ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

出世のために・・・「アウトレイジビヨンド」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はアウトレイジ ビヨンドです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:前作よりも大真面目ヤクザ映画


あらすじ


その昔、山王会の配下にある大友組は潰され、その組長の大友(ビートたけし)は死んだかに見えた・・・
しかし大友は生きており、丸暴の刑事の片岡(小日向文世)は獄中の大友に会いにいく。
片岡の狙いは、山王会と関西最大の極道・花菱会とを対立させることだったのだが・・・




北野武監督初の続編映画です。

ビートたけし
2999円
powered by yasuikamo

前作で描かれたのは、ヤクザのリアルな上下関係&抗争、そして過剰なまでのバイオレンス。

続編である本作ではバイオレンスシーンはぐっと抑えられ、シリアスさが増しています。
これは監督の作り方が「暴力シーンを先に考えた」から「脚本重視」に変わったため。
全編会話劇だらけの上、多くの登場人物が入れ替わり立ち変わるのにもかかわらず、混乱することも退屈することもなく見られるのはこの脚本の力によるものでしょう。

しかし個人的にはこれこそが「肩すかし」に感じてしまったことでもありました。
・バリエーション豊富な暴力シーンが詰め込まれた前作と比べて、おとなしさを感じた
・あるべきところにあるべき登場人物や展開が置かれている印象で、やや予定調和に感じた
・前作の「暴力シーンがひどいのに、なんだか笑ってしまう」という「悪趣味な笑い」も、本作には感じられるシーンが少ない
のは残念でした。

付け加えて、脚本がよくできている反面、前作のアラがあるがゆえの「誰が死ぬのかわからない」不安感や展開の読めなさが後退してしまった印象も受けます。
「脚本を練りすぎてつまらなくなった」なんてのはナンセンスな批判ですが、こうした暴力映画だと、もっと予想外の展開を望んでしまうのです。


それでも本作は、前作を気に入った人ならきっと楽しめると思います。
前作でお気に入りだった、聞いているだけでストレスが溜まりそうな「悪人の罵声」は本作でもフルスロットル。
「バカヤロー!」「コノヤロー!」「てめえ〇〇しくさって!」「なめてんじゃねえぞ!」などの台詞は、小心者の自分は聞くたびに胃がキュってなるのですが、普段こういうことを言わなそうな役者さんが言うとなんとも面白さを感じてしまうのです。

以下がそれを演じる豪華俳優陣です。

「大友組」:前作で壊滅させられた
たけし元組長:大友(ビートたけし)

「山王会」:関東の強豪ヤクザ。政治の世界にまで手を出している
三浦友和会長:加藤(三浦友和) 前作で「先代の会長を殺した」 
加瀬若頭:石原(加瀬亮) 前作で「大友を裏切り」、そのため若頭に出世
中尾彬富田(中尾彬) 立場の弱いヤクザ。石原のことを良く思っていない。

「花菱会」:本作で初登場の関西最大のヤクザ
神山会長:布施(神山繁)
西田敏行若頭:西野(西田敏行)
塩見幹部:中田(塩見三省)

「丸暴刑事」:本作ではそれぞれのヤクザにちょっかいを出しまくる
小日向片岡(小向日文世) 腹黒く、八方美人な刑事。大友の大学時代の後輩。
松重豊繁田(松重豊) 片岡の部下で、片岡のやり方をよく思っていない。

「木村組」:元は「村瀬組」だった
中野英雄木村(中野英雄) 前作のラストで「大友を刺す」。今は足を洗った・・・?

個人的MVPは加瀬亮さんと西田敏行さん。
普段が温厚な役柄ばかりなのに、本当に悪い奴にしか見えないのは役者の底力を見せつけられたようです。


本作は完全な続編なので、前作の鑑賞がほぼ必須です。
前作の展開を忘れている人は、公式ページの「予習復習」がとても親切なので、ある程度読んでから映画を観るのがよいでしょう(自分がそうでした)。

登場人物が入り乱れる群像劇なので観る人は選びますが、それが好きな方は是非劇場へ。
純粋な大人のエンターテイメントとして、おすすめします。

以下は結末のネタバレを書いています 鑑賞後にお読みください↓














~刑事・片岡は八方美人~

普段温厚な役が多い小日向さんが、こんな嫌な役を演じるなんて・・・
富田(中尾彬)が死んだのは、片岡が富田をたきつけて大阪の花菱会に向かわせたせいでもあるし・・・

さらに片岡がいなかったら、山王会の石原が大友に殺されることも、現会長・加藤が失脚をすることも、山王会が縮小することも、木村が加藤の側近に殺されることもなかったでしょう。
彼の八方美人な策略は、確かな効果をあげていたのです。


~大友の想い~

前作で組を潰され、仲間を殺されたため、ヤクザに嫌気がさしていた大友。
そんな彼も、木村の部下2人が殺されたことをきっかけに、再びヤクザの世界で戦いをすることになります。

