ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

おじさま版アベンジャーズ「エクスペンダブルズ2」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はエクスペンダブルズ2です。


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:むしろ長持ち軍団だよね


あらすじ


おっさんたちが悪い奴らをぶっ殺します。




オススメです!
この映画に出てくる筋肉ムキムキなおじさまがたのファンの方、今すぐ観なさい
強いおっさんたちが戦う!悪い奴をぶっ殺す!それ以外は何にもないという期待を裏切らない作品ですよ!

監督はシルベスター・スタローンから、「トゥームレイダー」「コン・エアー」のサイモン・ウェストにバトンタッチ。
少しウェット感があった前作から比べて、とにかくアクションで押し通す作風に切り替わったように思えます。

その甲斐あってか、本作の面白さは前作よりも上回っています
<前作の感想>(外部リンク、微ネタバレ注意)
前作に消化不良を感じた方も、本作のぶっ続きアクションには満足できるんじゃないでしょうか。
これを観ずにして、何のアクション映画を観るんだっていうくらいに見せ場が満載です。

有名なヒーローたちが勢ぞろいする様は、さながら「アベンジャーズ」のようです。
以下、見ているだけで惚れてしまいそうな素敵な登場人物をご紹介!

バーニー(シルヴェスター・スタローン
スタローン<「エクスペンダブルズ」のリーダー! 特技:早撃ち

クリスマス(ジェイソン・ステイサム
ステイサム<よくバーニーとイチャイチャする。 特技:ナイフ術

ヤン(ジェット・リー
ジェットリー<ちっちゃいけど頑張るよ! 特技:マーシャルアーツ

ガンナー(ドルフ・ラングレン
ラングレン<前作で一時期「仲間を裏切っていたが、更生」。 特技:空手と数学(実はインテリ)

トール・ロード(ランディ・クートゥア
ランディ・クートゥア<正直影薄いよ!自称変人。 特技:破壊工作

シーザー(テリー・クルーズ 狂っている海外のボディソープのCMも話題になった)
テリークルーズ<性格はけっこうお茶目✩ 特技:銃火器

ビリー“ザ・キッド”(リアム・ヘムズワース
ヘムズワース<新たに加わったメンバー。 特技:スナイプ

ブッカー(チャック・ノリス
チャックノリス<『一匹狼』なベテラン傭兵。 特技:単独行動で大活躍

マギー・チャン(ユー・ナン
ユーナン<本作のあんまり可愛くないヒロイン。 特技:暗号解読

ヴィラン(ジャン=クロード・ヴァン・ダム
ヴァンダム<本作の敵。残虐非道な犯罪武装集団のリーダー。 特技:回し蹴り

そして、そして・・・ついにあの2人が参戦です。

チャーチ(ブルース・ウィリス
ウィリス<CIAに属する司令官。 特技:裏に隠れて指令

トレンチ(アーノルド・シュワルツェネッガー
シュワちゃん<民間軍事会社の経営者。 特技:商売

前作では顔見せ程度だったこの2大スターが、本作ではスタローンたちとともに思い切り戦ってくれます!
さらに素晴らしいのは、このシュワちゃんの登場シーンが全てギャグに等しいこと。
あの手この手でシュワちゃんをイジってくるのでもう最高。
前作の「あいつは大統領にでもなろうとしてるんじゃないか?」にも大笑いしましたが、本作はそれ以上。
男子トイレに掲載されたネタ満載のポスターも「今度はコメディだよ!」とアピールした結果なのかもしれません。

本作は吹き替え版が超豪華キャストです。
その豪華声優陣の演技による、木曜映画劇場のような雰囲気を味わうのもいいでしょう。
*実際にそれっぽく作られている予告編もあります(割とネタバレが多いので注意)↓
<「最強の11人編」 - YouTube>
<「ヴァン・ダム編」 - YouTube>
<「チャック・ノリス編 」- YouTube>
個人的には原語でこそシュワちゃんの台詞の面白さが味わえると思うので、字幕版もオススメです。

とにかく観る前に多くは語りません。
前作を観ていなくても全く問題なく楽しめます。
ターミネーター2」「ダイ・ハード」を観ているとより楽しめるネタもあります。

アクション最高!
筋肉最高!
スターたちの共闘が最高!
そんな炎の男白質が摂取できる本作は絶対スクーンで観ろ!
以上だ!

