ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

神はいない 映画「脳男」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は脳男です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:脚本の上手さと生田斗真にシビレた!


あらすじ


街では残忍な爆破事件が多発し、精神科医・鷲谷真梨子(松雪泰子)の目の前でも爆破事件が起きてしまう。
刑事の茶屋(江口洋介)は捜査を続けるうちに鈴木一郎と名乗る男(生田斗真)に出会い、男は爆破事件の犯人と見なされ、精神鑑定を受ける。
担当医となった鷲谷は、男が高い知能をもつ反面、感情が欠落している「脳男」であることを知る。




江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於による小説を原作とした映画です。

powered by yasuikamo

コミカライズもされている人気作で、出版されたのはなんと2000年。
実に13年の時を経ての映画化で、映像化を待ち望んでいたファンにとっては「やっと」のことであったでしょう。

高い知能を持つ男が登場し、(爆弾)犯人を追う物語と聞いて、自分は「羊たちの沈黙」のようなサスペンスを想像していましたが、実際は違いました。
本作は「天才と一般人のコンビが犯罪に立ち向かう」のではなく、「ひとりの男の謎を追い求める」物語なのです。

「脳男」はあまりに特異で、魅力的なキャラクターです。
映画版では説明が省かれていましたが、原作で彼は精神科医に自閉症でありサヴァン症候群であると思われていました。

しかし脳男はただそれだけではありません。「生まれつき感情がない」のです。
感情とは情動であり、人が生きていくのに必要な「要求」ともとれます。
感情が欠落している彼がどうやって生きてきて、どう行動するのか。その描写が作品の最大の魅力になっています。

脳男役の生田斗真が(体格も含めて)素晴らしく、見事にこのキャラクターを演じていました。
染谷将太二階堂ふみという「ヒミズ」コンビも抜群の存在感なので、役者のファンにも嬉しい作品でしょう。

この作品で自分は大傑作「ダークナイト」を思い出しました。
脳男はダークヒーローそのものですし、爆弾犯の狂気はジョーカーをも思わせます。
パクった上に絶望的につまらないワイルド7とは格が違います。


ただし本作は脳男の内面の描写が強調されているためか、犯人を追い詰めるようなサスペンスとしては面白くありません。
エピソードのバランスはお世辞にもいいとは言えないですし、展開につっこみたい部分もありますし、会話シーンがやや多く中だるみ感も否めません。

個人的に好きではなかったのが、日本映画にありがちな仰々しいセリフや演出が多いこと。
大声で作品のテーマや伝えたいことを懇切丁寧に教えてくれるのですが、あまりに「TVドラマっぽい」です。
もっと映画ならではの繊細な描写が欲しかったです。

原作にないシーンの追加、原作で印象的だったシーンの削除、設定の変更も多いので、小説のファンには納得のいかないところも多いかもしれません。

それでも素晴らしかったのは、主人公の女性精神科医とその患者の描写。
原作とは全く違う描写ですが、このエピソードは原作を超えていました
伏線の貼り方が抜群に上手く、真相に気づいたときには脚本の上手さに唸ってしまいました。
終わり方も原作と全く違うのですが、これも自分は映画版のほうが気に入りました。

テーマ曲にキング・クリムゾンの楽曲「21世紀のスキッツォイド・マン」を選んだセンスもよかったです。
<King Crimson - 21st Century Schizoid Man Including Mirrors (studio version) - YouTube>
歴史的な傑作と語られているファーストアルバム「クリムゾン・キングの宮殿」に収録されており、2004年にCDはリマスターされています。

とにかく不満はあるものの、日本映画でこれほどの硬派な作品を観られて嬉しかったです。
PG12指定だけあって、残酷なシーンや性的な話題もあるのでその点だけはご注意を。オススメします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓












はじめに野暮な不満点を書きます。

~不満点~

正直、はじめのほうはこの映画ダメだと思っていました

精神科医・鷲谷が爆弾の犠牲になった子どもを抱きかかえ「誰か助けてください!」と叫ぶシーンも仰々しくて好きではなかったのですが、犠牲となった占い師の女性がTVで犯人のことをあざけ笑うシーンはちょっと「ない」です。

刑事・茶屋の話を聞くと、爆弾犯は今までも犯人のことを悪く言ったコメンテーターや大学教授を殺していました。
それなのにTVで犯人を笑って挑発するのは明らかにおかしいでしょうに・・・
ちなみに原作では、この女性はヨハネの黙示録イゼベラに例えられていました。


