ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

みんなの歌「北のカナリアたち」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は北のカナリアたちです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:すごくいい話なのだけど・・・あ、あれ?


あらすじ


川島はる(吉永小百合)は北海道の島で小学校教師をしていたが、ある事故をきっかけに島から出た。
それから20年後、東京の図書館司書として働いていた彼女は、教え子の一人「ノブ」(森山未來)が事件を起こしたことを知り、自分が受け持っていた生徒たちに会いに行く。
6人の教え子たちは、それぞれ自分の苦しい胸のうちを話すのだが・・・




告白」の湊かなえの小説「二十年後の宿題(『往復書簡』に収録)」を原案とした映画です。

湊 かなえ
630円
powered by yasuikamo

自分はこの小説は未見でしたが、あくまで小説は「原案」であり、映画とは舞台や設定が異なります(登場人物が抱えている思いはかなり似通っているようです)。
小説にあるバックボーンを用いて、独自の物語を創っていると考えてさしつかえないでしょう。

その映画オリジナルの脚本を製作するのは、邦画界屈指の超駄作「デビルマン」の那須真知子さんです。

これを知って嫌な予感しかしませんでしたが・・・意外と(超失礼)大筋のストーリーと、登場人物の描写はよくできたものだったと思います。

本作は登場人物の思いが複雑に絡み合い、そのうちに真実が徐々に浮き彫りになっていくというミステリー仕立てになっています。

20年前、何故先生は島から離れたのか?
なぜ「ノブ」は事件を起こしたのか?
6人の生徒と、先生、それを取り巻く環境に何があったのかー

それが密接に絡み合い、20年間に渡るドラマが繰り広げられるのです。
登場人物が苦しむ姿は、観ていて気が滅入るものですが、だからでこそ終盤の展開がとても感動的に仕上がっています。

若手の豪華キャストも魅力的で、特に森山未來さんの演技には感服しっぱなしです。
今年ではクズ男を演じた「苦役列車」も完璧と言える名演でしたが、本作もそれに勝るとも劣らない素晴らしさでした。

もちろん吉永小百合さんも相変わらずお美しいです。
本作では40歳と60歳の女性を演じますが、40歳だと言われても全然違和感がありません。
9歳しか年の離れていない里見浩太朗さんが父親役でもわりと問題がないのは素直にすごいと思います。
加えて<微ネタバレ注意>「濃厚キスシーン」や「『母べえ』を思い出させる盛大な泳ぎ(クロール)」はファンであれば歓喜できるものであると思います。たぶん。


ただ、前述の嫌な予感は、実は結構当たっていました。
本作には違和感を感じるところがかなり多いのです。

そのひとつが台詞の数々。
ちょっと説明口調です

もうひとつがエピソードの不自然さ。
ミステリーを成り立たせるためにあえて重要なことを言わなかったりするのは納得できるんだけど、それにしたって変に感じることが多い。
それが顕著なのは小池栄子さんのエピソードで、はっきり言ってひどいものだと思います。
ところどころ「えっ?」と失笑まじりに思ってしまうのはかなり致命的です。


そんなわけで「物語にはとても感動できるけど、細部が変なせいで割と台無し」という印象が拭えなかったのが残念です。
それでもサユリストには見所満載の映画であるし、本当にメインのストーリーはとても良かったので、心揺さぶられる映画が観たい方に是非おすすめします。

以下、ネタバレです 展開と結末に触れまくっているので鑑賞後にお読みください↓











登場人物にならい書いていきます。

~真奈美(満島ひかり)~

はる先生(吉永小百合)は、殺人事件を起こしたノブに「先生の住所」を教えたのが誰かを探るため(実際はそうではありませんが)、再び20年前の教え子に会いに行きます。

真奈美は最初のひとり。
6人の中で、唯一結婚をした人間でした。

彼女は「『結花』はあのとき、足を滑らせたと言ったけど、本当は自殺しようとしていたんじゃないか・・・」と告白します。
真奈美は20年前にふいに起こったけんかにより、結花の声が出なくなり、合唱の独唱ができなくなったことを喜んでいました。
20年前のバーベキューの日、真奈美が言った「私が独唱をしてあげるよ」に、結花は「私が死ねばよかったと思っているんでしょ」と返していました。
そして、結花は海へと落ちてしまうのです。

そして、真奈美の口から、「結花は助かったけど、先生の夫(柴田恭兵)が溺れ死んだのは、結花を助けに行ったから」ということが語られます。
真奈美は自分の行いが結花を追い込み、果ては先生の主人を殺したと思い込んでいたのです。


~直樹<ナオちゃん>(勝地涼)~

ナオの口からは「けんかの原因」が語られます。
彼の父は飲んだくれで、ろくに仕事もせず、結花の母親の店に入り浸っていました。
ナオは自身が貧乏であることを恨み、結花に心無いことを言ったおかげで、けんかが起こってしまったのです。

ナオは結花に謝りたいと願っていました。
ナオバーベキューの日、先生の夫に相談し、こう言われます。

ある人が、もし明日世界が終わるのなら、今日をりんごの木を植えると言った。
今できることをやりなさい、後悔しないように。
男は、結果を恐れちゃいけないよ。わかるね。


