ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

信じたいもの 映画「レッドライト」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はレッド・ライトです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:後半の展開はアレだけど、深い


あらすじ


物理学者のマシスン博士(シガニー・ウィバー)とバックリー博士(キリアン・マーフィー)はともに数々の超常現象や超能力を解明していた。
彼らの元に久しぶりに人気超能力者であったサイモン・シルバー(ロバート・デ・ニーロ)が復帰するというニュースが飛び込んでくる。
マシスン博士はシルバーに接触することを拒もうとするが、それには理由があった・・・




リミット」のロドリゴ・コルテスが監督・脚本を手がけた作品です。

前半のプロットはシンプルで、キリアン・マーフィーとシガニー・ウィーバー演じる物理学者が、次々と超常現象や超能力を解明していくというものです。
ここはシガニー・ウィバーのひょうひょうとした態度、ペテンを暴いていく過程、数々の蘊蓄が抜群に面白く、この手の「超能力談義」が好きな人にはたまらないものです。

蘊蓄には「占星術」「クリス・エンジェル」「ケチの理論」などがありますので、知っておくのもよいでしょう。
テンポもよく、映像のつくりもスタイリッシュで飽きさせません。

しかし後半はがらりと様相を変えて、抽象的な演出や、ホラー色も感じられるようになります。
ここからの展開はあまりにも雑で失笑ものでした。

そのためか本作のジャンルは「サスペンス」「SF」「ホラー」「推理物」がごった煮状態な印象でした。とにかく変な映画なのです。


しかし個人的にはけっこう好きな作品です。
以下の3点がその理由です。

①登場人物の背景がしっかり掘り下げられているので感情移入ができる
②ある「秘密」が隠されている
③シーンひとつひとつに深読みができる

①は本当に丁寧でした。
作中に「超常現象を暴く意味はあるのか?」と問われるシーンがあり、その理由は登場人物の想いが十分すぎるほど伝わるものでした。

②はカンのいい人なら早めに気づくでしょう。
オチ自体はそれほどほめれるものではありませんが、伏線の張り方は上手いので納得はできます。

③はひとつのシーンでも解釈がわかれ、あれやこれやと考察ができる面白さがあります。
まあ本作はどう考えてもおかしいツッコミどころあるので、わりと台無しになっているのだけど・・・

ロバート・デ・ニーロとシガニー・ウィバーという大スターが出演していることも魅力のひとつですが、デニーロの出番は少な目なので、その活躍はあまり期待しないほうがいいかもしれません。


印象をかいつまんで言えば「前半がすごく面白く、後半がつまらない」映画です。
前半に高級フランス料理食べていたら後半は牛丼が出てきたような感じです。自分はどちらもおいしくいただきました。
これから観る方は「前半のわくわくがどんだけ台無しにされるか」を期待すると(違う意味で)楽しめるんじゃないかと思います。

ごり押し展開も好きだという心の広い人は上記のお気に入り点数に+1点くらいの満足度を期待してもいいと思います。
サスペンスの整合性を重視する人にはー5点くらいでw
そこそこ以上にはおすすめです。

エンドロール後にも1シーンあるので、お見逃しなく。

以下、結末も含めて盛大にネタバレです 鑑賞後にお読みください↓















はじめに展開を書き連ねてから、疑問点や不可解な点を書きます。

~前半の展開はすごく面白い~

2人の物理学者のコンビは実に楽しかったです。彼らが解決した事件(と呼んでいいのかな?)をみていきましょう。

・霊と交信をしている屋敷
霊と交信をしているように見えたのは、美容師の女性の自作自演であり、住んでいる女の子が「共犯者」であったためです。
美容師は机に力を加えて浮き上がるように見せかけ、女の子は「この家から出て行きたい」という想いを叶えるために音を鳴らしていたのです。
マシスン博士が女の子の話を聞いてあげて「もうやらないという取り引き」をしたこと、
何も解決していないのに2人は出て行くが最後に「美容師を追い出して」と夫に告げたこと、
オープニング映像をはさんでから「ネタばらし」をしたことも好きです。