また爆弾犯の犯行は無理ありすぎですよね。
少女がどうやって大人の鷲谷を運べたのかが全然わかりません。

医師が警察を手伝って爆弾を探すシーンもさすがにないんじゃないかと・・・
警察にまかせて、避難させるべきです。

刑事の茶屋が最後にどこかに行く脳男を止めないのも変です。
そうしたちょっとしたところで違和感を感じるのは残念でした。

また小説には、脳男が部屋に張り巡らされたワイアーをくぐり少女を助けようとするエピソードもありました。
非常にサスペンスフルで面白いシーンだったので、映画でも観たかったです。

謎なのは、脳男がしきりに病室にあった包帯の箱を見つめていたこと。この伏線は回収されたように思えません。自分が怪我をすると見越し、自分のために使ったのでしょうか・・・?
*カメラが箱のなかにあったとのこと。太田莉奈が演じる共犯者が、盗聴器を持ち込み、鍵の型をとったときに仕掛けたようです。


~脳男のキャラクター~

脳男の脳は器質的な問題もなく、脳波も正常でした。
ロールシャッハ・テストにも問題なく、「模範的に」答えていました。

しかしエンドルフィンが過剰に分泌されており、彼は痛みを感じていません。

真に異常性が現れたのは簡単な質疑応答をしたときでした。
彼は「母親にひげは生えていましたか?」という常識的に考えればおかしい質問に対して「ひげは生やしていませんでした」と眉一つ変えずに答えるのです。

ポリグラフ検査のときは、「マスターベーションの習慣はあるか」「私とセックスしたい?」という質問をして、そのときの反応を見ます。
動揺しているように見えた脳男ですが、普通であれば同じ質問をすれば「予測して」質問を言い終わらないうちに反応が現れるのに、彼は毎回の質問で毎回同じ反応、それも文章が終わってから反応するのです。

しかも彼は決まった時間に寸分違わずに起き、トイレに行くという正確な体内時計を持っていました。
まるで「機械」「コンピューター」のような無機質さです。

なぜ彼がこのような人間になったのか。それを知るために、鷲谷は彼の出生を追うことになります。


~脳男の生い立ち~

鷲谷は医師の相澤と出会い、そこで子どものころの脳男のことを聞きます。

脳男は子どものころ「たらい回しにされてたどりついたゴミ捨て場のような施設」にいました。
そのときの脳男は一人で食事も、排泄すらできませんでした。

大富豪である脳男の祖父に雇われた相澤は、彼にトイレトレーニングをさせます。
脳男は命令をされなければ、餓死していた、とまで言われます。

しかし脳男は高い知能と、尋常なレベルではない記憶能力を持っていました。
祖父は、脳男にとある「英才教育」をすることになり、相澤はお払い箱になりました。


つぎに鷲谷と刑事・茶屋は、脳男を肉体的に育てていた登山家の男・伊能と出会います。

伊能が語った「英才教育」とは「殺しの技術」でした。
脳男の両親はひき逃げ事件で死に、息子夫婦を殺された祖父は次第に狂っていき、脳男に「殺人」を教えることにしたのです。

伊能は脳男の「眠っているもの」=感情を起こしたいと思うようになります。
伊能はある日脳男を連れ出し、崖を登る途中で宙吊りになり、「俺のザイルを切れ」と言います。

しかし脳男は命令に背き、ザイルを切りませんでした。伊能をすごい力で引き上げたのです。
伊能は、このことに脳男の「意思」を感じていました。

しかし強盗が祖父の屋敷に入り、脳男はためらいなく強盗を殺しました。
伊能の想いは打ち砕かれ、祖父の目的は皮肉な形で叶えられたのです。

その後の脳男も、「悪をさばく」ために売春の斡旋者や麻薬の売人を殺していました。
牢屋の横でおばあさんを殺したことを嬉々として語る殺人者を殴り、目をえぐりとったのも、彼が悪を憎むように「指導」を受けていためだったのです。

