ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

それでも生きていて・・・映画「アシュラ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はアシュラです。



一言感想:本当に、観てよかった


あらすじ


応仁の乱が勃発した1400年代半ば。世は飢饉に見舞われていた。
そのときアシュラは生まれるが、飢え苦しむ母親に殺されかけてしまう。
荒野と化した地でケダモノのように生きてきたアシュラは、心優しい少女・若狭に出会うのだが・・・




ジョージ秋山による漫画「アシュラ」のアニメ映画化作品です。

ジョージ秋山
680円
powered by yasuikamo

残酷描写と人肉食のシーンがあったために、有害図書指定を受けたことでも有名です。
自分はこの原作は未読でしたが、映画は発禁処分を受けたとは思えないほど、道徳的な作品に仕上がっていると思います。

飢饉に見舞われた世の中で、10歳にも満たない子どものアシュラは生きるために人を殺し、その肉を喰らいます。
それは食べるものがなく、生きていかなければならないためなのです。

そして描かれるのは、アシュラが人喰いから「人間」へと成長していく物語であり、この上のないほどの悲劇でもあります。
アシュラの想いが痛いほどわかるので、涙を流してしまうシーンが多くありました。

声優を務めた野沢雅子さんが、(原作を)発禁にするなんてとんでもない、世界中の人に観て欲しいと宣ったことに完全に同意します。
流血シーンが多いのであまり小さい子には薦めませんが、子どもにも是非観て欲しい作品です(直接的な表現は少ないので、レーティングは全年齢指定です)。

今の飽食の時代では、こうして飢え、苦しむことのない幸せを忘れています。
この映画で描かれる飢饉、そして主人公が人を喰らうシーンは本当に気が滅入るものですが、作品には必要なものです。
そのことを、決して「綺麗事」ですまさずに教えてくれる本作は、確かな説得力を持っているのです。

アクションシーンは少ないながらも見ごたえがありますし、キャラクターの魅力や、作品のテーマもしっかり描ききっています。
主人公のアシュラが可愛く見えるシーンもありますし、嫌悪感なく観ることができるでしょう。

本作の上映時間は短く、わずか75分です。
しかし下手に長い映画よりも、はるかに価値があると思わせる素晴らしさがあります。

あまり一般的には注目されていない作品ですし、上映劇場も少ないので恐らく興行的は苦戦するのでしょう。
しかし、本当に多くの人に観てもらいたい作品です。
アニメが好きな人だけでなく、映画からメッセージを感じたい方、心に残る映画を観たい人に是非おすすめします。

また、「南無阿弥陀仏」の意味を知っておくと、より映画を深く理解できると思います。
エンドロール後にも1シーンあるので、お見逃しなく。

以下、結末も含めてネタバレです。本当に素晴らしい映画なので、未見の方は絶対に読まないようにお願いします













~アシュラの生い立ち~

アシュラは生まれてしばらくしたあと、飢えた母親に火に投げ込まれ、殺されかけます。
母が子を、しかも食べるために殺そうとする悲劇。
その子もまた、生きるために人を殺し、食べなければならないという悲劇・・・
「食べるものがない」ことによる悲劇は、この作品の中で幾度も描かれるのです。

8歳になったアシュラは、「法師」と橋の上で出会い、名を授かります。
法師は「お前の心が見たい」「お前にとって命あるもの全てが敵か」「戦わずにはおれん哀れな獣だ」と言います。
法師はアシュラに食べ物を与え、「南無阿弥陀仏」という念仏を教えます。

その後は地頭の子どもである「小太郎」を殺してしまい、追われる身となるアシュラ。
そして、「若狭」という少女に助けられることになります。


~若狭~

若狭はアシュラにとってかけがえのない人物です。
アシュラをかくまい、ことばを教え、食べ物をあたえてあげる若狭。
夕日の見える場所を、若狭に教えてあげるアシュラ。

水浴びをしようとするけど危うく水に落ちそうになったり、柱にこそこそ隠れたままお椀を差し出すアシュラに萌えました。

若狭は、鎌を持つアシュラに「もう人殺しをしてはいけない」と教えます。
この関係を、壊して欲しくないと願いたくなります。

しかし若狭は、「都」に想い人と共に行くことを夢見ており、次第にアシュラと距離をとるようになります。
自分の家に近づいてきたアシュラを追い返し、後にはアシュラと触れ合わず食べ物だけを置いていく若狭。

若狭は「散所」の生まれである「七郎」と逢瀬をして、それをアシュラに見られてしまいます。
アシュラは若狭を取られないようにと、七郎を殺しにかかってしまいます。

そしてアシュラは若狭に「人でなし!」と言われてしまいます。
「もう人殺しをしてはいけない」と言われていたのに、若狭の大事な人を傷つけてしまったアシュラ。
双方の気持ちがわかるので、より悲しく思えます。


