ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

え?まだやるの?「パラノーマル・アクティビティ4」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はパラノーマル・アクティビティ4です。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:ずいぶんおとなしくなっちゃたね・・・


あらすじ


「2」の超常現象から5年たった2011年11月。
15歳の少女・アレックスの家の庭に、ロビーという男の子が忍び込んでいた。
ほどなくしてロビーの母親が入院してしまい、アレックスとその家族は、しばらくロビーを預かることになるのだが・・・




コストパフォーマンスの良すぎる稼ぎ方をしたために、ついに4作(日本版含めれば5作)目まで作られやがったホラーシリーズです。

今までは「1」「」「」と続くごとに作中の時間軸は巻き戻っていきましたが、本作は「2」の直接の後日談となる内容です。
いままでの「おどかしホラー」だけでなく、「2」でどこかに行ってしまった女性・ケイティと赤ちゃん・ハンターはどうしたのか?というミステリー(というほどのものでもないけど)要素が含まれているのです。

さて、本作の感想をかいつまんで言うと・・・絵に描いたような可もなく不可もなく、期待を裏切らない程度には楽しめても期待を超えるものはない、という中途半端な印象でした。

ド派手になった「3」とは違い、本作は演出がおとなしめの「1」「2」に近い印象になっています。
それはそれでじわっとした怖さがあっていいのだけど・・・残念ながら本作のアイディアは新鮮味が薄いものでした。
サービス満点、アイディア満載の「3」に比べると、どうしても物足りなさを覚えます。

シリーズの個人的順位は
「3」=「日本版第2章」>「1」>>「4」>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>「2」
という感じです。

このシリーズを追いかけてきた人たちもそろそろ飽きがくるころだろうし、シリーズ継続のためにはもっと大胆な改革が必要なのではないでしょうか。
「5」では、驚ける仕掛けがあることを期待しています。

あと、本作の主人公であるアレックス(キャサリン・ニュートン)が死ぬほど可愛いです。

キャサリン・ニュートン<(*≧з≦)か(*≧д≦)わ(*≧皿≦)いぃ♪

彼女が彼氏といちゃつくシーンでは「俺に代われ」と言いたくなること必死。
美少女が怖がる姿を観たい方も是非どうぞ。

つまらなくはないので、ほどほどに恐がれるホラーとしてそこそこおすすめします。
エンドロール後にも1シーンあるので、お見逃しくなく。

以下、ネタバレです 展開を書き連ねた上に、結末に思い切りふれています↓
「2」のラストシーンのネタバレもあります。















主要登場人物はこんな感じです

・アレックス:15歳。可愛い。
・ベン:アレックスの彼氏。チャラい。
・ワイエット:アレックスの6歳の弟。茶髪。
・ロビー:隣に住んでいる男の子。ワイエットと同じく6歳。金髪
・パパ(ネルソンさん):変なものが映っているビデオを観て「よくできているなあ」などと言う、典型的な「信じない人」。
・ママ:美人さん。

以下、展開です。


・ハンター(赤ちゃん)は、ケイティ伯母さんからプレゼントとしてネックレスをもらう
このネックレスが以降いっさい触れられず、なんの伏線でもなかったのは残念だね。

・「2」のラストシーン。ケイティがハンターをさらっていく


・場面転換して、新たな家族の描写へ。「2」から5年たった2011年11月。ネバダ州。弟の「ワイエット」がサッカーしている風景を、姉の「アレックス」が撮っている。

・アレックスの彼氏の「ベン」登場。アレックスとベンが庭にある倉庫(見た目はアスレチック)に行くと、そこには「ロビー」という男の子がいた。

・夜に救急車の音が聞こえる。ロビーのお母さんが入院してしまったそうで、ほかに身寄りがないロビーを預かることになる。
ロビーのお母さんが入院した理由は全く不明。

・ベンとアレックスは、パソコンのビデオチャットでいちゃいちゃ。アレックスの後ろを「男の子の影」が通る
これがワイエットか、ロビーか、それともほかの「誰か」なのかは不明。

