ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

奇跡は起こる「MIB3 メン・イン・ブラック3」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はメン・イン・ブラック3です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:いつもよりちょっと切ないけど、いつもどおりに超楽しい!


あらすじ


秘密組織M・I・B所属のエージェント「J」(ウィル・スミス)と「K」(トミー・リー・ジョーンズ)は、日々地球に住むエイリアンの取り締まりに追われていた。

ある日、月面にある刑務所からアニマル・ボリス(ジェマイン・クレメント)と呼ばれる男が脱獄する。
JはボリスとKに因縁の関係があることを知るが、K本人はほとんど何も口にせず、はぐらかすばかりだった。

その次の日、JはM・I・B本部に訪れるが、どこか様子がおかしい。
Jはエージェント「O」(エマ・トンプソン)から、Kは40年前に死亡していたと聞かされるのだった・・・





アダムス・ファミリー」「ワイルド・ワイルド・ウエスト」「メン・イン・ブラックシリーズ」のバリー・ソネンフェルド監督最新作です。

シリーズ2作目からもう10年になるのですね。
正直、待ちに待った新作!というよりも、「懐かしい」という印象のほうが大きいです。

キャストから音楽まで前作、前々作からの引き継ぎなので、調整にも時間がかかるのはやむをえないところはあるのでしょうが、もう少し早いスパンで新作が観たいとも思ってしまいます。


今回の感想ですが、もう本当期待を裏切らない楽しさ!
何年経とうが、このシリーズは安定の面白さでした。

メン・イン・ブラックは「そりの合わない2人が共闘していくうちにお互いを認め合う」という典型的な「コンビもの」です。
続編では、はじめからからお互いのことを知っているため、この「そりが合わない」ことが表現しづらくなるのは当然のこと。
しかしこのシリーズは大胆な方法で、コンビものの面白さを継続しているのです。

なにせ、今作は予告編にある通り、主人公「J」(ウィル・スミス)が過去にタイムスリップし、そこで若き日の相棒「K」と出会うという筋立てなのです。
必然的に初対面になり、必然的にそりが合いません。

2作目では「相方が記憶を無くす」という方法をとっていたのですが、今回はそれ以上のアイディアだったと思います。

ちょっと軽薄でノリの軽いウィル・スミスと、頑固なキャラの組み合わせってそれだけで見ていて楽しいのですよね。
これがはじめっから仲良かったら、何にも面白くはないわけです。

今回のJはなまじっか未来に起こる事を知っているし、経験もあるので、Kより「上に立とうと」します。
そのせいで、さらに若き日のKとギクシャクしちゃうのです。
いつもとシチュエーションが異なっていても、相変わらずのこの2人の掛け合いの面白さにはにやにやしてしまいました。

ちなみに若き日のKを演じるのは、今までのトミー・リー・ジョーンズではなくジョシュ・ブローリン
この2者はぱっと見はそこまで似ていないように見えるのですが、映画をいざ観てみると、ジョシュ・ブローリンは「若き日のトミー・リー・ジョーンズ」にしか見えません。
見事な演技、配役だったと思います。


映画本編はいつもどおりのユルくて能天気なノリ・・・なのですが、本作ではよりキャラの内面にせまる、切ない描写もあります

まさかこのシリーズでしんみりしてしまうとは思いもよりませんでしたが、決して映画本編の楽しい雰囲気が損なわれているわけでもないですし、今までに明らかにされなかったキャラクターの過去を知れるという、シリーズの新しい要素が上手く盛り込まれていると思います。

JがしきりにKに聞いていた「(Kに)何があった?」の真実。
それを知った後に、現在のKが、Jにどういう思いを抱いていたかー
それを想像してみるのもいいと思います。


また、今回はシリーズ初の3Dです。
観てみると、これは十分3Dをオススメできる出来でした!

