ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

中途半端トンデモ歴史絵巻「リンカーン / 秘密の書」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はリンカーン / 秘密の書(原題:Abraham Lincoln:Vampaire Hunter)です。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:きわめてフツーなハリウッド式B級映画


あらすじ


エイブラハム・リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、かつて母親を殺した相手がヴァンパイアであることを知る。
復讐に燃えるリンカーンだったが、失敗し、ヴァンパイア・ハンターのヘンリー・スタージス(ドミニク・クーパー)の指導のもとで修行する。
ヘンリーはヴァンパイア・ハンターとして生きるのなら、家族や恋人は絶対に持つなと助言する。
昼は弁護士になるための勉強と店番、夜はヴァンパイアを狩る生活をするリンカーンの前にトッド(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)という美しい女性が現れる。
一方、南部のヴァンパイア一味は、仲間を狩るリンカーンに目をつけ、「舞踏会」に招待しようと企むのだが・・・




「実在の超有名な大統領が、実はヴァンパイアハンターだったら楽しくね?」という大変頭のよろしい発想をされたアクション・ファンタジー作品です。

監督は、「弾丸が曲がったら超格好良くね?」という中二病をお患いになられた方をピンポイントでねらい打った作品「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフです。

ジェームズ・マカヴォイ
1409円
powered by yasuikamo

「ぼくがかんがえたかっこういい設定」を具現化しまくった世界観はそれだけで楽しいもの。
こういう監督が好き勝手やっている映画は大好きです。


本作の魅力のひとつが、「リンカーン大統領の歴史の影に、ヴァンパイアとの戦いが存在していた」という設定です。
ヴァンパイアとの戦いは荒唐無稽なものですが、時折リンカーンが実際に行った政策やエピソードが語られるので、南北戦争が起こったときの時代背景を知っているとより楽しめるでしょう。

「忙しいはずのリンカーンが夜にヴァンパイアを狩っている」と聞くと、あんたそんなことやってる場合じゃないでしょと言いたくなるところですが、本作はちゃんとこの理由付けをしています。

なにせ黒人の奴隷=ヴァンパイアたちの食料となっているのですから、リンカーンが(自身の復讐のためだけでなく)ヴァンパイアを倒すことに合理性があるのです。
設定はトンデモながら、大筋は納得ができるように構成されているのは見事でした。

ちなみに原作となる小説も存在しています。

セス・グレアム=スミス
1050円
powered by yasuikamo

小説は「リンカーンの本物の日記を入手した作者が、それを元にして書いた」という設定ですが、映画ではリンカーン自身が自分のトンデモな生涯を語るという構成になっています。
日本版のサブタイトルに「秘密の書」とあるのは、この日記を指したものなのでしょうね。


もうひとつの魅力が、言わずもがなアクション描写です。
リンカーンが斧を振り回し、ヴァンパイアが飛び跳ね、スローをふんだんに使ったアクションは魅力たっぷりです。
3Dも効果的で、中盤のとある格闘シーンは3Dがあってこそ映えるものでした。
ちょっと暗い画が多いのは玉にキズだったけれどね。


しかし・・・設定はそこそこ練られているとはいえ、お話のほうははっきり言って面白くありません。
敵の魅力のなさや、盛り上がりのなさがかなり気になるし、「ウォンテッド」のような突き抜けた楽しさは感じません。
ツッコミどころも満載なので、物語の整合性を気にする人は素直に回れ右です。

+3D料金のことを考えると割高感は否めませんが、「お金をかけたB級アクション映画」を期待すると十分楽しめますよ。

以下、ネタバレです 展開と結末に触れまくっているので、鑑賞後にどうぞ↓















~ヘンリーのキャラクターがちょっと・・・~

リンカーンにヴァンパイアの倒し方を教えていたヘンリーですが・・・中盤でヘンリー自身もヴァンパイアだったことが語られます。
ヘンリーはヴァンパイアの首領のアダムに、恋人を殺されたばかりか、自分もヴァンパイアにされてしまっていたのでした。
さらにヘンリーはヴァンパイアにされたがために、ヴァンパイアを「殺せない」ようにされてしまいます。

序盤でヘンリーが「日焼け止め」を塗っていたのは、ヴァンパイアが日の光に弱いため。
リンカーンにはじめにかたきを討たせずに多くのヴァンパイアを殺させたのは、ヘンリー自身が倒すことができないためなのでしょう。

それはいいのだけど・・・以下のツッコミどころが生まれてしまっています。

・ヴァンパイアはヴァンパイアを殺せないという設定なのに、序盤でヘンリーはリンカーンのかたきを思い切り倒そうとしている
「殺せない」けど「触れることはできる」と納得するしかないです。

・最愛の女性が殺されたのに、ヘンリーは湯船で女性といちゃいちゃしていた
ぜんぜん同情できないぜ。

しかもヘンリーは後半ではちっとも活躍せずに、単なる傍観者となる始末。
演じているドミニク・クーパーは魅力抜群でしたが、その演じたキャラクターはちょっと魅力薄です。


