ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

苦しくて、辛くて、哀しい映画「別離」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

遅ればせながら、劇場で観た別離の感想です

別離1



個人的お気に入り度:8/10

一言感想:誰も悪くないんだよなあ・・・


あらすじ


イランの首都・テヘランで暮らす妻・シミンは、11歳になる娘テルメーの将来のことを考えて、海外に移り住むことを夫・ナデルに提案していた。
しかしナデルは、アルツハイマー病になった父を置き去りにはできないと、国を出ることに反対した。

シミンは家を出ていき、ナデルは父の世話のために、ラジエーという女性を雇うことにした。

ある日ナデルが帰宅すると、父はベッドから落ち、床に伏せていた。
ナデルはそれを見て激高し、ラジエーをむりやり追い出してしまう。
その夜、ナデルはラジエーが入院したとの知らせを受ける・・・





これは面白い!
徹底的に計算し尽された伏線、リアルな展開にリアルな人間描写、テーマ性と目の離せない人間ドラマが融合した、Rotten Tomatoesで99%の満足度を獲得したことも頷ける、素晴らしい作品でした。

監督は「彼女の消えた浜辺」のアスガー・ファルハディです。

ゴルシフテェ・ファラハニー
4011円
評価平均:
powered by yasuikamo
驚くべき映画
明るさの中でも照らされない気持ち
予想外におもしろい作品だ!


正直どちらの作品も、メインとなる事件が起こるまでは少々退屈だったりするのですが、いざ事件が起こるとそれまでのシーンが全て必要なものであったとわかるはずです。

奇をてらった演出や、過去の回想などはしません。
それどころか音楽すらありません(ラジオの音楽、エンドロール除く)。
始終緊迫感の保たれたムードで、時系列にそい、伏線を入念に張っているのです。

監督の手腕には恐れ入りました。
登場人物たちの心情を細かに描き、その上ミステリーとしても抜群に面白いのですから。

しかし、精神的に観るのがツラい映画でもあります。
登場人物たちは、ちょっとだけの歯車のズレでどんどん不幸になっていきます。
もう少しでこの状況はよくなるはずだったのに、悪い方に、悪い方へと転がっていきます。

ある意味、主人公たちをとことんいじめぬく内容です。
観ていて気が落ち込むので、決して万人向けとは言えません。

しかしこのゲンナリするほどの苦しさこそが、この映画の素晴らしいところ。
イランという国が抱えた問題、イスラム教の教えが生活にどれほどの影響を及ぼしているているかーそれはイランだけでなく、全ての社会に向けての警鐘のように思えます。

公式ページには、イランという国の事情をまとめた項目があります↓
<映画『別離』を理解するためのワンポイント>

これをみると
・イランでは「施設に入れられた老人は不幸」という社会的通念が強い
・1ヶ月の介護のときに提示された30万トマンは、日本円にすると約2万7千円
など、映画の内容がよりよく理解できる項目がたくさんあります
是非、映画を観る前、観たあとに参考にしていただきたいです。


介護や医療に携わる方なら、きっとこの問題提起に思うことがあるでしょう。
そうでない方にもイランという国の現状や、日本がいかに恵まれているかを知れ、夫婦間の軋轢に共感できると思います。

幅広い世代の方に見ていただきたい作品です。
これから公開する劇場も多いので、近くで上映していたら是非。

以下は作中のシーンについて少しネタバレしています↓核心部分は反転していますが、映画を未見の方は要注意。





・女性が見知らぬ人の体を洗ってもよいのか?
言わずものがな、イスラム教では女性の肌を見せることはよしとはしません。
なのでアルツハイマー病の老人の体が失禁したとき、自分が脱がせても良いのか・・・と介護をする女性・ラジエーは悩み、電話で相談します。
イスラム教の女性はヒジャブが強制され、恋愛や社会参加も男性に比べてままなりません。
イスラム教に対する女性、ひいては介護をする人々の声を体現したシーンに思えました。


・流産をさせたことは、殺人罪になるのか?
日本では堕胎罪という固有の罪状が作られていますが、この映画では「殺人罪」となっています。
19週目の胎児であると、イランでは殺人として扱われるようです。
とは言え、罰金はそれほど高いものではなかったので、罪の重さとしては日本とそれほど変わらないかもしれません。


・主人公はガソリンスタンドで、お釣りをもらってくれと娘に頼む
主人公は中流階級の身分であり、裕福でないにしろそれなりの生活を遅れています。
そんな彼が見せた、このケチなシーン。
こうしてお金にこだわらなければ、もっとよりよい解決が図れたかもしれません


