fc2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ネタバレなし感想

今回紹介するのは、今日上映開始でハリポタと真っ向勝負を繰り広げているSPACE BATTLESHIP ヤマトです。


個人的お気に入り度;7/10


一言感想:「意外に面白い!」という感想が湧きおこること必死の娯楽大作映画



あらすじ


2199年の地球は正体不明の敵、ガミラスの攻撃により滅亡の危機に瀕していた。
とある理由により一線を退いていたかつてのエースパイロット・古代進は宇宙戦艦ヤマトに乗り、「放射能除去装置」があるイスカンダルへ向かう。







ごめんさい!地雷臭いとか言って本当ごめんなさい!めっちゃ面白かったです!


観る前は駄作でも傑作でもどっちでもない中途半端なできなんだろうな~とか

前日に観た「ぷっすま。」のヤマト沈没ゲームのほうがハラハラできるんだろうな~とか思ってました。

m(__)m
いやだって「「クレヨンしんちゃん 戦国大合戦」を実写リメイクしたあげくに駄作にした山崎監督に何の期待もしていなかったもの・・・。







この映画を観る前に人が気にするのは「感動の押し売り」なんじゃないかな、と思います。CMでも「泣き」の演出がふんだんです。(ていうかスティーブン・タイラーの曲流しすぎだと思います)

確かにこの映画はその泣きのドラマが多少くどく、長いとも感じます。安っぽさも否定できません(衣装含む)。大作日本映画にありがちです。

でもキャラクターの言動や行動にはいろいろな伏線が張り巡らされているので説得力もある(一部除く)し、何よりも「絶望的なミッションに取り組む人間たち」がしっかりと描かれていたので、自分は納得できたし、ぐっと来るシーンがいくつもありました。



ちなみに自分は原作の「宇宙戦艦ヤマト」の漫画やアニメも観たことがないし何の思い入れもありません。

先入観がないせいかキャラクターは魅力たっぷり(明らかに掘り下げの足りないキャラもいるけど)で感情移入できました。キムタクはキムタクでしかないのですがしっかり役にはまっています。それぞれの俳優のファンはそれだけでも必見でしょう。


ストーリーがこれまた良くできてます。
前述の通り伏線はふんだんにあるし、戦闘シーンには単なる攻防戦以外にも仲間との確執や、主人公に科せられる「決断」も描かれている。
悪役「デスラー」の意外な姿なども含め、予定調和にならない面白さです。


同監督の「三丁目の夕日」で山崎貴監督作品が肌に合わなかった人は今回もダメだろうとは思います。しかしそれ以外の
ふだん映画を観ない方や、家族で観る映画を選びたい方にぜひお勧めします。



明日はネタバレレビューを書きます。<書きました、こちらです>

つっこみどころはそれなりですがそれも愛せてしまいます。


あ、そうそう。この映画色んな映画のパクりリスペクトがふんだんなのでそれを考えるだけでも楽しいですよ。



(追記)この映画の真似要素についてなんですが、あるコメントをいただきました

もともと「ヤマト」は海外にも愛されている作品で、海ヤマトを参考にして海外のSF映画が作られている例が多いそうです。もともとのヤマトにあった描写をしただけなのに、海外映画の真似に見えてしまったのかもしれません。

テーマ : 最近観た映画
ジャンル : 映画

2010-12-01 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

復活篇(アニメ)より酷い。
実際見に行ったが、復活篇(アニメ)より酷かった。
主役以外完全にミスキャスト
森雪役の人を変えなきゃ良かったのに
2011-10-20 11:32 : rightdiamondstar URL : 編集
Re: 復活篇(アニメ)より酷い。
この作品が賛否両論なのは理解しています・・・見た目のハリボテ感はともかく楽しめたので。

キムタクはキムタクにしかみえなかったけどいい配役だったと思います。他は・・・柳葉敏郎さんは好きです。
2011-10-20 21:34 : ヒナタカ URL : 編集
No title
私はヤマト世代で全てのヤマトのTVシリーズと劇場版を何度もみた。
ヤマトなら艦首から艦尾まで忠実に絵に描けるくらいのファンでもあった。

私は名作アニメのリメイクは嫌いだし なんといってもアニメの実写版ってのが大嫌い。
おまけにネットでの評判も良くない。
全く見る気がしなかったのだが、同級生の勧めで今日ようやく見た。

いや、これは傑作だよ!!

もしキムタクと黒木メイサがアニメの古代進と森雪になろうとしてたら
失敗してたかもしれないが、全くの別キャラだったのが一番の好材料。

ストーリーや登場人物は一部ヤマト2が混じっていたり変更があったりしていたけど、ヤマトの骨子はきちんと押さえてる。ヤマトを理解してる監督なんだろうね。

とにかく本当に宇宙戦艦ヤマトをみたっていう気分になれた。


2012-04-22 20:25 : はっちゃく URL : 編集
Re: No title
コメントありがとうございます。
自分は「ヤマト世代」でないのでうらやましいです。

>もしキムタクと黒木メイサがアニメの古代進と森雪になろうとしてたら
>失敗してたかもしれないが、全くの別キャラだったのが一番の好材料。

キムタクはキムタクのままでしたね(笑)でもむしろそこがよかったと思います。


>ストーリーや登場人物は一部ヤマト2が混じっていたり変更があったりしていたけど、ヤマトの骨子はきちん>と押さえてる。ヤマトを理解してる監督なんだろうね。
>とにかく本当に宇宙戦艦ヤマトをみたっていう気分になれた。

テンポもよく、うまいくらいにまとめられていましたね。
アニメ版も観たくなってきました!
2012-04-22 23:57 : ヒナタカ URL : 編集
No title
ヤマトをググッていたらまたここに辿り着きました。(笑

ヤマトのアニメ版を見るのですか?

うーーん



当時、クラスのファンはみんな怒ったんですよ。
ヤマトと登場人物をもてあそび過ぎてると。

この映画にもあったように真田さん(柳葉さん)は2作で死にます。
話題になりますからね。
ところが次のシリーズでは生きてたって事にする。
TVシリーズとそれをまとめた劇場版では亡くなる人も亡くならなかったりしています。

で、3作目は亡くならなかった方の続編と言うことにしてTV版と劇場版をつくる。

それの繰り返し。

だから最後の完結編を見たあとヤマトが可哀相になりこう思いました。

ヤマトよ、お願いだからもう本当に永遠の眠りについてくれ。
お前はプロデューサーにいいように利用されているだけなんだ。
と。

けど、中身はいいのが沢山ありましたよ。
ちょっとベタついてるけど、「新たなる旅立ち」までは本当に好きでした。

参考までに。
2012-04-23 01:04 : はっちゃく URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR