ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

シリアスさ皆無のバカ映画「バットマン オリジナル・ムービー」完全ネタバレ感想

ダークナイト ライジング」はもう劇場で観ましたか?
重圧でシリアスなヒーロー映画が好きなら義務として観ろと言えるほどの面白い作品でした。

本日はそんなシリアスなバットマンしか知らない人が観たら本気で驚くようなバカ映画「バットマン オリジナル・ムービー」を紹介します。

アダム・ウェスト
1869円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:ノーラン版しか知らない人には気絶もののバカ映画


あらすじ


バットマンとその相棒のロビンがグダグダしながら敵と戦う話。




これは実はドラマシリーズの映画版です。
制作されたのはなんと1966年。およそ50年前からバットマンの実写映画があったということも驚きですね。

とりあえず今作の感想を言うと本気でしょぼい
セットはちゃちだし、コスチュームはダサいし、ストーリーはグッダグダだし、何よりあほらしい。
これはバットマンの名を借りた一大コメディ映画なのです。

なにせ、映画のはじめにこう表示されるのですから。

バットマン1

「荒唐無稽の楽しさ、バカバカしさを愛する人に捧ぐ」

自分からバカ映画であることを明かす始末
じつにいさぎよいですね。

そんな映画ではありますが、わりと万人が楽しめる内容に仕上がっています。
ノーラン版のバットマン3部作に登場したキャラも出てくるので、その姿には意外性があります。
バットマンと敵側の視点が交互に描かれるので、お互いの思惑のギャップにどうしても笑ってしまうのです。

子どもでも面白く観られる作品だと思います。
テンポの良い会話の応酬を楽しむ作品なので、日本語吹き替えで見るとより楽しめるでしょう。
興味がある方は他のバットマン映画との「違い」を確かめるのもまた一興かと。
結構オススメですよ。

以下、ストーリーと作中のシーンを最初から最後までネタバレです↓めっちゃ長いよ







正体のわからない船が出現したとの知らせを受けたバットマンと、その相棒ロビンは、早速「バットコプター」で海上へと向かいます。
海上についたバットマンは・・・

バットマンはしご

バットコプターからはしごを出そうとする・・・・って名前が「バットはしご」ってダサっ!
そこを「バットラダー」にしないあたり、字幕を作った人のセンスが垣間見えます。

バットラダー<まじでただのはしごです

しかしロビンは下ろしすぎちゃうので・・・

バットおろしすぎ<海にぽちゃん

あーあー。

バットさめ<足に何かが・・・



バットさめ2<サメです

あ、あの・・サメなのはわかるのですが、どう見ても作り物です

バットはしごロビン

そんなバットマンに、相棒のロビンはサメ撃退用のスプレーを渡す!

バットスプレー<プシュー

で、わりと効いてサメは落ちるのだけど・・・

バットさめ爆発

何故か大爆発
実はこれは悪の集団がバットマンを倒すためにサメの中に爆薬を仕込んでいたのです。


その悪の集団の正体が明かされるのですが・・・

バットマンペンギン<「ペンギン」

バットマンジョーカー<「ジョーカー」

バットマン謎ラー<「ナゾラー」

バットマンキャット<「キャットウーマン」

濃い・・・濃すぎるよ。
そう、この映画の敵はこの4人なのです。
巨悪4人が共闘・・・考えるだけでワクワクしますね(そうか?)


キャットウーマンの素性も「ダークナイトライジング」とはだいぶ違っていますね。

バットマンキャットウーマン<やあ、キャットウーマン

バットマンキャットビンタ<ビシッとビンタ!

バットマン人前で名前<人前で名前呼ぶんじゃないよ!

今作のキャットウーマンは部下には恵まれてなさそうですね。


ジョーカーはこんなキャラです。

バットマンみんな仲良く<まあまあ、みんな仲良く手をつないで!

バットマン感電<感電

まあ、あんま変わってないよね。

また、ジョーカーが船長にあったときは・・・

バットマン白い<肌がやけに白いけど、潮焼けしないの?

それどう見てもメイクだろ!不審に思え。
ちなみにこの「変な格好なのに捕まらない理由」は、後に「ここに住む人たちは飲んだくれで正常な判断ができないから」というトンデモ理論が持ち出されます。


で、バットマンとロビンは再び海上に赴き、はじめにあった船が罠であることに気づくのですが・・・

バットマン潜望鏡

そこに何故か可愛らしいおもちゃが登場!
それは悪の4人衆が乗っている潜水艦の潜望鏡なのでした。全くカモフラージュできていない

なんとか2人は魚雷の攻撃を退けるのですが・・・

バットマンなぞなぞ<ナゾナゾだ!ふざけるな!

ナゾラーは何故かなぞなぞを2人に出すのでした。
ちなみにこの答えは「キャットウーマン」でした。
ていうかあんたらの仲間にキャットウーマンがいることはバレバレだよ?なぞなぞ出す意味あんの?


その後、悪の4人衆はブルース・ウェインを誘拐しようという作戦に乗り出します(そうするとバットマンが現れると思っているから)。
ブルースの正体がバットマンだと知らないんですよね、バカだね。

キャットウーマンはブルースに色仕掛けを行います。
そして悪の一団はそのスキに誘拐をしかける!

バットマン誘拐<誘拐しに来たぜ!

なんで全員で来るねん。不意打ちしないのだったら色仕掛けの意味もないだろ。


その後はブルースは脱出を図ります。
その時敵の一人が・・・

バットビックリ<箱の上に転ぶ

バットビックリ2<その箱はビックリ箱だった

バットビックリ3<飛んでいます

バット爆発<海に落ちると爆発する

これはジョーカーの罠。容赦ねえなあ。


ペンギンは自身の発明を披露します

バットマン銃<部下に撃つと

バットマン塩塩になります(ていうか謎の粉末?)

