ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新時代血みどろアクション「ザ・レイド」ネタバレなし感想+お気に入りシーンベスト5

遅ればせながら、劇場でインドネシア産映画のザ・レイド(原題:The Raid: Redemption)を観ました。

ザ・レイド


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:アクションだけだけど、アクションだけじゃないよ!


あらすじ


SWAT一隊が麻薬の売人のアジトとなっているビルに突入し、死闘を繰り広げる。
ただそれだけ。




いや~すごく楽しかったです。
この映画の特徴をあげるなら、1にアクション、2にアクション、3、4をとばして5にやっぱりアクションと言っても過言ではないほどアクション描写が続くこと。
映画の8割はそういったシーンであり、「すごいアクションが見たい!」というシンプルな需要に正面から応えたステキな作品でした。

本作で主人公や敵が繰り出すのは「シラット」と呼ばれる格闘技。
この格闘技がとにかくものすごく、主人公は素手でナタを持った相手に挑み、↑の画像のように相手の武器を奪ってまた戦う。拳から足まで全身を使ったアクションの応酬は、目が釘付けになる面白さです。

あとこの映画なかなかにバイオレンシーでして、全編血みどろです
その残酷描写もいい感じにアクセントになっていて、「ヒィィィィ~」と声を上げてしまいそうになるほど強烈。
こういったアクション映画に登場する家具(用途:敵を殴る)って、簡単に壊れるものが多いのですが、この映画では壊れずに相手を思い切り痛めつけるのです。
こういう「痛さ」の描写から逃げていないために、安っぽさを感じさせません。

予告編15禁バージョンもあり)に嘘偽りがないのも大好きです。

敵多すぎ<敵多すぎ!

やりすぎ殺りすぎ!

強すぎ<強すぎ!

どのくらい殺りすぎかというと、作中で敵味方含めて50人はさっさと死ぬくらい。
SWAT隊員はガチの壊滅状態に陥るのですが、主人公と残されたわずかな隊員たちは、わずかな希望にすがり、逆転を目指します。
その姿には大興奮するわけですが、同時にそりゃ無理だよと思ってしまうほど絶望的でした。

また、ちゃんとドラマがあることも好印象。
主人公がはじめに告げる意味深なことばは後の展開につながっているし、そうした「静」のシーンはアクションだらけの本作において息をつける休憩場所として機能しています。

ちなみに本作はツッコミどころも満載です。
その代表的なものは「なんで銃を使わなくなったの?」というもの。
はじめのころは敵も味方もガシガシ銃器を使っていたのに、いつのまにか殴ったり蹴ったりの肉弾戦ばかりしています。
もちろんこれは「格闘技を見せたんだよ!」という製作者の意向なのでツッコむのも野暮なのですが、敵がゾンビのように群がったり、敵が素手でSWAT隊員に立ち向かう様はありえなすぎて失笑必死です。
そんな大味さも、また愛おしいのですけどね。

リンキンパークが参加した音楽も最高に格好いいです。
こちらでものすごい情熱を持ってサウンドトラックを制作したことがわかります(amazonではサントラが売っていないようで残念・・・)。

今年公開されたアクション映画では「エクスペンダブルズ2」の次にお気に入りです。
残る上映館はごくわずかですが、近くで上映していたら是非観て欲しい快作です。

ちなみに本作はアメリカでも大評判であり、ハリウッドで続編の制作が決定しています。
楽しみすぎるぜ!

以下は自分の好きなシーンベスト5を載せています↓
核心的なネタバレはありませんが、なるべく映画を観てから読むことをおすすめします。





5位 SWATがほかの敵に気を取られているすきに、拘束された敵が柔らかい体を利用し、机の下に隠してあったナタを取る。

ナタを・・・

机の下にはナタが・・・この不気味さにはゾクゾクしました。


4位 敵は隠れた主人公を見つけ出すため、壁をナタで何度も刺しまくる!

ナタto壁<グサッ

壁の中<ギリギリ

あっぶねえ!作中最もヒヤヒヤしたシーンでした。


3位 冷蔵庫の中にガスボンベをいれる→敵のほうに扉を向ける→爆発する前に大ジャンプ

ジャンピン<爆発する前にジャンピン

ある意味すげー間抜けです。


2位 「2人対1人!」

2対1

詳細は伏せますが、本作には長尺で描かれる「2人対1人」のバトルがあります。
ちなみに一方はやたらめったら強いボスキャラクター。この血みどろ乱闘には大興奮です。

ちなみに主人公は雑魚キャラと「5人対1人」のバトルもします↓
<The Raid Redemption #1 Movie CLIP - Hallway Fight (2012) HD - YouTube>


1位 SWATの一人が床をぶち抜いて下に降りる!→敵に襲われる!→仲間が助けに向かう!→それをカメラが追う!

これは是非この動画でご覧ください(残酷描写があるので閲覧注意)。



こんなカメラワーク観たことないよ!
本気でアクション映画の可能性を感じられる作品でした。


そういえば、主人公ははじめに妻に「必ず連れて帰るよ」と言っていました。
これは「6年間音信不通だった兄がその場所にいる」のを知ったがためでしょう。「兄は『なぜこんな命の危険がある任務に?』と」主人公に聞いていましたが、それが理由だったのです。
主人公は危険なミッションとそれを天秤にかけ、「兄と、妻と、そのお腹の中の子ども」の全員が幸せになるために、戦いに参加することを決意したのだと思います。
アクションだけでなく、そういうドラマがあることも大好きです。


<『ザ・レイド』クレイアニメ特別動画-youtube>(映画よりもグロい&ネタバレ注意)
<『ザ・レイド』を100倍楽しく観る方法 アーカイブ動画>
<アクションしかないアクション映画『ザ・レイド』ーくりごはんが嫌い>
<ザ・レイドー三角絞めでつかまえて>(超ネタバレ注意)
コメントにもネタバレがあるのでご注意を↓

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-12-10 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
新旧のファンへ「仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン «  ホーム  » ボンドin勘違い日本「007は二度死ぬ」完全ネタバレ感想
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『ザ・レイド』お薦め映画
カッコイイ男たちの若さと躍動感あふれる真剣勝負。見ている側には本当に骨が折れているとしか思えないし、絶妙な間で技が決まっている。観た後はクッタクタになるほどのノンストッ...
2012-12-24 04:17 : 作曲♪心をこめて作曲します♪
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
前評判も高かったので2カ月ほど前に観ましたが、いやー今年のアクション映画では1番じゃないでしょうか。
最近のアジア映画はどこから突然傑作が出てきてもおかしくない状況ですが、インドネシアは全くのノーマークでした。

個人的には、
半開きの扉にSWAT隊員が思わず発砲
→暗闇の中で発砲した際に火薬で少し明るくなる
→上の階で待ち構える多数の敵が不気味に照らされる
→火薬の灯りに向って敵が一斉射撃
のシーンが素晴らしかったです!
「静から動」「暗から明」という緩急が見事でした。

ただラストのボス的なキャラクターが弱い
(というか主人公はただ見てるだけで解決する展開)
とこがちょっと残念でした・・・
2012-12-10 14:29 : あだちん URL : 編集
Re: No title
よかったですねーあの灯りのシーン!
さすがにネタバレすぎるのでベスト5からは除外しましたが、あのシーンはゾクゾクもので大好きです。
たしかにもうひとつラストバトルがほしかった気もしますね。この映画に関しては汚職警官の事情なんてどうでもよかったりしますw
2012-12-10 19:12 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。