ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

信じる心 映画「オズ はじまりの戦い」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はオズ はじまりの戦い(原題:Oz: the Great and Powerful)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:サム・ライミ監督にしては無難なファンタジー


あらすじ


カンザス州で奇術師として働くオズ(ジェームズ・フランコ)は、気球に乗り込んだ後に竜巻に襲われてしまう。
気球がたどり着いた先は、魔法の国・オズだった。
オズは西の魔女・セオドラ(ミラ・クニス)とその姉である東の魔女エヴァノラ(レイチェル・ワイズ)から、南の魔女グリンダ(ミシェル・ウィリアムズ)の退治を頼まれるのだが・・・




スパイダーマン」「スペル」のサム・ライミ監督最新作です。

本作では、ファンタジー映画の元祖である「オズの魔法使」の前日譚にあたる物語が展開されています。

ジュディ・ガーランド
1487円
powered by yasuikamo

原作はライマン・フランク・ボームによる児童文学ですが、こちらの映画版がもっとも有名でしょう。
制作されたのはなんと1939年で、第二次世界大戦の直前です。
CGが存在せず、衣装の技術も確立していないこの時代に、ここまでのファンタジーを作り上げたことは驚嘆に値します。
今観るとさすがに物語の弱さを感じるところもありますが、名曲である「Somewhere Over The Rainbow」も含めて、是非子どもに観てほしいと思える作品です。


そして今回の「オズ」は、この「オズの魔法使」にリスペクトを捧げている作品になっています。
序盤がセピア(画面の比率も3:4)で描かれることもそうですが、「オズの魔法使」に登場したことばや登場人物、果ては世界観が忠実に最新のCGで再現されています。

そして特筆すべきはその風景の美しさでしょう。
カラフルかつ煌びやかなその光景だけで、つい見とれてしまう美しさがあります。
自分は2D字幕版で観ましたが、本作においては確実に3Dのほうが楽しめるでしょう。
特にオープニング・クレジットは素晴らしい出来で、ここだけでも3Dで観たかったと思わせるものでした。

物語のほうもなかなか気が利いています。
注目してほしいのは、序盤のモノクロームで描かれている場面での、主人公のオズの周りの人の描写です。
後の魔法の国では、それと同じ役者が演じているキャラクターが出てくるのです。
これも「オズの魔法使」と同じ手法です。これがあってこその「くすぐり」にはニヤニヤさせてもらいました。


ただし本作には欠点も多いです。
一番気になるのは、主人公が魅力に乏しいことでしょうか

主人公・オズは奇術師でありペテン師。
ついでにプレイボーイで、けっこうイヤなやつでもあるです。
このことは作中でも存分にイジられているのですが、やっぱりあんまり応援する気になれません。
もう少し主人公が好きになれる要素があってもよかったと思います。
演じているジェームズ・フランコは素敵なのですけどね。

ほかにも展開にちょっとした不満点がいくつかあります。
些細なつっこみどころではあるのですが、違和感が拭えないのは残念でした。


個人的に最大の魅力であったのは、仲間として登場する「陶器の少女」がめっちゃ可愛いことでした。

陶器の少女<けっこう活発です

主人公のことはおいといて、彼女のことは大好きになれるはずです。

トータルでみれば存分に楽しめるファンタジー映画です。
主人公の成長、奇妙な仲間との触れあい、奇想天外な冒険譚を期待する人には十分におすすめできます。
ただしキスシーンが多いので子どもが観るにはちょっと要注意です。

ただサム・ライミのファンとしてはあまりに毒っけがなく、無難な仕上がりになっていることがちょっぴり物足りなかったりもします。
死霊のはらわた」「ダークマン」のようなマニア向けする作品もたまには撮ってほしいなあと、勝手ながら願います。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓















~1905年・カンザス~

モノクロームで、大道芸人たちが自分たちのショーを披露している光景が映し出されます。
「オズの魔法使」(以下オリジナル版)の物語を、映画が作られた1939年のものとするならば、本作はその34年前が舞台となっています。

ここで登場した以下の人物は、魔法の国での登場人物とリンクしています。
・オズの助手としてデビューした女性
・オズの助手の男性
・ショーで「歩かせて」とオズに頼む、車椅子の少女
・「いいやつ」との婚約を告白した、オズの思い人・アニー
映画を観るにつれて、魔法の国のあの人が、あのカンザスの人を象徴していたと、わかるようになっています。

