ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

どうしちゃったのティム・バートン?「ダークシャドウ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はダーク・シャドウです。


個人的お気に入り度:3/10

一言感想:主人公がムカつく微妙エロ・コメディー


あらすじ


バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は、屋敷の使用人であり、魔女でもあるアンジェリーク(エヴァ・グリーン)の恨みを買い、自身をヴァンパイアにされてしまう。

バーナバスは生きたまま埋められ、復活したのは、それから約200年後の1972年だった。
彼は屋敷に戻り、コリンズ家がすっかり落ちぶれていることを知る。
バーナバスは一族の再建をはかろうとするのだが、コリンズ家を追い詰めた魔女アンジェリークは、この時代で今も生きていた・・・




*今回の感想はかなりメタメタに書いています。この映画が好きな人にはごめんなさい。

ティム・バートン監督とジョニー・デップ様が大好きな自分でも、これはつまらなかった・・・・
もともと評判がよくなかった作品なので期待はしていなかったのですが、その期待をさらに裏切る凡打っぷりでした。

例によって問題点を箇条書きしてみます。


①主人公に感情移入できない

これがまずキツい要素。
主人公は魔女によりヴァンパイアにされた同情すべき人物です。

はじめは慇懃無礼な態度に好感を持っていたのですが、後半にいくにつれ傍若無人っぷりがあらわになり「それはない」のオンパレードでした。


②エピソードの描き方が冗長かつ散漫かつ中途半端

映画の登場人物は多めで、「家族」は主人公含めて8人います。
これらのキャラクターのエピソードがどれも中途半端で、しかも各々の目的が不鮮明かつバラバラなのです。

中盤は家族の描写や、一向に対決する気配のない主人公と敵との掛け合いが続きます。
山場と言える山場はなく、ただエピソードが乱雑に置かれているだけ。
これが単純につまらなく、眠気をこらえるのに必死になるほどです。


③下ネタ成分大目

きわどい台詞や、それを暗示するシーンが盛りだくさんです。
それにウィットが効いていれば面白かったのですが、単純に下品なだけで面白いとは思えませんでした。

ひとつだけ、大胆かつ大掛かりな下ネタがあるのですが、これも個人的には微妙です。


終盤まではとにかく退屈で、ラストも結局ドタバタのみで終わってしまった印象です。
誰にも感情移入できず、始終薄味でした。
まあ変人だらけのティムバートン作品に、「感情移入」という要素を求める方がナンセンスなのかもしれないけど・・

そういえば字幕にも妙なクセがあります。
主人公の丁寧すぎる口調は面白かったのですけど、屋敷の使用人「ウィリー」の口調を「~ねえすから」などと変になまらせるのは好き嫌いが分かれそうです。


はっきりいって全くオススメしませんが、ジョニデ様の相変わらずの頭のねじがどっか飛んでいる演技や、「ヒットガール」ことクロエ・グレース・モレッツの成長っぷりは一見の価値があります。

ティム・バートン監督作品の常連であるヘレナ・ボナム=カータがやけにおとなしい役だったことは残念でしたが、悪役のエヴァ・グリーンのハジケっぷりが素晴らしかったので十分カバーできています。

また、映画の舞台は1970年代で、その時代を代表する音楽がたっぷり使われているので、当時を懐かしめる人には大いに楽しめるかもしれません。


「好きな監督の作品がこんなになって残念」というのは「TIME/タイム」に続いてのことでした。
監督の次回作「フランケン・ウィニー」に期待してます。


以下、結末を含めてネタバレです↓















~家族が大事だって言ったじゃん~

展開で一番許せないのはこれ。
父親の「家族が一番の財産」という教えを言い、慇懃無礼な態度で家族に接していたバーナバスでしたが・・・結局大切にしていないじゃん!

ロジャー(デヴィッド坊やの父代わり)を出て行かせるし(選択肢は与えていたけど)、なんだかんだで罪のない人を殺すことはやめないし、あまつさえ「血を奪った」という理由でホフマン博士を殺してしまう始末!

