ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

今の政治家に観せたい 映画「デーヴ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

現在公開中の「王になった男」は「影武者もの」として十二分に面白い映画でした。

本日はその影武者ものの傑作映画「デーヴ」(制作:1993年)をご紹介します。

ケビン・クライン
1487円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:もはや名シーンしかない!


あらすじ


派遣会社で働いていたデーヴ(ケビン・クライン)は、大統領のそっくりさんだった。
普段から大統領のモノマネをしていた彼だが、突如政府から大統領の替え玉を申し込まれる。
替え玉は短期間で済むつもりであったが、その夜に大統領が脳卒中で重態になってしまい、デーブは替え玉を続けることになってしまう・・・




これは素晴らしい!面白い!
脚本が抜群に上手く、笑え、切なく、勇気をもらえる、まさに映画らしい映画でした。

主人公のデーヴは心優しく、職を求めている人だけでなく、子どももほおっておけない人です。
その彼が大統領として周りの人にどのような影響を与え、そして世の中をも変えていくか、そこが見所になっています。

「王になった男」でもそうでしたが、一般の「国民の意見に近い」人が大統領の替え玉になったというのがミソ。
だからでこそ、デーヴは替え玉ながら、人々に愛される大統領になっていくのです。

脚本は全てにおいてスキがありませんが、自分は主人公が「派遣会社で仕事を紹介している仕事(ハローワーク)」についているという設定が大好きでした。
この仕事をしていたからでこそ、終盤の「政策」を打ち出したことがとっても嬉しいのです。

ここまでの名作が、いささか知名度がないのはもったいなく思います。
ぜひ、大切な人と観てください。

以下はちょっとだけネタバレです 予備知識なく観たい方は要注意↓





替え玉となったデーヴは、ちゃんと「勉強」します。

誰だっけ・・・えっと<誰だっけ・・・

等身大のパネルを使ってお偉いさんの顔と名前を覚えようとするのでした。
すごく準備がいいね。


大統領のモノマネが宴会芸となっているデーヴは、側近の2人よりも「大統領のクセ」に詳しかったりします。

アメリカのところで片手を<ここで左手で指差すんだ

替え玉が、そもそも大統領のマネが得意だったというのもいいですね。


ちなみに脳卒中で倒れた大統領は不倫をしており、大統領夫人とは心が離れまくっています。
世間では大統領の脳卒中は軽くて問題がなかったとウソを言っているので・・・

死ねばよかったのに!<そのまま死ねばよかったのに

夫人は大統領(デーヴ)の顔を見るやいなや、「死ねばよかったのに」と言うのでした。
ちなみに夫人を演じているのはシガニー・ウィーバー。さすがの貫禄です。


ほかにも映画には豪華キャストがいます。
デーヴは精力的に色んなPR活動に参加するのですが・・・

デザートに・・・

!?

ドーナツなんか<デザートにドーナツはちょっとね

腕相撲を<デーヴ「腕相撲しても?」

軽くひねる<軽くひねられる

なんとシュワちゃんが本人役で登場
映画の中でも大統領と話をするなんて・・・このあたりからカリフォルニア州知事を志していたんでしょうか。

ほかにも映画には実際の人物がたくさん登場するため、エンドロールは「HIMSELF(本人役)」ばかりになっています。

HIMSELF.jpg<多すぎ


素敵なシーンはほかにもたくさんあります。
デーヴは夫人とともにドライヴに出かけ、そこで警察に捕まってしまいます。
当然「大統領だ!」と騒がれるのですが、デーヴは機転をきかせてこの場をやりすごします。

モノマネ役者だよ<モノマネ役者なんだ。

なんと「夫婦でモノマネをやっているんだ」と言うのです。
この後の歌唱シーンも大好きでした。


デーヴはニューディール政策以来となる革新的な法案として、「完全雇用を目指す」ことに乗り出します。

仕事を得た人の顔<仕事を得た人の顔を観たことはあるか

彼は「仕事を得た人の喜びの顔は素晴らしい」と会見で言うのでした。
これもデーヴが「仕事を紹介する仕事をしていた」ためだよなあ・・・


そして終盤にはこうも言います。
「私は国民に雇われた身だ。税金を使い、国民が私を雇ったのだ」と・・・

雇われの身<雇われた身だ

デーヴは偉ぶることなく、こうして身をわきまえるのです。
自分の保身ばかりに走る政治家の方々に見せたくて仕方がありません。


そして最も素晴らしい伏線は、ボディーガードの人の「大統領を命をかけて守る」ということばでしょう。

大統領のために・・・<「大統領のために死ねるのか?」「ああ」

デーヴは「じゃあ、(替え玉の)僕のためにも?」と聞きますが、このときはボディーガードは答えません。

このやりとりの伏線は、最高の形で回収されることになります。
そのときボディーガードが言ったことばは、映画屈指の名言と言っても過言ではありません。

ラストの爽快感はもう最高。
デーヴとその周りの人たちが、きっと大好きになるはずです。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-03-03 : 旧作映画紹介 : コメント : 3 : トラックバック : 1
Pagetop
主人公が試合をしないスポーツ漫画「クロスマネジ」レビュー «  ホーム  » ウソで塗り固められて・・ 映画「フライト」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『デーヴ』(1993・アメリカ)96点。ネタバレ感想
2時間弱の映画だが、体感時間は30分くらいだった。 え、もう終わり?という感じ。 脚本が素晴らしい。この本を読んで出演を断わる役者さんはいないんじゃないだろうか。 演じ甲斐あるし、ヒットは約束されたようなものだし。 唯一惜しいのがタイトルか。 ここだけ投げやりなのが不思議。 全編が見どころのこの映画、特に上手いと思ったのはデーヴが交通違反でパトカーに捕まるシーン。 この...
2014-06-11 23:00 : 23時の雑記帳
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私もこの映画が大好きです!!DVDも持っていてもう何度観たかわかりません。

まぁアメリカの政治なんてそう簡単にうまく行くわけないよね…とちょっとツッコミ入れたくはなりますが…。

でもラストシーンはホント最高。心がとっても暖かくなりますよね。

ヒナタカさんがこの映画を紹介してくださって嬉しいです。

久しぶりにまた観ようっと。
2013-03-04 16:19 : 緑茶きのこ URL : 編集
No title
こんばんは、私もこの映画が大好きです。今回、大好きな作品を紹介していただいて、嬉しくて仕方ありません。

この映画は、アメリカの良心というか、ハリウッドの良心みたいな作品だと思うのです。

しっかりと作りこまれた脚本、セリフが無くても、目線だけで伝わる役者の演技、こだわりのセット。ハリウッド映画の本来の姿だと思っています。
最近は、こんな映画が少なくなってきてる気がします。

このレビューのおかげで、でBlu-rayが出てるのを知りました。早速買わなくちゃ。ありがとうございます。
2013-03-04 23:10 : 夏兎 URL : 編集
Re: No title
緑茶きのこさん、夏兎さん、ありがとうございます。
マイナーな作品だと勝手に思っていたので、好きだと言ってくれる方がいて嬉しいです。
本当に人に勧めたくなる作品でした。
2013-03-05 19:17 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。