~作中のアクションシーン~

・斧で木をぶった切るリンカーン
はじめに母のかたきと対峙したリンカーンは、銃で狙おうとしますが、弾を落としたりして大失敗。
銃と相性が悪いと思ったリーンカーンは斧を武器とすることを決め、ヘンリーに「これ(木)をかたきだと思ってぶった切れ」と言われるのですが・・・なかなかうまくいきません。
そして、何度目かで、「怒りを込めて」木を切ることに成功します。
リンカーン:おので
ヘンリーは「木が切れたのは怒りではない、真実からだ」と言います。
リンカーンとヘンリーのそれぞれの信条が見える、好きなシーンです。

・ほこりで見えない敵を見つける
驚いたのが、ほこり(木のくず)を、姿を消す能力を持つヴァンパイアにぶつけ、見つけるシーンです。
ここでほこりがヴァンパイアの形にかわります。
作中でしょっちゅう3Dで舞っていた「ほこり」を十分に生かしたアイディアでした。

・VS母のかたき「ジャック」
なんと多くの馬が走っているさなか、リンカーンとジャックが戦います。
ジャックは馬の上を次々に飛び渡る!
ジャックは馬をぶん投げる!
崖に落ちそうになるがぎりぎりのところでふんばる!
リンカーン:頑張るね<この後落ちるけど
リンカーンも斧で応戦し、最後は斧の底に備えていたショットガンをぶっ放して勝利!
これは格好良かった!

・VS南部の舞踏会にいたヴァンパイア
今までは暖色だった画が、戦う時だけ青を基調とした無機質な画に変わります。
この転換と、敵の女ヴァンパイアのサマーソルトキックが格好良かったですね。
リンカーン:サマーソルト<見事に決まっています。
この後女ヴァンパイアが椅子に乗ってリンカーンを下敷きにするシーンはドMな方なら歓喜しそうです。

・列車の上での戦い:ウィル(黒人の親友)とリンカーンの共闘
ウィルとリンカーンはお互いに背を向け、一本の斧を受け渡しながらヴァンパイアを撃退する!
本作でもっとも格好いいアクションでした。できればウィルとともに修行するシーンなど、伏線があればよりよかったですね。


~実在の登場人物~

ヴァンパイア一味、「ヘンリー」あたりは架空の人物でしたが、リンカーンと以下の人物は実在しています。

メアリー・トッド・リンカーン
映画では奥ゆかしい女性として描かれていましたが、実際はヒステリックで浪費家だったそうです。
映画でも、子どもを亡くしたときには性格が変わったように、夫を責めてしまいました。
子どもを若くして亡くしたのも、事実だったようです。

スティーブン・ダグラス
「小さな巨人」と呼ばれ、リンカーンと奴隷制度について真っ向から激突したことで有名ですね。
しかし映画では顔見せ程度で残念。奴隷制度に関する戦いを、もう少し見たかった気もします。

ロバート・E・O・スピードワゴンジョシュア・フライ・スピード
雑貨屋を共同経営していたのは事実なのですね。
寝食を共にしている仲だったそうです。

ウィリアム・H・ジョンソン
黒人の友人・ウィルです。

ハリエット・タブマン
黒人の解放運動をしていた女性です。


~ゲティスバーグの戦い~

本作はあくまでVSヴァンパイアというアクションを主軸としたものなので、リンカーンの政治に関することがらがおろそかになってしまうのは仕方がないところがあります。
でも、もう少し大統領になる過程を細やかに描いて欲しかった、というのが本音です。

それでも面白かったのは、ゲティスバーグの戦いの敵がヴァンパイア軍団であり、リンカーンはそれに対抗するために国中の銀(ヴァンパイアの弱点)を集めたという設定。
銀の部分も含めてフィクションですが、大胆な解釈にはおそれ要りました。
リンカーンが「スピード」を「裏切らせたかのように見せかけ」、敵を列車におびき寄せる展開も好きです。


~クライマックス~

「ヴァンパイアをおびき寄せるためのおとり」として使われた列車は焼け落ちた橋から落下し、リンカーン、スピード、ウィル、ヘンリーは命辛々橋にとどまります。
最後はアダムが「銀はどこにある!」とリンカーンに聞き、リンカーンが「ここにある!」と言い、銀製の鎖をつけた拳で殴って勝利。あっけねえ!
*ヘンリーが渡していた懐中時計の鎖をとっさにまきつけていたようです

北部の人間たちのキャンプに潜り込み、ヒロインにアタックする女ヴァンパイアにも失笑しました。
なんでそっちを攻撃するんですか。やけくそにしか思えません。

ヒロインが、殺された息子が持っていたおもちゃの剣を弾の先に込め、それで攻撃するのはよかったです。銃が暴発しちゃいそうですけどね。
*ライフルのガス圧は凄まじく、多少の詰め物をしても問題ないとのご指摘を受けました。


~ラスト~

リンカーンがお芝居を観ている最中に暗殺されたのは有名な話。
映画ではそれを映さず、彼の登場シーンは妻トッドとともにお芝居を観に向かうところで終わります。


ラストは、現代のシーンでした。
スマートフォンを持っている若者に、ヘンリーがリンカーンと同じことばをかけ、若者がリンカーンと同じく銃を落としたところで、幕を閉じます。