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓















わかりやすさを優先して、一部を除き、役名ではなく出演者の名前を書いています。

~はなっから戦闘だ!~

ネパールのシンドゥリ郡いきなり開戦

エクスペンダブルズのメンバーは戦車に乗り、ヒャッハ~!な感じで敵を殺しまくります。
マシンガンをぶっぱなして「たまんねえな!」と言うラングレンに萌えました。
期待をはるかに超えたオープニングだぜ。

笑ったのが、戦車に「乱暴者(BAD ATTITUDE)」「まもなく参上(COMING SOON)」と書かれていたこと。もろ観客に向けられたものですね。

スタローンはバイクを走らせてヘリに突っ込ませる!

誰も乗らない<バイクには誰も乗っていません

ステイサムはナイフで次々敵を倒す!

ジェット・リーはいっぺん銃を使うけど、気に入らなかったのか弾切れのためすぐさま肉弾戦。フライパンで次々敵を倒す!

そして拷問をされかけていた男に被せられた袋をはがすと・・なんとその正体はシュワちゃん
実はシュワちゃんも人質の富豪を助けに来ていたのですが、返り討ちにあったそうです。
「ダブルブッキングか」とか悠長なこと言ってますけど、お礼も言いなさいよ。
たまらないのが、テリー・クルーズがシュワちゃんに銃を渡したときに放った「壊したら溶鉱炉で溶かすぞ」。
もろ「ターミネーター」ネタです(ちなみに原語では「you terminate」って言ってました)。

その後テリー・クルーズは水浴びタイムだ!と言いながら給水塔の水を流す!

メンバーは用意しておいたワイアーで滑って脱出をはかる・・・しかしステイサムとスタローンは敵に回り込ま割れてしまう。
そんときのステイサムの一言が「これルームサービスか?
とりあえずツッコミたいのは、ここは屋外です
ここはスタローンが得意の早打ちで倒す!

その後リアム・ヘムズワース(「マイティソー」でお馴染みのクリス・ヘムズワースの弟)が凄腕のスナイプで助けてくれます。

さらにメンバーは水陸両用の戦闘機に乗り、ジェットスキーに乗り戦う!
橋の上に爆撃を1度は外すも、2度3度とぶっぱなす!

そして機体を上昇させるため、荷物(ジェットスキー)を捨てながら、すんでのところで脱出!

ここまででわずか15分です
もうすでにお腹いっぱいなクオリティが素晴らしいね。


~ビリー(リアム・ヘムズワース)のキャラクター~

ヒロインを加えたメンバーは、一同墜落した飛行機に向かい、『(プルトニウムのありかがしるされた)ケース』を手にします。

一同が帰ろうとしたとき、そこには「ヴィラン((ジャン=クロード・ヴァン・ダム)」率いる犯罪組織がいて、ビリーが人質に取られていました。
メンバーは銃を捨て、ケースを渡しますが、ビリーはヴィランに殺されてしまいます。

ビリーは死ぬ前に、バーニー(スタローン)と「今の稼業が合わない」「お互いに尊敬している」「アフガンにいる彼女に楽をさせてあげたい」と言っていました。
さらにヒロインにも「戦場で3時間の戦闘後、6体の死体を見たこと」「犬を殺されたこと」「殺しはもううんざりだ」とも言っていました。

この仕事が終われば、もう殺しはやめると思っていたビリー。
そんな彼が想いを叶える前に殺されたのはなんともやりきれません。

映画の最後に、恋人へ「『奇跡的に帰られたら、まだ君の恋人でいたい』という内容の手紙」「写真」「お金」が届けられるのが観れてよかったです。


~ゴーストタウンへ~

一同は無人の宿で就寝。
翌日、犯罪組織をチラ見したテリー・クルーズは「ヒューストン、問題が発生した」とユーモアを交えつつも「伏せろ!」とみんなに叫ぶ。このキャラ大好きだな。

