ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

みんなが主役「サニー 永遠の仲間たち」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

遅ればせながら、劇場で観たサニー 永遠の仲間たちの感想です。

サニー2

サニー1

個人的お気に入り度:9/10

一言感想:泣いて笑って、甘酸っぱくて、切なくて

あらすじ


ナミ(ユ・ホジョン)は、優秀な夫と高校生の娘に恵まれ、平凡な毎日を送っていた。
ある日、ナミは母の入院先の病院で、高校時代の親友チュナ(チン・ヒギョン)と25年ぶりの再会を果たす。
しかしチュナはガンに侵されていて、余命は2か月と宣告されていた。

チュナの願いは、高校生時代の親友たちの集まりである「サニー」のメンバーと会うこと。
ナミはチュナの願いを叶えるため、探偵を雇い7人の仲間を見つけ出そうとする。




これは素晴らしい映画でした!
この映画は現代のアラフォー中年女性が、輝いていた少女時代を回想するというもの。
そうであるなら、女性主観の独りよがりな内容になってしまいそうなところですが、この映画はそうなっていません。
むしろ男性にも、それどころかあらゆる世代の人が楽しめる作品になっています。

少女時代は決していいことばかりではなく、いじめや差別、韓国独特の家庭や政治の事情が顔を出します。
現代の中年時代では、登場人物の中には恵まれている人もいれば、そうでない人もます。
この2つの年代の対比がすごく上手く、登場人物と同じように年をとってきた方には(そうでなくても)めいいっぱい感情移入をしてしまうと思います。

そして特筆すべきはキャスティング。
少女時代と、中年時代の役者さんは当然別人ですが、生き写しのように似ています。
映画の中で主人公たちは本物の親友としか見えず、緊迫したシーンでは鬼気迫るものがあります。
↑の画像は少女時代と中年時代のメンバーの顔ぶれなのですが、映画を観ていなくても両者は大体一致すると思います(ちなみに人数が7人→6人になっているのもちゃんと意味があります)。
演技だけでなく見た目まで完璧とは恐れ入りました。

笑ったのが、作中で「韓流ドラマ」の展開をバカにしている描写があること。
韓流じゃなくても「不治の病」とかお約束のテンプレートだもんなあ・・・でも作中の登場人物も不治の病(ガン)にかかっているんですよね。その「対比」も効いている作品だと思います。

80年代の名曲の使い方も素晴らしかった!

韓国映画サウンドトラック
1259円
powered by yasuikamo

アラフォーねらい打ち。アラフォーでなくても、この音楽とのシンクロ具合には感動できるはずです。

欠点は、終盤の展開が少々好き嫌いがわかれそうなことくらい。
泣いて笑って、幸せな気分になれる映画として大プッシュでオススメします。
少々暴力的な描写や、未成年者の飲酒や喫煙の描写があるので、苦手な方はお気をつけて。

以下は作中のシーンがちょっとだけネタバレ↓ 結末などには触れていませんが、未見の方は要注意。




前述の「韓流ドラマをバカにする描写」は、
「不治の病に冒されているんだ!」の他にも、
「実は俺たちきょうだいなんだ!」というのもありました。
最近の映画では<ネタバレになるので反転注意>「コクリコ坂」でも、同じような展開で「まるで安っぽいメロドラマだ」と言うシーンがあったよなあ・・

このドラマの展開をTVで観ていた病院の患者たちは「やっぱりね」「飽きたよ」「うんざりだよ」と口にします。
「冬のソナタ」とかもそんなもんだよね→『冬のソナタ』時系列あらすじ



驚いたのが、娘がいじめられているのを目撃したあとの主人公の行動。
なんといじめられっ子のもとへ、直接赴きます。

サニー3

しかも一人は高校生のコスプレ。いろんな意味でヤベーよ(作中でも突っ込まれているけど)。

サニー4

しかもやることは普通に暴行。すげえ・・・日本の映画じゃ絶対にこんなシーンは拝めません。
予告編では見えませんでしたが、見事なドロップキックを決めているシーンもあります。

自分は笑いましたが、ドン引きする人もいるだろうなあ。
ちゃんと主人公たちがお咎めをくらっているのが、何か安心しました。


キャスティングは完璧・・・と書きましたが、一人だけ少女時代から大人時代の変化で「え?」と思う人物がいます。
それは「憧れの人への決着をつけた」シーンのことでなんだけど、この変化っぷりを見たら「久しぶりにあったら幻滅した」っていうふうにも取れます。



作中、主人公のナミが
「私は今まで自分の人生に追われていて、あの時のことは頭のすみにおいやられていた」
「だけどこうして(サニーのみんなを探していることで)、人生の主役に戻れた」
と言うシーンがあります。
本作では男性社会で苦労する女性の姿も描かれているので、主人公たちがこうして昔の親友に会い、人生の輝きを取り戻すことに、すごく説得力があります。


未来に不安のなかった、あの一度きりの輝かしい日々はもう戻ってきません。
大人になってからは、それと比べるかのように、不安や焦燥感、後悔ばかりを抱えています。
だけど、それ以上に彼女たちの「これから」の希望を感じえる、素敵な映画でした。


おすすめレビュー↓
Yahoo!映画
Yahoo!映画ネタバレ。ラストの展開に否定的な見かたをされているので、好きな人は要注意)
映画感想 * FRAGILE
LOVE Cinemas 調布ネタバレ。メンバーの名前やキャストの確認はこちらで)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-07-12 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。