ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

愛と誠と岩清水と 実写映画版「愛と誠」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は愛と誠です。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:人には薦められんねー


あらすじ


大賀誠(妻夫木聡)は札付きの不良。
上京してきた矢先に不良たちと大立ち回りをするが、そこに突如現れた早乙女愛(武井咲)に、その暴力を止められる。

その後早乙女愛のいる学校に転入してきた誠は、彼女の無償の愛を受けるのだった・・・




いやーなんだこれ
予告編からぶっとんでいましたが、その狂った雰囲気は本編でも裏切られませんでした。

原作は梶原一騎原作、ながやす巧作画による漫画です。

ながやす 巧
750円
powered by yasuikamo

ちなみに映画化されたのも初めてではありません。
西城秀樹主演で、1974年に公開されました。


↑3部作で、続編では南条弘二、続々編では加納竜主演と、大賀誠役が毎回違っています。
他にもドラマにもなっていますし、当時では一世を風靡した人気作品であったのでしょう。

作品は、漫画が連載されていた時と同じ1970年代が舞台になっていて、今回の映画版でも当時の歌舞伎町の様子や、スカートがやたらと長いスケバン(死語)などが再現されています。

その描写はとても極端で、突き抜けているのでそれだけで笑ってしまいます。
この「おふざけを大まじめに作っている」雰囲気は間違いなくこの映画の長所です。
自分は原作もいままでの映像作品も未見だったのですが、これらの作品を知っているとさらに映画を楽しめると思います。


さて、好き嫌いがわかれる映画であることはわかっていましたが・・・それにしたって残念な要素がいくつかありました。

ひとつはミュージカル要素。
昭和の名曲の数々は当時を知る人にとって感涙ものだと思いますが、これがフルコーラスでないにしろ、2番まできっちり歌うので、ものすごくテンポが悪く感じます。
この「音楽のせいで物語が止まる」のは「モテキ」でも感じたジレンマ。
嫌われ松子の一生」のようにミュージカルに沿って物語を語ったりはせず、数分間にわってシーンが変わることなく登場人物が歌って踊ります。
熱の入った歌唱も、ここまでくるとおなかがいっぱいというよりも、「もういいよ」な感覚にも陥ってしまいます。
上映時間が2時間14分と長めなのも、明らかにこの弊害でしょう。

もうひとつは展開のワンパターンさ。
主人公の大賀誠が、とにかく暴れまくる・・・のはいいのですが、とにかく一人vs大勢の乱闘だらけ。
このせいで暴力シーンにさほど面白さを感じることができず、不良たちが現れるたびに「またか」と思ってしまいます。
ミュージカル部分以外のテンポがよかったのは好印象でした。

さらに終盤のとある展開は、いままでの話と乖離していて、どうにも入り込むことができませんでした。
「愛と誠」の話とはまた違っていて、違和感が拭えなかったのです。


そんな不満が大きすぎるのは残念でしたが、本作では役者の魅力が爆発していて、そこだけは大満足でした。

一番楽しかったのが、妻夫木聡のツッコミスキル
まわり(特に武井咲)がボケボケで、このツッコミには完全に同意してしまいます。

武井さんのお嬢様も超ハマり役だし、余貴美子さんや、一青窈もすごい
一青窈さんは役に合いすぎていて気づかなかったぐらいです。
実は映画の主演をつとめたこともあるのですね。彼女が歌って踊るシーンはファンであれば必見だと思います。

安藤サクラさんは「愛のむきだし」で大ファンになったのですが、今作でもどうかしている(褒め言葉)怪演
演じている「ガムコ」は、原作ではちょい役だったそうですが、不器用ながら愛おしくてたまらない魅力的なキャラになっていたと思います。

そして素晴らしいのは、「岩清水」役の斉藤工さん。
まじめキャラへの没入感がハンパないです。
誠、愛だけじゃなく、彼を第3の主人公に数えてもよいくらいの存在感でした。

あと忘れちゃいけないのが、悪役面になる子ども店長加藤清史郎)。
顔どころかやってることも凶悪だったので爆笑しました。


まあでも、ぶっちゃけ全くもってオススメしません(笑)
三池崇史監督らしい悪趣味なギャグは慣れていない人にはキツいでしょうし、何の予備知識もなく観に行ったら返り討ちにあう可能性は大です。
ハマれなかったら0点をつけてもおかしくないような内容で、賛否両論も当然です。

役者や原作のファンは大いに気に入るかもしれませんが、そうでない人には観に行くとハマるかハマらないかのギャンブルを強いられることになると思います。
そんなギャンブラーは是非劇場へ。

以下、ネタバレです 結末に触れまくっているので鑑賞後にお読みください↓















オープニングのアニメからびっくり
「あれ他の映画の予告かな?」「観る映画間違えた?」とまで思わせる展開でした。
誠と愛がスキー場で出会い、額の傷がついた理由が語られます。
同じくアニメシーンが挟まれる<一応ネタバレ反転>「キルビルvol1」「下妻物語」ほどのインパクトはありませんでしたが、馴れ初めのシーンをアニメで描くとは思いもよりませんでした。