大友は、木村よりも上の立場であるように話していました。
しかし木村と大友は「盃(さかずき)」を交わし、さらに終盤では木村は同等の立場の「兄弟」として、大友にタメ口で話しています。
このとき、大友は木村に「親分」と返すのです。

立場が逆転したような2人。
これは、「木村の部下2人が殺されてしまって、もう『親分』と呼んでくれるものはいない。石原を殺し、かたきを討った今だからでこそ『親分』と木村に言いたかった」という、大友の想いからのものだったと思います。


~作中の暴力シーン~

本作には前作ほど強烈な暴力シーンはありませんでしたが、以下三つは印象に残りました。

・エレベーターで撃たれる大友
大友は木村の部下2人を残し、エレベーターに乗ります。
しかし一緒に乗った客は石原が遣わしたヤクザであり、大友を殺そうとする。
再び一回に降りた大友を、木村の部下2人が見る・・・
アウトレイジビヨンド予告篇より
この画の連続はすごく洗練されていて、ゾクゾクしっぱなしです。

・ピッチングマシーンでボールをぶつけ続けられる石原
木村が経営していたバッティングセンターで、石原はひとりピッチングマシーンの前に縛られ、自動的に死んでいきます。
野球やろうか<ボールをぶつけられる直前の石原
この後の「引き」の絵が、部下をさんざん見下し、裏切り、そして仲間がいなくなった石原の状況を表しているかのようでした。
しかしこれで死ぬのは難しいよなあ・・・

・会長の場を奪われた加藤の最後
加藤はパチンコ店に行き、大友に静かに刺殺されます。
警察の前で「引退書」を読み、かつての子分にさえ「老後を安心して暮らしたいんなら、金が必要なんじゃい!」と言われ、パチンコ店であっさり殺されてしまう加藤ー
その姿には哀愁が漂っていました。
ちなみに加藤を演じた三浦友和さんはパチンコが趣味です。


~笑ってしまうシーン~

・警察の事情聴取
片岡が「灰皿で殴ったんだろう!」と言い、部下がそこにあった灰皿でパコンとチンピラをひっぱたくシーンは、劇場で最も笑いが起きていました。
コメントで教えていただきましたが、これは山王会との取引で、下っ端ヤクザを犯人として差し出させ、でっち上げの取り調べ記録を作っているシーンだそうです。

・石原の「おまえらバカだから、先物取引とか株とかヘッジファンド言ってもわかんねえだろうから、頭のいい部下にでも教えてもらえ!」と、自分よりもはるかに年上の部下を見下すシーン
本当に嫌な奴だな・・・インテリっぽさも十分です。

・木村の部下2人が、店に文句を言った一般人のお客に金をたかる
「女に抱かれたいように腰を振って!」と言われつつバッティングをする頭の悪さにクスりときました。

・西田敏行演じるヤクザ
あの西田敏行さんがこわーい台詞を吐くだけで新鮮ですが、「こっちはお前らのチン〇に毛が生える前から山王会と盃を交わしたんじゃボケェ!」には笑いました。
西田敏行さんをはじめ「花菱会」の人たちには会話シーンしかなく、表立って戦うシーンがないのはやや残念でした。
本作のキャッチフレーズが「全員悪人、完結」なのはさておき、さらなる続編に期待しています。


~ラスト~

片岡は山王会の縮小に成功しましたが、「そのぶん花菱会をでかくしただけじゃねえのか?」となじられることになります。
片岡はそのことばは受け入れず、さらにヤクザの世界を引っ掻き回すことを考えています。
あまつさえ、「俺が誰に何をやったって、花菱がかってにやっただけのこったろ?」と悪びれる様子もありません。
それはひとえに、自身の出世のためなのです。

その後片岡は、葬式に現れた大友をボディチェックして銃を持っていないことを確認するも、自らの銃を軽々しく渡したために、すかさず大友に撃たれて殺されてしまいます。

片岡は大友に銃を手渡すことによって、さらなる抗争を起こしたかったのでしょう。
しかし、序盤で「加藤と(あなたを)裏切った石原にきっちりけじめをつけてくださいよ!」と言った片岡のほうが、「けじめ」をつけ返されてしまうのです。


本作で「出世」のためにあれこれ策略を巡らせたものは、いずれも殺されてしまうのです。
先代を殺した加藤、
花菱会のところへ行った富田、
大友を裏切った石原、
そしてさんざんヤクザを弄んだ片岡ー

最後に片岡が殺される前に、その部下が言った「俺は一生ヒラでいいですよ」は最高の皮肉です。

上下関係が厳しく、プライド第一なヤクザにおいて、「出世」は確かに大事なことでしょう。
しかし片岡の部下のように「ヒラでいい」と思ってもいいのでは・・・
余計な手を使うよりは、身の丈にあった立場を選びたい。
それでもいいのだと思います。