ホフマン博士は「医者と患者の秘密」のことをしていたり、あんまり好きじゃない要素がありましたが、さすがに気の毒です。
使用人のウィリーに「クソババでしたから」って言われてるしね。

でもバーナバスが、ミラーボールがあたりそうになったデヴィッドを助けたのはよかったです。


~殺人の意味~

建設現場にいた人どころか、善良そうな(ハッパ吸ってるけど)ヒッピーを殺しまくるバーナバス。

中盤に罪のない人間を殺したことの憤りをエリザベスに伝えるのはよかったのですけど、魔女アンジェリークへの言い訳は許せん。
なんと「殺人もお前の呪いのせいだ!」とほざきました

いや本当に「血を欲する」以外にも「人を殺さなければならない」呪いをかけられたのかもしれないけど、それはない。
血を欲するのであれば、輸血パックを使うとか動物を狙うとかの方法を試したらいいでしょう。

ヴァンパイアならではの「殺さなければならない」葛藤をもっと描いて欲しかったです。
ただの責任転嫁になってしまっているのは納得いきません。


~愛するの?恨むの?~

家族のキャラは軒並み薄味でしたが、敵キャラのアンジェリークは強烈でした。
愛する(実際は違うと言われるけど)がゆえに、バーナバスを窮地においやり、大切なものを壊し、それでもなおバーナバスの愛を求めようとするのです。

かつてマザー・テレサは、愛の反対は憎しみではなく無関心と言いました。

愛情と憎しみは表裏一体のもの。
それを極端なまでに体現したのが、アンジェリークのキャラでしょう。


~敵でしょ?~

アンジェリークは好きなのですが、「抱いて!」とせがまれたバーナバスの対応がこれまた嫌い。

なんせ豊満なボディに誘われて、「ヴィクトリア(偽名)を守るため!」と言い訳を言いながら、「小魚作り」に励んじゃうのですから。

ダークシャドウその2<確かにセクシーなので気持ちはわからんでもないけど

ふざけろよ。
主人公がこうして敵にほだされたり、口車に丸めこまれたりするので、どうにも応援する気になれません。

その後の「壁や天井を転がってのセックス」も好き嫌いがわかれそうです。
これ面白いかなあ・・・自分は観ていて扱いに困ったんですけど。

その後にバーナバスがつぶやいた「残念な展開であった」はこっちの台詞だと思いました。

ダークシャドウ<お前が言うな

でも終盤に「俺のケツに唇をつけてチュッチュしやがれ!」と暴言を吐くのはよかったです。字幕もグッジョブ。


~終盤~

キャロリンが「オオカミ人間でした!」という、伏線が微塵もなかった展開はどうなんだ・・驚きはありましたが唐突過ぎ。
「デヴィッドの母親の幽霊」が超音波で魔女を吹き飛ばすというのも、驚いたけれど、ねえ。

*コメントで教えていただきましたが、序盤に「助けて」と言っていた幽霊はデヴィッドの母ではなく、バーナバスの恋人のジョゼットのようです。

エリザベスがショットガンをぶっぱなしたり、アンジェリークの腕がありえないほうにひん曲がるのは「永遠に美しく・・・」を思い出させますね。
そこは面白かったのだけど、アンジェリークの最期があっさりだったのは残念です。


~映画の軸がブレブレ~

大体この話って「没落した一族をヴァンパイアである主人公が救う」話だと思ってたんです。
でも結局は「VS魔女」だけで終わっていて、一族の再建はぶん投げなのです。しかも屋敷は消失しちゃってるし。

ていうか、爆破をした濡れ衣を着せされたことが解決していないし、バーナバスは(警察に催眠術をかけたとはいえ)あいも変わらず殺人の容疑をかけられているんじゃないの?
いろんな疑問を解消せず、バーナバスが人を殺したことに対してしっぺ返しを受けず、「とりあえず」なハッピーエンドは受け入れられません。


~ラスト~

最後に崖から落ちるとともにバーナバスに血を吸われ、ヴァンパイアになったヴィッキー(ヴィクトリア)は、何故「ジョゼット(死んだバーナバスの恋人)よ」と言ったのでしょうか。

