ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新旧のファンへ「仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

現在劇場で「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」が上映されています。

監督は仮面ライダーファンから圧倒的な支持を得ている坂本浩一さん。
本日はその坂本浩一さん監督作品である、劇場版仮面ライダーシリーズ屈指の傑作「仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」(制作:2010年)をご紹介します。

桐山漣
2980円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:もう仮面ライダー好きなら全員観ろ!


あらすじ


エコロジー都市・風都にAからZまでの26個の「ガイアメモリ」が突然ばらまかれる。それは人々を「ドーパント」と呼ばれる化物に変えてしまうものだった。
仮面ライダーWと仮面ライダーアクセルは、マリアという謎の美女とともに、事態の黒幕である傭兵集団「NEVER」に戦いを挑む!




これはこのブログの読者に教えていただいた作品でした。ありがとうございます。
もうめっちゃくっちゃ面白いです。
ウルトラマンゼロ」「ゴーカイジャーVSギャバン」でも思ったのですが、日本の特撮ものってこんなにレベル高いんですね。

主人公たちに戦う理由があり、敵も魅力たっぷりで、伏線も盛りだくさん。
終盤にしたがってどんどん盛り上がっていく構成は全てが計算しくつされています。

そして驚くべきなのはテンポの良さ。
アクションはとにかくスピーディで、有無を言わさないほどに怒濤の展開が続き、なおかつドラマも十二分に盛り込まれています。
上映時間は60分少々なのに、ものすごくボリュームを感じられるのです。
ここまでクオリティの高い作品を作り出せたのは、監督自身が香港アクション映画を愛してやまず、そのエッセンスがふんだんにこの作品に使われているからでしょう。

正直TVシリーズを観ていない自分にはサブキャラクターの関係はよくわからないところもあるし、独特の固有名詞も多く、とっつきづらさも感じます。
それでもこの作品の面白さは十二分にわかります。
本作は仮面ライダーを知らなくても、アクション映画のファンにも自身を持っておすすめできます。

「仮面ライダーW」のコンセプトも面白いです。
その特徴は、主人公2人が1人の仮面ライダーに変身するというもの。
あしゅら男爵のように体の色が左右で違うのはそのためで、繰り出す技も奇想天外です。
個人的には「仮面ライダーアクセル」のダサ格好良さにも惚れ惚れしました。

特筆すべきは終盤の展開。
ここでTVシリーズを観続けた人への最高のファンサービスが待ち受けています。
そして往年の仮面ライダーファンにもうれしい要素があって、子どもを連れてきたお父さんへのサービスも忘れてはいません。

本当「子ども向け」で終わらせてしまうのはもったいない作品です。
是非大人こそ、観てみてください。

以下、少々ネタバレで見所を紹介しています↓核心にせまるネタバレは反転していますが、未見の方は要注意。





本作は意外に豪華キャスト。
たとえば謎の女性・マリアを演じているのは杉本彩さんです。

かっこいい<超かっけえ

やばい、惚れる。熟女ファンは必見です。

笑いが止まらなかったのは、須藤元気が演じる敵のオカマキャラです。

須藤元気<ノリノリ

子どもにはこの面白さは伝わらないでしょうね。なんでもできるなこの人。
後に「イケメンで強い、キライじゃないわ!」という名言を産みます。


仮面ライダーのアクションはとにかく格好いいのですが、本作の「W」はけっこうイレギュラーです。

ヒートジョーカー

こんな風に炎のパンチを繰り出すのは想定の範囲内ですが・・・

分身の術

分身の術を使います。まあそれだけだったらまだわかるけど・・・

伸びる腕

なんと腕を伸ばします。敵が使いそうな技ですね。

ジョーカーストレンジ

しかもその後、右の体が離れて前にスライドする始末
断面図見えちゃってるよ!ヒーローらしくないよ!


「アクセル」も紹介してみます。

エンジン

アクセルのコンセプトはまんま「バイク」なので、こんな風にベルトがバイクのハンドルのようになっています。

ハッ

ジャンプすると・・・

炎

なんとバイクに変形!お前はトランスフォーマーか!
中の人大丈夫なの?複雑骨折とかおこさないの?

ボォン

そしてバイクのまま敵に突入!
そして中二心をくすぐる台詞がこちら!

絶望がお前たちのゴールだ

「絶望がお前たちのゴールだ」

ドカァァン<ドカァァァン!

か・・・かっけえええええ!(だよね?)
こんな台詞言ってみたいよ!(いい大人が言ってはいけません)


ほかにも、仮面ライダーならではバイクアクションもものすごい出来です。

バイクチェイス

スローを使った敵とのぶつかり合いは「マトリックス」を彷彿とさせます。


アクション映画ファンをくすぐる展開もあります。
筋肉ムッキムキの敵はこんなふうに主人公を挑発します。

はぁぁ<はぁぁ

すると仮面ライダーもそれに応えます。

ホァァァ<ホァァァ

いくぜマッチョメン<いくぜマッチョメン(なぜ複数系?)

か・・かっけえええ!(異論は認めない)

ほかにも決着につけかたが明らかに「あしたのジョーのクロスカウンター」だったり、
主人公の「お前の罪を数えろ」という中二台詞に対して敵が「いまさら数え切れるか!」と応えたり、
いろんな意味で笑えるシーンも多いです。
そんなちょっぴりのバカバカしさもなんとも愛おしいです。


そして最高にうれしかったのが「ライダーキック」「ライダーパンチ」が観れたこと。
これが現代のCGによるエフェクトのおかげでより格好よく見えます。

ラストの展開はただ熱いだけじゃない。
仮面ライダーを応援してくれるのは、TVシリーズで仮面ライダーと関わっていた人々」というのはすばらしいファンサービスだし、
仮面ライダーが塔から落ちるときに『風』を受け、逆転する」というのは昭和の仮面ライダーにあった「落ちるときに変身ベルトに風圧がかかり、仮面ライダーに変身できる」という展開のオマージュでもある。

そんな新旧それぞれの仮面ライダーファンにたまらない展開が盛りだくさんの本作、大好きです!

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-12-11 : 旧作映画紹介 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
「イケメンで強い、キライじゃないわ!」
現場でオカマキャラに思い切って改変したらしいですが、結果的にそれが須藤元気の怪演を生み出しました。素晴らしい!

本作は「ヒーローとは何か?」ということを、これ以上ないほどシンプルに熱く伝えてくれてますよねー。
今のちびっこたちはホントに羨ましい!
特に坂本監督の『仮面ライダー』シリーズの出来は、現在の邦画界のアクション映画という括りでは最高峰なのは間違いないと思います。

最新作も観てきましたが、少なくともアクションパートは坂本監督作品の中でベストの出来でしたよ!
2012-12-11 23:25 : あだちん URL : 編集
この映画で特撮映画におけるアクションの基準が、大きく上がったと思います。 助っ人に来たオーズの印象がなくなるくらい、須藤元気さんは強烈な演技でしたw
2012-12-13 11:22 : ジューシー URL : 編集
Re: タイトルなし
>あだちんさん

最新作も面白いみたいですね。ラストが爆笑ものとの評判なので観てみたいです。
急遽オカマ役に変更したのははじめて知りました。それにしてはうますぎますw


>ジューシーさん

須藤元気さんのインパクトのおかげでほかの敵キャラの影も薄いですよねw
個人的にはちょい役で登場したなすびも好きです。
2012-12-13 23:10 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。