ちなみに冒頭の「愛は平和ではない、戦いである~」ということばはジャワハルラール・ネルーによる「父が子に語る世界歴史」からの引用で、「愛と誠」というタイトルもここからとられたそうです。

以下、作中のミュージカルと、キャラクターについて書いてみます。


~作中のミュージカル~

*歌の情報は、忍之閻魔帳さんの<こちら>の記事を参考にさせていただきました。

・「激しい恋」(妻夫木聡)

振り付けはパパイヤ鈴木
誠(妻夫木聡)でなく、敵の不良が集団で踊り出すのが楽しかったです。
原曲は西城秀樹。映画の一作目で主演をしたことへのトリビュートですね。

・「空に太陽があるかぎり」(斎藤工)
現実と、回想シーンが交錯するのが楽しかったですね。
他の愛どころか、他の生徒たちもどん引きです。

・「あの素晴しい愛をもう一度」(武井咲)

「あ~い」と言ったあと、止まるのに何の意味があったんだ・・・(たぶん何の意味もない)
やさしく愛の手を拾ったのに、それを払われる岩清水が不憫です。

・「曙~愛のために」(一青窈・妻夫木聡・武井咲・斉藤工)
オリジナルの劇中歌。歌詞が素晴らしい!

・「夢は夜ひらく」(大野いと)
狭いトイレで歌うので、なんかエロスを感じます。

・「オオカミ少年ケンのテーマ」(伊原剛志)
これはハマっていた!いやオオカミ少年ケンと何の関連もないけど。

・「酒と泪と男と女」(余貴美子)
飲んだくれのおばさんを余貴美子が熱演、熱唱。
やっぱり名曲だよなあ・・・

・「また逢う日まで」(安藤サクラ)
SRサイタマノラッパー2」でも見事なラップを披露していた安藤サクラさんですが、ここでの歌唱力も見事なものでした。
歌声が意外と(失礼)可憐です。

・「愛と誠のファンタジア」(一青窈・妻夫木聡・武井咲)
主題歌。この歌詞も映画の内容とシンクロしていて大好きです。


~大賀誠~

そのツッコミ集を見ていきましょう

誠:「俺は気取ったブルジョアお嬢様が大嫌いなんだよ」
愛:後ろをバッと振り向く
誠:「お前だよ

岩清水「メガネメガネ言うな!メガネは顔の一部なんだぞ!」
誠「意味わかんねーよ

誠「このお嬢様は俺のことを愛しているんだよ」
岩清水「ハハッ。妄想力も豊かのようだ」
誠「おまえだけには言われたくねーよ

高原由紀「この硫酸をこの女(愛)にぶっかけられたくなかったら、母親のところに行くんじゃねーよ」
誠「ハナから行かねーって言ってるんだよ!

ほかにもしきりに言う「迷惑なんだよ」「お前が余計なことしなかったら話はもっと簡単なんだよ!」にもついつい同意してしまいます。苦労性の主人公だよなあ・・・

ちなみに彼の幼少時代を演じるのは加藤清史郎(10歳)。
子どもの腕をへし折る極悪ぶり、夜神月のような凶悪面には笑いました。


~早乙女愛~

成績優秀、スポーツ万能の割には作中にその力を発揮することなくボケボケで、うっとしいまでの愛を誠に捧げていました。

特にイラッとしたのは
・誠の暴力を止めようとしたせいで、誠が相手にボコボコにされてしまう
・「照れなくてもいいんですよ(はぁと)」
・捕まって「私ことはいいから逃げて!」と下にいる誠に言う→落とされそうになる→「あ、危ない!助けてー!キャー!」
それでも武井咲さんが可愛いので「ウザ可愛い」となって何となく許される気がします。

その母親が一青窈、父親が市村正親というのもインパクト大ですね。年齢差ありすぎです。


~岩清水~

彼はこの映画一番のお気に入りキャラです。彼も献身的な愛を愛に捧げていました(←ややこしい)。
「君のためなら死ねる!」というのは原作の名言のようですね。いまでは同名のゲームのほうが有名になってしまった気がしますが・・・
主人公2人に比べると、まともなのでどうしても感情移入してしまいます。

「メガネを笑う奴はメガネに泣くぞ!」とか言ってるあたりはまともじゃないけど。
何も言っていないのにスリッパで叩かれるのには笑いました。

彼が終盤、誠に頼むシーンは泣けます。
「お前が(愛を)助けにいけよ、愛のためなら死ねるんだろ?お前の株もあがるぞ」と誠に言われると、彼はこう返すのです。

「確かに彼女のためなら死ねる!でも、それで死んでもただの自己満足だ!」
「早乙女君を助けることができるのは、君なんだ!」
僕の幸せは、早乙女くんの幸せなんだ!