画面に飛び込んでくる物、エイリアンの数はかなり多いですし、タイム・ジャンプ(タイムトラベル)のシーンの迫力はかなりものです。
この映画には「アバター」のような大作感はまるでないので、2Dでサクッ観るくらいが適当なのかな、とも思わなくはないですが、それでもシリーズファンには、久しぶりのメン・イン・ブラックを、アトラクション要素もある最高の環境(3D)で、是非楽しんでほしいと思います。


ちなみにはじめてみる方でも、
「メン・イン・ブラックたちは地球に住むエイリアンを取り締まっている」
「光らせると、それを見た人の記憶を奪う機械(ニューラライザー)がある」
くらいのことを知っておくだけで、十分楽しめると思いますよ。


最後に一つ。
今作で主人公・Jは1969年にタイムスリップします。
実はこの年にタイムスリップをする意味がきちんとあり、予告編などではそのことを上手く隠しています。
勘のいい人なら気付くかもしれませんが、「あの年」だと気付いた時はなるほど、と唸ってしまいました。

こういう要素を絡めるのも本作の上手さ。
シリーズのファンにも、はじめて観る方にも、ゆる~く映画を楽しみたい人にオススメです!


以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓
















まずは気になったことからつらつらと

~不満点、好きな点、明らかにされなかった点~

・はじめに出てきて、ボリスを脱獄させた女性は何者?
背中に「ボリス」と描かれたていたので、ファンか何かだとは思うですが・・・40年の間に来なかった理由も不明です。
ボリスは「ありがとよ、ダーリン」と言っていたので、元恋人なのかもしれません。

・なぜボリスは「アニマル」というあだ名をつけることを嫌うのか
animalとは「けだもの」「不潔なもの」という蔑称でもあるのでしょう。
ボリスは見た目不潔でしたが。
いままでに比べると、このラスボスは魅力薄で、(終盤では2人もいるのに)弱すぎに思えたのはちょっと残念です。

・エージェント「Z」が死んじゃってる
演じているリップ・トーンが逮捕されたことも関係あるのかなあ・・
大した弔辞を言わなかったK、宇宙人語を再現するO、俺の時にはいい弔辞を言ってくれ!と頼むJの姿がそれぞれ笑えました。
ちなみにシリーズを通して登場していた「パグ犬」の写真もあったそうです

・海鮮中華の店の「金魚」
でかい魚エイリアンをバックに「金魚をトイレに流すとああなるよ!」とJは一般人に教えます。
ママはテンパリスト4<漫画「ママはテンパリスト」4巻より
こんな風にやさぐれるかもしれないから、親御さんはちゃんとお墓を作ることを教えてあげてほしいですね。

・死んだKに代わって登場したエージェント「AA」の意味がねえ
ウザい話をされただけでしたw

・Kの「くせ」
車ではカウボーイ・ミュージックを聞いている、飲むコーヒーを「泥水みたい」だと言う、「パイ」が大好きー
これが若き日のKでも同じことが嬉しかったです。
あとJに言われているとおり、若き日のKは29歳にしては老け過ぎですw

・「一輪」バイク
メンインブラック3
どう見てもガンツのバイクです、本当にありがとうございました。
いやあびっくり。別に「GANTZ」が一番はじめのアイディアというわけではないのですけどね。
ちなみに実在します
スターウォーズ:エピソードⅢにも似たバイクがありました。

・MIB本部のモニターの映像に、青髪のレディー・ガガがいた!
これはすぐ気付いたのですが、実はジャスティン・ビーバーティム・バートンもカメオ出演していたとのこと。
自分は見つけれませんでした・・・どちらもエイリアン役だそうです。

・新キャラ・グリフフィン
このグリフィン君、すげーキュートだと思うんですけど。
性格の純朴さにやられました。
5次元空間」を生きているために予知能力(とはちょっと違うかもしれないけど)を持っているというのも、話(とオチ)に生かせていました。

*彼の能力についての参考↓
<映画ジャッジ!>
<世界線理論>ジョン・タイターによる)

演じているのは「ヒューゴの不思議な発明」「シリアスマン」のマイケル・スタールバーグさん。一気にファンになりました。

それはともかく、ボリスに襲撃されたあとにグリフィスとすぐに会ったりせず、Kが「パイを食べて考えよう」と言うのも妙な話(Jにもそれはつっこまれているけど)。
これはグリフィンの「予言」の証明のためには必要なことなのでしょうが・・・すぐにグリフィンを追いかける描写があったほうが自然だと思います。