・無意識に絵を描く男の子。ヘビメタ音楽を聞いていると上手くいくときがある
解決したかどうかは不明でしたw
ヘビメタ音楽を嫌がっているマシスンに萌えました。

・観客の前でガン患者などを見抜く男
男は事前に観客の情報を手にしており、耳に入れたマイクから情報を聞くことで人々をだましていたペテン師でした。
男が「神はいない!」とかい言っていたすぐ後に「神の名において」とほざき、マシスンが「ハレルヤ!神がお戻りになったわ」と言うあたりは抜群に面白かったです。
バックリーが妨害されながらも無線を傍受し、最後は情報を発信していた女性のところに乗り込んでお縄となりました。
観客の中に車いすに乗ったや松葉杖をついた人が多かったのも印象的でした。こういうやからは「人の弱みやけが」につけこむ者が多いのでしょう。

・マシスンの同僚の博士が「カードを見抜く患者がいるんだ!」と騒ぐ
しかしマシスンは「メガネにカードの絵柄が映っていること」を見抜きます。
このへんはもう格好良すぎて惚れそうでした。


~マシスン博士の想い~

マシスン博士の息子は4歳から意識不明の植物状態となっていました。
マシスンはシルバーに「あの子は『行きたい』と言っている」と言われ、「そのことばを一瞬でも信じたことを後悔している」と言います。
超常現象を暴くことをしながらも、彼女は「現象を信じることができれば、死後にも何かあると信じられるのに」とも口にします。

マシスンは息子を機械で命を永らえさせていることに疑問を感じていました。
彼女は超常現象を暴くことをしつつも、それらの能力が実在してほしかったのです。
それを見れば死後の世界があると納得できると・・・

最後にバックリーがマシスンの息子の生命維持装置を取り外したのは、バックリーこそが「能力が実在していることを証明する者」にほかならないからです。
この描写もドラマティックで、見ごたえがありました。


~後半のここがヘンだよ~

中盤、倒れていたマシスン博士がなんとお亡くなりになります。ここから映画はなんだかおかしなことになってしまうのでした。
前半/後半の区切りがシガニーウィバーが死ぬシーンというのが失笑ものですよね。
つーかデニーロとシガニーという2大スターの対決が見れないのは残念で仕方がありません。

ここからバックリー博士は、
鳥がガラスに衝突して死んだり、
幽体離脱をしている夢を見たり、
正体不明のビルに吸い込まれるように入ったり、
車にひきそうになったおばちゃんに唾をペッと吐かれたり、
寝泊まりしている実験室の倉庫が一瞬で荒らされるなどの恐怖体験をすることになります。

それはまだオチに関連している出来事だからいいけど、ラストバトルの前にバックリー博士とシルバーにつかさわれた刺客がトイレで肉弾戦をするのはおかしいよね(トイレ壊れまくり)。おまえらはターミネータか。
ショーのさなかにそんなことあったら絶対疑われるだろ・・・これは「ラストバトルが盛り上がらなかったから無理矢理入れた」に思えてどうしようもないです。


~オチについて~

この映画に隠された秘密・・・それは「バックリー博士こそが本物の超能力者だった」ということでした。

バックリーは「自分に似た人を捜していた」「自分は永遠には偽れない」と言います。
彼は超能力者であることを自覚し、自分と同じような「本物の超能力者」を探していたのでしょう。

これに至るまでの伏線で秀逸なものがありました。
それはバックリーがTVでマシスン博士が討論しているのを聞き、「『骨』がでるぞ」と予知したときのことです。
マシスン博士はその後に「まるで骨を出さない犬だわ」と言い、女学生のオーウェンに「なぜわかったの?」と聞かれると、バックリーは「僕は超能力者だ」と答えます。
この時点ではバックリーがマシスン博士と長いつきあいであり、彼女のクセをよく知っているためにわかったもので、「超能力者」と言うのはただの冗談のように思えます。
しかし冗談ではなく、本当に彼は超能力者なのです。これには騙されました。