本当にジョゼットがこの世によみがえった(のりうつった)と思うべきなのかもしれません。
しかし自分には、ヴィッキーがバーナバスの過去の恋人のことを知った上で、彼の永遠の恋人となるために、そう答えたように思えて仕方がありません。

ヴィッキーは今まで家族ばかりか、誰にも愛情を与えられなかった人間です。
たとえヴァンパイアになったとしても、愛するものと(永遠の)時間を過ごせることは、幸せであるのでしょう。


~他にも気になった点~

・メインヒロインのヴィッキーの登場シーンが少なく、魅力がない。家庭教師として教えるシーンもない。

・座っていただけのおばあちゃんは、アンジェリークのゲロを拭っただけで本当に何にもしなかった

・血を吸うと吸血鬼になるのか、死ぬのかの境界線があいまい

・ヴァンパイアの能力を一族の再建に生かしたのは、「船長に催眠術をかける」ということだけ


~よかった点を探そう~

・200年間のジェネレーションギャップによるコメディーシーンはそこそこ面白かった(15歳で未婚であることに驚くとか、ベタだけどTVへのリアクションとか)

・マクドナルドの看板をメフィストフェレスと勘違いするのは面白かった

・車で轢かれそうになったとき、字幕で「バーロー」と言われるのも面白かった

・バーナバスがまたもアンジェリークに棺の中にいれられ、何年も待たないといけないかと思いきや、すぐにデヴィッド坊やが助け来て「20分しかたってないよ」というのはよかった

カーペンターズの名曲「トップオブザワールド」をバックに屋敷の模様替えをするシーンはよかった

アリス・クーパーが本人役で出演し、バーナバスに「醜い女だ」と言われるのはよかった(アリスは女性名)

・やさぐれたクロエ・グレース・モレッツ(キャロリン)が超可愛い


ところで、(ヴァンパイアになって)生き返ったホフマン博士は、バーナバスに復讐をするのでしょうか。
いいぞやってしまえ

オススメレビュー↓
映画「ダーク・シャドウ」感想 | タナウツネット雑記ブログ
佐藤秀の徒然幻視録:ダーク・シャドウ
ダーク・シャドウ/解けない呪い、叶わぬ愛 | 映画感想 * FRAGILE

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-05-20 : 映画感想 : コメント : 20 : トラックバック : 1
Pagetop
きっとその作品が観たくなる「エド・ウッド」ネタバレなし感想+お気に入りシーン «  ホーム  » 絵柄も物語もノスタルジック「虹色ほたる」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ダークシャドウ
カーペンターズとヴァンパイア。       ダークシャドウ (2012年 アメリカ映画)      75/100点    言わずと知れた、ティム・バートン監督による「ジ...
2012-10-13 22:32 : 素人目線の映画感想ブログ
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
「助けて」と言っていたのはジョゼットの幽霊です。
デヴィッドの母ではないですよ。
ヴィッキーは「何もしていない」のではなく、存在に大きな意味がありました。
2012-05-20 21:34 : みかん URL : 編集
Re: No title
ご指摘ありがとうございます。
訂正、該当部分を削除しました。申し訳ないです。
2012-05-20 23:17 : ヒナタカ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-05-21 11:31 : : 編集
惜しい!
いろいろな意味で
「惜しい」映画でした。
自分の言わんとしていることは他の方も同じく思われているようで
「やっぱり」ですね( ̄∀ ̄)
屋敷内で寝床を求めて押入れや段ボールに入っていたのには笑いました。
やっぱり一番しっくりくるのは棺桶だと(^w^)

鏡に映らないのに歯を磨いているのも…(≧ε≦)
映画の序盤からどん底のビリッケツになったバーナバスがどうやって勝つのか楽しみに観てたのですが
コリンズ家が攻勢に出ると常に一歩上をいくアンジェさん(;`皿´)
終盤工場爆破のシーンまで大逆転を期待して
「いいよいいよまだまだ頑張れバーナバス!」と応援してたのですが…