・「大佐の息子(幼いJ)」の登場の仕方
いくらなんでも都合のいいところにいすぎですw
でも息子に「特等席」で、ロケットの発射を見せたかったのかもしれませんね。
あの「懐中時計」を持っていてくれたのもよかったです。


~1969年~

アポロ11号が月に行き、人類がはじめて月面を歩いた年(日にちも7月16日)であることはすぐにわかりました(新聞にも書いてある)。

しかし、まさかニューヨークメッツ優勝した年であることも絡めてくるとは・・・
グリフィンは「奇跡」と呼んでいましたが、それもそのはずです。
ニューヨークメッツは実際に「ミラクルメッツ」とも呼ばれていました。
ジャッキー・ロビンソンデーブ・ジョンソンの功績をたたえくれるのも、野球ファンであれば喚起ものだと思います。

他にも1960年代を象徴するものが盛りだくさんでしたね。
街にはヒッピーもいましたし、
クラブへの合言葉はジャニス・ジョプリンだったりするし、
エージェント「W」はアンディ・ウォーホールの格好をして、
Kは恋人との思い出を語るとき、ローリング・ストーンズミック・ジャガーのことを言っていました。

また、タイム・ジャンプの前に「ジェフリー」は「あの時代は人種差別に厳しい」とJに言っていました。
ジム・クロウ法が廃止され、公民権運動により人種差別への理解が深まりつつあっても、それに反対する人間から「こんな高級車に乗れるような身分か?」と言われるような差別が残っていたのだと思います。
もともとメン・イン・ブラックシリーズには人種差別を皮肉っている、という見かたもあったのですが、ここまで明確な描写は今までになかったですね。

そういえば、タイム・ジャンプの時に「大恐慌」のビラもありましたね。
Jとともに落ちていたおじさんは、そのことで「飛び降りた」人なのでしょう。


~ラストバトル~

「高い場所での取っ組み合い」という点ではありふれたものですが、その場所と、それ以外のアイディアが秀逸でした。
何せ、そこは「月面へのロケット発射場」という場所であり、「プリンス・オブ・ペルシャ」の「時間の砂」のようにタイム・ジャンプ・マシンを使うのですから!
タイム・ジャンプで数秒前に戻り、ボリスの攻撃をよけまくるシーンは痛快でした!

もうひとつ面白かったのが、Kが「アークネット」をロケットの先端に取り付けようとしたときに、まさに月面に飛び立とうとする宇宙飛行士たちに見られてしまうこと。
宇宙飛行士たちの「報告すると打ち上げ中止だぞ」「何も見ていない」のやり取りは笑えました。


~真実~

何故Kは、現在で無表情になったのか?
若き日のKは、笑顔もよく見せており、好きな人(エージェントO)への恋心を「明け方までダーツをした」などと告げたりをしています。
長年連れ添ったJでなくとも、「何があった?」と思わずにはいられないでしょう。

この問いの答えは、映画で明確には提示されません。
しかし自分は、「自分の身代りに、Jの父親を死なせてしまった」という自責の念によるものだったのだと思います。

グリフィンが予言した「誰かが死ななかったら、他の誰かが死んでしまう」ということをKは知りません。
それでも目の前で、自分を助けてくれたものが死に、かわりに自分が生き残り、さらにその息子がさっきまで一緒に戦っていたJだと知ったのならー
長年「無表情」になることも致し方のないように思います。

Kは「ニューラライザー」でいったん幼いJ(ジェームズ)の記憶を消し、こう言います。
「覚えておくべきことだけを言っておく。パパは英雄だった

現在のJは、親の顔も、その素性も知らない人間でした。
しかし、この運命を経たJは、少なくとも、親が英雄だったことを知るのです。

Kの優しさと、責任感の強い性格が表れているかのようでした。


~作品のテーマ~

グリフィリンは、前述のニューヨークメッツが優勝したことを踏まえ、「奇跡は起こらないようでよく起こる」と言っていました。
メッツの優勝も、さまざまな「奇跡」のおかげなのです。