~生まれてこなければ・・・~

洪水のあと、アシュラは子どもに食べ物を与えている猿を見て、嫉妬し、殺しにかかります。
そして「こんな苦しいところに生まれてこなければよかった!」と口にし、それを再び出会った法師に聞かれるのです。

法師に「俺は人でなしだ!」「皆おなじケダモノだ!」と言うアシュラ。
法師は「獣の道を歩けば歩くほど苦しい、それは人の証拠だ」と返します。

そして法師は自分の腕を切り落とし、それをアシュラに捧げようとします。
アシュラはそれを食べようとはしませんでした。

そして法師はこう宣います。
人を憎むな、おのれの中のケダモノを憎め」と。

人肉を喰らうことなど誰も望んでいません。
ここで喰べることをしなかったアシュラは、「自分の中のケダモノ」と戦えたのだと思います。


~それは馬の肉だ!~

再び飢饉に見舞われた村では、若狭もまた飢えに苦しんでいました。
若狭の父が、「やっぱりあのとき人買いに(娘を)売りに出せばよかった」と言ってしまうのが切なかったです。

そしてアシュラは「地頭」の馬を殺し、その肉を盗み、それを若狭に食べさせるために届けます。

しかし、若狭は頬が痩せこけるほど飢えているのにもかかわらず、それを食べようとはしません。
アシュラが人肉を食べていたことを知っていたので、それが馬の肉だとは信じられなかったのです。

「おっ父は言っていたでしょ、人肉を食べるやつは犬畜生にも劣るって!」「(これは馬の肉だということに対して)だまそうったって無駄よ」と言う若狭・・・
それは以前にアシュラが若狭のことばを裏切り、七郎を傷つけてしまったがためなのでしょう。

なんとしてでも若狭に肉を食べさせようとするアシュラ。
「もうこれ以上苦しみたくないの」と言う若狭に、アシュラはついに、こう言います。
「どうして言うことがわからないんだ!今でもずっと苦しいのに!」と。
若狭を想うアシュラのことばに、涙が止まりませんでした。

このシーンは原作とは違う映画独自のものですが、自分は映画のほうが好きです。
参考→<「ユーザーレビュー - Yahoo!映画>(原作のネタバレ注意)


~ラスト~

「アシュラを殺せば米一年分を取らせる」という報酬に乗り、アシュラを狩ろうとする村人たち。
アシュラは(食べるためでなく)生きのびるために、村人たちと地頭を殺します。

ここでもまた、若狭の「人を殺してはいけない」という約束を守れなかったアシュラ。
なんとか生きながらえたアシュラは、散所の少年と七郎が運んでいる「若狭」の死体とすれ違います。
彼女は、結局アシュラのくれた馬の肉を食べることはなく、餓死してしまったのでしょう。
雪の結晶が瞬き、アシュラは涙を流します。

法師は映画の最後にこう言います。
「お前(アシュラ)とは六道輪廻の中で出会っただけにすぎんのかもしれん。
しかし私も、お前に教えられた。
それは人は命を奪い、生きていかなければならないという悲しさだ。
命があるがゆえにあがく。
だからでこそ、この世は美しい」と。

生きるためには、生きるものの命を奪い、(人肉でなくとも)それを食べなければいけない。
これは仏教の「」にも通ずる考え方なのです。

エンドロール後に見えたのは、若狭が憧れていた「都」の風景でした。
それは今私たちが生きている、飽食の時代の象徴なのかもしれません。
この映画は、飢える人々の苦しみと、人間の業を、これ以上ない描写で教えてくれました。

オススメ↓
命を喰らい、命を繋ぐ。映画「アシュラ」紹介、他 忍之閻魔帳

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-09-30 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
観てきました。よかったです。
いつもレビューを参考にさせてもらってます。
いつも行ってるシネコンではやってなかったので、
このレビューがなかったら観に行ってなかったと思います。
2012-10-05 16:13 : えふ URL : 編集
Re: No title
ありがとうございます!書いて本当によかった・・・(ブログをやっていて一番嬉しいことかも!)

近くの劇場では早くも1日に1回上映になっていました・・・本当に多くの人に観て欲しいです。
2012-10-07 16:29 : ヒナタカ URL : 編集
No title
げはじめまして。いつもレビュー参考にさせて戴いてます。
上映館数が少ないこともあり映画化したことさえヒナタカさんのレビューを拝見するまで知りませんでした。
劇場で鑑賞できて本当に良かったと思いましたのでコメントさせてもらいました。
この場をお借りしてお礼申し上ます。
本当に素晴らしい映画でしたね。
しかし余り話題になってないのが勿体無いですねー。
2012-10-13 15:09 : 民朗 URL : 編集
Re: No title
みんなのシネマレビューの民朗さんじゃないですか!こちらこそ参考にさせてもらっていますよ!

このブログやってて本当によかったですよ・・・ありがとうございます。
本当いろんなところに宣伝したくなる映画ですね。
2012-10-13 17:37 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。