結局勝てず(┳◇┳)
主人公なんもしてない

終始打たれっぱなし
なんだこりゃ

ラストもなんだこりゃ(笑)
終わり?(?_?)的な
続きを匂わしてはいるけどもバートン監督ってあんまし続編作らないし(-"-;)
原作は1966~1971のTVシリーズ(1991にリメイク)なのでエピソードには事欠かないとは思いますが
コリンズ家はどうなったのか
TVシリーズ版がどんなあらすじなのか知りたい(ρ°∩°)

DVDになったときの映像特典に期待ですかね(‘o‘)ノ
2012-05-22 05:48 : YOU URL : 編集
Re: 惜しい!
コメントどうも!

> 屋敷内で寝床を求めて押入れや段ボールに入っていたのには笑いました。
> やっぱり一番しっくりくるのは棺桶だと(^w^)
> 鏡に映らないのに歯を磨いているのも…(≧ε≦)

そのへんのギャグシーンは普通に好きです。


> 結局勝てず(┳◇┳)
> 主人公なんもしてない
> 終始打たれっぱなし
> なんだこりゃ

いろいろやったあげくに家が燃えただけですもの・・・


> ラストもなんだこりゃ(笑)
> 終わり?(?_?)的な
> 続きを匂わしてはいるけどもバートン監督ってあんまし続編作らないし(-"-;)

そのとおりでたぶん続編はないんじゃないかと・・・


> 原作は1966~1971のTVシリーズ(1991にリメイク)なのでエピソードには事欠かないとは思いますが
> コリンズ家はどうなったのか
> TVシリーズ版がどんなあらすじなのか知りたい(ρ°∩°)

TVシリーズからのものだからエピソードが散漫になってしまったのかな・・・と思う次第です。たしかに知りたいです。
2012-05-22 21:31 : ヒナタカ URL : 編集
No title
ちょっと、ヒロイン出演しなさすぎて説得力ないっすよね。内容は散々でしたけど、クロエちゃんが可愛かったので、良かったとしています。
2012-05-22 23:08 : paranoid URL : 編集
Re: No title
コメントどうも!

> ちょっと、ヒロイン出演しなさすぎて説得力ないっすよね。

終盤全く出てこなかったですよね・・・本当クロエの可愛さに救われました。今時のやさぐれたねーちゃん風でも可愛い。
2012-05-23 01:02 : ヒナタカ URL : 編集
No title
私はこの映画のヒロインは魔女で
魔女が亡くなるシーンは
魔女が可哀想に思えました。。。

永遠に叶わぬ恋なら死を選んだ
そんな感じがしました

魔女が差し出した心臓は
実はバーバナスの心臓で
本人に返してバーバナスは
最後人間に戻ったのではないでしょうか?

最後、崖から身を投げるシーンで
2人は本当に亡くなり
死後の世界でバーバナスはジョゼットと結ばれたと
解釈してました。

2012-05-30 15:01 : ななし URL : 編集
Re: No title

> 魔女が可哀想に思えました。。。
> 永遠に叶わぬ恋なら死を選んだ
> そんな感じがしました

最後は「やけ」で戦っていたようにも見えました。


> 魔女が差し出した心臓は
> 実はバーバナスの心臓で
> 本人に返してバーバナスは
> 最後人間に戻ったのではないでしょうか?

そういえば、アンジェリークは心臓を差し出していましたね。
その解釈もできるかも。


> 最後、崖から身を投げるシーンで
> 2人は本当に亡くなり
> 死後の世界でバーバナスはジョゼットと結ばれたと
> 解釈してました。

それならあのハッピーエンドでも納得できるかもしれないですね。
面白い解釈をありがとうございました。
2012-05-30 17:35 : ヒナタカ URL : 編集
No title
終わりの方まで、何だかわからない映画でした。
でも、あのクロエさんの変貌場面では、「エクソシスト」を思い出し、男の子の格好で「オーメン」の坊やを思い出しました。
全体が、パロデーだったのか?と思い、ほかの場面もなんかあったのかなと思ってます。