彼は中盤に愛に告げたように、「愛する人の幸せが、自分の幸せ」だと思っている人物です。
彼のこのことばは、愛と、誠の行動を変えているのです。
この物語になくてはならない人物でしょう。


~座王権太~

プールで「なんでじゃ~」と言っていた登場シーン(意味不明)のあと、高原由紀(大野いと)のことを「愛しのゆき」とか言っていたので、お父さんかな?と勘違いしていました。
まさか現役の高校生役だとは思いませんて

その後「猿かに合戦」を舎弟に(間違った)解説するのも意味不明でぽーかん状態。
舎弟の一人が「権太さん大変です!」って言ったあと、何も言っていないのに「大賀誠め~!」と暴れるのには笑いました。

ラストバトルで「17歳」って言ったときには大笑い

愛と誠1<17歳やで~

「どこが高校生だよ!」というのは、主演の妻夫木聡に対して既にツッコんでいたのですのが、その程度でツッコむのは考えが浅かったと思い知りました。
ちなみに演じている伊原剛志さんは49歳です。


~高原由紀~

彼女の正体は「ウラバン(裏の番町)」でした。
大量のメスで攻撃するのは「スケバン刑事」にありそうです。

回想シーンで、彼女の母親が「トルコ風呂」で働いていて、そのために父親がいないことが語られます(なぜか「欽ちゃんの仮装大賞」っぽいセットでした)。
「嫌われ松子の一生」でもそうでしたが、当時は「ソープ」のことをこう呼んでいたのでよね。良い子はソープなんて知らなくていいです。
しかし、演じている大野いとさんが小学生のコスプレをしているのは軽く犯罪臭がします

彼女の哀しい生い立ちを知ると、その後の幸せを願いたくなります。


~ガムコ~

彼女が宙吊りになり、パンツ丸見えになるシーンは原作でもあったシーンのようです(ていうかガムコは弱いよね)。
*参考→Yahoo!映画
*画像あり→続 愛と誠(ネタバレ)|三角絞めでつかまえて

誠のお見舞いにひまわりを持ってくるセンスが大好きです。

彼女が終盤に言った「普通の女の子に戻ります!」はキャンディーズの超有名なことばですね。
これを言ったとき、不覚にもガムコが可愛いと思えました。


~その他気になったこと~

・少年院はあっさり退院
誠は少年院に向かい、早速不良たちと乱闘になる・・・と思いきや、転入のおかげで速攻で退院となります。
この不良たちの中に、どうみても少年とは思えないようなやつが数人いました。その後も似たようなもんだけど。
あと不良たちが絞っていた雑巾は、「あしたのジョー」の「ねじりん棒」を思い出させます。

・ガムコが誠に渡したチケット(?)の意味は?
トイレで誠は気づかずにこれを捨ててしまい、高原由紀が「悲しい女」であるとわかったとき、そのチケットが裏がえり「悲しい女」と書かれていました。
どういう意味なのかはイマイチつかめませんでしたが、ガムコは由紀が「ウラバン」であることを教えようとしていたのかもしれません。

・終盤の展開
誠の母親のエピソードと、「愛と誠」の物語はまったく別のものだと思います。
愛が誠の額の傷をつけたことが、誠の人生を台無しにした理由(それが愛が誠を愛する理由でもある)だったはずなのに、それが母親が誠を捨てたということに転換されたように思えて仕方がありませんでした。
唐突感が拭えないのはやや残念です。


~ラスト~

誠は、自分を捨てた母親とともに列車にひかれ、心中しようとする・・・
しかし、母親が自分の名前を呼んだことで、気が変わり、とっさに列車をよけます。

「死の恐怖を味わった人間は、自殺することがないらしい。達者でな」
「最後の最後で、名前を口走ったから、気が変わっちまったよ、おふくろ」
そう言い、彼は去ります。

彼はその後、序盤に顔面にパンチを浴びせていた教師に刺され、重症を負います。
そして、病院で愛を抱き寄せ、そのまま眠りにつく・・・

再びアニメの回想になり、誠は「女の子のためにけがしたなんて言いふらすと、ぶっとばすぞ!」と愛に言います。
そして、地球と、それに寄り添うようにある月が映し出され、映画は幕を閉じます。

月と地球は、それぞれが互いに重力によりひきよせられているものであり、それは愛と誠の関係そのものを示しているのだと思います。


愛は岩清水に「彼の人生を台無しにした」ことは言いましたが、その詳細は語ることなく、誠の約束を守りました。
誠の生死はさだかではありませんが、もし死んだとしても、最も愛する者の腕の中で死ねたのであれば、それも幸せであるのでしょう。


エンドロールの最後に映し出されたのは、「真樹日佐夫に捧げる」というテロップでした。
今年亡くなった真樹日佐夫さんは、空手家であり、「愛と誠」を手がけた梶原一騎と同じく漫画原作者でもあります。

この映画では「愛するものへの愛」と、岩清水が言った「愛するものの幸せが己の愛」ということを、最大級の熱量で感じる映画です。楽しかった!

オススメ→映画『愛と誠』ネタバレ掲示板

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-06-18 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。