ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

記憶喪失ものアクション「ボーン・アイデンティティ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

今週末(9月28日)に「ボーン」シリーズの最新作「ボーン・レガシー」が公開されます。
そんなわけで今日はその第1作「ボーン・アイデンティティ」(製作:2002年)を紹介します。

ボーン・アイデンティティー [DVD]ジョン・パウエル

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2003-06-27
売り上げランキング : 24444


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:話のほうはちょっと弱いかな・・・


あらすじ


漁船に拾い上げられたひとりの男(マット・デイモン)は記憶喪失になっていた。
唯一の手がかりはスイスの銀行の口座番号。男はその銀行で自分の写真が貼られたいくつかのパスポートと大量の現金と銃を見つける。
しかしそれを手にした直後から、男は何者かに追われはじめて・・・




ものごっそい有名な作品なのにいままで未見でした(少し前にも地上波放送されています)。
結論としては、すごく丁寧に作られている娯楽作品なのだけど、ちょっと物足りない印象もありました。

物語は、特殊な任務についている主人公が記憶を失い、襲い来る敵と戦い、やがて真実を知るというもの。
「バイオハザード」などにもあったオーソドックスなものです。

問題はその真実に驚きがなく、理由そのものが弱く感じてしまうこと。
物語そのものも新鮮味がないものだし(10年近く前の映画だけど)、「動機」に説得力がないのは残念でした。

でもそのほかは確かな面白さを持っています。
一番に思うのは、その記憶喪失という設定。
映画というのは登場人物に対して「初対面」で観るものであって、記憶喪失は主人公と一緒に今の状況や、主人公の立場を理解していくことができるので、どうしても主人公に感情移入してしまうのです。
マット・デイモンの見事な演技も、その「記憶喪失」の青年を描く上で完璧だったと思います。

このシリーズは、シリーズを経ていくごとに面白さが増していくそうなので、この作品だけで満足せずに続編と、「レガシー」も合わせて観るのがいいのかも。
スタンダードなアクション映画を期待すれば、十分楽しめますよ。

ちなみにタイトルであり主人公の名前でもある「ボーン(Bourne)」とは、骨(bone)ではなく、一般的な姓のひとつ。
主人公の下の名前「ジェイソン(Jason)」もごく一般的な名なので、「どこにでもある名前」「偽名っぽさ」があります。
それでいて主人公の名をイニシャルにすると「JB」となりジェームズ・ボンドと同じというのだからにくいものです。

以下は少しネタバレ↓そんなに展開はネタバレしてませんが、未見の方は要注意



主人公は記憶喪失だけど、その驚異的な能力は健在です。

ボーン1<カウンターの男の体重は98キロだと言い当ている

これがあるのに、自分の名前すら思い出せない。
そのジレンマの描き方は丁寧です。

ボーン2<(記憶喪失になっているから)知り合いは君しかいない

このヒロインへの台詞は好印象。
しかし、後にはヒロインに「お互いの共通点」としてこう言われるようになります。

ボーン正体を<私たちの共通点は、あなたを知らないことだけ!

これは切ない。
こうした記憶喪失になっているがゆえの悲しさの描き方はとても上手いと思います。


以下はちょっと笑ってしまったシーンもご紹介。
主人公とヒロインが刺客に襲われ、主人公が倒したあとのシーンです。

ボーン開けて中を<荷物の中を見て!とヒロインに放る

ボーン私の<私の写真がある!なんで!

ボーン質問<こっち来ないで!質問は俺がするからさ!

ボーン後ろ<刺客が起き上がる!

ボーン脱出<刺客はすかさず窓を突き破り、ジャンプして逃げる!と思いきや・・・

ボーンジャンプしないの?思い切り柵にひっかかっている

ボーン頭から<めっちゃ頭から落ちっていている!

雪降っているとはいえ、あたりどころが悪けりゃこの刺客は死んでそうですね。ていうかヒロインがヒステリー起こしたせいで逃がしているし。


あと、一番びっくりしたのが、序盤も序盤の主人公の尻の傷を切ったら銀行口座の情報が表示されるポインターが出てくるという展開だった。
それって自分で気づけるもんだろうかね。

観たあとのオススメ↓
ボーン・アイデンティティー - あの映画のココがわからない まとめサイト(ネタバレ注意)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-09-24 : 旧作映画紹介 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私は、何故か、この映画シリーズは第2作の方を先に見てしまいました。
確か、いきなりパートナーの女性がボーンと幸せな海辺のレストランを経営していたが、突然・・・・
ボーンとは何者だかボーン以上に判らずにはじまったので、興味津々第1作を見ました。
そういう経過だったので、謎解きを見るような感じでしたから、結構面白かったです。
(第1作が、前日譚になる訳でした)
惜しむらくは、DVDだったので、モット大きな画面で見たかったです。
次作に繋がる伏線が、多くは張り巡らされてました。
アメリカの映画って、こう云うシリーズ化はお手の物ですな。
2012-09-25 08:42 : sakura URL : 編集
Re: No title
「前日譚」という見方も、面白いかもしれませんね。(人の名前などはスプレマシーだけだと、「?」に頭が浮かぶことになりそうです)
2012-09-26 00:16 : ヒナタカ URL : 編集
No title
この映画はシリアスなスパイ映画の牽引役だと思います。(このシリーズ中やその後の007とかMIもリアル思考になっていません?)ちょっと間の抜けた行動でピンチになるみたいな遊びが少なく、計算づくで逃げてると思いきや追い詰めてる、一見よく分からない行動が実は合理的だったという「おっ」と思わせてくれる緊迫感に溢れた映画でした。
2013-09-21 22:16 : よっちん URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。