Jがグリフィンと別れる際、「また会えるかな」と言うJに対し、グリフィンは「何事も可能だ」とも言っていました。
グリフィンが未来をみようとも、ちょっとの選択、行動でそれは如何ようにも変わります。

未来は変化しうるもので、それは多くの奇跡の上に成り立っているー
グリフィンの、ひいては制作者のメッセージがそこに込められているように思えます。

それは最後のオチにもあらわれています。
Kが「チップを払わない未来」だと、隕石が地球にぶつかって(たぶん)滅亡してしまっていたのですから。

Kがチップを払うことと、隕石が人工衛星に衝突することと何の関係があるねんと思われるところでしょうが、これはカオス理論、またはバタフライ効果を端的に表したものでしょう。

さまざまな偶然(奇跡)が積み重なると、未来はどうなるのか?
それは誰にも・・・ひょっとすると5次元空間にいるグリフィンにも、わからないことかもしれません。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-05-25 : 映画感想 : コメント : 15 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

今観きたのですが、感想共感しました(^_^)
2012-05-25 22:14 : こぞ URL : 編集
Re: タイトルなし
こぞさん、ありがとうございます。
2012-05-26 00:26 : ヒナタカ URL : 編集
良かったですよね!
(ネタバレあります)

グリフィンのことを調べていて拝見させていただきました!良かったですよね(*^^*)。色々疑問点や納得出来る点のおさらいができて嬉しいです。
私もグリフィンの役柄と本人の演技と表情がよくて、一気にファンになりました☆『ヤバかった』って締めるところはんとにスッキリできますね!
2012-05-26 10:48 : nopoca URL : 編集
Re: 良かったですよね!
読んでくださってありがとうございます。

> 私もグリフィンの役柄と本人の演技と表情がよくて、一気にファンになりました☆『ヤバかった』って締めるところはんとにスッキリできますね!

その最後の一言も大好きです。
ここで終わっておくのもいいのかもしれないけれど、続編でもグリフィンの姿を観たいと思えました。
2012-05-26 10:54 : ヒナタカ URL : 編集
No title
Jが最後の方の、発射台からの転落を利用しての、再度のタイムスリップをする意味と、Kは40年前には亡くなっていないと思うのですが?

エイリアンのグロテククサを考えると、2Dで見て良かったと思いました。
2012-05-27 09:07 : sakura URL : 編集
Re: No title
その「Kが死んでしまった」運命をJが変えに来たのだと思います。
他にも、少し戻ればJのお父さんも救えるのではないか・・・とも思ったのですが、グリフィンが言ったとおり「別の死が生まれる」からやむおえないのでしょうね。

>エイリアンのグロテククサを考えると、2Dで見て良かったと思いました

「金魚」が飛び出してくるところはなかなかキショかったですw
2012-05-27 19:23 : ヒナタカ URL : 編集
No title
MIB見てきました(^o^)

1.2共に面白かったので多少ハードルが上がり
心配だったのですが普通に面白かったです

流石に10年たつと映像も進歩していて
バトルシーンに迫力が増していました!!
前二作でのバトルシーンがおちゃらけた内容(良い意味で)で
MIBのバトルシーンで
ここまでハラハラさせられるとは思ってもなかったです

今までの場合命の危機というものをあまり感じなかったので(^-^;

また1969年?の意味はこのblogで深く知りました
メッツというチーム事態知らなかったので

確かにこのシリーズで感動が来るのは予想外で
Jの過去も明らかになりましたが
グリフィンがロケット発射場でJの父に"未来の可能性"を見せていましたが
個人的にJの父は"どこまで"を見ていたのかが疑問に思いました。