ショーでは客に「ワイアーで吊っている」と見抜かれるも、オズがそのことを証明したように「はさみで切るフリ」をしてワイアーでないことを証明するシーンがあります。
これも最期の戦いとリンクしている出来事です。


その後に気球に乗ったオズは、予期せぬ竜巻に巻き込まれます。
車輪が飛んできたり、鋭くとがった木が気球の籠にささったり、オリジナル版に比べてサスペンスフルになっていました。

そして竜巻がやむと、ほぼ正方形サイズだった画面は横に引き伸ばされ、セピアだった画はゆっくりとカラフルになっていきます。
美しい魔法の国の光景は目を見張るものがありましたが、演出としては「扉を開けるとそこにはカラーの光景があった」というオリジナル版の演出のほうが好みです。


~セオドラ~

セオドラ

オズが魔法の国ではじめに出会う人物です。
セオドラはオズを「予言で知った偉大な魔法使い」と言い、自身のことを「善い魔女」と言います。

オズはすぐにセオドラと仲良くなります。
オルゴールを贈り、ダンスに誘い、あまつさえキスさえします。

しかし・・・彼女は気性が荒く、姉のエヴァノラにもそのことをとがめられていました。

オズはセオドラに殺せと言われていた魔女・グリンダが、実は善い魔女であることを知り、行動を共にするようになります。

セオドラは、オズにみじみな目に合わされたと思い、エヴァノラにだまされて「青いりんご」をかじります。
その結果、彼女は「緑の魔女」に変身してしまうのです。


セオドラは序盤に登場した「オズの助手としてデビューした女性」とリンクしています。
どちらの女性も、華々しい人生の転身を約束され、オルゴールを贈られるも、すぐにオズはどこかへ行ってしまうのです。


~エヴァノラ~

エヴァノラ

グリンダの父を殺し、妹でもあるセオドラをも利用してエメラルド・シティを支配しようとした、諸悪の根源とも呼べる存在です。

彼女はオズの前では上品に振舞い「この人は好きよ」と言っていましたが、ひとたびオズがその場を離れると「あんなバカを連れてきて!」と声を荒げます。
さらにセオドラを「悪い魔女に寝返ったの?」と根拠もなしに責めるのです。

さらにエヴァノラは「オルゴールをオズにもらった」と言い、「彼と踊ったの」「まだ彼の体を感じているわ」と、オズに恋するセオドラを挑発していました。

セオドラは世間知らずで、狡猾なエヴァノラにいいように操られていたのでしょう。
エヴァノラのためにオズを恨み、そして悪しき「緑の魔女」となってしまうことに、セオドラの悲劇があります。


~グリンダ~

ミシェルウィリアムズ

セオドラとエヴァノラに「殺せ」と命じられたグリンダでしたが、その正体は「善い魔女」でした。
オズがエヴァノラの追っ手に魔法を使わずに「逃げよう」と言ったおかげか、グリンダはあっさりとオズが魔法使いでないことを見抜いたようです。

グリンダが「シャボン」を使ってオズ、フィンリー、陶器の少女を運ぶシーンは大好きです。
その後に「よい心を持っている者が通れる壁」に向かうとき、オズが「俺は通れない!」と言うのにも笑わせてもらいました。

彼女はオリジナル版ではこんな外見でした。

北の魔女グリンダ 良い魔女?悪い魔女?<けっこう老けた?

本作ではグリンダは「南の魔女」でしたが、オリジナル版では「北の善い魔女」でした。
呼び名が変わった理由は今回はわかりませんでしたが、続編で語られるのかもしれません。
*以下のご指摘をいただきました
>これは原作となった小説版を意識してのことでしょうね
> 映画版では統合されていますが、本来グリンダは南の魔女で北の魔女はドロシーを送り出すだけですから



グリンダは序盤に登場した「オズの思い人・アニー」とリンクしています。
アニーとグリンダは同じ役者が演じており、オズもグリンダに「どこかで会った?」と聞いています。
オズは婚約をしたアニーのことをあきらめますが、グリンダとの顛末は素敵なものになっています。


~フィンリー~

翼の生えている猿のような外見です。

彼はツタに絡まっているところをオズに助けられ、その後にライオンに襲われると「彼(オズ)から先に食べて!」と恩をあだで返します。こいつよく「よい心を持っている者が通れる壁」を通れたな。

フィンリーはオズが「自分は魔法使いじゃない」ことをはじめに打ち明けた存在でもあります。
そうしたことも、フィンリーがオズの「相棒」となっていったことに関係しているのでしょう。