ジュークボックスから陽気な音楽が響くさなか、皆で銃撃戦。
大ピンチなエクスペンダブルズの前に、謎の勢力が現れ、敵は一網打尽にされます。

その正体は、ブッカー(チャック・ノリス)。
ブッカーは「暗黒殺人指令」でチャック・ノリスが演じたキャラクターの名前だそうです。
続・夕陽のガンマンのテーマ曲(←youtube)とともに現れるシーンが最高に格好よくてニヤニヤしてしまいました。
「コブラに噛まれたと噂されたけど、実は勝っていた」というのは、彼に対するジョーク「チャック・ノリス・ファクト」からのものですね。


~村へ~

敵は、村の男たちを鉱山で無理やり働かせ、女子供もさらおうとしたド外道であることがわかります。
村の女性たち(おばあちゃん含む)を見て「『婚活』のチャンスだぞ」と言われて、「遠慮しとく」と答えるラングレンが好きです。

そして村に訪れた敵たちをぶっ殺しまくる一同!

ステイサムは何故か司祭に変装し、またもナイフで戦いまくる!

スタローンとラングレンは小気味よく銃をぶっぱなし、ハイタッチ!

ヒロインも回し蹴りを繰り出して戦う!

テリー・クルーズに至ってはジャイアントスイングを使ってます。よくそんな余裕があるな。

スタローンの「もがいて眠れ」にもゾクゾク。最高です。


~敵の本拠地へ~

一同は戦闘機に乗ったまま、鉱山の洞窟に突っ込みます

飛行機が・・・<ゴリ押し着陸

突っ込みながらバキバキと翼が折れちゃっているよ。
直前にヒロインに「次は何?」と聞かれ「メチャメチャ(CHAOS)!」と答えるステイサムも大好き。

しかし、そこにあるプルトニウムはすでに敵に奪われてしまい、出入り口が塞がれて取り残されてしまう一同。

脱出のため、(映画の中だけでなく、現実でも)MITで学び、フルブライト奨学生でもあるラングレンが、そこにある材料で爆弾を作り始めます
が、結果は不発。
「泣かないで」と言うヒロインが優しいね。

そこに響く轟音!
崩れていく壁!
現れたのは掘削機と、それに乗ったシュワちゃん!
第一声が「戻ったぜ(I'M BACK)!

戻ったぜ!<待ってました

もう爆笑。しかもこのネタで、後に天丼をかましてくれます。
ちなみにこの掘削機は「トータル・リコール」ネタっぽいです。


~敵を追って、ぶっ殺せ~

一同は逃げたヴァンダムたちを待ち構えます。

あのー、敵の車がショッピングモールに突っ込んだとき、思い切りプルトニウムが転がっていったけど大丈夫?
太陽を盗んだ男」では慎重に扱っていたんだけどな。

さらに飛行場でも銃撃戦をしていましたが、一般人巻き込んでいません?
いろんなところで不安になるなあ・・・

そして、ブルース・ウィリス、シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツネッガーが3名が、同じ画面上に現れ、銃をぶっぱなす!

最強の3人<ターミネーター、ランボー、ジョン・マクレーンがここに!

このシーンでテンションがMAXです。

そこにチャック・ノリスも現れてサポートする!
彼と戦った敵は、荷物検査のコンベアに載せられてレントゲンで表示させてから死亡というわけのわからない殺され方もされていました。
ステイサムが彼の戦いを見て「お次はランボーか?」と言うのもすごい。
これはランボーがチャックノリスの作品に似ていると言われていた、またはノリスが「知的なランボー」と呼ばれていたがゆえなのでしょうね。

シュワちゃんは「弾が切れた、戻ってくる(I'LL BE BACK!)」とほざきます。
これに対するブルース・ウィリスのツッコミが「戻りすぎだろ!」でさらに大笑いです。
しかもシュワちゃんは、ブルースに向かって「イピカイエー(yippee yi yea)!」と言っちゃう。これは「ダイ・ハード」のセリフです。

