも参加し、それを披露します。
直球でことばをぶつける真剣勝負に、心が揺さぶられるのです。


1作目を観ておいたほうがわかりやすい部分もありますが、今作だけでも十分楽しめます
今作で「3」という数字がさほどアピールされていないのも、製作者のそういった思いがあるのだと思います。

「1、2を観ていなからちょっと・・・」「ヒップホップなんて興味がない」で敬遠するのはあまりに惜しい作品です。

この映画がもっと知られてほしい。
そして、青春映画を愛する全ての人に観てほしい。
そう願います。



以下、ネタバレです 展開と結末に触れまくっているので、映画を未見の方は絶対に読まないでください















まずは言うのも野暮な不満点から。その後は展開について書いています。


~不満点~

・何故、野外フェスで極悪鳥のメンバーはマイティに追いつけなかったのか?

多くの方が不満に感じられているのはこれでしょう。
マイティは人にぶつかりつつ逃げているのに、ちっとも極悪鳥のメンバーは追いつきません。

マイティを慕っていた(とは言えないかもしれないけど)不良の子どもたちから金を奪っていたので、彼に味方をする人間はいくら考えてもいないように思えます。

「警察が極悪鳥を一度取り押さえた」とも思えましたが、警報が鳴ったのはだいぶ後であるし、そうであれば最後にマイティをボコボコにしたりはしないでしょう。

これはマイティをずっと映すというシーンなので仕方がない部分もありますが、想像で補完できる要素がないのは物足りなく思えます。


・等々力のお金をくすねた犯人は?

マイティは濡れ衣を着されられてしまいます。
しかし真犯人は不明のままで、どうにもスッキリしません。


・嫌な奴だらけ

他にもマイティの周りには吐き気のするような最低人間ばかりなのが、精神的に辛かったです。
子どもたちは平気で車を窃盗しているし、等々力はそれを買って平然としています。
さらには売春の斡旋ばかりか、人身売買をしている奴までいるのです。

極悪鳥のリーダー格を演じた北村昭博(ムカデ人間に出ていた方)もキツくて、その嫌悪感は半端なかったです(褒めています)
極悪鳥は出演料をもらっているのに、他は5万円も払わせるのもかっぺムカつく!

その描写自体は素晴らしいのだけど、こいつらがとっちめられないのはどうにもイラっとしてしまう!
個人的にこの「悪役が粛清されないこと」は、シリーズを通した不満点だったりします。

映画はそこに焦点をあてていないですし、この悪役を強者として描くことで主人公の置かれた境遇が際立って見えるので、必要なことではあるとは思うのですけどね。


~奪われる側から、奪う側になるマイティ~

マイティは極悪鳥の下働きをしているとき、チケットを売りさばくことを命じられていました。
パシリのように扱われ、八百長をさせられた上に切り捨てられるマイティ・・・
彼にとってどれほどの屈辱だったでしょうか。

栃木に移り住んだマイティは、ステージに立とうと願うのではなく、ステージを作る側に回ります。
オーディション会場のトイレでは、「ステージを仕切れるほうが偉いんだよ!」と言い放ちます。
さらに悪ガキたちにチケットを売り払え!と言いながら暴力をふるいます。
極悪鳥とやっていることは同じです

「俺、もう一度音楽やっていいのかなあ」と、彼女の一美(斉藤めぐみ)に半ば楽しげに言っていたマイティですが、その後はちっとも幸せそうには見えません。
自分がやられた苦しいことを、また他人にもしてしまうという悲しさ・・・
それは本来彼がやりたかったこととは違うのでしょう。


~イックとトムの姿~

一方、イックとトムはそんなことは考えていません。
やりたいことは「ラップで成功する」。それはラップを愛しているから。

このイックとトムのパートは、打算も何もない、「ただやりたいことをやる」夢を持つものたちの姿です。
がんじがらめのマイティと違い、どこか自由に思えます。


~征夷大将軍~

さらにイックとトムは、オーディション会場で一緒にラップを披露した「征夷大将軍」と再会します。
それは同じ夢を持ち、ラップを愛する「似た人間」。

マイティの周りのクズ過ぎる人間たちとは違います。
彼らが仲間を手にしたことと、マイティの境遇は、これもまた相反しているのです。

しかし「SHO-GUNG」と「征夷大将軍」のコラボシーンはすごく面白かった!
途中からもろに「美学がねえ、自覚がねえ」などと審査員を挑発する感じになっちゃうし、一緒に受けていた女性グループも一緒に入っちゃうし、何より今まで腕組みをしていたイックがラップをし始めたときの高揚感は最高です!