リンカーンは、ヘンリーに「永遠の命を与えてやりたいよ」と言われて、「永遠に生きるのはヴァンパイアだけじゃないさ」と返していました。

リンカーンはナレーションで「歴史は人間よりも伝説を好む」などと語っていましたが、実際はリンカーンは一人の英雄として、人々の記憶に残っていると思います。
永遠に生きるのは、人間が作った歴史と、人々の記憶にも当てはまるのです。

しかし・・・現代でもヴァンパイアがはびこっており、人々を脅かしていることを示すラストは、この上ない皮肉に満ちていると思います。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-11-03 : 映画感想 : コメント : 9 : トラックバック : 3
Pagetop
暗殺を教わっている先生を暗殺で葬れ!漫画「暗殺教室」レビュー «  ホーム  » え?まだやるの?「パラノーマル・アクティビティ4」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【中途半端トンデモ歴史】
今日の映画感想は「リンカーン / 秘密の書」(原題:Abraham Lincoln:Vampaire Hunter)です。個人的お気
2012-11-04 05:12 : まっとめBLOG速報
まとめ【中途半端トンデモ歴史】
今日の映画感想は「リンカーン / 秘密の書」(原題:Abraham Lincoln:Vampaire Hunter)です。個人的お気
2012-11-04 05:12 : まっとめBLOG速報
リンカーン
2012年に公開された、スティーブンスピルバーグ監督作品の『リンカーン』ですが、鑑賞する前はアメリカの奴隷解放宣言や民主政治などについて、興味がありました。 主演のダニエ
2013-06-08 15:51 : 優雅な一時、休日すき間時間の映画レビュー
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
T.バートンが監督かと思うほど、あの理髪店の映画を思い出しました。
形を変えた、カンフー映画の趣を感じました。
物語の設定は荒っぽくて、ドウショウモなかったと思いました。
取り分け、真昼間、堂々と日焼け止めがあれば行動できるバンパイア一味の設定は、無敵なはずなのに、どうして人間世界を悩まずに征服できなかったのか?です。
予告編では、もう一つのリンカーン映画。
今年は、リンカーンがブームなのかしら?
2012-11-03 20:23 : sakura URL : 編集
個人的にはバカバカしくも面白かったです。
斧に仕込んだ銃とか超好み(笑)>銀のメリケンサック

銀の懐中時計の鎖では?
作中に何度も登場していて、メッセージも書いてましたよ。

>銃に銀のおもちゃ

よく勘違いしているかたが多いですけど、ライフルに多少の詰め物をしても暴発しません。
ライフルのガス圧は凄まじく、小口径の拳銃弾や埃まみれの整備不良の銃。などでもない限りまず壊れません。
ちなみにソースはハワイで講習を受けた時のインストラクター(笑)
2012-11-04 15:45 : 名無し URL : 編集
Re: タイトルなし
>sakuraさん
確かに荒っぽい設定でした。嫌いじゃないですが。
今年はその「リンカーン」のほかにも、「リンカーン弁護士」という映画も公開されていましたね。


>名無しさん

銀のメリケンサック
> 銀の懐中時計の鎖では?
> 作中に何度も登場していて、メッセージも書いてましたよ。

なるほど!
あれを流用して作ったのかもしれませんね。


> >銃に銀のおもちゃ
> よく勘違いしているかたが多いですけど、ライフルに多少の詰め物をしても暴発しません。
> ライフルのガス圧は凄まじく、小口径の拳銃弾や埃まみれの整備不良の銃。などでもない限りまず壊れません

そうなのですか!追記しておきます。
ご指摘感syです。
2012-11-04 16:14 : ヒナタカ URL : 編集
黒人をかくまったり、メアリーに協力していたタブマン夫人も実在ですね。奴隷を南部から逃がす運動をしていた黒人活動家です。
2012-11-09 14:30 : URL : 編集
Re: タイトルなし
ヴァンパイア主催の舞踏会のあとに出てきた人物ですね。
情報感謝です。
2012-11-10 00:38 : ヒナタカ URL : 編集
No title
メリケンサックじゃなくて懐中時計のチェーンをとっさにまきつけてましたよ。
2013-04-02 13:04 : URL : 編集
Re: No title
> メリケンサックじゃなくて懐中時計のチェーンをとっさにまきつけてましたよ。

ご指摘感謝です。訂正します。
2013-04-02 16:58 : ヒナタカ URL : 編集
No title
感想拝読しました。
内容はめちゃ荒削り、雑なストーリー展開。でも南北戦争や奴隷制度について深く掘り下げると、時間も長くなり焦点ぼやけ、どうしようもない映画になったでしょう、きっと。設定がトンデモなだけに、ちょっと不満が出るくらいのこれくらいが、いい落としどころのような気もします。

CGやすっぽいよね・・・。馬のシーンとか・・・・。
2013-05-14 13:30 : オッぱっぴー URL : 編集
Re: No title
荒削りで安っぽくてライトなノリは自分は嫌いじゃないですね。
最近の映画「リンカーン」は反対にガッチガッチでした。その間くらいが好きです。
2013-05-14 22:22 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。