ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

無敵オヤジと無敵息子「ダイ・ハード5/ラスト・デイ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はダイ・ハード/ラスト・デイ(原題:A Good Day To Die Hard)です。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:アクションしかなかった


あらすじ


刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は久しく会っていなかった息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを起こした上に留置されていることを知る。
ジョンが現地に訪れると、彼はまたしてもテロ事件に巻き込まれてしまう。
混乱のさなかにジョンとジャックは再会するのだが、そこには大きな陰謀が渦巻いていた・・・




エネミー・ライン」「マックス・ペイン」のジョン・ムーア監督最新作にして、人気シリーズ「ダイハード」のシリーズ第5弾です。

ブルース・ウィリス
1477円
powered by yasuikamo

シリーズ1作目は一進一退の攻防と練りに練られた伏線が抜群に面白く、アクション映画の大傑作として知られています。

そんな完成度をこの「ラストデイ」に期待すると、肩すかしであることは間違いありません。
本作はドンパチやってるアクションしかないと言っても過言ではないのです。

一応ドラマもあります。
本作で焦点があたっているのは、主人公の息子である「ジャック」のキャラクターです。
父であるジョン・マクレーンは、なぜか留置所にいれられているジャックのためにロシアのモスクワに向かいます。
そこでまたもテロに巻き込まれ、悪をくじくために戦うというシリーズ通しておなじみの展開が繰り広げられます。

本作ではジョンだけでなく、息子のジャックもともに戦います。
ジョンは後先考えない「出たこと勝負」の人間ですが、ジャックは「慎重派」です。
そんな凸凹コンビのバディ・ムービーとしても楽しめるでしょう。

描かれているのは親子の確執・そして絆。
仕事ばかりだった父と、父を嫌っていた息子の描写は普遍的なものなので、多くの方に受け入れられるでしょう。

しかしそんな要素は添え物にすぎず、あとはアクションぶっ続け
本作の上映時間はシリーズ最短の100分足らず。
しかもアクションシーンがその7割を占めるというバブリーな構成なので、それを期待するなら大いに楽しめると思います。

さらにマクレーン親子は作中で言われているように「不死身」に思える無敵さなため、あんまりハラハラしませんwそこは弱点でしょう。

でもこれでいいんじゃないでしょうか。
小難しいドラマや会話シーンは最小限で、あとは大いにアクションで楽しんでもらうサービス精神は大好きです。
しかもけっこう意外な展開も待ち受けています。これも安っぽいと言えば安っぽいんだけどね。


原題の「A Good Day To Die Hard」もいいセンスだと思います。
これはインディアンの「死ぬにはいい日だ」ということばのもじりなのです。
邦題は最終作のようになってしまいまいしたが、6作目の制作も宣言されているのでご安心を。

地味に残念だったのが、予告編で使われていた「ベートーヴェン交響曲第9番:歓喜の歌」が本編で使われていなかったことです(エレベーターのシーンで申し訳程度には流れます)。
<歓喜の歌 交響曲第九番 - YouTube>
実はこれ、1作目のエンドロールでも使われていたんですよね。予告編で使われていたのはある種のファンサービスだったのでしょう。


ちなみに息子・ジャックはシリーズ初登場ではありません。1作目の冒頭でちょこっとだけ出ています。

そこにいたジャックマクレーン<息子初登場

なんと台詞すらない不遇なキャラでした。
ちなみに前作「4.0」でも登場し、予告編にもいた娘・ルーシーにはちゃんと台詞がありました。

ルーシーマクレーン<あらかわいい

そんなシリーズのファンからも忘れさられていただろうジャックが、今回で活躍して本当によかったです。
マクレーンの妻を演じたボニー・ベデリアもご存命なので、6作目では是非家族揃って活躍して欲しいですね。