自分が犠牲になるのを承知でJ達を連れていったのか…

まぁ2時間の上映時間を感じさせない内容で
続編的には全然成功していたので満足です(^^)d

長文失礼しましたm(__)m
2012-05-28 07:38 : 走馬灯 URL : 編集
タイムトラベル物は多少無理があっても面白い...
グリフィンは劇中で
「未来で起こる可能性のある全ての事象が見え、そのうちのどれかが起こる」と言ってましたね。

以下、少々マニアックな感想になります。
タイムトラベルネタだとジョンタイターの世界線理論が有名なのですが、
この理論をグリフィンに適用すると
彼は起こりうる全ての世界線を見通す能力を持っていたという事が驚きました。

あと、Jがクライマックスでタイムジャンプを使って
数分前の過去に戻るアクションが素晴らしかったのですが、
“数分前に戻ったらトゲの刺さってしまうJと鉢合わせにならないか”
という疑問が沸いてきますが、
タイムジャンプした時に過去変動(世界線理論では“世界線変動”という)が起こるので
Jはトゲが刺さることなくボリスを蹴落とす事ができたのだと
解釈しました。

3D映像ならではの演出もあって、シリーズの中では
最高傑作だと思いました。
ヒナタカさんは3作品の中ではどれが一番のお気に入りですか?
2012-05-28 19:25 : 熊谷 URL : 編集
Re: No title
走馬灯さん、コメントありがとうございます。

> MIBのバトルシーンで
> ここまでハラハラさせられるとは思ってもなかったです
> 今までの場合命の危機というものをあまり感じなかったので(^-^;

確かにそうですよねw
とにかくノリの軽いシーズですので、ハラハラドキドキとはまた違った感じ。
今回のラストバトルは高所恐怖症の人にはつらそうです。


> また1969年?の意味はこのblogで深く知りました
> メッツというチーム事態知らなかったので

自分も野球に詳しくないので、全てネットの知識です。
アポロ11号の年と同じだとは知りませんでした。


> 確かにこのシリーズで感動が来るのは予想外で
> Jの過去も明らかになりましたが
> グリフィンがロケット発射場でJの父に"未来の可能性"を見せていましたが
> 個人的にJの父は"どこまで"を見ていたのかが疑問に思いました。
> 自分が犠牲になるのを承知でJ達を連れていったのか…

後にJが聞いていましたが、詳細は語られませんでしたよね。
ひょっとしたら、「息子のJが立派に生きている」ことも見せてくれたのかもしれません。


> まぁ2時間の上映時間を感じさせない内容で
> 続編的には全然成功していたので満足です(^^)d
> 長文失礼しましたm(__)m

また見に来てください^^)
2012-05-28 21:35 : ヒナタカ URL : 編集
Re: タイムトラベル物は多少無理があっても面白い...
熊谷さん、コメントありがとうございます。

> タイムトラベルネタだとジョンタイターの世界線理論が有名なのですが、
> この理論をグリフィンに適用すると
> 彼は起こりうる全ての世界線を見通す能力を持っていたという事が驚きました。

確かに、グリフィンが持っているのは、無限に分岐があり、その全てを見通している・・・という能力でしたね。
参考になったので是非追記したいと思います。


> あと、Jがクライマックスでタイムジャンプを使って
> 数分前の過去に戻るアクションが素晴らしかったのですが、
> “数分前に戻ったらトゲの刺さってしまうJと鉢合わせにならないか”
> という疑問が沸いてきます

そうそう、自分も気になっていました。
ボリスは「2人」いましたし、Jも幼い頃の自分と「2人」存在していたのに、数分前に戻った時は「1人」なんですよね。

> タイムジャンプした時に過去変動(世界線理論では“世界線変動”という)が起こるので
> Jはトゲが刺さることなくボリスを蹴落とす事ができたのだと
> 解釈しました。

予想で言うのですが・・・つまりは「過去に戻ると、その過去の『自分』そのものも改ざんされる」ということなのでしょうね(無知ですみません)


> 3D映像ならではの演出もあって、シリーズの中では
> 最高傑作だと思いました。
> ヒナタカさんは3作品の中ではどれが一番のお気に入りですか?

