ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「Mrインクレディブル」は、海外版「野原一家」です

今日は傑作アニメ「Mrインクレディブル」が放送されましたね。

ディズニー
2891円
powered by yasuikamo


実はピクサー作品で、人間が主人公なのはこの映画がはじめてでした。

それに付け加え、本作で描かれているのは「家族」。
原題の「The Incredibles」の意味も「インクレディブル一家」という意味であるし、とことん家族の成長と活躍を描いているのです。

大人向けの設定が多いピクサーの真骨頂ですが、本作でもその印象がものすごく強い。
Mrインクレディブルがヒーローから引退した理由は「世論の圧力」だったりするし、それを支える母「イラスティ・ガール」の強さは世のお母さんは必見と言えるキャラクターでした。

それでいて、湿っぽくならずに、子どもが楽しめる痛快愉快なエンターテイメントに仕上げているのは本当にすごいと思います。

本作を観て思ったのは、これが映画版の「クレヨンしんちゃん」に似ているということでした。

父親はいざというときは頼りになり、母親はお尻の大きさを気にしていて、少年は驚異的な身体能力で活躍し、赤ちゃんですら相当強いっていう・・・それぞれが「海外版野原一家」の一員としか思えませんでした。

それぞれが特技を使い、それぞれが家族と世界のために活躍するこの物語が、自分はたまらなく大好きなのです。

ちょっとだけ以下はネタバレなので未見の方は注意↓




個人的に一番好きなシーンがこちら

・島で弟「ダッシュ」が目覚めると、姉「ヴァイオレット」とくっついて寝ていたので、弟は「うえ~ぺっぺ」といやがる
・でも、ヴァイオレットがいざ銃で襲われると、ダッシュは体を張って助ける!

普段は嫌がっていても、内心では姉をとても大切に思っているダッシュが大好きでした。


その前にヴァイオレットが飛行機の中で、特技バリアをはれずにいたことも、ちゃんと意味がありました。

母「イラスティ・ガール」は子ども2人を背負い、島へと泳ぎ切ります(泳ぎ方がカワイイ)。
彼女は娘がバリアをはれなかったことを一切責めることなく、「あなたを信頼している」とも言います。

そして、弟に助けてもらったように、今度はヴァイオレットがバリアで弟を守るのです。
肝心なときに活躍できなかった、自分に自信がなかったという彼女が、こうして活躍している姿は痛快でした。


アクションも面白く、イラスティ・ガールが基地内に得意の伸びる体を使って侵入するシーン、主人公の親友「フロゾン」が氷の上を滑空するシーンも大好き。
「マント」の伏線もしっかり生かしてくれて大笑いです。

ちなみに、DVDの特典にある「ジャック・ジャック・アタック」も楽しいですよ。


そういえば、ラストはいかにも続編がありそうな終わり方でした。
「モンスターズ・インク」の続編(前日譚)の「モンスターズ・ユニバーシティ」も公開されることだし、こっちも続編を作って欲しいものです。
痛快愉快でこの上なく魅力的な「海外版野原一家」がこの一作で終わってしまうのは、もったいないですよね。

オススメ↓
Yahoo!映画
意外と知らない『Mr.インクレディブル』の楽しむ方法 - NAVER まとめ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-07-25 : いろいろコラム : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
アンダーマイナーとの戦いはゲーム版で描かれてるらしいですね
2012-07-26 08:01 : bends URL : 編集
Re: No title
はじめてしりました。ゲームが実質的な続編というのでは「カリオストロの城」とかありますね。
映画として、観たいものです。
2012-07-26 22:14 : ヒナタカ URL : 編集
No title
いつも拝見してます。

たしかに続編やってほしいですね!

ますます何故カーズ2だったのかが分からないですw
2012-07-27 09:09 : ヒガシ URL : 編集
Re: No title
自分はカーズ2は好きなのですが、確かに何故・・ってところはあります。
早く企画してほしいものです。
2012-07-28 00:43 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。