過去作品を全く観ていなくてもストーリーはほぼ100%わかるくらいの単純な映画です。
ただし人殺しのシーンがショッキングなのでお子さまが観るのには要注意。

シリーズおなじみの知略だとか、情報戦略だとか、現地の警察と協力するだとかの展開はありません。
こんな行き当たりばったりなゴリ押し映画を「ダイ・ハード」と呼んでいいのかどうかは激しく疑問ですが、「バトルシップ」などのバカ映画が大好きであればおいしくいただけると思いますよ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にどうぞ↓















~小ネタ~

モスクワのタクシー運転手との会話は面白いですね。
・「suck traffic(くそったれな渋滞)」を「sex club(エッチなお店)」と聞き間違えられる
・ジョンはニューヨークのことを、愛称である「ビッグアップル」と言う
・タクシー運転手はフランク・シナトラの歌(タイトルは失念)を高らかに歌う
・タクシー運転手は「the top of the heap(最上層)」を「the top of the hip」と言う
英語でも上手く会話ができていません。
この後にジョンが無理やり車を止め、突きかかってきた男に逆ギレして「ロシア語なんか使うな!」と言ったときにはたまげました。

・敵の「アリク」はジョンとジャックの銃を奪ったあと「レーガンは死んだ、1986年じゃないぞ」と言う
ソ連(旧ロシア)を真っ向から否定した人物だもんなあ。1986年はチェルノブイリ事故の起こった年ですね。

・ジョンは隠れ家(safe house)が襲撃されたとき、どこが隠れ家だ?と言う
「『safe』 house」ならではの皮肉ですね。日本語では伝わりにくいけど。

・ジョンはチェルノブイリに行くと知ったとき「グルノーブルじゃなくて?」とジャックに聞く
ジョンは休暇に恵まれてないもんね。スキーのひとつでもしたいよね。

・ジョンはチェルノブイリにあった金庫のことを「ニューアークみたいだ」と言う
治安が超悪い地区だそうです。


~カーチェイス~

まあとにかくむちゃくちゃ。道行く先ですさまじい勢いで車を壊しまくります。

ロケット弾をブレーキで避けるジョンもすごいよなあ・・・さらに車を回転しさせながら車を下敷きにしてぶっ壊し、車でレッカー車の上を渡っていき、敵を止めるジョン。ゴリ押しすぎる。

ジャックが口では「クソ野郎だ」「お前のせいで3年かけた計画が5分でパアだ!」とはいいつつも、ジョンのために戻るのも微笑ましかったですね。


~最上階での銃撃戦~

隠れ家でジャックの相棒があっさりと死んでしまい、負傷したユーリー(コモロフ)を娘に会わせて金庫の鍵を手に入れるため、ホテルの最上階に向かいます。

そこにはユーリーの娘のイリーナがいましたが、彼女は父親を人質にとります。

そこで起こる銃撃戦。ジョンとジャックは2人揃って天井を撃ち、ガラスを落として攻撃します。

上を撃つ2人<2人で攻撃!

これは1作目での「机の下から攻撃」のシーンを思わせました。

上を撃つマクレーン<1作目で机ごしに撃つジョン

敵がヘリに乗り逃げられたように思った矢先、今度はそのヘリがマシンガンを撃ってきます。
そこでマクレーン親子は窓からダイブ!

窓から逃げる親子<後先考えずにジャンプ

しかもその先でも追われる2人は、避難用の赤いパイプ(?)を伝いながら下に降りまくる!
普通ならどう考えても死ぬところですが、さすがはDIE HARD(なかなか死なない)です。


~真相と黒幕~

ジャックはジョンにことのあらましを語ります。
元国防の男ヴィクター(チャーリガン)は、さっきまで護衛をしていたユーリーとつるんでいたことがあり、軍事用のウラニウムを横流ししていようとしていました。

チェルノブイリの爆破事故も、そのためだったのです(当然史実とは違いますが)。
このへんの話題は「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」を彷彿とさせますね。

