ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

悪ガキたちのエイリアン退治「アタック・ザ・ブロック」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

DVDで観たアタック・ザ・ブロックの感想です。

ジョン・ボヤーガ
3640円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:コメディじゃないじゃん


あらすじ


集合住宅で、不良少年たちとエイリアンの戦いが勃発する。




映画評論家の町山智浩さんが選ぶ2011年映画のベスト5タランティーノが選ぶ2011年ベストムービーの7位に選ばれた作品です。

製作総指揮官が「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホットファズ」(←どっちも超大好き)のエドガー・ライトであるので、もっとおバカなノリの作品かと思っていたのですが、そうではありませんでした。
容赦なく人が死に、血も出まくるバイオレンスな低予算B級アクション映画です。

本作で特徴的なのは、主人公たちが不良の子どもたちということです。
カツアゲをするわ、ハッパやタバコをプカプカ吸うわでとことん素行が悪いのです。

リッチになれるぜ!<主人公「エイリアンの死体でリッチになれるぜ!」

本作はそんな彼らが住むブロック(集合住宅)にエイリアンが来襲したらどうなるか?を描いたアクション映画。
主人公はとことん嫌なヤツらですが、そんな彼らにも人間らしさや「仁義」のようなものも感じられるようになっています。

アクション映画としては「逃走→反撃」の流れが小気味よくて出来はいいのですが、ちょっとドラマ部分はイマイチな印象ではありました。
主人公たちの内面に迫る描写が少なくて感情移入しにくいし、バランスの悪さを感じなくはありません。

でも残酷描写が受け入れられ、B級アクションや「グーニーズ」などの子どもが活躍する映画が好きな方には是非おすすめしたい作品です。
前述のとおり、コメディらしさはほとんどないのでご注意を。

以下はちょっとだけネタバレです↓ 少しだけ結末部分にも触れているので未見の方は要注意




面白いのは、主人公の少年たちが「黒人3人+白人1人」の組み合わせになっていることです。
主人公が黒人であるのは低所得層の人間を表しているようで差別的なものも感じるのですが、この映画では白人の少年がこう言うのです。

「(ヒロインの)彼氏がガーナで赤十字の活動をしてるって?でもイギリスの子は助けてくれないのか?ここは南国じゃないし、色白だからか?」

イギリスの子は・・・<色白だから助けてくれないのか?

チームの中に一人だけいる白人の男の子が、多数派の黒人を羨むという皮肉めいたものを感じます。


エイリアンの造形がステキですよね。

アタックザブロック エイリアン

全身真っ黒なのに、歯がネオンのように光るのです。これに似たモンスターはちょっと思いつきません。
ちなみにソーシャルゲームにも登場しました↓これはカワイイ。
<「アタック・ザ・ブロック」の凶暴エイリアンがゲームに登場!>


残念だったのは、エドガー・ライト作品の常連であるニック・フロストが台詞をしゃべるだけで活躍がほとんどなかったり、終盤の主人公の行動は「落とし前をつける」ためであるので結末が腑に落ちなかったりすることです。<参考>(超ネタバレ注意)
ここでは脚本の弱さを感じます。


作中に登場するポップカルチャーの小ネタも楽しかったですね。

・「ハリーポッター」の「ドビー」みたいだ!
・あのエイリアン「ギアーズ・オブ・ウォー」っぽいぞ!
・まるで「28日後」だ!
・「ゴーストバスターズ」を呼ぼうぜ!
・家に帰って「NARUTO」でも観てな!

NARUTOでも

NARUTOはもはや世界共通語です。

おすすめ↓
<アタック・ザ・ブロック/Attack the Block: LOVE Cinemas 調布>(ネタバレ注意)

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-01-07 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。