ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

エロくて眠くてキツい「ノルウェイの森」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日観た映画はノルウェィの森です。


個人的お気に入り度:3/10

一言感想:キザな台詞とエロティックさの応酬、そこに興味がないと睡魔召喚必死


あらすじ


直子とキズキは幼馴染の恋人同士。主人公のワタナベは2人と仲が良かった。
しかしある日キズキは自殺をしてしまう。
大学生になったワタナベは、東京で直子と再会する。






これは精神的にキツいしエロティック。本当にPG12指定でいいの?

自分は原作は未読ですが、もとの小説の魅力は「村上春樹の洗練された文体」にあるのだとおもいます。

この映画では登場人物のモノローグと台詞で、それを描きます。
この描写を登場人物の演技とともに楽しめるか、そうでないかで評価が分かれると思います。
自分は後者で、この映画は退屈に思えました。

原作小説も賛否両論ですが、この映画も評価は真っ二つにわれるでしょう。
良くも悪くも病的で、感情移入を阻む登場人物たちがどうにも苦手。話自体も決して面白いものとは思えない。
とにかく好き嫌いの分かれる映画で、自分は大嫌いという印象です。


美しいロケーション、音楽、役者たちの入魂な演技など見どころは十二分にあります。

しかし
普通の恋愛映画を期待している、
娯楽性を期待している、
登場人物に感情移入したい、
原作を知らない方には
変でつまらない映画としてしか感じないかもしれません。



以下ネタバレです













この映画はとにかく主人公の松山ケンイチがモテまくり、女性と寝まくる話です。

この時点で自分はこんな主人公には共感できませんが、まわりの女性も負けず劣らずエキセントリックで、病んでいます。



そして直子の自殺。不協和音の音楽が響く。
そのあと、海外でむせび泣く主人公。松山ケンイチは入魂の演技ですが、ひとつ疑問が。
何故かその海岸で寝泊まりしていたいた痕跡があります。

ここの「直子の自殺後、海岸の穴で暮らしていた」という描写は原作で描かれていたことなのか・・読んでみないと分かりませんが、重要な個所を省いたように感じられました。


ほかにも、意味深なカットがいくつもありますが(唐突に黒パンツ姿の松山ケンイチが水に飛び込む描写など)、あまり機能していなかったように思います。



一番の問題点は、展開そのものが主人公があっちこっち女性の間をさまよう話で、かつ描写が淡々としていること。
これは作品の味なので好意的な意見はあると思いますが、面白さを見出せなかったので、自分は何回もウトウトしかけました。

反対に面白かったのは、大学の先輩永沢とハツミの関係。
永沢はあちこちで女を作つくり、外交官の試験に軽くパスする男。そんな彼を愛するハツミ。
彼女のエピソードは少ないですが、ワタナベにスワッピングの件や女関係を非難するシーンは強烈な印象を残しました。



あとエロかったシーンはいろいろありますが、プールでの水の表現に一番エロスを感じたのは自分だけ?
撮影が抜群のうまさです。

役者たちの演技も格別。「緑」役の方は初演技ということですが、文句なしのうまさでした。
彼女の言う「イチゴのショートケーキ」の一節は、大好きです。

テーマ : 映画紹介
ジャンル : 映画

2010-12-11 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 3
Pagetop
強い女性がキュートな「ロビン・フッド」ネタバレなし感想&ネタバレレビュー «  ホーム  » 酒井法子の映画「刹那」がいろいろ問題ありそうな件
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
DS ド根性小学生
主人公は、家がない
2010-12-13 14:32 : ゲーム攻略サイト
ノルウェイの森
前にも書いたように、ここ数年で読んだ本と言えばハリポタシリーズくらい。 学生時代はよく本を読んでおりましたが、村上春樹のものは全くの未読でして、当然『ノルウェイの森』も。 映画でサクッと中身を知れたらと思ったと書けば読書ファンにはしばかれそうです...
2010-12-19 16:17 : そーれりぽーと
★「ノルウェイの森」
TOHOシネマズ・シネマイレージの一ヶ月フリーパス利用の最終日。 毎月14日は1000円デーだけど、タダで3本観てきました。 その3本目。
2011-01-02 02:16 : ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
今年も、宜しく。
何時も楽しんで、拝見しています。

私は62歳で、「ハルキ」と云うと、どっちかと云うと、角川春樹を思い出すほうです。
原作を読んだ友人が、ヤハリ、評価が低かったです。
原作未読の、私には、懐かしい母校が出ていたので、学生時代を思い出しました。
「反帝学評」の青ヘル学生が、大量に登場してましたし、「反戦連合」の黒ヘルも登場してました。
懐かしかったです。


凛子さんは、障害者役者みたいですね。
彼女が、行き急ぐみたいに、歩き回るシーンは記憶に残りそうです。
緑色が多い背景。風が見えるようなシーンの連続。
デモ、なんだか、韓流映画のような気がしました。

2011-01-08 19:03 : QQQQ URL : 編集
Re: No title
コメント感謝です。
そして62歳でらっしゃいますか!また初めての層の方が来てくれてうれしいです。

角川のほうのハルキは全く知らないですね・・・すみませんジェネレーションギャップです。

昔の「赤軍」の描写がありましたね。自分はそのあたりのこともほとんど知らなかったのですが、懐かしく思われているということは、上手く再現できていたのでしょうね。

菊池凛子さんは上手かったです。
映画の「バベル」でも病的な演技が上手い方でした。


2011-01-09 19:46 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。