アリクとイリーナ、拘束されているユーリーがチェルノブイリの金庫にたどり着きます。
チェイルノブイリの巨大な倉庫には、ヴィクターを失脚させるためのファイルなどはなく、濃縮ウランだけがありました。
ユーリーは唐突にアリクを殺し、なんと娘のイリーナと抱き合います。

ホテルの最上階でイリーナは父のユーリーを裏切り、人質にとったかのように思えましたが、それも実は演技だったのです。
全ては親子でウランを手にいれるためであり、ヴィクターの刺客も利用されただけにすぎませんでした。

ユーリーはマッサージ室にいたヴィクターを刺客に首をひねらせることで間接的に殺し、ウランを運び込もうとします。
しかし、そこにマクレーン親子が現れるのです。


~ラストバトル~

マクレーン親子はクラブに来ていた客の銃器をまるごとパクり、放射能があたり一面にあるのにもかかわらずガスマスクなしで現場に直行(大丈夫なの?)。

敵は放射能を無効化する「中和ガス」なるものを散布します。そんなんあるわけねえだろ!

ジャックはウランの存在に気づき、ジョンはユーリーの嘘を見抜きます。

ジョンとジャックはぽっと出のムキムキマッチョなお兄さん(台詞なし)を手投げ弾であっさりぶっ殺します。そこらじゅうに爆弾の原料のウランがあるのによくやるよ。
*ウランそのものは爆発物ではないので問題ないとのご指摘を受けました
そしてジャックVSユーリー、ジョンVSヘリに乗ったイリーナという、親×子の戦いが勃発します。

ユーリーはジャックに投げられ、イリーナの乗ったヘリのローターに巻き込まれ死亡。
イリーナは「パパのかたき」のために建物に特攻しますが、わずかに逸れてしまい、ヘリごと落ちて死亡します。

そして2人もフロアを超えて落ち、着水します。

ヘリと一緒に<ヘリと一緒に

部屋に入って<部屋に入って

また部屋から出て・・<部屋から出て

着水!親子<着水!

これほどの荒唐無稽かつ大迫力な落下シーンが観れて大満足でした。
あと作中でも言われているんだけど、放射能だらけの場所の水に入って大丈夫なの?もうこの親子にそんな心配はいらんだろうけど。


~親子~

ジョンは息子がCIAのスパイだと知ると、「馬鹿な!ニュージャージ生まれの007か?ヤクの売人じゃないかと思っていたよ」とひどい言い方をしていました。
しかし、ユーリーを追い詰めた時には「息子はCIAだぞ、問答無用のスパイだ!」と息子を肯定して言います。

ジャックは「父親は選べない。最低の親父だ」とジョンのことを言っていました。
しかし、ユーリーに「俺を信じないのか?」と問われた時には「親父のほうが付き合いが長い」と答えました。

ジョンはスパイとして必死で戦うジャックの姿に、思うことがあったのでしょう。
ジャックもまた、父親の戦う姿、中盤にジョンがが仕事一辺倒の父親であったことを反省しているのを聞き、思うところがあったのでしょう。

ジョンとジャックがラストバトルに向かう前、ジョンが「お前の仕事を邪魔してすまなかった、ドンパチになったが、お前といたから楽しかった。愛しているよ」と言い、ジャックが「俺もだ」と言ってくれて嬉しかったです。

それでもジャックは最後に「DAD(父さん)」とジョンのことを呼んだのに、「空耳だよ」としてしまうあたりは素直じゃありません。そんなところも大好きです。

敵のユーリーとイリーナは、そんなマクレーン親子と比べていびつな親子関係です。
彼らをつないでいるのは「金(ウラン)」であり、マクレーン親子が貫いているのは「正義」。
そんなところが、両者の明暗を分けたのでしょう。


~ラスト~

ジャックはジョンに「トラブルが好きなのか?それともツイていないだけ?」と問われ、「俺もそれを知りたいよ」と答えます。

ジョンは自分の頭のことを「お前も5年後にはこうなる」とハゲちらかしていることを言い、「お前は『ジュニア』で俺は『シニア』だ」と、年のことも自虐的に言います。

最期はヘリから降り立った2人が、ルーシーに会うところで幕を閉じます。
ジョンでなく最初にジャックにとびつくルーシーにちょっと笑いましたが、長年会っていなかった弟なので納得ですね。