茶屋は、脳男は爆弾犯の共犯者などではなく、「正義感溢れる殺人ロボット」と揶揄しました。
そして鷲谷は脳男に、ある告白をします。


~鷲谷と患者・志村~

映画の冒頭、鷲谷はほかの医者たちに「息子を殺した加害者を、息子の母親に合わせる」という内容のセラピーのビデオを見せていました。
鷲谷は「加害者に罪の重さを自覚させる」「母親に加害者を『自分と同じ人間』だと気づいてもらえる」「母親のうつ症状が軽減された」とその効果を説明していましたが、医師には「無理やりライオンとうさぎを檻の中にほおりこむっていうことか」と、採用を却下されます。

中盤、鷲谷は志村という犯罪を犯した少年のセラピーにあたっていました。

鷲谷は、脳男に出所したばかりの志村を「私の一番大切な患者さんよ」と言っていました。


なぜ鷲谷が特異なセラピーの提案をし、そして志村のカウンセリングにあたっていたのかーそれには理由がありました。

志村は、幼い子どもの眉と髪を剃り、弄んで上に殺すという猟奇殺人犯だったのです。
しかも、犠牲になった子どもは鷲谷のたったひとりの弟であり、そのせいで彼女の母親は醜く肥え、うつ病になったのです。

鷲谷はこの真実を脳男に語り、「殺したいって思っていた!」「彼は立ち直ってくれた」「仕事は私の戦いなの」と言います。

鷲谷はもっとも憎い相手を、赦し、信じたのです。
鷲谷がセラピーを提案したのも、志村のカウンセリングをすることで自分自身が救われたためでしょう。

脳男はこの告白を聞き、目を見開きました。まるで、脳男の意思があらわれたかのように・・・


これは映画オリジナルのエピソードです。
原作にあったのは、鷲谷が海外で少年が殺した赤ん坊の両親に会い、そこで「あなたがその少年の命を救うことができたらさぞ気持ちがいいんでしょうね」と言われ、「悪を救うこと」に悩むというものでした。

映画版では、そこにさらに踏み込み、鷲谷を「肉親が犠牲になった当事者」とするのです。
原作よりも鷲谷の「戦い」が伝わってくる、素晴らしい変更点だったと思います。


~脳男VS爆弾犯~

爆弾犯・緑川は原作では成人男性でしたが、映画版では二階堂ふみ演じる少女(レズビアンのような関係の共犯者もいる)に変更されています。

緑川は脳男と似た境遇を持ち、また「感情が欠落している」サイコパスでした。
感情を持たないながらもダークヒーローとなったのが脳男であり、無差別に人を殺す悪になったのが緑川で、二人は表裏一体のような存在なのです。

緑川は病院内に張り巡らされた「検体」を運ぶパイプを使い、爆弾を病院中に送り、爆破させます。

脳男は病院の地図を完璧に記憶しており、犯人のいるところを示すことはできましたが、ほとんどが犯人の思う通りにことが運びます。

爆弾処理班の黒田が死に、茶屋の部下は解除できない爆弾でがんじがらめにされ、茶屋は緑川に「一郎くん(脳男)を殺せば助けてあげる」と脅され、茶屋と黒田は戦いはじます。
しかし部下は自らの体を揺らし、自爆します。

脳男は、足を引きずりながら地下駐車場に向かいます。
そこには車に乗った緑川と鷲谷がいました。

緑川は、車で何度も脳男を轢きます。
鷲谷がサイドブレーキをかけ、なんとか死なずにすんだ脳男は、緑川の首を絞め、殺そうとします。

鷲谷は「あなたは殺人ロボットじゃない、人間なの!」と、涙ながらに説得します。

終止符を撃ったのは、茶屋でした。
彼は銃で緑川を何度も撃ち、脳男も撃とうしますが、弾がきれていました。

脳男は、足を引きずりながら、そのまま行方をくらまします。


~ラスト~

鷲谷のところに脳男からのメールが届きます。
その内容は「先生の一番大切な患者を殺します」というものでした。

鷲谷が志村のアパートに行くと、そこには死んだ志村と、そして眉と髪を剃られ捕まっている子どもがいました。
鷲谷は志村が立ち直ったと信じていましたが、志村は犯行を繰り返したのです。


序盤と同じようにバスに乗ろうとしている鷲谷に、脳男からの電話が入ります。
脳男は、はじめに志村を見たときにあった「歯型」から、犯行をしていることがわかったと言います。

脳男は「先生の過ちを見過ごすわけにはいきませんでした」と言い、鷲谷は「どんな悪が死に値する基準だって言うの?善悪を語り審判を下す権利なんて誰にだってないわ!」と脳男が志村を殺したことをとがめます。