そのことばに勇気づけられ、謝ろうとするナオでしたが、結花に避けられてしまいます。
そして聞こえる、結花が海に落ちた時の悲鳴・・・
ナオも真奈美と同じく、結花が海に落ちたことと、先生の夫が死んだのは自分のせいだと思っていたのです。

今でもナオは結花と同じ札幌市内にいて、時々顔も合わせるのにもかかわらず、一度もことばを交わしていませんでした。


~結花(宮﨑あおい)~

結花も、自分が足を滑らせた(本当は、自殺する『ふり』をしようと思っていた)ことを心から後悔していました。
ナオに「俺の父さんを騙した金で買ったのだろう」と侮辱され、何もかもが憎くなって、「先生の夫を殺してしまった」とまで言ってしまいます。

これまでの3人が、3人とも先生の夫を殺したのは自分だと思い、自責の念にかられていたのです。

また、結花は「先生がバーベキューのときに、『男に会いに行っていた』ことを広めたのは私の母よ」とまで告白します。

先生は、思ってもいなかったことを告白します。
「本当のことよ、私は、あのときに男の人と会っていたの」とー
先生が会っていた「男」も、後に語られることになります。

先生は「あなたの負担が軽くなるなら」という理由から、「夫に脳腫瘍があり余命が半年もなかった」ことを明かします。
さらには「これは私だけの問題」「あなたの問題は違うわ」「ナオちゃんも、あなたと話したかったと言ったわ」と諭します。

結果、ナオと結花は再会し、手袋を外して握手し、抱き合います。
20年のときを超えた壁は、このとき無くなったのです。


~七重(小池栄子)~

七重からは「東京でノブに会った、これから結婚するって言っていて、幸せそうだった」「私も真奈美と同じで、結花に代わって独唱をしたかった」ということが語られます。

20年前のあのバーベキューのとき、先生が不倫相手の男に会っていたのを見たのも、彼女でした。
彼女は「先生はご主人を裏切ったんだ」と思い、そのことを広めたのです。

七重は、今は「好きになると仕方がない」と達観していました。
彼女が今になって、親友の旦那と不倫をしたのも「仕方がない」と思ってしまったからなのでしょう。


~勇<イサムちゃん>(松田龍平)~

彼は雪に埋もれた小屋に隠れていたノブを発見します。
子供の頃と同じくはしごに登り逃げるノブでしたが、追いかけていたのがイサムだと知ると、「イサムちゃん!」と楽しそうに手を振りました。
しかし、ノブは地面に落ちてしまいます。

イサムが語ったのは「先生は、俺たちを捨てたと思っていた」「俺、ノブのことをいじめていたけど、あいつのことが好きだったんですよ」「先生の夫が嫌いでした」ということでした。

先生の夫は、余命幾ばくかしかなく、イサムが飼っていた犬を傷つけました。
気丈に見えた先生の夫でしたが、ほかのものを傷つけてしまう弱さも持っていたのです。

イサムからは、先生の不倫相手の男(仲村トオル)が「目の前で人質を殺されてしまった」ことも語られます。
不倫相手の男は、正面から来るトラックを避けようともしない、自殺願望のある人間でした。
先生が男に惹かれたのも、そうした「危うさ」からのものだったと思います。


~信人<ノブちゃん>(森山未來)~

彼は吃音に悩む青年でした。

彼が何故、自身の会社の社長を殺してしまったのかー
それは意中の女性であり、社長の愛人である「カズミ」のためでした。
カズミは社長から暴力のために死に、さらに社長が彼女についてひどいことばを吐いたため、はずみでノブは社長を殺してしまったのです。

ノブは「僕も吃音でいじめられていたから、カズミさんが殴られるのは、辛くて、苦しくて、だから・・・」と少しずつ告白します。

ノブは、実は先生の住所を知っただけでなく、先生に電話をかけていました。
先生もまた北海道に来て「20年前の宿題(歌にあるカナリアの気持ちを考えてくること)」をしてくるようにノブに電話で話しています。

先生が警察にこのことを責められないことに違和感を覚えましたが、これでいいのでしょう。
続く結末も、とても優しさにあふれたものでしたから・・・

そういえば、ノブは先生が島から出るとき、一度は石をぶつけるも、その後に「弟に見立てた人形」を先生に投げ、「行かないで!」と叫んでいました。

ノブは自分の分身と言える存在を預けてまでも、先生を引き止めたかったのでしょう。
6人の中で唯一先生に「行かないで欲しい」と意思をぶつけたノブは、最も純粋で、優しい人間だったと思います。