フィンリーは序盤に登場した「オズの助手の男性」とリンクしています。
演じている役者も同じです。
オズが助手の男性に向かって「俺に友だちはいらない」と言ったことは、オズが最期にフィンリーに告げたことと対になっています。


~陶器の少女~

彼女はエヴァノラの襲撃を受け、家族を失ってしまいます。
オズは彼女に「魔法(糊)」を使い、足を直してあげます。

かたくなにオズについていこうとし、いざオズが根負けすると、「魔女を殺しに行こう!」と意気揚々とするさまが楽しかったですね。


陶器の少女は序盤に登場した「車椅子の少女」とリンクしています。
オズは車椅子の少女には「治せるけど、今はできない」とその場を取り繕って逃げましたが、陶器の少女の足は直してあげることができるのです。


~不可解な点・野暮な不満点~

ここで少しだけ、不可解な点や、不満点をあげています。

・カンザス州でムキムキマッチョなお兄さん2人がオズを血なまこで探していた理由は?
まあペテン師のオズのことだから、なにかしら悪いことをしたのでしょう。
> 自分の女に手を出したオズに怒っていたのでは?と意見をいただきました

・「オルゴール」の意味は?
オズは助手の女性に「祖母からもらった」オルゴールをあげ、セオドラにもオルゴールをあげ、エヴァノラもオルゴールを持っていました。オズはいくつオルゴール持ってるねん
エヴァノラのぶんはセオドラをだますための嘘なのでしょうけどね。
オルゴールは、オズの「心のこもっていない贈りもの」の象徴でしょう。
これがあるからこそ、最期の贈りものの意味がより際立ちます。

・ライオンを退けさせた魔法は誰が出した?
オズがフィンリーを助け、ライオンが襲ってきたとき、なぜか赤い煙幕がはられ、ライオンは去りました。
オズはさも自分がやったようにごまかしましたが、それはそばで見ていたセオドラがやってくれたことなのかもしれません。
ていうかオリジナル版ではライオンは「半分人間」な主要キャラなんですが、ガチのライオンが出てくるとは驚きました。
> ライオンを追い返したのはオズの手品であり、ただの手品を魔法のように見せた結果あんなごまかし方になったのでは?と意見をいただきました

・オズがことあるごとに言う「ワンダ!」
wonderは「びっくり」の意。特に意味はないでしょう。

マンチキンのミュージカルを「ちょっと待って」と止めさせるオズ
歌わせてあげようよ
唯一のミュージカル部分もへし折られました。まあ今作はミュージカルをもともと描く気はなかったんだろうけど・・・

ケシの花畑でのトリックにだまされるエヴァノラとセオドラ
「永遠の眠りにつく」ケシの花畑はオリジナル版でも登場していました。
オズと仲間たちはわらでかかしを作り、それで怪物たちを引き寄せて眠らせる作戦を成功させるのですが、セオドラとエヴァノラが城の目の前のケシの花のことを気づかないなんて無理がありますよね。
たとえグリンダが白い霧で見えなくしていたとしても、ちょっと説得力不足です。

・ラストバトルでオズは味方すら欺く
「敵を欺くにはまず味方から」とは言いますが、この場合はその後の作戦が遂行しにくくなるようにしか思えません。
味方を騙す意味がないように見えるのはちょっと残念です。


~ラストバトル~

オズは作戦中、こっそりと気球を作ってもらっていました。
最期の戦いのさなか、オズは財宝を集めて逃亡しようとしているように見えました。
気球はセオドラに撃ち落されてしまいます。

しかしオズは死んでおらず、用意していた映写機で煙に自分の顔を映します。
オズは「殺せると思ったか」「偉大な魔法使い・オズであるぞ」と挑発し、「星を解き放ってやろう」とまで言います。

その後にあらわれたのは「花火」でした。
オズはグリンダに「花火」のことを少しだけ話しており、作戦中に火薬の作り方を仲間に告げていたのもこのためだったのです。
この「夜の城」と「花火」という組み合わせはディズニー映画のロゴと一緒なのですよね

ディズニーのロゴ<これに花火が加わります。

まさかディズニー映画にまでリスペクトを捧げるとは思いませんでした。

陶器の少女はグリンダに杖を届け(セオドラがすぐに陶器の少女を攻撃しなかったために逃げられているのが間抜け)、セオドラはほうきに乗って去ろうとします。
オズは「セオドラ、君は本当は悪じゃないと信じている。善の心を取り戻したら、いつでも戻っておいで」と言いますが、セオドラは「ありえない(Never)!」と答えました。