オススメ↓
【ネタばれ】前作を凌ぐ大傑作!yahooレビュー
大友はヤクザを辞めたがっている『アウトレイジ ビヨンド』 - くりごはんが嫌い
『アウトレイジ ビヨンド』 やさしい漫才映画 :映画のブログ
2ちゃんねる映画ブログ アウトレイジ ビヨンド(ネタバレ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-10-08 : 映画感想 : コメント : 10 : トラックバック : 1
Pagetop
少年誌にしては挑戦しすぎ?漫画版「新世界より」レビュー «  ホーム  » 宗教×ダメダメメンインブラック「神秘の法」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アウトレイジ ビヨンド
ひたすらに、猿山を眺めるのもいいじゃない。     アウトレイジ ビヨンド (2012年 日本映画)   75/100点  かつて任侠映画というと、「かっこいいヤク...
2012-10-19 00:14 : 素人目線の映画感想ブログ
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

アウトレイジ
ブルーレイなのに安いですよね。

アウトレイジのレンタルしたいと思います。
2012-10-10 08:42 : ぼちぼち URL : 編集
なかなかいいネタバレですが、いささか登場人物の誤字が目立つ気がします。

本編見ずにネタバレだけ見た人には???って感じではないでしょうか(>人<;)
2012-10-10 09:26 : URL : 編集
なんか間違いが多い感想ですねえ…


>大友は木村のことを「俺となんの関係があんだよバカヤロー!」って言ったのに、当の木村には「ずいぶん悪いことをして悪かったと謝っていた」と伝えるし、

大友は刑務所で片岡と会ったとき木村の件について「悪いことをした」と言っていますよ。

>チンピラの嘘を見抜き、片岡が「灰皿で殴ったんだろう!」と言い、…

あのシーンは山王会との取引で下っ端ヤクザを犯人として差し出させ、でっち上げの取り調べ記録を作っているわけです。
「嘘を見抜いて」というのは読み違えですよ。

>「こっちはチン〇に毛が生える前から山王会と盃を交わしたんじゃボケェ!」には笑いました。本当に子どもの時からそうだとしたら怖い。

あれは「花菱の会長は'お前らの'ちん○に毛が生える前から山王会の前会長と盃を交わしてる」と言っているのですよ。
子どもの頃からヤクザとか言ってるわけじゃないですw


感想を書くならせめて嘘は書かないでくださいね。
2012-10-10 11:11 : URL : 編集
Re: タイトルなし
いろいろとご指摘感謝です!
訂正しておきます、失礼しました。

誤字脱字ですが、自分ではどこかがわかりませんでした。
時間があれば探してみます。
2012-10-10 20:58 : ヒナタカ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-10-10 22:00 : : 編集
Re: No title
ご指摘ありがとうございます!
2箇所おかげさまで見つけたので訂正します。

2012-10-10 22:20 : ヒナタカ URL : 編集
No title
ナンカ怒鳴っているヤクザのオンパレードで、花菱会の神山繁さんの演技にホッとしていました。

ですから、やくざと評価するのか、ただの暴力団と云うのですかステロタイプな演技が多かったです。

東京側のヤクザの事務所が、みんなチープなのでちょっと飾れば良いにと思いました。

任侠でもないし、やくざ映画でもないし、どういうジャンルに入るんでしょうか?この映画は。

あの片岡が生き続けた方が、第3作(?)も作りやすかったでしょうに。
2012-10-27 17:18 : sakura URL : 編集
Re: No title
> 任侠でもないし、やくざ映画でもないし、どういうジャンルに入るんでしょうか?この映画は。

やくざ映画だとは思うのですが、確かに純粋なそれではないような気がします。

> あの片岡が生き続けた方が、第3作(?)も作りやすかったでしょうに。

マジで嫌いなキャラでしたが、ストーリーの起爆剤となる存在でしたからね。
2012-10-30 00:12 : ヒナタカ URL : 編集
No title
見やすく書かれたレビューなだけに、先に書かれてる方がいましたが少し誤字が目立つのがもったいないと思います

細かいところ申し訳ありませんが気になったので指摘させていただきます

先ず、中尾彬演じるのは 宮田 ではなく 富田 です。

>『親分』と大友に言いたかった
ここはただの打ち間違いでしょうが 木村 と打ちたかったんだと思われます

>エレベーターで刺される大友
大友は刺されているのではなく銃で撃たれています。

>「(加藤を裏切った石原に)きっちりけじめをつけてくださいよ!」
ここのセリフは「加藤(あなたを)裏切った石原にきっちりけじめをつけてくださいよ!」です
これは大分ニュアンスが違ってきます
2013-09-23 01:42 : URL : 編集
Re: No title
誤字の指摘、ありがとうございます。
修正しました。
2013-09-23 10:54 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。