彼らは日光東照宮をリスペクト・・・もといレペゼンしているため、三猿眠り猫をグループのコンセプトとしています。
しかし審査員の「『言わざる』って言うならしゃべんなよ!」というツッコミは同意しまくりだ(笑)

征夷大将軍のメンバーは本職のラッパーの方たちです。
MC NO SOUND:回鍋肉
MC NO SIGHT:smallest
MC NO VOICE:HI-KINGakaTAKASE
DJ 眠り猫:倉田大輔
その上手さは想像以上です。

「眠り猫」は餃子屋でいきなり喧嘩をふっかけるなど、嫌な奴すぎるのがややゲンナリしましたが、その後に「伝説のタケダ先輩」の話題で意気投合するのが見れてよかったです。
タケダ先輩は1作目と2作目にも(名前だけ)登場していましたね。


~イックと想像と、マイティの現実~

無理やり一美に売春をさせた紀代美(美保純)と店員の一人を殴り、再び逃亡者となったマイティの姿に、イックのことばが重なります。

「東京でライブするつって、死ぬ気ですごいことやっているんだろ」
でも実際のマイティは・・・この落差を見て、悲しくて、悲しくて仕方がありませんでした。


~くだらないラップ~

逃亡したマイティは、車の中で一美にこう言います。
「お前は故郷の福島へ行け、俺と一緒にいたらお前まで危ない」
「お前は何もしていないから大丈夫だ」

泣きじゃくる一美。
マイティはラップでこう言います。

「今夜はパーティ、俺は今夜パンティ脱がすぜ!」

初めて見せたラップは、あまりにくだらない内容でした。
それは、ただ、彼女を笑わせるためのラップです。

マイティは、今まで一度も彼女に対してラップを見せたことがありませんでした。

初めて見せたラップで、彼女を元気づけたマイティ。
バカみたいなラップをするマイティの姿を見て、涙が止まりませんでした。


~クライマックスの野外ライブ~

その長回しの時間は、ゆうに15分!
トゥモロー・ワールド」「瞳の奥の秘密」でも長回しのシーンはありましたが、本作の衝撃はそれをはるかに上回っていました。

*ちなみにこの長回しの中で、くりぃむしちゅーの有田が友情出演しているそうです。自分は見つけられなかったけどね。

こっそりと会場の裏に回り、悪ガキたちから金を奪い、極悪鳥のメンバーにぶつかり、逃走、ぶつかりながら逃げ、故郷のブロッコリーをくすねて食べ、車に向かうと一美はいないがトウモロコシを買っていただけだった、そしてトラックで逃避行、しばらくしてからエンジンが止まってしまう・・・

そして、居場所がないのに、行くと身が破滅するとわかっているのに、「タケダ先輩のトラック(日光東照宮リミックス)」に引きよせられるマイティ

再会。
イックとトムが見たマイティの姿は、想像とはかけ離れたものでした。

極悪鳥にボコボコに殴られたマイティに、2人はラップを浴びせます。
「まだ止まらねえ、夢まだ死んでねえ、俺らSHO-GUNG!聞こえてんぞ!まだ続いてんぞ!」

そして暗転・・・
ここまで鬼気迫る、ワンカットで撮った逃亡劇はいままでになかったでしょう。

逃亡者になろうとも、マイティはラップへの思いを忘れなかったのです。


~ラスト~

マイティの面会に訪れたイックとトム。

マイティは「お前らなんか知らねえ」と知らぬ顔をします。

イックはそれに激高し、ラップで返します。
「ここでも逃げるんだ!」
「ラップを続ける俺は勝者、お前は負け続ける敗者!」
「うるせい、You Say、謝罪しろ、ごめんなさい」
「ラップもしねえで、お前こそバカか?」
「SHO-GUNGとラップが、俺の仲間!」

罵り続けられるマイティは、ついに覚醒します。

「笑わせんな!塀の中でだって生まれ変わってやるぜ」
「俺はまだ、旅の途中!」
「俺はBrand New、くさいメシ、それも俺には余裕」

これにイックは「続けろマイティ」と応えます。
さんざんラップをし続け、彼らは面会室から連れ出されます。

マイティの最後の一言は「じゃあな、SHO-GUNG」でした。

この「じゃあな」は永遠の別れではなく、「See You(また戻ってくる)」のように思えます


これは夢に対してくすぶり続ける男たちの物語です。

これで「関東三部作」は完結とのことですが、自分はまだまだ終わってほしくありません。

彼らに「成功」なんて似合わないかもしれない。
この狭い空間でラップを見せてこその、「サイタマノラッパー」なのかもしれない。
だけど、彼らがステージでラップを披露し、歓声を浴びるクライマックスを、切に願いたくなるのです

このシリーズに「満点!」と言うのは、そのシーンのためにとっておこうと思います。

オススメ↓
ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル:ポッドキャスト(音声)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-05-13 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。