それにしてもジャックはスパイだったのにほっぽいて帰っていいんだろうか?
彼は作戦中に「彼が遅れるなんて」と言われていてそこそこ信用されていたし、大量に破壊しまくったので責任を問われると思うんですけどね。

キャッチコピーには「運の悪さは遺伝する」とあります。
しかし実際はなんだかんだで運がいいんじゃないでしょうか(死なないから)。

ジョンからジャックに遺伝しているのは超人的な能力と、不死身の体、そして人様に迷惑かけまくっている&器物損壊しまくりなのにちっとも気にしない態度だと思います。

おすすめレビュー↓
【ネタばれ】「凄い面白い、一転この映画、心が受入れ拒否」ユーザーレビュー - Yahoo!映画
【ネタばれ】「あのセクシー女優が気になったならば(笑)」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画
【ネタばれ】「本当にジョン・マクレーン?誰だこのハゲ!」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-02-15 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
初めの方では、息子の善悪(?)をも省みず、モスクワに奪還に行くような感じだったので、アリャマ!,「Dark Zero 30」の私家版かなと思ってしまいそうでした。

モスクワ市内のカー・チェースシーンとか、アクション場面では、もうお手の物のシリーズ作品ですね。

パンフレットには、ベンツが大量の車を提供したとかありました。

私、自動車破砕業に関係しているので、廃車がアレだけ出るシーンを見て、別のことを考えてました。

マクレーンが盗ってモスクワ市内の追跡に使ったあのトラックは。ベンツ製の物凄い性能のトラックです。


今後、親子でと言うなら「インデイー・ジョーンズ」か?

あれだけ彼の家族が出ているのに、奥さんが何故か出てませんでした、第2作でした、あの機内の活躍みたいなシーンがあれば面白かったんですが。

最後の帰国の場面にも出てませんでした。


実は私、あの大きな星型が屋上に乗っかっている「ウクライナ」
ホテルに、冷戦時代に泊ったことがあり、懐かしく思い出しました。

フロアー毎に、黒い警備服を着ている「小母ちゃん」がいて、確か個室毎の鍵は彼女の管理下だったそうな記憶があります。
皆で「彼女は、きっとKGBの手先だぜ」なんていったのを思い出します。
滑稽なほど、あの007の「ロシアより愛をこめて」の世界に人間に似ていました。

それから入り口玄関の回転ドワーは、今でも、人生で最大の大きさです。
2013-02-20 15:47 : sakura URL : 編集
Re: No title

> パンフレットには、ベンツが大量の車を提供したとかありました。
> 私、自動車破砕業に関係しているので、廃車がアレだけ出るシーンを見て、別のことを考えてました。
> マクレーンが盗ってモスクワ市内の追跡に使ったあのトラックは。ベンツ製の物凄い性能のトラックです。

そうなのですか!ベンツをあれだけ壊すって・・・さすがハリウッド、お金のかけ方が桁違いです。
MOTTAINAI精神とか皆無そうです。

あとさすがにこの映画は褒めたらアレだと思ったのでお気に入り度は1点さげました。すみません。
2013-02-20 22:33 : ヒナタカ URL : 編集
No title
>そこらじゅうに爆弾の原料のウランがあるのによくやるよ。
ウランそのものは爆発物ではないので問題ないでしょう。
しかし、最初のカーチェイスとかは抜群に面白いけど、前作あたりからマクレーンはスーパーマンになってしまって、ボロボロになりながらぼやいて巻き込まれるというダイ・ハードが終わってしまったと感じます。どちらかと言うと揉め事に積極参加している。
ダイ・ハードは2作目まで、大目に見ても3作目までですかねぇ。
2013-03-02 19:20 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。