ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

暗殺を教わっている先生を暗殺で葬れ!漫画「暗殺教室」レビュー

「三年B組金八先生」「GTO」「ごくせん」「悪の教典」「チップス先生さようなら」「鬼教師ミセス・ティングル」・・
いままでいろいろな「教師もの」の作品が世に登場し、人気を博してきました。

そして天下の「少年ジャンプ」誌上で新たな教師ものがはじまりました。
今日は漫画「暗殺教室」をご紹介します。

松井 優征
420円
powered by yasuikamo

・・・まあ、すごいよね。タイトルもすごいけど、この1巻の表紙はもっとすごいよね
まっ黄色な表紙に点の目と笑った歯があるだけ。
超手抜きに見えるところですが、書店では目を引きまくるので大成功と言えるのではないでしょうか。

中身が想像できないと思うので、早速紹介しましょう。

漫画は教室の朝のホームルームからはじまるのですが・・

暗殺教室1

生徒たちはどこか緊張し、心中穏やかではない様子。

教師はこんな感じです。

暗殺教室2

人間じゃありませんでした

↓以下ちょっとだけネタバレ注意




号令はこんな感じ。

起立<起立!(一斉に銃を構えながら)

気をつけ<気をつけ!(狙いを定めながら)

令<令!(発砲しながら)


なんだこの漫画


そう、タイトルにある「暗殺」の相手とはこの先生のことであり、教室はそれを教える場なのです。
言っている意味がわからないかもしれませんが、読んでいみると一層その破天荒な設定に驚かされることでしょう。

先生は見てのとおり人間じゃありません。化物です。
それどころか、生徒たちの自己紹介の時に「来年の春に地球をぶっ壊す」とかほざいています。

暗殺教室3<見せしめに月を爆破した犯人です、よろしく!

暗殺教室4<ツッコミどころありすぎだろ!

ツッコミどころ
・お前何者やねん
・どうやって月を壊したねん
・なんで地球壊そうとするねん
・なんでここに教師として来て、担任になるねん
・ていうかお前人間じゃねーだろ
・ただの中学生たちにお前の暗殺をまかせるってどういうこと?

さらにこいつはマッハ20のスピードを出し、すさまじい再生能力をも有しているので、殺すのはもはや無理ゲーなのです。
それでも中学生たちは地球の存亡(と成功報酬の100億円)をかけ、この通称「殺(ころ)せんせー」に教わりながら先生をぶっ殺そうとします。狂っているね。

そんな狂気が垣間見えるシーンをひとつ紹介しましょう。

暗殺教室5<生徒たちが心を開いてくれている!

ああ、金八先生にありそうな心あたたまるシーン・・・なわけがありません。

暗殺教室6<こんなにも殺気立って!!(ナイフを持った生徒たちを見ながら)

・・・そんなわけで全然普通の「教師もの」なんかじゃなかったのでした。


でも本当面白い。
これだけぶっ飛んでいる設定を見事に成立させているし、出落ちで終わらせず各エピソードがきちんと面白く仕上がっています。


「暗殺」と聞いて、インモラルな子どもに見せたくない漫画だと思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。
「教育」ということにも、しっかり突っ込んでいます。
たとえば、この物語の生徒たちがいるのは「E組」という、成績が悪いものたちを隔離し、不当な扱いをされている場所なのです。

暗殺教室7

そのほかの生徒たちはE組のものを嘲笑し、蔑む。
それは、かつてはびこっていた差別を思い出させるものです。

そして、殺せんせーは、そんな中でも生徒に温かい目を注ぎ、教育しています。

暗殺教室8

これは国語が苦手な生徒に対して、自身へ毒を盛る方法を考えることこそが国語の理解につながると諭すシーン。
いろんな意味で間違っている気がしないでもないですが、実践を通して生徒にあるべきことを教えることは、理想の教え方ではないのでしょうか。

ほかにも殺せんせーはやたらと(暗殺以外でも)教え方が上手く、暗殺対象にもかかわらず生徒の信頼を得ているのです。

あとこの殺せんせー、ちょっと間が抜けていて可愛いんですよね。

暗殺教室問題<生徒にお茶目な問題を出したつもりだけど、酷評される先生

読んだあとは殺せんせーを好きにならざるを得ないはず。
ちょっとE組の生徒が羨ましく思えるくらいです。


そんなわけで斬新すぎる教師像を描いた「暗殺教室」は大プッシュでおすすめの漫画です。
暗殺者となるものたちの個性も豊かで飽きさせませんし、ギャグも秀逸、続きが読みたくなって仕方がない面白さがあります。

作者の前作「魔人探偵脳噛ネウロ」は読む人を選ぶ作品でしたが、本作はより万人向けだと思います。
単行本にはキャラクターのプロフィールをはじめとしたおまけも充実している(カバーを外したところにもおまけあり)ので、雑誌で読んだ方も購入する価値がありますよ。

最後に、単行本のまえがきにある作者のことばを紹介しましょう。

暗殺教室作者のことば

『殺す』ということは、頻繁に口にされるも最も実際に実行されない意思表示・・・
確かにその通りでしょう。
実際に『殺す』ことを目標とする少年少女がどのように成長し、この物語がどんな顛末をたどるのか、楽しみに待とうと思います。

こちらで試し読みができます↓
【2話無料】ジャンプの暗殺教室・ネウロが読める!!‐ニコニコインフォ

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

2012-11-04 : いろいろコラム : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

確かに面白いですよね。ぶっ飛んだ設定なんですが、不思議と笑いながら読めます。
ジャンプでしか読んでなかったのですが、このレビューを読み、単行本が欲しくなりました(笑)
2012-11-04 16:12 : 名無し URL : 編集
教師ものの定義って何だろう…。
何この『逆・悪の教典』は。
(映画ネタで振ってみた)


というか、ジャンプなんですね。
同じ中学にマフィアファミリーが何人もいるマンガ(しかもあちらも「家庭教師もの」)と同じ掲載誌なので何の問題も無かった。
2012-11-04 19:37 : シオンソルト URL : 編集
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
ジャンプネタをもうひとつ。

> 言っている意味がわからないかもしれませんが

[��篏�]…俺も何を言われたのかわからなかった。
頭がどうにかなりそうだった。
キン肉マンだとかテニスの王子様だとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっとトンデモなものの片鱗を味わったぜ…。[/��篏�]
2012-11-04 21:58 : シオンソルト URL : 編集
Re: あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
>名無しさん

単行本の殺せんせーのプロフィールは笑えますよ。


>シオンソルトさん

そういややってましたね、家庭教師なんたらという漫画が。
あれはほのぼのコメディだったころは好きでした・・・(過去形)

あとそのジョジョネタは使おうかどうか迷ってましたw
2012-11-04 23:43 : ヒナタカ URL : 編集
おも
暗殺先生最初からいいよ♪しかも…今日知りましたこだっていう感じでした!だからさか
2013-01-18 18:34 : やったけど今日で URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。