ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

どこにいても大丈夫「マイ・フレンド・フォーエバー」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

長らくDVD化されていなかった、不朽の名作「マイ・フレンド・フォーエバー」(原題:The Cure)を観ました

ブラッド・レンフロ
2928円
評価平均:
powered by yasuikamo
ああ・・・・つ、遂に(泣)
やっと・・・
嬉しすぎます!!


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:母の想いを知れる、ジュブナイルムービーの傑作


あらすじ


少年エリック(ブラッド・レンフロ)は、隣に住むデクスター(ジョセフ・マッゼロ)と出会う。
デクスターはHIVにかかっており、そのためにからかいの対象となっていた。

次第に交流を深めていく2人は、やがてたった一度だけの冒険に出かける・・・





TSUTAYA「名作復刻リクエスト」で最多得票を獲得した作品です。

やっとのDVD化に感涙した人はきっと多いことでしょう。
公開されたのが1995年、DVDが普及され始めたのが1997年前後、そして今回発売されたのは2012年5月・・・15年以上もかかっているのです。

自分ははじめてこの映画を観たのですが、本当にいままでDVD化されていなかったことが勿体なく思える名作でした。

この映画の素晴らしいところは、幼い少年たちの友情と、危うい冒険をみずみずしく描いていること。
そして、母親の子への愛情を描いてることです。

主人公の「エリック」はガキ大将的な悪ガキで、HIVにかかっている「デクスター」はそのエリックに寄り添い冒険をします。

デクスターの母親(アナベラ・シオラ)は、全ての母に見せたいと思うほどの、最高のお母さんです。
息子ばかりか、息子と仲良くなってくれたエリックにでさえ惜しみない愛情を当てるその姿は、忘れることはできないでしょう。


ちなみにソフト版の吹き替えを担当しているのは、幼き日のタッキー&翼
正直棒読みっぽさも大いに感じるのですが、初々しい魅力がありますし、役柄にすごくあっているので、一度は聞いてみることをオススメします。

この映画は、「スタンド・バイ・ミー」と同じく、観るタイミングによって違った印象を持つことができる作品だと思います。
子どもが観れば主人公たちの友情と冒険を楽しめ、青年はもう戻ってこない少年の日々を回想でき、親になった人は母親の気持ちに同調できる・・・・そんな気がするのです。

人の死で安い涙を誘おうとするのとは全く異なる、優れた「難病映画」です
旧作のレンタル料金で借りれますし、未見の方は是非。


ps.続いて「アダムス・ファミリー」「ブレインデッド」あたりも再販して欲しいものです(価格がエラいことに・・・)

以下は作中のシーンが少しだけネタバレです↓ 未見の方は要注意。画像は使っていません。





エリックとデクスターの交流は、そのすべてが名シーンといっても過言ではありません。
その中でも、2人が大人とは対照的に「焦り」を見せるシーンが強く印象に残っています。

船での冒険の途中、ボートの持ち主の大人が船の上で楽しそうに遊び、のんびりとしているのに対し、岸にいるエリックは「早く行かないととデクスターの薬が切れて死んでしまうんだ!」と焦ります。

2人に残された時間は少ない、しかし、大人にはいくらでも時間は残されていて人生を謳歌している。
船上と対岸で、そのことを示すこのシーンは切なく、何故こんなにを2人が生き急がなければならないのか・・・と憤りを覚えます。


そしてこの映画を語る上で、『靴』の存在は欠かせません。
実は、映画のファーストカットも、靴のアップから始まっています。

冒険の途中、エリックは自分の靴デクスターに渡してこう言います。

「目が覚めて怖くなったら、この靴を抱いて寝ればいい。そうすればどこにいたってここは地球だってわかる。こんなに臭いんだからさ」

2人だけの絆が、嬉しくて、微笑ましくて、泣けて仕方がありませんでした。


そして母は強い!
道行く親に抱かれている赤ん坊を見つめ、青信号でも車で渡ることができないデクスターの母。
それでもエリックを抱きしめ、エリックの母親に激高する彼女は、この映画の中で一番愛おしい存在でした。


原題は「The Cure」。
結末と、デクスターとエリックの交流を観れば、きっとそのタイトルの意味することに気づけると思います。

オススメ↓
美少年図鑑 欧米映画編 ブラッド・レンフロ

テーマ : 映画の感想
ジャンル : 映画

2012-06-27 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。