脳男は、こうも言います。
「先生は僕のために泣いてくれました、そんな人は先生だけです、感謝しています」

そして脳男は、ひっそりと笑みをうかべました。
脳男に、感情はあったのです。

映画は、鷲谷が「あなたはこれからどこへ行くの?」と問うシーンで幕を閉じます。


志村はカウンセリングのときに「俺のしたことは死んでも償いきれない」と言い、鷲谷は「死んだからって償えるわけじゃない」と返していました。

それにもかかわらず、TVで志村の母親は「あの子は殺されてよかった」と答えます。
鷲谷の「戦い」は、あまりに救われないかたちで終結することになったのです。

鷲谷のナラティブセラピーは、緑川が言ったように役に立たなかったのかもしれません。

しかし、鷲谷の醜く太った母親がセラピーを受けると言ったことには、(患者さんに会わせてあげるという想いはかなえられませんでしたが)幾分かの希望を感じます。


~作品のテーマ~

これは「悪をさばく(赦す)」ことの是非を問う物語でもあります。

志村の母親は、鷲谷を「神様みたいな人」と言いますが、結果的に志村を救うことはできませんでした。
脳男は志村を殺しますが、鷲谷は脳男に「あなたは神様なんかじゃない」と言います。

悪を正しくさばける人間はいませんし、悪をさばく人間も、悪を赦そうとする人間も神様なんかじゃありません。

しかし、脳男は殺しという許されない手段を使うとはいえども、普通はできない「さばき」をやってのける、まさにダークヒーローなのです。

そのことに、自分は脳男というキャラクターの最大の魅力を感じました。

脳男 [DVD]
脳男 [DVD]
posted with amazlet at 16.02.02
バップ (2013-08-28)
売り上げランキング: 25,460

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-02-10 : 映画感想 : コメント : 13 : トラックバック : 1
Pagetop
観る拷問「ムカデ人間2」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー «  ホーム  » 最後まで最後が不満「映画ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『脳男』
映画『脳男』公式サイト 爆破テロで多数の死者発生。 犯人を捜す刑事(江口洋介)、現場に居合わせた医者(精神科?松雪泰子)。 江口が犯人のアジトで見つけた男(生田斗真)。 生田は感情が欠落しているものの、脳が異常に発達していたことから、祖父の教育方針によって、体を鍛え上げ、知能も相当に発達した。 それで「脳男」と呼ばれるようになった。 祖父はその体と知能で世の中の悪を滅ぼせと洗...
2014-03-09 17:46 : 月のブログ
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

はじめまして。
検索からたどり着いて記事拝見させて頂きました。
本文中の「包帯」とは鑑定室の棚の上に置かれていた白い箱の事でしょうか?
それならば爆弾犯が仕掛けたカメラが仕込まれてましたよ。
ただなぜ脳男が見ていたのかはわかりませんが…
「包帯」について私の勘違いでしたらすみません。
2013-02-11 00:51 : URL : 編集
Re: タイトルなし
ええ!その箱のことです。
そうだったのか、参考になりました、記事に追記させてください!
2013-02-11 01:26 : ヒナタカ URL : 編集
検索からきました!!
実は志村くんのお母さんは山崎ハコさんだそうで。意外でした。
包帯のあの箱抱きかかえながら、太田莉奈が抱えながら?にやっとしてたシーンがあったので、しかけたのかな?と思いました。
それと同時に盗聴器と鍵の型とったシーンです。
2013-02-11 21:12 : 采 URL : 編集
Re: タイトルなし
山崎ハコさんは恥ずかしながら存じ上げませんでした。シンガーソングライターだったんだ・・・

> それと同時に盗聴器と鍵の型とったシーンです。

ありましたね、そのシーン。
ありがとうございます、追記させてください。
2013-02-11 23:57 : ヒナタカ URL : 編集
セラピーを受けるといってももう母親に会わせる相手はいないから受けられない鬱エンドだったようなー
2013-02-13 00:01 : URL : 編集
Re: タイトルなし
確か、母親に「患者さんに会わせてあげる」というセリフがあったんでしたっけ。(ごめんなさい、覚えていないです)
確かにそう考えると救いはあまりありませんね。ご意見感謝です。
2013-02-13 12:30 : ヒナタカ URL : 編集
初コメです。
今日映画見て来たのですが脳男の最後の笑みが気になりました。
もともとあったのか、それとも感情ざ生まれたのか?
2013-02-16 00:43 : なお URL : 編集
Re: タイトルなし

> 脳男の最後の笑みが気になりました。
> もともとあったのか、それとも感情が生まれたのか?

