ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

きっとその作品が観たくなる「エド・ウッド」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

先日観た「ダークシャドウ」が個人的に残念な内容だったので、同じくティムバートン監督×ジョニーデップ主演作品の「エド・ウッド」(製作:1994年)を観てみました。

ジョニー・デップ
519円
評価平均:
powered by yasuikamo
ジョニー・デップの真骨頂
クソ映画、バンザイ!
脇役も最高!


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:あんた(エド・ウッド)、最高だよ


あらすじ


エド・ウッド(ジョニー・デップ)は、映画制作に情熱を注ぐ毎日を送っていた。
世界で初めて性転換をした男の話を聞いた彼は、すぐさまプロデューサーに売り込みに行くが、全く相手にされなかった。

その帰り道でウッドはかつての名優ベラ・ルゴシと出会う。
大ファンであったウッドは、ルゴシに映画への出演を頼むのだが・・・





なんでこの名作を今まで観ていなかったんだ!すげー面白かった!

史上最低の映画監督と評された「エド・ウッド」をモデルをした、全編モノクロームで描かれた作品です。
自身がエド・ウッドの大ファンであるティムバートン監督の愛がたっぷりと込められています。

この作品が素晴らしいところは、「映画が大好きなんだ!」ということが本気で伝わってくること。
エド・ウッドが作っている映画は最低なんだけど、その情熱は最高なのです。
好きなものを愛してやまないエド・ウッドと、それを演じるジョニー・デップもさらに大好きになりました。


では、エドウッドはすさまじいまでの情熱があるのに、何故「最低の映画監督」と呼ばれるのでしょうか。
それは映画を観るとすぐわかりました。こいつ、妥協しすぎです。

映画のワンシーンって、思えばすごい労力、妥協をしない監督の手腕により作られているものですよね。

でもエド・ウッドは簡単に「完璧だ」とか言っちゃうし、「撮り直さなくていいの?」とつっこまれても何かと理由をつけて「あれでいいよ」とか、挙句の果てには「そんな細かいことは観客は気にしないよ」とか言う始末

予算の関係も大きいのだけど、いくらなんでも酷い妥協っぷりです。

これを観ると反面教師的に世の中の映画監督がどれだけ厳格であるかがわかります。


もうひとつ素晴らしいのは、この作品が「年の差を超えた友情」を描いていること。
落ち目の役者と、落ち目どころか最低な映画しか撮らない映画監督の掛け合いに、ついホロリとしてしまいます。


そんなク〇映画監督に最大級の敬愛を注いだこの映画は、文句無くオススメです。
アーティスト」とは別ベクトルで映画の魅力が詰まっている作品なので、ティム監督&ジョニデ様ファン以外でも、全ての映画好きは是非レンタル店へ。


以下は作品のシーンが少しだけネタバレしています↓結末などには触れていませんが未見の方は要注意




映画が始まってすぐ、こんなことを言われます。

エドウッド
「あなたは未知の世界や神秘の世界に興味がおありだ」

何その決め付け
実はこれはまんまエドウッドの映画のパロディ
こんなうっとおしい観客に語りかける演出がなされていたのですね。

その後に「これは恐怖の体験を生き延びた人々の記録だ。あなたの心臓は耐えられるか、エドウッドの真実に」と続くのでワクワクさせてくれます。
そしてその期待は裏切られません。


エド・ウッドはクリスティーン・ジョーゲンセンの話を聞くやいなや、女装をテーマにした映画を撮ろうとプロデューサーにたのみこむのですが・・・

エドウッド5

説得をするために、自ら「女装が趣味です」と言ってしまうのでした。
しかもこれ、<ネタバレ反転>嘘じゃなく、マジで幼少時代からの性癖」なんですよね。
ジョニデ様が演じるに相応しい変人っぷりです。


何とか「グレンとグレンダ」の撮影をはじめるのですが・・・

エドウッド6

ゲリラ撮影なので、警察から逃げなければならないのだった!
あとこの画像のジョニデ様はブサイク気味ですが、ほかの女装姿はわりと可愛いです。肩幅広いけど。


「妥協しまくり」を体現しているのが、こちら。
映画の撮影中、役者がドアにあたってしまうミスがあったのですが・・・

エドウッド7

「あの役は毎日ドアにぶつかるんだよ」と全肯定!こりゃだめだ。

ほかにも恋人の役をハリウッドを夢見ている女の子にホイホイあげちゃったりするし、「息子を出させてくれないか」と言われるとこれまた「はい」って言っちゃたりする。
「NO」とは言えないダメな人なんでしょうね。

もっとひどい&切ないのは、この後の巨大タコとの格闘シーン。
こればっかりは観てくれとしか言えません。


この後も予算がないから、変に妥協するからヘボい撮影シーンのオンパレード

それらのシーンは切ないけれど、それ以上に微笑ましい。
何故なら映画を作っているエド・ウッドは本当に楽しそうだから。

彼の作る映画はどっかどう見ても最低で、さらに生涯ヒット作には恵まれなかったけど、心の底から映画製作を楽しんだ彼と、彼を支えた人たちは幸せだったんじゃないかな。
この監督の映画が「最低」の評価だろうとも、その作品を観たくなってしまいました。


作品群↓
グレンとグレンダ
怪物の花嫁
プラン9・フロム・アウタースペース
死霊の盆踊り(監督でなく脚本と原案担当)
<エド・ウッド・コレクション>(amazon)

テーマ : 映画の感想
ジャンル : 映画

2012-05-21 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。