・主人公は、「娘にも嘘をつかせた
この映画で最も辛いシーンでした。
自分には、「主人公の 『嘘』」が責めれなかったのですが(自分がそうしなかったとは言い切れない・・)、ここは主人公に嫌悪感を持つしかありませんでした。


・お金は誰が盗んだの?
この映画の最も謎な要素。考えられることとしては、以下でしょうか。

①ナデルが勘違いした(お金をそこに用意していなかった)
②本当はお金なんか盗られていないのに、ナデルが嘘をついた
③本当にラジエーが盗んだ
④ラジエーの娘が盗んだ
⑤ナデルの(アルツハイマー病の)父が盗った

③はラジエーの態度からしてありえないと思います。
④もリュックサックを開けるシーン(ナデルがどさくさにまぎれて、お金がないか確認した?)があったので違うでしょう。
個人的に⑤が最もありえるような気がします。彼は新聞を買いに外に行っていたので。

*以下の意見もいただきました
序盤、ソファが搬入される場面を覚えていますか?
その時、しぶしぶ部屋に業者を案内し、支払をした人物。
そうです。妻、シミンです。
あの箪笥の前で紙幣を数えていたところをテルメーに目撃され、取り繕うような態度を取っていた記憶があります。
これは、すでに離婚の意志が固まっていたシミンが、
代金を回収する(もしくは支払う)目的で抜き取ったのではないでしょうか。


この映画の「はっきりさせない」描き方は大好きなのですが、この描写に関してはモヤモヤが残ってしまうので、ちょっと嫌でした。

そういえばフロントガラスを割った者も不明ですね。ラジエーの夫だとは思いますが、果たして・・・


・悪い人間はいない
ラジエーの夫は激情に身を任せる性格でしたが、彼も失業者であり、同情の余地もあります。
ほかの登場人物の行動もすごく理解できるのに、それらがうまく噛み合わないのです。

誰もが明確な悪意を持っていないのに、この不幸の連鎖。
そこに人間ドラマとしての面白さと、業の深さ、そして社会への痛烈な批判が込められています。


・ラストシーン
娘のテルメーはどちらについて行ったのでしょうか?
最後まで部屋から出てこないように思えたテルメーですが、エンドロールの最中で、テルメーらしき少女が、母と父の間を通っているようにも見えます。
彼女の出した結論は『どっちにもついていかない』『なんとしてでも、2人を離婚させないこと』ではないかな、と個人的には思います。

もちろん、明確は答えはなく、観客それぞれがその後を想像するべきラストだと思います。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-06-11 : 旧作映画紹介 : コメント : 6 : トラックバック : 2
Pagetop
全巻集めても損はさせない面白さの「10巻以内で完結」の漫画集 «  ホーム  » 20秒の勇気「幸せへのキセキ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『別離』お薦め映画
現代イランの社会問題がとことん盛り込まれていて、まるでニュース・ドキュメンタリーのよう。 なぜラジエーは望まぬ職に就いたのか? なぜシミンは夫と義父を捨ててまで国外移住...
2012-08-11 21:37 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
別離
 イラン発 法廷劇の傑作。    別離  (2011年 イラン映画)95/100点 面白い! 素晴らしい! ちょっと感動しました。イラン映画は恥ずかしながら初め
2013-05-14 07:35 : 素人目線の映画感想ブログ
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
宗教心が強い国なので、コーランが絶対的な力をもっているのが面白かったですね。日本じゃなかなかそういったことを感じられないので、新鮮でした。
2012-06-11 23:02 : paranoid URL : 編集
Re: No title
どうも!
コーランに手をついて潔白を誓うシーンは印象深かったですね・・・日本では作れそうにない作品です。
2012-06-12 21:54 : ヒナタカ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-17 01:46 : : 編集
Re: 盗んだ人は・・
よたろーさん、ありがとうございます。返信遅れてすみません。そうだったのか・・・
この意見を記事に反映してもよろしいでしょうか?とても参考になったので!
2013-01-18 20:22 : ヒナタカ URL : 編集
No title
参考になったなんて光栄です!

偉そうに書きましたが、実は私も自信がなく・・
それでよければ、ぜひ参考にしてくださいw
2013-01-23 00:36 : よたろー URL : 編集
No title
本日(2014/5/31)iTunesで観ました。面白かったです。ある過去の行方を観ようと思ったんですけど、タイミングが合わず映画館に行けなかったので、DVDで観ます。
2014-05-31 18:06 : studyfighter URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。