どっちともとれますね。
登山家の男がいったように、祖父以外の人間と触れ合うようになって。少しずつ変わっていったのかもしれません。
2013-02-16 13:39 : ヒナタカ URL : 編集
丁寧な説明に感謝!
はじめまして。私も検索から辿り着いて記事を拝見しました。
実は私、海外に住んでいて一瞬の帰国のタイミングで、さらに僅か半日の自分だけの時間を使って見たのが本作。
しかしなかなかの衝撃作で、心の中に、もやもやを抱えたまま日本を離れる事になってしまいました。どうしても他の方の感想&評価を聞きたい、見逃しているであろうシーン&伏線をおさらいしたいと思い色々な方のレビューを見ていたのですが、カゲヒナタさんのレビューは単なる感想を越え、物語の骨格を分かり易く説明されており、とても参考になりました。
衝撃作『脳男』、私の評価はかなり高いです。ストーリーに矛盾がある、説明不足 と感じられている方もいるようですが、犯罪を犯す人には説明ができない感情が起こったり、説明不足だからこそ恐怖を感じるように思います。「この映画は良い」と万人にはおススメできないのですが、自分の心の動きについて話がしたい、他の人の心の動きが知りたいと思える映画ってスゴいな〜というのが素直な感想。
それから、私もこの映画で生田斗真にしびれて、彼の俳優の軌跡を追ってみました。あるインタビューで「白紙に自分の名前が書かれたチラシだけで『この映画は良さそうだ』と劇場に足を運んでくれるような俳優になれたら……」と語っていましたが、そんな夢が現実になりそうな気がします。それは、二階堂ふみさんにも同じ事が言えそう。邦画の未来にも可能性が見えてきましたね。
これからもカゲヒナタさんのレビュー楽しみにしていますっ
2013-02-18 19:52 : itotosai URL : 編集
Re: 丁寧な説明に感謝!
itotosaiさん、過分な褒め言葉、ありがたく頂戴します。
けっこう時間がない中で書いたので拙いところがあるなあ・・と思っていたのですが、受け入れてもらえて嬉しいです。本当に書いてよかったです。

生田斗真さんは単にイケメンなだけなく、演技派男優として素晴らしかったです。
二階堂ふみさんも失礼ながら「目が大きい美少女」の印象が大きかったのですが、この映画でさらに魅力的に思えました。

いつまで続けられるかわかりませんが、できる限り感想をコンスタントに書いていきたいです。
2013-02-18 23:46 : ヒナタカ URL : 編集
些細な点ですが
×献体
○検体
あのチューブの中を死体が飛んでたらちょっとシュールです。
あの中にあるのは検査用の試料の方かと思います。
2013-02-23 01:20 : ku-pa- URL : 編集
Re: 些細な点ですが
> ×献体
> ○検体
> あのチューブの中を死体が飛んでたらちょっとシュールです。
> あの中にあるのは検査用の試料の方かと思います。

本当ですね!間違えました、ご指摘感謝です。
2013-02-23 10:04 : ヒナタカ URL : 編集
No title
突っ込み所が多いですね。

最初の占い師があれだけの虐待を受けた後、他の場所にいる人間に脅かされて、バスに乗るのが分からない!
バス停留所に、強制的に連れて行かれて、動けない状態で、大衆を巻き込んだ爆殺にすれば、チョットは良かったのか?

日本人の警官が銃をぶっ放すってのは、やっぱ、現実感が薄れて駄目ですね。

それと、ダーテイ・ハリー風の独走刑事の描き方。

あの病院内の伝送管システムを使った爆弾の移動、あれは、1回爆発したら、風圧がリークして無理だと思うのですが。

ゴルゴ13の趣+映画では、やっぱり「ターミネーター」の世界観。

殺された児童誘拐犯の母親が「あの子は、殺されて良かったんです」のようなセリフを言いますが、あれを問題にした??関係の評論家みたいなのはいなかったんでしょうか?

私は、あの母親のセリフに溜飲を下げましたが。
2013-03-03 15:51 : sakura URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。