ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

劣化ダークナイト 実写映画版「ワイルド7」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

DVDで観た「ワイルド7」の感想です。

瑛太
2891円
評価平均:
powered by yasuikamo
原作と違う、皮相的な「ワイルド」ですが、良いじゃないですか
期待を込めて
バイオレンス物で好きですが


個人的お気に入り度:2/10

一言感想:弾、当たんねー


あらすじ


マイルドぎみな7にんがこっかのめつぼうをふせごうとするよ




*例によってメタメタに書いているので、この映画が好きな人にはごめんなさい

ははっ。こりゃダメだ

ツッコミどころが満載、変に感動させようとしていて寒い、などなど「ひょっとしたら面白いかもしれない」という期待を完全に裏切った出来栄えでした。


致命的なのは、7人のメンバーの個性を生かせていないこと。

7人のうち、瑛太と椎名桔平以外ろくに感情移入できる要素がありません。
7人が共闘するシーンが全然熱く思えません。
バイク関連のアクションが割とよくできているのに、勿体なさすぎます。

爆弾魔や詐欺師という要素を生かすことなく、そいつらもバイクに乗って銃をぶっぱなす始末。
メンバーのほとんどが「無個性」なのです。

原作の漫画は未読なのですが、そのファンの人には許されないことだと思います。


そして・・・散々言われていることですが、大傑作ダークナイト」に似ているシーンが多過ぎです。デジャヴ感じまくり。
あんまりパクリだとかは言いたくないのだけど、これは許容範囲超えまくっています。

悔しいのは、そのダークナイトを模したオープニングが結構面白いこと。
冒頭15分を観ればこの映画の魅力の大半は味わえています。


そして後半のアクションは酷い、酷すぎる!ツッコミが追いつかないテキトーさ!
抱腹絶倒の展開が繰り広げられるので、同じく「弾が当たらないアクション映画」の「コマンドー」あたりが好きな人は大いに気に入るかもしれません。


そんなわけで、役者のファンにもちょっと厳しい出来です。
でも本当に冒頭のシーンは面白いし、終盤のギャグと化した展開は友達同士で観ればそこそこ盛り上がれるんじゃないかと思います。
意外とオススメDEATH!

以下、容赦なくネタバレです↓ なるべく映画を観てからどうぞ
















オープニング。銀行強盗の集団は何故か能面を被っています。

ワイルド7-1

見た目もダークナイト(そっちはピエロのマスク)なら手口もダークナイトに似過ぎ。
人質全員に袋を被せるあたりとかとかね・・・

その後逃げる犯人の車に対し、ワイルド7のトラック(トレーラー)が猛アタック!
ありえない高さまで車が吹っ飛ぶ!

ワイルド7ー2<その車が上から落ちるシーン

ワイルド7ー3

横から見るとこんぐらい飛んでいます。
すんごく前に車をぶっ飛ばして、後続の車も止めるという作戦。いや~斬新ですね。


そういやこの映画は台詞も変だ。
先程の車がぶっ飛ばされて追い込まれた犯人に対して、瑛太は「お前らを退治する」って言うのですが、犯人は「退治?それを言うなら逮捕だろ?」と、謎の余裕を見せます
もちろん即効で退治されちゃうけど。

他にも、ウィルスをばらまこうとする犯人が、追い詰められると何故かワイルド7のメンバーの過去を一人ずつバラすという謎シーンもあります。
時と場合をわきまえようね。ちなみにこの「大人数でお互いに銃をつきつける」シーンは「フェイス/オフ」を思い出させます。

一番ひどいのは、あと2人の復讐を成し遂げようとするヒロイン(深田恭子)に対して、瑛太はやめるように言うのですが・・・その直後に「黒幕は別にいる」ことをバラすのです。
火に油注ぐようなこと言ってんじゃねーよ。


アクションシーンもツッコミどころがある。
敵を殺そうとしているヒロインの手をとった瑛太は、何故か回転しながら銃撃する

ワイルド7-7<クルッ

ワイルド7ー6<クルッ

ワイルド7ー5<クルッ

当然敵側の弾は当たりません。


後半、ワイルド7は指名手配され、敵の本拠地に赴きます。
その時にパトカーが後ろから追いかけてくるのですが・・・めっちゃ遅いです。
時速60キロ出ていないんじゃないか?