・ベンはビデオチャット中、録画していることをアレックスにバラす。
ベンは「パソコンが勝手に録画するのが悪いんだぜ?」と言い訳。さらに「おならの音が聞こえたなあ」と茶化す。別れてしまえ。


・ベンは1階で「暗視カメラ」を使う。
1階では、プレイヤーの動きを感じ取り、それをあやつって遊ぶゲーム「キネクト」が起動しており、暗視カメラを使うとキネクトから出たセンサーが光点となって見えている。
これが今回新機軸のアイディアなんだけど、最終的に全く生かされていなかったのは残念。

・暗視カメラの前で、ベン、アレックス、ワイエットは「ダンスパーティー」をするけど、何故かロビーは踊らない。


・<第1夜>1階のキネクトの部屋で、何かが空中を素早く通る
この映像を観てもパパは信じません。

・お昼、アレックスは「ジュディ(たぶん友達)はフェイスブックで『アヒル口』を自慢しているのよ!」と、ベンとのビデオチャットで言う。
アヒル口って日本だけで流行ってるのかと思ってた。

・アレックスとベンのチャット中、電波がなぜか悪くなる。

・アレックスがいきなり引きずられる!しかし引きずったやつの正体はベンでした
チャットは近くでやってたんかい。


・<第3夜>夜中に猫が横切る
以降、この猫はたびたび登場しますが、いっさい意味はありません

・ロビーはワイエットを起こし、1階へ誘導。ママが気づいて、2人はベッドに戻る。

・お昼、1階の物音に気づいてアレックスが1階に行くと、シャンデリアが揺れていた。もうひとつのシャンデリアがアレックスの目の前で落ちる
けっこう殺しにかかっているな。
ちなみに「おもちゃの鉄道が動く」というどうでもいい脅かし方もありました。


・<第6夜>おとなりのロビーの家に、深夜2時すぎにもかかわらず人が集まっていた

・アレックスがおそるおそる中を覗こうとすると、門のすぐ横に見知らぬおばちゃんがいた。おばちゃん「ご用は?」
アレックスはビビって「家を間違えました!」と言い訳して逃げる。それは無理あるぞ。

・お昼、ワイエットが一階でおもちゃの(乗って遊ぶ)車で遊んでいると、イスが急に後ろにスライドして行く手を阻む
子どもにはおどかし方が優しいね。

・ワイエットが車から降りた後、車も後ろに動く。ワイエット「格好いい!(cool!)」
どこがクールなんかはわからんけど。

・ロビーはワイエットに「太陽は恒星なんだよ」などと知識を披露。さらに「『彼』に会いたい?」と聞く。

・ロビーは、なぜかワイエットの体に落書きをする。

・ロビーはベンに向かって「『彼』はあなたを嫌っている」と言う
この時点でベンは死ぬこと確定したようなもんですね。


・<第7夜>ワイエットが1階のキネクトの部屋に降りてくる。

・ワイエットは「みんな眠っている」などと、『彼』に教える。

・お昼、アレックスはビデオを観て、砂場にも、ロビーがアレックスの体に描いた「三角形に丸」のマークがあったことに気づく。
これは「豊饒(ほうじょう)の印」というものらしいです。「3」でもこのマークがありましたね。

・印の逸話に「血を捧げる」という項目があったので、ベンは「処女が必要ってこと?」とアレックスに聞く。
以下こんな会話
アレックス:「あなたも童貞でしょ」
ベン:「違うよ、3回ある、4人とやったよ。アレックス、君の処女をもらってやろうか?サクッと」
アレックス:「けっこうよ」
・・・数が合わないんですけど・・・ベンは3Pでもしたんでしょうか。
(注)3Pの意味がわからない方へ。わからないままでいいです。


・ママがパソコンを観ながら料理を作っている。ワイエットが「ぬいぐるみ見なかった?」と言い、それに答えるために2階へ声をかけに行くママ。そのとき、ママが使っていたナイフが天井へ高速移動する。
以降、ナイフは天井に張り付いたままです(画面では見えないけど)。