また、彼は序盤でオーウェンに手品を披露し、「君は間違ったところを見ている」と言っていました。
さらに「超能力を暴くことに意味があるの?」と問われ、バックリーは「ある人がお腹が痛いと言って、霊能力者に心配ないと言われた。でも実際は胃ガンで、わかったときには手遅れだった。それでも暴くことに意味がないと?」返します。
この話の霊能力者とは、ひょっとするとバックリー自身のことだったのではないでしょうか。
バックリーは「自分自身の」超能力を過信したせいで、大切な人を失った経験があり、オーウェンにこのようなもの言いをしたのかもしれません。

唾吐きおばちゃんがバックリーを指さすという伏線は意味不明でしたが、ほかは十分に納得できるものでした。

思えばポスターの「この男(シルバー)を疑い続けろ。」というキャッチコピーも、このオチのためのものだったのでしょうね。

この男を疑い続けろ。<疑うべきはこいつじゃありませんでした。



さて、ここから疑問点をみていきます。


~電話をかけてきたのは誰?~

オチ自体は納得できても、疑問は残ります。
そのひとつが「マシスン博士と、バックリーに講義中に電話してきたのは誰?」ということです。

序盤にマシスン博士のところに無言電話がかかっており、その後にスプーンが曲がってしまっている、という描写がありました。

バックリーのかかってきた電話のときは、他の先生にとりついでもらっているので、少なくとも電話の相手は博士を名指ししているはずなのです。

「バックリーの能力が電話をかけさせ、そのときに『鳥がガラスにぶつかる』『スプーンが曲がる』などの超常現象が起きる」というようにもとれますが・・・やはり不可解です。


~ビルの赤いランプの部屋の意味は?~

マシスンの死後、バックリーはなぜか正体不明のビル内に吸い込まれるように入ります。
*シルバーのアシスタントの女性がビルに入っていったことから、ここはシルバーのアジトであるとご指摘を受けました

そこには、「赤いランプの部屋」がありました。

赤いランプ レッドライト<不気味な赤いランプの部屋

1度目は入らずに退散するバックリーでしたが、2度目は並んでいたおじいさんを押しのけて中に入りました。
そこにはシルバー(それとも似ている赤の他人?)と、赤い部屋に「塩」でひかれた線がありました。

シルバーは「君は私には容易には近づけない」「君を守るのは塩でひいた線か?」「ひとつ重要なことは、期待しないことだ」「不純な目的は怪物を産むぞ」「また会うだろう」と言います。
そしてシルバーは絵の後ろに隠された金庫にお金をしまいました。

このことばは「バックリーの心情」を表したものであり、シルバーは「本物の超能力者」のように思えます。
赤いランプの部屋は、バックリーの精神そのものをあらわしているのでしょう。

塩で線をひき、「近づけない」「不純な目的は怪物を産む」と言ったのは、バックリーへの「自分のように(超能力で)お金で稼ぐようなやからになるな」という諫言なのではないでしょうか。

バックリーは自分が超能力者ではないと偽り、生きてきました。
赤いランプの部屋は、そのバックリーが「超能力を利用しないという一線をひく」という想いを体言しているように思えるのです。

自分に超能力があると偽り、それを利用し、金を稼ぐようになり、怪物になったのが、シルバーなのでしょう。
シルバーはバックリーと真逆の存在ではありますが、バックリーがそうなっていたかもしれない人物なのだと思います。

また、バックリーはビルに入る前に車に乗っており、「前にも後ろに車があり身動きが取れなくなる」というシーンもありました。
これもバックリーが追い詰められ、「板挟み」になっている精神状態をあらわしたものなのでしょう。


~タイトルの「レッドライト」の意味って?~

赤いランプ(レッドライト)は、序盤にマシスンが言ったように「不協和音」を表すものです。
それは出来事を脅かす存在であり、異端分子のようなものなのでしょう。

本作のレッドライトにあたるのは、バックリーです。
彼はシルバーの目の前で超能力を披露し、機器を破壊し、ショーを台無しにしました。
まさしく不協和音そのものです。

彼の精神が「赤いランプの部屋」として現れたのもそのためでしょう。


~心臓麻痺を起こした記者、そしてマシスン博士の死は偶然だった?~

大きな謎のひとつがこれ。
シルバーが最後にペテン師だったと判明したのであれば、記者とマシスン博士が死んだのは偶然にしかすぎないことになります。
しかし、シルバーを糾弾しようとした2人がすぐに亡くなるのはやはり出来過ぎです。

根拠がほとんどない仮説ではありますが、シルバーはある程度は本当の超能力を持っていたのではないでしょうか?