ワイルド7ー遅い<ノロノロ

ていうか行き先分かっているよね?先回りしろよ。


敵の本拠地でやることは、まずトラックの中から銃撃

ワイルドー内側から

えーこのシーンの何が酷いかって、序盤でこのトラックは思い切り外から銃撃食らっていたのに、そのときはビクともしなかったことですね。
外からは頑丈で中からはもろいってどういうこと?どんな構造してんの?

そしてバイクで突撃!

ワイルド7ーバイク

ロケットランチャーを撃ちつつ正面突破!

ワイルド7ー8

ちなみに玄関で待ち構えていた特殊部隊は、ご丁寧に道を開けています。

そこには大量の特殊部隊!

ワイルド7ー9<多過ぎ

ワイルド7-10<イヤッホホー!

ワイルド7ー11<ファイアー!

こんだけワイルド7は余裕こいてますけど、一切弾は当たりません

さらに酷いのは相手の特殊部隊がヘタレすぎること!
それを如実に表しているのがこれ。

ワイルド7-12<追え!追え!

ワイルド7ー13<待ち構えるワイルド7

ワイルド7-14<ロケットランチャーセット!

ワイルド7ー15<退避!退避!

コントか。
ちなみにこの「退避!退避!」は作中3回くらい聞けます。

その後ワイルド7は狙撃手に狙われるのですが・・・

ワイルド7ー16

レーザーポインターがめっちゃ見えているので速攻バレる
つーか早く撃てよ。

その後のクライマックスも想像を絶する出来。
このラスボス戦もさっさと撃てよとツッコミたくなること必死ですので是非観てね✩
おいしいところを全部持っていかれる主人公が笑いどころです。


もうひとつこの映画には酷い要素がある。それはエンドロールです。
途中までは作中のシーンと、たわいもない撮影シーンを見せてくれるのですが・・・

ワイルド7ーEXILE

なんと出演者がエグザイルのダンスをするのだった!

ワイルドーEX<じつにたのしそうですね

さすがに悪ふざけがすぎるというか、見る人の神経を逆なですると思う。


最大のツッコミどころは、国家機密なのに目立ちすぎってことですね。
ワイルド7のみんなは、真っ昼間から目立つコートで銃を振り回し、一般人に見られまくってます。

他にも犯人を殺さず確保しろって言われても(不可抗力があったとはいえ)撃っちゃうし、誰一人殺すなと言わてもガンガン攻撃しちゃう(つーか正面突破してる)し、どうにもこいつらの行動は理解できません。

そしてラストシーンまでダークナイトをパクってくるとは思わなかった

ご都合主義かつ、真似だけではいい映画は作れないと証明してくれる本作に、ある意味感謝しています

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-05-23 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

散々なワイルド達ですが
初めまして。通りすがりですが、ワイルド7の漫画が好きなので、DVD借りて観て、みんなの感想をググっております。

草波隊長の言う事聞かないとか、秘密なのにおそろいの服とか、退治あたりのやり取りとかは、原作のセリフ、キャラクターの設定をふまえての事だと思います。(TV版のトレーラーなんか、秘密警察なのにでっかく「ワイルド7」って書いてある始末。)

初見の人がどんなに変だと思っても、「退治する」は飛葉ちゃんの登場シーンなんですよ。なかったら初っ端から怒られると思ったのと、残念ながらファンはあれを「カッコイイ」と思います。すごくカッコイイと思ってます。私も20年位カッコイイと思ってます。
瑛太さんの言い方は真面目過ぎて面白くなかったですけど。

おそろいの服は着てたらバレるとか思った事がなかったです。着てるもんだと思ってました。着ていてくれないとただの瑛太さんになってしまうじゃないですか。そこは着ていてくれないと。
むしろやはりトレーラーにもちゃんとワイルド7って書いておいて欲しいです。車の中から銃を撃つなら、ワイルド7って文字型に撃って欲しかったです。


ダークナイトのパクリというのが気になるので、今度見てみようと思います。
2012-06-05 05:18 : 通りすがりです URL : 編集
Re: 散々なワイルド達ですが
どうもです!

自分は漫画は未見ですが、主人公の「飛葉」のキャラは大分違うようですね・・・
「退治する」は原作で格好いいのですね、読んでみたくなりました。映画でもセリフだけ切り取れば格好いいのだけど・・・

>秘密警察なのにでっかく「ワイルド7」って書いてある始末

漫画はさらにつっこみどころ満載そうですねw(いい意味で)


ダークナイトは面白いですよ!ラストシーンがまんまで爆笑しました。
2012-06-05 19:13 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。