ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

障がい者・病気をテーマとした映画その6「レインマン」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

障がい者・病気をテーマにした映画の6つ目(たぶん最終回)は「レインマン」(製作:1988年)です。

ダスティン・ホフマン
882円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:自閉症の兄と、けっこうチャラ目な弟のロードムービー


あらすじ


高級車のディーラーをしているチャーリー(トム・クルーズ)の元に、かつて自分を勘当した父の訃報が届く。
父の残した遺産目当てに故郷に戻ったチャーリーだったが、遺産の300万ドルは自分に相続されないことを知る。
相続の相手は見た事もない、自閉症の兄・レイモンド(ダスティン・ホフマン)だった。
どうしても遺産を手に入れたいチャーリーは、レイモンドを連れ出し、ロサンゼルスに戻ろうとするのだが・・・




トム・クルーズダスティン・ホフマン主演のヒューマンドラマであり、ロードムービーです。

テーマとしているのは自閉症です。
自閉症は周りの人とコミュニケーションが取れなかったり、会話の意図を読み取ることが難しかったり、「自分なりのこだわり」や習慣的な行動を好んだりする特性のことを言います。

この映画に出てくる自閉症は、その特徴を上手く捉え、それをドラマに生かしています。
父を嫌っていた弟・チャーリーとひきかえ、自閉症の兄・レイモンドは父の死を理解できません。
さらに父のお金を目当てとしているチャーリーと違い、レイモンドは「お金という概念」すらありません。
レイモンドは「自分の世界」を作っていて、チャーリーをはじめ周りの人間とと上手くコミュニケーションができないのです。

本作は自閉症の症状を理解するのにもうってつけでしょう。
「自閉症」ということばは誤解を招くことが多かったのですが、この映画はその誤解を解くきっかけになりえます。

それでいて、この映画が上手いのは他者への共感が乏しいはずの自閉症の兄よりも、健常者である弟のほうが周りのことを考えていなかった描写があること。
ヒューマンドラマとしても、格別な完成度を誇っています。

地味な映画に思われるかもしれませんが、作中のエピソードの全てが面白く作られているので、若い方でも楽しめると思います。
自閉症を知りたいというきっかけでなくとも、家族、特に兄弟のドラマが観たい方全てにオススメします。

また、健常者と障がい者の2人の交流を描いている映画には、他にも「八日目」があります。
こちらも「レインマン」が好きな方に観て欲しい映画です。

以下、作中のシーンがいくつかネタバレです↓核心部分は反転しています。



自閉症者がいる施設を訪問した(兄が存在していることは知らない)弟・チャーリーは、恋人がいる車に戻ると、そこで見知らぬ男が勝手にシートに乗っているのを見ます。

車が運転できるのは土曜<土曜だと車に運転できるんだけど・・・

早く降りろ<誰だよお前!降りろよ!

茶色だったのに<昔は車のシートは茶色だったんだ

そういえば茶・・・<そういえば茶色だったような・・・

ここからチャーリーは、「この車を知っているのか?」と聞くのですが・・・

車種<車の車種を言い、製造番号まで言う

と、車に関する自分の知識を披露する。
さらに父の名と、住んでいる番地、果ては自分の母が死んだ日までもを口にするのですが・・・

テレビ裁判がはじまる<あとちょっとで「テレビ裁判」だ!

言うだけ言って、チャーリーの質問に正しく答えることはなく、自分の興味を優先してしまうのです。
この自閉症の症状を端的に表したシーンで、「兄弟」の再会を描くというのも面白い。
自閉症の症状を受け入れられないチャーリーに、ちょっぴり同情してしまいます。


また兄・レイモンドは、自閉症だけでなくサヴァン症候群でもあります。
そのため記憶能力ばかりか、驚異的な計算能力を身につけています。

平方根は?<2130の平方根は?

この問題に、レイモンドはすぐに細かな小数点まで答えるのです。

NASAに勤められる!<NASAに勤められる!

しかし・・・

残りは?<1ドルを持って、50セントのものを買ったら、残りは?

70.jpg<(時間がかかってから)70セント・・・

NASAはだめだ・・<NASAは無理だな・・・

こういう症状は観ていて面白いのですが、ほかの場面では「レイモンドは感情がない」「自分の世界に入って、周りの世界に関心がない」ような描写が多くあります。
それは弟を怒らせ、兄弟の軋轢のきっかけになってしまいます。

しかし後半では、「レイモンドは熱湯が出てくるときに叫び、『赤ん坊のチャーリーに怪我をさせるな』と口にするのです。
人間に興味がないように思われていたレイモンドが、幼いときのチャーリーを守ろうとしていた。
しかも幼いころの記憶にあった『レインマン』の正体はレイモンドだった
」事実がわかるので、ついホロリとしてしまいました。

弟・チャーリーの心も少しずつ変わっていきます。
ラストでは「レイモンドはチャーリーに手を振ったりせず、相変わらずポータブルテレビで『テレビ裁判』を見ることを優先しようとするのだけど、チャーリーは『(見るのに)間に合うさ』とレイモンドに」告げるのです。
いままでチャーリーは、レイモンドの行動が理解できず、事あるごとに喚き散らしていました。
その対応の変化に、自分はどうしようもなく感動してしまいます。


オススメ↓
『レインマン』 - diary / nowadays
レインマン - みんなのシネマレビュー(ネタバレ注意)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-10-27 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私の母が大好きな映画のひとつです。
『レインマン』の素晴らしさは、この手のものをテーマとするとどうしても退屈になってしまいがちなのに、娯楽作品としても良質な構成だということだと思っています。
ヒナタカさんの例に挙げる「テレビ裁判」や「NASAはダメ」にしても、或いはカジノで「数えていた」と言ってしまうシーンにしても、他人事の視点で観ている観客にとっては突っ込んでしまいそうなところであり、それが地味で暗い展開にならず、面白さになっているでしょうね。
2012-11-05 09:31 : シオンソルト URL : 編集
Re: No title
>カジノで「数えていた」と言ってしまうシーンにしても、他人事の視点で観ている観客にとっては突っ込んでしまいそうなところであり、それが地味で暗い展開にならず、面白さになっているでしょうね。

障がい者の症状を、不謹慎にならず、かつ面白いエピソードとして昇華しているのがいいですよね。
病気や障害を扱っていても、暗くなりすぎないこういった作品が大好きです。
(反面、暗く苦しい「終の信託」などは苦手な映画でした)
2012-11-07 10:34 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。