その後シュワちゃんはブルースとともに小さな車に乗ろうとしますが、扉を思い切りぶっ壊します

ひっぺがし<当たり前のように扉をひっぺがすシュワちゃん

さらにブルースも「豆みたいな車だな」とか言いながら反対側の扉もバキッと取って捨てます
その結果・・・
こういうのがこういうのが
こうなりますこんなふうに扉がなくなります
とりあえず言えるのは、お前ら本当に人間か?
でもシュワちゃんだと説得力があるように思えるのが困る。

ステイサムはヴィランの右腕である「へクター」と対決!
またも素早すぎるナイフ術を繰り出し、最後はメリケンサックで殴り、プロペラに相手を当てて勝利!
前にスタローンとステイサムが、バーでこのメリケンサックをつけて「ガチンコ(CLASSIC)」な戦いをしていたことも伏線でした。
「ガチが一番だぜ!」というステイサムが格好良すぎです。


~ラストバトル:スタローンVSヴァンダム~

もうこれも夢の対決と言うに相応しい出来。
ヴァンダムはスタローンに肉弾戦をするように挑発し、まさに「男同士」の勝負をすることになります。

ヴァンダムは「あの男(序盤に殺したビリーのこと)の名前はなんだ」と聞きますが、スタローンは答えません。
ヴァンダムは得意の回し蹴りでスタローンを攻撃!

回し蹴り<間抜けに見えるのは気のせいです

スタローンは、ヴァンダムのキックや首に巻きつけられた鎖に翻弄されるも、その鎖をムチのようにしならせ、ヴァンダムに一矢報います。

スタローンは、後ろを向いて動かないヴァンダムを見て「立てヴィラン!さっさと立て!こっちを向け!」と言います。
「男同士」の勝負において、後ろから攻撃するなんてもってのほかでしょう。スタローンはあくまで正面からの結末を望んでいるのです。

そしてスタローンは、ビリーと同じところに、同じナイフを刺し、やっと「あいつの名前はビリーだ」と答えるのです。
「冥土の土産」として、死にゆくものにだけに答えを教えるスタローンに男気を感じます。
ちょっとジョジョの名シーン(←ネタバレ注意)を思い出しました。


~ラスト~

スタローンがヒロインとキスも何もしない、というのがいいですね。
スタローンが中盤でゴーストタウンでヒロインに語ったように、彼は他人と距離を置いています。
その気持ちを最後まで突き通し、ヒロインが「私は幸運を呼ぶ女かもよ」とアピールするのにもかかわらず、「俺は悪運を呼ぶ男だ」とも言って、彼女を見送るのです。
単なるハッピーエンドのロマンスよりも、感動的だったと思います。

その後はブルース・ウィリスに「贈り物」としてボロっちい戦闘機をもらったスタローン。
スタローンは「ボロすぎだろ」とつっこみますが、ブルースは「俺たちもな」と言い笑います。

最後は顔が赤く腫れているスタローンを見たステイサムが「今度はボクシングだな」と言い、笑い合って拳を付き合うシーンで幕を閉じます。



「ターミネーター」「ランボー」ときて、最後に「ロッキー」ネタをもぶん投げてくるとは思いもよりませんでした。

ジェット・リーが序盤で姿を消したのが残念とか、ミッキー・ロークの降板が残念とか言いたいこともありますが、これだけ豪華キャストを使ったアホアホ超アクションが観れて大満足!

今作のキャラクターはみんな大好きですが、特にドルフ・ラングレンが突出。
特にヒロインにアプローチをかけようと、わざと咳き込みまくるラングレンが可愛くってしかたがなかったよ。


しかしエクスペンダブルズ(消耗品軍団)のくせに、あんまり消耗していないよね(飛行機はマジで使い捨てしたけど)。

でもこの場合の「消耗品」というのは、「命が惜しくない」という決意の現れだとも思います。
磨り減ったら終わりという消極的なものではなく、守るべきもののためならいつ死を迎えてもかまわないという覚悟を持っているがゆえの呼称なのでしょう。
そんなエクスペンダブルズが大好きです!

