ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

最高に意味のある68分 映画「ポテチ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

DVDで観た映画「ポテチ」の感想です。

濱田岳
3565円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:ダメな自分への最高の応援歌!


あらすじ


宮城県仙台市。
空き巣をなりわいとする今村(濱田岳)は、恋人の若葉(木村文乃)と共に地元のプロ野球選手・尾崎の家に忍び込む。
部屋のTVで野球を見ている今村と若菜のもとに、電話がかかってきて・・・




アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」の中村義洋監督×伊坂幸太郎原作の作品です。

つーか、すげー面白ええええ!
このコンビの作品はこれまでのも大好きでしたが、その中でも全くひけをとりません。

本作の上映時間は、わずか68分
この監督と原作者のファンでも、この上映時間を見て劇場へ行く足を止めた方も多いのではないでしょうか(自分がそうでした)。
いやーでもこの上映時間であることはむしろ長所。
ただ長くて中身のない映画よりもはるかに価値があると言い切れます。

「ポテチ」という、観る前は絶対にわけのわからないタイトルですが、この意味はしっかりあります。
脚本は本当に気が利いていて、何気ない台詞にもしっかり意味があります。

それでいて、この映画はコンプレックスを持っている人間への応援歌でもあります

空き巣に身を落とした主人公と、人気プロ野球選手という2人の登場人物。
この2人が、どう関わるのかー
その顛末は、きっと感動を呼ぶはずです。

全てが洗練された1時間は、本当に観なければ損だ!超オススメです!
エンドロール後にも1シーンあるので、お見逃しなく。

以下は序盤のシーンと、何気ないシーンがちょっとだけネタバレ↓
結末や「秘密」については書いていないので、未見でも大丈夫とは思います。



空き巣の主人公は、野球選手の部屋にかかってきた電話を聞いて、「前にもこんなことがあったなあ」と回想をはじめます。

その回想シーンでかかってきた電話は、なんと「私をだましやがって!これから飛び降りて死んでやるから!」というものでした。
心優しい(?)主人公は自殺をやめさせるために「これから行くよ、キリンに乗って!」と言います。

ポテチ1

「キリンだよ~仙台のビルにキリン、俺なら観てから死ぬねー!」とアピール。
それで、現場に行くと・・・

ポテチ2

当然、彼女は「乗ってないじゃん、つーかあんた誰!?ぶっ飛ばすよ!」と反撃

主人公は
「ぶっとばす元気があるなら死ななくていいでしょう」
「死んじゃいけないその理由その1:気分が悪い、俺が!
などと、そりゃねーだろ的な説得を試みます。
さらに今村はいきなり「僕の専務(上司)はもと球児だったんだ、もし飛び降りるなら、君を受け止める!」と言います。

ポテチ3<もと球児の専務は・・・

ポテチ4<10階のビルの屋上にいる彼女のために、手を広げる!

さらに主人公は「専務は一度もフライを取ったことがなかったんだ!それで、野球をやめちゃった!」と言う!

ポテチ5

「でもそれも今日で終わりだ、君を受け止める!」とつきつける!


すごいよね。
本当よくこんな話の展開、自殺の説得方法を思いついたものです。
(ちなみにこの専務役をつとめたのは中村義洋監督だったりする)
この説得の顛末は、是非映画を観て確認してください。




主人公がプロ野球選手のことを悪く言われて怒るシーンがある。
主人公が母親に野球選手のことをアピールするシーンがある。
主人公の彼女が野球に興味ないようなそぶりをするシーンがある。
主人公の上司が「俺は人の気持ちがわからない」というシーンがある。
そして、主人公が「ポテチ」を食べるシーンがある・・・

こう書くとそれぞれなんでもないシーンなんだけど、見終わるとこれらシーンが感慨深いものがあるんだよなあ・・・恐れ入りました。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-10-31 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。