・アレックスは、ロビーとワイエットが向かいにある空き家(?)に行くのを見る。
追いかけようとするアレックスは、プリウスにひかれそうになる
このときのアレックスは「Fu〇〇ing Prius!」と言っている。でも字幕では「何よハイブリッド車!」でした。さすがに車の名前は書けないか。
そういえば、キネクトも「新しいゲーム」と訳されていました。

・空き家はそこらじゅうにシーツがかかっている。なぜか錠前がかけられた扉もあった。ワイエットとロビーはベッドで遊んでいた。ロビーの若いお母さんもそこにいた。
アレックスは家に帰ってから「ロビーのお母さん、病気なんかしてなかったみたい」と言う。


・<第9夜>お父さんが一階でくつろいでいると、お母さんが料理のときに見ていたパソコンがいきなりつく。
そこの天井にはナイフが・・・

・お父さんはパソコンに異常がないように思うけど・・・その上空を何かが通る。お父さんがパソコンから離れると、ナイフがどすんと落ちてくる
パパ、セーフ。

・お昼、ワイエットが「ロビーも僕も養子なんだよ」と言う。
なぜかロビーは、ワイエットが言ってないにも関わらず、養子であることを知っていたらしい。

・さらにワイエットは「もうひとつの家族に戻れって」と言う。


・<第16夜>ワイエットは再び1階のキネクトの部屋へ

・ワイエットは「知らないよ」「僕の名前はハンターじゃない!」と何度も言う。ワイエットの背後には、キネクトの光で照らされた子どもらしき影が動く・・・
ワイエット=成長したハンターでした。

・お昼、アレックスは倉庫にいるワイエットとロビーを見かけ、そこに行くけど・・・中にはワイエットしかいなかった。
これ以降、一切ロビーが出てこないのが不気味。

・ワイエットは「準備ができたんだって、僕の番だって」と言う。

・ワイエットはママにつれられて泡のお風呂に入る。ワイエットはいきなり湯船に引きずり込まれる
窒息しちゃう・・・

・しばらくして、ワイエットはゆっくりと起きあがる


・<第11夜>ママは、最近眠れない娘のアレックスのために睡眠薬を飲ませていた。おかげでアレックスはぐっすり眠っている。
パパは「なんてことを、処方薬じゃないぞ!あの子はまだ15歳なのに、自分の薬をあげるなんて!」とママを責める。
パパが正しいね。

・アレックスの部屋に、ワイエットが現れる。アレックスの毛布がいきなり取れる。アレックスの体が浮き上がる・・・
ママのせいで、アレックスは起きません。

・アレックスは無事だった。お昼、アレックスは、ワイエットの部屋に「HUNTER」と描いてあるのを見る。


・<第12夜>ケイティが一階のキッチンへ。1階のキネクトがある部屋のソファには、見知らぬ女性が座っていて、アレックスに気づかれることなく2階にあがる

・気配を感じ取って、ワイエットはクローゼットに隠れる。

・女性は「ケイティ」だった。ケイティは、クローゼットにいるワイエットに「準備ができたわ」と言っている。
普通にケイティがしゃべるので驚いた。どうせならもっと怖い声にしたらよかったのに。

・アレックスはベンとチャットをしている途中、車庫があいたことに気づく

・アレックスが車庫に行くと、シャッターが中途半端に開いていた

・アレックスはベンとのチャットを終了・・・しかし、そこでまた車庫が開いたことに気づく

・アレックスは車庫に閉じこめられ、車のエンジンが勝手に作動する。エンジンの排気ガスが車庫に充満し、息ができないアレックス!

・アレックスは車の窓を割り、車を後ろに発進させて脱出!