何故塩になるかと言えば「一瞬のうちに体中の水分が抜ける」銃だからだそう。
水分が抜けるってレベルじゃないだろ。
ちなみにこの部下は死んだわけではなく、あとで水をかけると元に戻ります(アホだろ)


そして、バットマンは悪の一団が置いていあった爆弾を見つけます。

バットわかりやすい爆弾<「シュー」と音を出している

すげーわかりやすいデザインですね。

バット爆弾逃げる<人のいるところで爆発するといけないので、逃げます

バット爆弾産み<海に投げようとするけど・・・

バットカップル<そこにはカップルが

バットやっぱりやめた<やっぱりやめた!

なんかバットマンが可愛いので萌えました。

で、この爆弾をどうやって回避したのかというと・・・

バットパイプの中に入れたよ<このパイプの中に入れたよ!

パイプでできた筒の中に入れたから助かったよって・・・この直前のシーンで思い切り爆風が飛びまくって爆発してた気がするんですけど?

その後は「ペンギン」に「バットカー」をわざと盗ませてアジトを突き止めたりするけど・・・

バット走る<めっちゃ走る

移動の手段がなくなったため走ったりします。

悪の4人衆は・・・

バットお偉いさんがた塩<何故か色付きの塩

さっきのペンギンの発明品でお偉いさんがたを塩にします
ていうかなんでそんなカラフルなの?


そして戦いの舞台は再び海へ!

バットエフェクト<わかりやすいエフェクト

敵の潜水艦を攻撃したエフェクトがしょぼかったり・・・

バット擬音<どんな音?

肉弾戦になれば、何故か擬音が表示されます。

バットジョーカー殴る<ナゾラーがバットマンを掴み、ジョーカーが殴ろうとする!

バット落ちるよでも後ろのナゾラーが落ちる

「ダークナイト」とは違い、ジョーカーにはカリスマ性のかけらもありませんね。

キャットウーマンは、バットマンを後ろから突き落とします。

バットキャット後ろから<ドーン!

こんなキャットウーマンは見たくなかったよ・・・

その後、バットマンはキャットウーマンの正体が中盤に色仕掛けをしていた女性(ベタ惚れ)と知るのですが、その表情がこちら。

バット表情<めっちゃ素の顔

あっはっは。ショックだったんだね。


最後は塩にされたお偉いさん方をもとに戻します。

バット試験管<試験管に入れています

しかし元に戻ったお偉いさん方は、集められていた塩がアクシデントにより混ざってしまっていたので、それぞれが違った言語を話すというバベられた状態になってしまうのでした。

これにバットマンは
ことばが混じっている→心がつながり合っている→これでいい、これは人類の貢献だよ!
無理やり納得し、去るのでした。




いやいやいや!、お偉いさん方をちゃんともとに戻せよ!

最後に「まあいいや」みたいな選択をとった本作のバットマンはひでーな。
「ダークナイト」のラストはああだったなのになあ・・・


そんなわけで完全ネタバレで紹介した「バットマン オリジナルムービー」いかがだったでしょうか。

最後に「お前が言うな」ということばがこれ以上なく似合うシーンでお別れしましょう。

バット格好がまともじゃない<あいつら4人とも格好がまともじゃないよ!

お前らも負けず劣らず変だよ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-08-07 : 旧作映画紹介 : コメント : 3 : トラックバック : 1
Pagetop
古臭さが逆に魅力?「トータル・リコール(1990)」ネタバレなし感想+お気に入りシーン «  ホーム  » 子どもだましですらない 映画版「アナザー Another」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
[映画]バットマン オリジナル・ムービー バットマン映画の最高傑作!?
  バットマン オリジナル・ムービー(劇場公開版) [DVD]    ずっと前録画したまま放置していたビデオをようやく見ました。  CMを見ると、シドニーオリンピックをモーニング娘。がPRしてたので、2000年夏頃でしょうか。  他に、JフォンやツーカーのCMも。  街角
2015-06-04 21:07 : OLDIES 三丁目のブログ
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私も好きな”作品”です 笑

歴代バットマンを語るときに、外されないところもスゴイとこです。
これはこれで、”あり”なんすよね
2012-08-07 10:45 : ライノ URL : 編集
No title
桂正和の漫画『電影少女』に「ばっとマン」という映画(もちろん『バットマン』がモデル)が登場します。コウモリでは無く野球のバット。
実にばかばかしい作中映画なのですが、それを思い出してしまいました。

> 塩

元ネタは旧約聖書「創世記」にある塩の柱ではないかと。


しかし、これが公式でアリならば、某アーンイヤーンマンもアリなんじゃないかと思えてきました。
2012-08-07 21:35 : シオンソルト URL : 編集
Re: No title
>ライノさん

バットマンファンにとっても「外せない作品」であるというのは嬉しいですね。


シオンソルト

> 桂正和の漫画『電影少女』に「ばっとマン」という映画(もちろん『バットマン』がモデル)が登場します。コウモリでは無く野球のバット。
> 実にばかばかしい作中映画なのですが、それを思い出してしまいました。

たしか読んだことがあるような・・・桂正和さんはアメコミが大好きで、サム・ライミ監督が漫画「ZETMAN」の帯の推薦文を書いたことがありましたね。


> > 塩
> 元ネタは旧約聖書「創世記」にある塩の柱ではないかと。
> しかし、これが公式でアリならば、某アーンイヤーンマンもアリなんじゃないかと思えてきました。

やっぱり塩なのか・・・
アーンイヤーンマンは許されないと思いますよwコスチュームとか。
2012-08-08 12:22 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。