シルバーがボックスの中で数字を答えたのは、オーウェンと学生のベンがトリックであると暴きました。
さらにシルバーは盲目ではなく「見えている」ことも見抜かれます。

しかし、以下は解決していません。
・念写はどうやった?
・手を近づけて水を動かしたのはどうやった?
*静電気の作用でできるとご指摘を受けました
・スプーンまげは?
*練習すればできる?かも→<スプーン曲げの種明かしとやり方をDaigoさんがSMAPに伝授>
・最後にステージ上で浮き上がったのは?
これらもペテンなのかもしれませんが、シルバーは本当にこれらの能力がある上で、さらに嘘の能力を「盛った」ようにも思えるのです。

そう考えると、記者もマシスン博士も本当にシルバーが殺しており、シルバーが長年姿を消していたのもそのためだったのかもしれません。

*以下の意見も頂きました
懐疑論者を標榜する身として最後は複雑な気持ちでした。
記者と博士の死に関してですが、「オッカムの剃刀」を考えればよいと思います。
つまり、記者は「偶然にも心臓発作で死亡した」。博士は、「持病で死亡した」と考えるのが妥当とおもいます。
理由として、バックリーはそのような巧妙な手口ではなく、杜撰で荒い方法で痛めつけられるだけであったからです。依然に心臓発作を起こさせて殺害するような手口をするならバックリーにもするはずです。博士は、薬を飲んでおり、死後のニュースでは血管の奇病と言及されていました。それをそのまま受け取って、博士は「持病で死亡した」と考えるのが妥当とおもいます。超能力と何らかの関係性を強引に結びつつけるのはペテンに騙される人の思考と似ているんです。制作者の意図にまんまと引っ掛かってる印象です。でも、ちゃんとそのヒントも劇中で示されてます。「オッカムの剃刀」という形で。


マシスン博士は「超能力を持つという人間には二種類しかいないわ。超能力が本当にあると信じ込んでいる者と、嘘がバレないと思い込んでいるものよ。どちらも間違いよ」と言っていました。
シルバーが「どちらか(どちらも)」なのかは、観客に判断がゆだねられていると思います。

もうひとつ、2人が死んだ理由を考えるのであれば「バックリーが超能力により殺した」というものがあるでしょう。
バックリーは能力を制御できていないように見えますし、シルバーを追い求めていたバックリーが、シルバーの近くの者を死に追いやったというのはある程度は納得できるように思えます。
個人的にはそれはあまりに悲しい事実ですので、そうではないと信じたいです。


~エンドロール後の1シーンの意味は?~

エンドロール後には、穏やかな様子の「窓を開けた風景」が映し出されます。

ここで「バックリーのもとへ飛んできた鳥がガラスにぶつかって死んだ」ことを思い出してほしいです。
その後にも倉庫の扉の前で鳥が死んでいたことや、学生のベンとバックリーがシルバーの秘密の暴こうとしたときに「鳥がぶつかった音だ、気にするな」とバックリーが言ったこともありました。

これから察するに、このシーンは「飛んできた鳥が死なないように、バックリーが窓を開けた」ということを示しているのだと思います。

「(鳥がぶつかっても)気にするな」と言ったときのバックリーは、マシスンの死のこともあり、シルバーのペテンを暴くことに狂気とも呼べる執念を燃やしていました。
バックリーは最後には「自分の能力を偽らなかった」ことで解放されたのでしょう。
そのことが「自分の能力のために鳥が死なないようにする」という行動に現れたのだと思います。

ネタバレ参考↓
「レッド・ライト」【ネタバレ有り】|映画の夢手箱

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-02-20 : 映画感想 : コメント : 13 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
>マシスンの死後、バックリーはなぜか正体不明のビル内に吸い込まれるように入ります。

⇒このビルからシルバーのアシスタントの女性が出て来てましたよね?
私はシルバーのアジトだと思ってました。

>そこには初老の男性と、赤い部屋に「塩」でひかれた線がありました。

⇒初老の男性て書いてますが、どう見てもシルバーでしたけど・・・
あえて「初老の男性」という表現にしているんですか?