・翌日、アレックスは両親に説明するが、両親は信じない。
娘を信じてやれよ・・・


・お昼、ママがキネクトがある部屋の本が落ちたことに気づく

・それを取ろうとしたママは思い切り空中に引きずられる!落とされる!さらに扉に引きずられ、証拠隠滅される。


・そこにベンがやってくる。ベンは勝手に冷蔵庫をあさっている
人ん家だぞ。だいたいこのシリーズの男どもはモラルが欠如しているね。

・ベンはケイティのパソコンをいじろうとする。ベンが少し体を動かすと、背後10cmの位置にケイティが立っている!
すげー至近距離だったので笑いました。

ケイティは後ろからベンの首をコキっと捻る
またかよ!この女ターミネーターはほかの殺しかたを知らんようです。


・アレックスが帰宅、ベンに電話をかけると、すぐそばで着信音が・・・

・アレックスがそっちに向かうと、アレックスは前に引きずられた上に、後ろにぶっ飛ばされる

・アレックスは道に出て、車に止まってくれと叫ぶが、止まらない。向かいの空き家に逃げる
なぜそこに逃げるよ・・・


・アレックスが空き家に入ると、中でパパが引きずられていた
引きずられるパパを追いかけます。

・パパが見えなくなると、ワイエットが呼ぶ声が聞こえる

・窓に行こうとするけど、そこには一面に新聞の記事が貼られていた。
内容は「2」の事件かな。

・アレックスが後ろを振り向くと、女性の人影がすっと部屋に入ってきて、立っていた!
どう見てもケイティです。

ケイティがこの世のものとは思えない形相になり、猛ダッシュしてくる!

・窓から逃げたアレックス。そこにはワイエットがいた。
後ろには謎の白い像がある。

・目線を上げると、そこには大量のおばちゃん集団がいた
ざっと数えて30人はいた。多すぎ。

・さらに後ろに振り向くと、もはや人間の顔ではないケイティがいた!アレックスは襲われる。





・・・と思いきや、まだありました。

タイ、もしくはインドのような国のお店→メキシコらしい。
英語ではない言語が聞こえる→スペイン語らしいです
男性が雑貨店で、キリストが磔(はりつけ)にされている小物を見たりする。
最後はお店のおばちゃんから何故か逃げようとする。




(°Д°)ハァ??

ごめん、この最後のシーンの意味がさっぱりわかりません
おそらく続編の舞台をチョイ見せしただけなんでしょうけど、頭に「?」しか出てこないシーンだよ・・・


観終わったあとで気になったことは以下

・ロビーは結局何者だったのか。
アレックスは終盤、倉庫でロビーとワイエットを見かけたけど、近づくとロビーはいなくなっていました。
そのときにワイエットは「次はぼくの番」と言うのです。
ロビーは、養子にされたワイエット(ハンター)を、『連れてくる』ために遣わされたのかもしれませんね。
ロビーが消えたのは、役目を終えたからからなのかもしれません。

・ケイティは5年間もどこにいたの?
『おばちゃん集団』と一緒ににいたのかなあ・・・いずれにしても、しれっと不法侵入して気づかれないのが怖い。

・後半に登場人物が全くビデオの内容を見なくなった。
パソコンの調子が悪くなったという理由はあるんだけど、少し違和感がありますね。

・アレックスはノートパソコンを持ったまま移動しまくる。
今はスマートフォンでもチャット出来るのにね。


しかし、「なんであんなに怖いことが起こっているのに寝れるんだよ!」というツッコミどころを「睡眠薬飲んでいたから」と解決するとは思いもよりませんでした。

とりあえずこのシリーズで一番やっかいなのは、ちっとも家族のことを信じようとしない両親ということで。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-11-01 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 2
Pagetop
中途半端トンデモ歴史絵巻「リンカーン / 秘密の書」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー «  ホーム  » 最高に意味のある68分 映画「ポテチ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【え?まだやるの?「パ】
今日の映画感想は「パラノーマル・アクティビティ4」です。個人的お気に入り度:5/10一言感想:ずいぶ
2012-11-04 05:12 : まっとめBLOG速報
まとめ【え?まだやるの?「パ】
今日の映画感想は「パラノーマル・アクティビティ4」です。個人的お気に入り度:5/10一言感想:ずいぶ
2012-11-04 05:12 : まっとめBLOG速報
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。