自分はなんだかんだで1作目が一番好きで、1>3>>>>2って感じです。
でもオチは3作目が一番ですね。
まだまだ続編を続けて欲しいシリーズです。
2012-05-28 21:44 : ヒナタカ URL : 編集
タイムトラベル理論の補足です。
>予想で言うのですが・・・つまりは「過去に戻ると、その過去の『自分』そのものも改ざんされる」ということなのでしょうね

説明が小難しい表現ですみませんでした。
一言で表現するなら
“タイムトラベルするごとにタイムトラベルした本人の過去の存在と行動が書き換えられる”
ということで、今回の場合であれば
「トゲが突き刺さりながらつっこんでいった過去のJ」の存在と行動
がまるまる書き換えられ、Jが2人現れる事はないのです。

この考え方は
“タイムトラベルするごとにタイムトラベルした本人の過去の存在と行動が書き換えられず、
 どんどん数珠つなぎに増えていく”
というBTTFの理論とは真っ向から対立していますが、
この理論もタイムトラベルした本人が同じ時間軸に複数存在する事ができるのかという点で
正しいどうか疑わしいのです。

また、今作のレビューの中で
「KがJを偶然スカウトした事が台無しになる」
という感想も見うけられましたが、
僕はそれこそグリフィンが言ってた
“奇跡は起こらないようでよく起こる”
ということの一例なのだと思いました。

KがJをスカウトした事もまた“偶然”ではなく“必然”なのだ、と。
2012-05-30 10:40 : 熊谷 URL : 編集
ラストの隕石はそういうことなんですね なるほど
2012-05-30 13:39 : ななし URL : 編集
Re: タイムトラベル理論の補足です。
熊谷さん、再度コメントありがとうございます。
そういえばバックトゥザフューチャーと対立していますね、納得です。

> KがJをスカウトした事もまた“偶然”ではなく“必然”なのだ、と。

自分もこのことは肯定的に受け止めたいですね。
出会うべくして出会った2人だと思います。
2012-05-30 17:32 : ヒナタカ URL : 編集
続いてほしいシリーズ
封切日に観たのですが、コメントを読みふけって感心してたらコメ遅れました(^_^;)

第一印象
やや物足りないなと思いました。
もう少しJとK(現代)のカラミが見たかったのですが…
10年ぶりの続編ということで作品の時間も10年経っているようなので

その間の活躍を(回想シーンでもいいから)もう少し盛ってほしかったかもです。

タイムトラベル関係の脚本は一歩間違うとかなり危うくなりますので使いどころが難しいですね。

スリップ先の映像にももうひと工夫欲しかったですね
セピアにするとか
高画質なんでなんか古くさい感がなかったです。でかいニューラライザーとは面白かったですが
一輪車にしても最先端すぎてあの時代にどうなの?
とか今はどう使ってんのとか
今はできるけど昔はできない的な時代の技術の制限がもっと欲しかったですね~(`o´)


今回のボスもイマイチ
インパクトに欠け
1のボス
バグはゴキブリ
2のボス
サーリーナはウナギ+植物系
ボリスはなんなんですかね?甲殻類?最期ちょっとだけだったんで(・◇・)?
「ペディキュアが大変そうだな」のセリフに大笑い(≧ε≦)

レディガガの出演は(出るらしい情報で)前から知っていたのですが
セリフのある役かと思ったら
ちょっと背景ですよね~(`o´)
パグのフランク?も背景ではちと物足りないですわ~
自慢の減らず口が聞きたかった(>_<)


Jのジョークだかムダ口だか終始ず~~っと喋り続けてた(明石家か)感の強い映画でした。
2012-06-01 19:42 : YOU URL : 編集
Re: 続いてほしいシリーズ
どうもです!

やっぱり敵キャラの魅力のなさは気になりますよね。
レディ・ガガの出演はあれで限界だったんでしょう・・・

>Jのジョークだかムダ口だか終始ず~~っと喋り続けてた(明石家か)感の強い映画でした。

そこも魅力だとは思うのですが、うっとおしく感じる人も多いかもしれません。
2012-06-02 20:45 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。