~6人の合唱~

かつての学校の教室に来たノブはむせぶように叫び、涙します。
なにせ、そこにはかつての「4年5年6年」の、ともに合唱をしてきた仲間全員が揃っていたのですから・・・

動揺「かなりあ」を歌う6人。
すれ違いにより離れ離れになった6人が再会し、またともに幸せそうに歌う姿が見られて本当によかったです。



*以下の項目はメタメタに悪く書いているので、この映画が好きな方は読み飛ばしたほうがいいかもしれません。



~野暮な不満点いろいろ~

・ナオと結花が再会したあと。
再会したあと、すぐに結花が「好き!」と抱き合いながら告白するのはかなり興ざめです。
2人はことばを20年も交わさなかったのだから、そこはこれからの恋愛を匂わせるくらいでよかったと思います。

・不倫相手の男(仲村トオル)の初登場シーン
いきなり先生は手から出血している男に出会い、それを見た先生が「もう1日待てませんか」と言います。
生徒たちに会う旅の途中でこれが急に挿入されるので、意味が分からず混乱してしまいます。
2人の馴れ初めは、もう少し描きようがあったと思います。

・ノブが逃げる時の謎の静止画
不必要だと思う。

・事故シーン
ノブの婚約相手のカズミが車の事故に会うシーンなんですが、わざとらしく車にあたりに行ったようにしか見えない。そして死ぬほどの事故に見えない。


でもこれらは全然いいんです、問題は小池栄子(七重)のエピソードです。
あまりに珍シーン過ぎます。

小池栄子「私、先生の浮気を観て、すごく不愉快でした」と過去を語る

急に小池栄子の友達が職場にやってくる

いきなり写真をつきつける。写真の内容は、夫との不倫現場だった。

小池栄子、友達に思い切りビンタされる

なんだそりゃ
劇場で申し訳ないけど失笑してしまったじゃないか。

これは一応後に彼女が語ったように「好きになると、どうしようもなかった」ことを示すものなのですが・・・
「不倫したのが許せなかった」と言う→自身も不倫していたのがバレる→ビンタなんてギャグにしか思えないじゃないですか。
だれかにこの脚本を突っ込んで欲しかったよ。





~ラスト~

最後に警察に引き取られるノブを見送る時、皆は、その昔ノブの歌の才能を見出すきっかけとなった曲「カリンカ」を歌います。
それぞれが見送ることばを送り、先生は「みんなあなたが好きだから」と言います。

最後に、自殺願望のあった不倫相手の男が「生きている」とだけ書かれた手紙を定期的に送っていたことが明かされます。

先生は「生きてていんだよね」と聞くノブに、「辛くてもいいのよ、生きていて」と言っていました。
不倫相手にも、「『生きている』とだけ伝えて、と言っていました。

その先生も、最後はかつて不倫を責めていた助役の父親にも「お前は精一杯生きた。自分を許してあげなさい」と諭されるのです。


~テーマ~

本作は、重なる不幸により、自分を責めつづけた人たちの物語です。
その不幸は、ほんのちょっとの歯車のズレによるものでした。

それを正すのは難しいことだけど、自分を許し、人を許し、生きることができれば、救われることもあるのではないでしょうか。

エンドロールにあったのは、「この広い野原いっぱい」を歌う先生と、6人の生徒たちの姿でした。

6人と先生に絆が生まれとき、20年後に再会したとき、彼らは歌を歌っていました。

もう6人と先生が集まることはないのかもしれません。
けれど、苦難に満ちた人生を送ってきた彼らにとって、それはかけがえのない思い出であり、生きる希望となるはずです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-11-05 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 1
Pagetop
個人的ホラー映画ベスト10~「男の魂に火をつけろ!」さんより~ «  ホーム  » 暗殺を教わっている先生を暗殺で葬れ!漫画「暗殺教室」レビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『北のカナリアたち』お薦め映画
二十四の瞳よりも少しダークで、罪の意識や負い目を抱えた人間の内面描写に重点を置いている。はるは精一杯の勇気を鞄に詰めてケジメをつけに戻ったのだとも言えよう。20年ぶりの授
2012-11-26 13:14 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

消化不良
吉永さんのお顔は拝見したいのですが、こういうややこしいストーリだと、私の脳みそが消化不良をおこします。ですから、「寅さん」ぐらいをみておきます。

2012-11-16 14:07 : とんちゃん URL : 編集
Re: 消化不良
ストーリーは確かに複雑ですね。
ある出来事にいくつもの登場人物の想いが錯そうするのですから・・こういう映画も、自分は好きです。
2012-11-17 18:27 : ヒナタカ URL : 編集
今日本作を観て来て、友人と2人涙してたのですが、「えっ?えっ???」って思ったシーンが全く同じだったので思わずコメント残しています。
全体的には切なく、湊かなえワールドみたいなものも感じましたし、好きな作品なんですけどね(^◇^;)
はじめましてで失礼しました。
2012-12-05 00:16 : おきく URL : 編集
号泣しましたよ
昨夜、テレビで上映していたので初めて観ました。号泣しました。森山未来さんの演技は、まともに観れないほど号泣しました。考えてみれば、高峰秀子さんの二十四の瞳も号泣してました。余韻がまだ自分の中にあり、北のカナリヤたちと口にしただけで、涙が浮かんできます。困ったもんです。
2013-12-16 12:02 : 中野 URL : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016-12-24 01:30 : : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。