オススメ↓
【ネタばれ】「映画を“愛し続けた者”だけに許される至福」 -Yahoo!映画
エクスペンダブルズ2(字幕版&日本語最強吹替版)(ネタバレ)三角絞めでつかまえて

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-10-20 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 3
Pagetop
障がい者・病気をテーマとした映画その1「ギルバート・グレイプ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン «  ホーム  » これが日本の特撮だ!「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」ネタバレなし感想+変身シーン
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
エクスペンダブルズ2
バーニー・ロス率いる傭兵部隊「エクスペンダブルズ」。 今回の任務は、ネパールにて誘拐された中国人富豪の救出作戦。 激しい戦闘を繰り広げながら見事に成功させる。 今...
2013-06-10 10:54 : 優雅な一時、休日すき間時間の映画レビュー
エクスペンダブルズ2
バーニー・ロス率いる傭兵部隊「エクスペンダブルズ」。 今回の任務は、ネパールにて誘拐された中国人富豪の救出作戦。 激しい戦闘を繰り広げながら見事に成功させる。 今...
2013-06-10 10:55 : 優雅な一時、休日すき間時間の映画レビュー
エクスペンダブルズ2
バーニー・ロス率いる傭兵部隊「エクスペンダブルズ」。 今回の任務は、ネパールにて誘拐された中国人富豪の救出作戦。 激しい戦闘を繰り広げながら見事に成功させる。 今...
2013-06-10 11:02 : 優雅な一時、休日すき間時間の映画レビュー
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
昨日見てきましたが、面白かったです!!

フライパンで戦うジェット・リー、ジャン=クロード・ヴァン・ダムのスーパーヴァンダミングアクション、チャック・ノリスの一匹狼っぷりなど、木曜洋画劇場で放送するようなB級アクション映画の定番シーンを見れて最高でした!!

B級アクション映画のキモを抑えつつ、高クオリティで仕上げるこのシリーズには感動しっぱなしですw

ちなみにジェット・リーが銃を捨てたのは弾が無くなったからですよ^^/
2012-10-21 22:29 : ヘドバンゴリラ URL : 編集
Re: No title
よかったですね~スーパーヴァンダミングアクションとチャック・ノリスの登場シーンは爆笑です。


>ジェット・リーが銃を捨てたのは弾が無くなったからですよ

そうですよね・・・ナゼソウオモッタンダロ。訂正します。
2012-10-21 23:35 : ヒナタカ URL : 編集
戻る先は──
> トイレ広告「隣を覗くのは止めておけ」

い、いえ、ちゃんとできるかなって見ていてあげただけですって、ほんとですよ!?

> 戻りすぎturnミネータ

何故かこのスレッドを思い出しました。
http://vippers.jp/archives/6693470.html
2012-10-24 16:33 : シオンソルト URL : 編集
Re: 戻る先は──
チャックに「その気」が?w

頑張れ、不採用でも・・・そう思いました。
2012-10-25 21:48 : ヒナタカ URL : 編集
No title
上映時間も、丁度良い、ノーストレスの映画でした。

ただ、私は一匹オオカミのブッカーなる人物設定が良くわからなかったですが、そこで特に考えなくともよい映画でしたね。
2012-10-27 16:54 : sakura URL : 編集
エクスペンダブルズ2は確かに傑作!
ヒナタカさん、はじまして♪

tagoo@アクション・SF映画の特報と予告編まとめサイトと申します。

エクスペンダブルズ2、私も観ましたがアクション映画好きの私としては、3大スターの共演をスクリーンでみれただけでもかなりテンションMAXでした(笑)。

1作目と比べると、コメディ要素とアクションがかなりパワーアップしていますね!

ヒナタカさんのレビューが私的にかなりツボです☆

タイトルが「おじさま版アベンジャーズ」も思わず「わかる!」と共感してしまいました(笑)

これからも更新楽しみにしています♪
また、遊びにきますね!

2015-01-25 23:48 : tagoo@アクション・SF映画の特報と予告編まとめサイト URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。