2度も行ったのはシルバーに接触する為と思ってましたが、
兎に角、この「赤いランプの部屋」のシーンは意味不明ですね・・・
2013-06-24 04:06 : KP URL : 編集
Re: No title
> >マシスンの死後、バックリーはなぜか正体不明のビル内に吸い込まれるように入ります。
>
> ⇒このビルからシルバーのアシスタントの女性が出て来てましたよね?
> 私はシルバーのアジトだと思ってました。
>
> >そこには初老の男性と、赤い部屋に「塩」でひかれた線がありました。
>
> ⇒初老の男性て書いてますが、どう見てもシルバーでしたけど・・・
> あえて「初老の男性」という表現にしているんですか?


ビルの部屋では、バックリーがはじめて出会ったような印象だったので、自分は「シルバーとは別人?」と思ってしまったのです。
ほかの方の感想を調べると、おっしゃっていることで正しいと思います。
ありがとうございました、訂正します。
2013-06-24 21:11 : ヒナタカ URL : 編集
>・念写はどうやった?
・手を近づけて水を動かしたのはどうやった?
・スプーンまげは?


物理の勉強をして下さい。
2013-07-06 19:26 : URL : 編集
水の下りは静電気で出来るからインチキだと思ってました。
あれがあったから、あー本物ではないのか、と。
2013-07-12 06:04 : URL : 編集
Re: タイトルなし
> 水の下りは静電気で出来るからインチキだと思ってました。

同じご指摘を受けたので追記いたします。
あれは普通にできますよね・・・
2013-07-12 15:46 : ヒナタカ URL : 編集
No title
レッドライトの感想を読ませていただきました。懐疑論者を標榜する身として最後は複雑なきもちでした。
記者と博士の死に関してですが、オッカムの剃刀を考えればよいと思います。
つまり、記者は「偶然にも心臓発作で死亡した」。博士は、「持病で死亡した」と考えるのが妥当とおもいます。
理由として、バックリーはそのような巧妙な手口ではなく、杜撰で荒い方法で痛めつけられるだけであったからです。依然に心臓発作を起こさせて殺害するような手口をするならバックリーにもするはずです。博士は、薬を飲んでおり、死後のニュースでは血管の奇病と言及されていました。それをそのまま受け取って、博士は「持病で死亡した」と考えるのが妥当とおもいます。超能力と何らかの関係性を強引に結びつつけるのはペテンに騙される人の思考と似ているんです。制作者の意図にまんまと引っ掛かってる印象です。でも、ちゃんとそのヒントも劇中で示されてます。「オッカムの剃刀」という形で。
2013-07-14 16:53 : キタシュ URL : 編集
Re: No title
ご意見ありがとうございます。
なるほど、似たような話を星新一の小説で読んだような気がします。
「オッカムの剃刀」が作中に出ていたのは気づきませんでした(もしくは忘れていた)、参考になったので、コメントを記事に掲載します。
2013-07-15 00:19 : ヒナタカ URL : 編集
No title
意見の反映ありがとうございます。これからもちょくちょく読ませていただきます。
2013-07-15 02:03 : キタシュ URL : 編集
No title
こんにちわー。
またよらせてもらいますー。
2013-07-18 10:55 : yasudakei URL : 編集
No title
こんにちわ。

こんなところに感想が!じっくり読ませてもらいました。少しすっきりしたところも。

マシスン博士の死について
薬をたびたび服用していたから、マシスン博士の死は持病によるものだったのではないでしょうか。

車で引きそうになったお婆さんが主人公を指差している

「自分がやっているのだ」との暗示だと思います。
2013-10-15 01:32 : URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-13 01:04 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-13 01:05 : : 編集
エンドロールシーン
こんにちは。
はじめまして。
最後のエンドロールシーンは窓が空いていないような気がします
2014-03-04 10:20 : ぴー URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。