どうも、バンパイヤものと云いますか、ゾンビものと云いますか「顔を白く塗りたくって、目のところだけ黒く隈を作る」って映画は、何度見ても馴染めません。
怖さよりも,何よりも、異臭が酷いんじゃないかと思ってしまうからです。

そう云えば、映画の中でも、J。デップが「口臭を気にする場面」がありましたね。(ちょっと、違う場面ですね)
2012-06-02 21:57 : sakura URL : 編集
Re: No title
どうも!確かに映画全体がパロディっぽい雰囲気ではありました。「永遠に美しく・・・」「アダムスファミリー」とか。

> そう云えば、映画の中でも、J。デップが「口臭を気にする場面」がありましたね。(ちょっと、違う場面ですね)

ありましたね。ちょっと笑いました。
2012-06-03 17:52 : ヒナタカ URL : 編集
No title
全体的に“残念”な映画でした。
個人的に、工事現場のオジサマ達が死んでしまった事に納得がいきません。
血を吸われたのだから、吸血鬼になると思ったのですが…。

血を吸われても男っだったら死ぬけど、女の子は吸血鬼になると考えても、ヒッピーのその後の描写が無いからどうなのか分からないし…。

2012-06-10 19:40 : URL : 編集
Re: No title
血を吸われると吸血鬼になるか、死ぬかの境界線があいまいですよね。
ヴァンパイア映画にはありがちっぽいですが・・・

自分はヒッピーの女の子に助かってほしかったです。
2012-06-10 21:49 : ヒナタカ URL : 編集
No title
今になって気が付いたのですが、この映画は「インタビュー・ウイズ・バンバイヤー」のアノ映画が元になっていて、全てパロデイーだったのでは?



2012-06-28 08:25 : sakura URL : 編集
Re: No title
「インタビュー・ウイズ・バンバイア」は大分観たのが前だったので、あんまり似ているシーンが思い出せないのですが・・・そうかもしれません。好きな映画なので一度見直したいです。
2012-06-29 18:40 : ヒナタカ URL : 編集
で 結局
バーバナスなんですか?バーナバスなんですか? 皆さんの書いてるのもバラバラなので...
2014-06-06 23:15 : ゆきむら URL : 編集
トップオブザワールドが流れる模様替えシーンが良かったので「もしかしたらこれから面白くなるかも…?」と思ったけどならなかったです
2014-06-06 23:34 : URL : 編集
Re: で 結局
> バーバナスなんですか?バーナバスなんですか? 皆さんの書いてるのもバラバラなので...
バーナバスが正しいです。すみません訂正します……
2014-06-07 10:52 : ヒナタカ URL : 編集
昨日テレビでやってた
全く同じ感想、評価です。
こっちのブログ読む方がダークシャドウ見てるよりスカっとした。シニア割で見に行った両親が「期待外れにもほどがある」と言っていたので、映画館に行かなくて正解です。

私個人としては、魔女がとても一途で可愛くてヒロインより断然好きです。
そもそもバーナバスが使用人に手を出しといてポイ捨てするから復讐されただけなのに、「なぜ私だけがこんな目に」とか「お前は人を愛せない」とか、魔女の純情を全否定する主人公にはマジで感情移入できません。
普通の敵役なら、裏切られた愛情が一転して憎しみや悲しみの権化としてもっと主人公に苦痛を与えそうなものを、魔女の真の狙いはバーナバスが言う「支配」よりも結局バーナバスの方に思えるんですが。
敵役の愛憎がひっくり返せていない分、魔女がより一途に見えて主人公が最低のクズに見えました。
2014-06-07 14:00 : ルサ URL : 編集
魔女の心臓
魔女の心臓の解釈
魔女や魔法使いの心臓は取り出しても死なないが(ハウルの動く城なんかでもそう)急所なのは事実、本当に信頼している相手や心底愛している相手にしか捧げません。つまり「命を捧げるほどあなたを愛している」ということを魔女や魔法使いが行動で示す唯一の方法。騙されてたり遊ばれてた場合は自分が死ぬ、命がけの求愛方法なのです。
2014-06-07 14:10 : ルサ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。