ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

無限ループってマジで怖くね?「恋はデジャ・ブ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

現在公開中の映画「LOOPER/ルーパー」はご覧になりましたか?
この手のタイムトラベルものが好きな人にはたまらない作品でした。

本日は「ルーパー」以上に同じ時間上をループしまくっている男を描いた傑作映画「恋はデジャ・ブ」(原題:Groundhog Day)(製作:1993年)をご紹介します。

ビル・マーレー
991円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:めっちゃ泣けるやん・・・


あらすじ


天気予報官のフィル(ビル・マーレー)は、2月2日の聖燭祭(Groundhog Day)の取材に訪れていた。
フィルは毎年恒例の取材をつまらなく思っていたが、いざ町から引き上げようとしたとき、吹雪のために足止めを食らってしまう。
仕方なく宿屋でもう一泊するフィルだったが、翌朝起きてみるとまた昨日と同じ日だった・・・




素晴らしい作品だった!これは超おすすめです!

本作は自尊心ばかりが強く意地の悪い男が、同じ日を何度も何度も繰り返してしまう様を描いた物語です。
その姿ははじめは滑稽に思えるのですが・・・実はとっても切なく、苦しく、恐ろしく、泣ける作品に仕上がっています。

日々代わり映えのない生活をしている人は多いけれど、実はそんな生活にも「積み重ね」があります。
では毎日同じ日を繰り返し「積み重ね」がリセットされるとしたら?それは希望を失うことと等しいのです。

この手の「1日を繰り返すループもの」には
「涼宮ハルヒ」の「エンドレスエイト」「木曜の怪談」の「うるう年の奇跡」がありましたが、本作の境遇のほうがより過酷でしょう。
参考→<ループもの - Wikipedia>(ネタバレをしている作品もあるので注意)

主人公が同じ日を繰り返すうちにどのような行動に出るのかーそこが見所になっています。
変わらない日を生きようとも、次第に変化していく主人公に、自分は目一杯感情移入してしまいました。


難点もたったひとつだけあります。
軽いネタバレかもしれませんが、言ってしまうと「なぜ同じ日をループするの?という謎が解明されない」ことです。

主人公を罠にはめる秘密組織やら、タイムマシンやら、そういうSF的要素はいっさい登場しません。
「なぜ」なのかを気にする人や、主人公が「1日を脱出するためのヒントを探す」展開を期待する人には肩すかしかもしれません。

でもこの映画はこれでいいのでしょう。
あくまで重要なのは、一人の男と、彼とたった1日をともにする周りの人たちの物語なのです。


いやーしかし、ワースト10にあげるくらい邦題は最低だと思っていたのですが、映画を観た後はさらにゲスな邦題だとわかりました。
この映画は「恋」だけでなく、人生すべてを包括しているテーマ性を持っています。それなのにダッサダサの上、安っぽいラブコメを連想させるこの題はないんじゃないの?

自分だったらどう邦題をつけるかな・・・「明日を待ちわびて」「巡りくる一日」とか?いやこれもどうかと思うんだけど、少なくとも「恋はデ・ジャブ(笑)」よりはマシでしょう。
みなさんもよさそうな題を思いついたら教えてください。

タイトルバイバイな映画ではありますが、是非すべての人に観てほしい作品です。
観た後は誰かにおすすめしたくなること必死ですよ。

以下、ほんのちょっとだけネタバレです↓ 結末には触れていませんが、未見の方は要注意



主人公は「同じ日を繰り返してしまう」ことを、はじめは不純な動機で利用します。
たとえば「ひとつ前の日」に、ナンパをしたい女性に高校時代のことを聞いておき・・・

英語の先生は?<英語の先生はだれ?

そしてもう1日を繰り返したときにはこう言うのです。

席となりだったよね?<席がとなりだったフィルだよ!英語の先生は○○だよね!

「知らないはずの情報を知っている」ことで同級生であると偽るのでした。
女性の困惑しているリアクションがみどころです。


そんな浮気をしたこともありましたが、主人公には意中の人がいます。

いつもと同じに思えた日が特別な日になる

ループするたびに彼女の好みを知っていき、1日で関係を築くのですが・・・

今夜でないと困るんだ・・・<今夜でないと

明日になるとこの関係はリセットされてしまうため、強引にせまってしまうのでした。

早く子供がほしい!<子どもがほしい!

さらに後の1日では、雪を投げてからかう少年たちに向かって「早く子どもがほしい!僕の子どもにならないか!」と言うのです。
当然、限りある1日ではその想いが成し遂げられることはありません。


同じ日が繰り返されたことにより、主人公は自暴自棄になったばかりか、すべての夢を奪われるのです。

後にある「君は前向きだな」「いつかまた、今日と同じ日がくるといいわね」という主人公とヒロインのやりとり、そしてループしてしまうことを知りながら「『今は』幸せだ」と言う主人公・・・それらが切なくて仕方がありません。

1日がループする前、主人公はお祭りを見て「毎年一緒だよ」と口にしていました。
そんな彼も、「新しい明日が来ること」の素晴らしさを身を持って知ったのです。

しかし、彼が終盤に行った行動は「1日を繰り返してきたからでこそ」の希望があります。
その姿は、きっと感動を呼ぶはずです。

<文字通り「同じ毎日」が繰り返されたらどうなるか?『恋はデジャ・ブ』 - くりごはんが嫌い>

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-01-18 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私が邦題をつけるとしたら…と考えてみた。

『君だけに明日はない』

…『バス男』以下だ…。
2013-01-20 23:39 : ばるす URL : 編集
No title
取り上げて頂いて嬉しいです!
あの「ペンシルヴァニア・ポルカ」のメロディーが、今でも頭から離れません。
初めは特殊能力を私利私欲のために悪用しますが、そこから主人公が人間的に成長していくのが見事ですよね。
そこが『インビジブル』との違いかな笑

個人的に生涯ベスト作品の1つが大林宣彦版の『時をかける少女』なんですが、それと似たような構造(時に閉じ込められる)を持っているからこそ、本作が胸にグサッと刺さったのだと思います。
もっともっと評価されていい作品です!!
2013-01-21 12:23 : あだちん URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。