エヴァノラとグリンダも戦い、グリンダはエメラルドのような宝石を奪い、エヴァノラは老婆のような姿になります。
エヴァノラも怪物の手を借り、逃げおおせました。

セオドラはあまりに救われないので、続編での再登場を願いたいです。


~エジソン~

作戦の決行前、オズは陶器の少女に「私の国には魔法使いはいない、でも一人だけいた」と、「メンロパークの魔術師」と呼ばれたトーマス・エジソンのことを語ります。
「電球、蓄音機、写真を動かすこと、ほとんどゼロから不可能を可能にした」と・・・

オズが悪い魔女たちを退かせることができたのは、エジソンの発明であるキネトスコープ(映画を観る装置)を知っていたためです。

この映画はエジソンと、科学と、そして映画そのものにもリスペクトを捧げているのです。


~それぞれへの贈りもの~

オズはともに戦った仲間たちに贈りものをさずけます。

鍛冶屋の親方には「ナイフ」を、
「苦虫」と呼ばれていたナックには「笑顔になる棒つきの仮面」を、

フィンリーには自身の帽子を・・・
オズの助手の男性は、オズに「私はあなたのたった一人の友だちなのに」とオズの友情を感じていないことを言い、気球に乗るオズに帽子を投げて渡していました。

帽子を渡す助手<帽子を投げて渡していた助手

そして助手の男性とリンクしている存在であるフィンリーが、今度はその帽子を受け取り、そして同時にオズに「俺の友情を受け取ってくれ、お前はよき相棒だ」ということばも受け取るのです。

陶器の少女には「家族」を紹介します。
それは目の前にいる鍛冶屋の親方、ナック、フィンリー、グリンダたちでした。
陶器の少女は、オズに「家族に戻ってきてほしい」とかなえられない願いを告げていたので、オズは違う形で家族をプレゼントしたのです。

そしてグリンダには奥の「狭い部屋(映写機のある場所)」に来てもらい、そこでもまたオズは「贈りもの」をするのでした。


~もうすでにある~

オズはグリンダに「俺の目を開かせてくれた」「俺が求めていたもの全てがあった」と、感謝の意を述べます。
グリンダは、これに「最初からあったのよ」と言います。
オズが「偉大な心か?」と聞くと、グリンダは「善良な心よ」と答えるのです。
オズとグリンダがキスをするところで、映画は幕を閉じます。

序盤でアニーは「偉大な男」になることをオズに望んでいましたが、グリンダが望んでいたのは「善良」であること、しかもそれは「すでにある」と言うのです。

「大切なものは、すでにある」というのは、オリジナル版でも描かれたテーマです。
このメッセージに、最大のオリジナル版への敬意を感じました。


~信じる心~

グリンダは中盤にオズに向かって「あなたはペテン師だけど、騙せているのは自分だけよ」と言っていました。
自分を偽らず、信じることができれば、善良な心を持つこともできるのです。

それはオズを魔法使いだと信じる人々にも当てはまります。
オズは仲間たちに「信じること」を説き、戦い終わった後の手紙にも「少しの勇気と、信じることで悪を退かせることができた。信じる心があれば、オズの人々は永遠に自由だ」と残していました。

人々はオズを信じ、そしてオズはそれに応えるだけの「偉大な力」を披露しました。
それこそが、信じる心の強さなのだと思います。


おすすめ↓
「グレート&パワフル!これぞ映画という魔法」ユーザーレビュー - Yahoo!映画

オリジナル版との比較などはこちらで↓メタメタに書かれているので要注意
ルビーの靴はどうしたぁああああ!!!! | 映画感想 * FRAGILE

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-03-09 : 映画感想 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
>南の良き魔女
これは原作となった小説版を意識してのことでしょうね
映画版では統合されていますが、本来グリンダは南の魔女で北の魔女はドロシーを送り出すだけですから
でも映画の設定だとグリンダがお姫様なんですね オズマ姫はいないことになってるのかな?
2013-03-10 23:32 : 名無し@まとめいと URL : 編集
Re: No title
> >南の良き魔女
> これは原作となった小説版を意識してのことでしょうね
> 映画版では統合されていますが、本来グリンダは南の魔女で北の魔女はドロシーを送り出すだけですから
> でも映画の設定だとグリンダがお姫様なんですね オズマ姫はいないことになってるのかな?

そうだったんですね!ありがとうございます、追記します!
2013-03-11 00:18 : ヒナタカ URL : 編集
No title
デズニー映画のヒロインって「絶世の美女」風の人ではなくて、まあ「美女は美女だけれど」って人が多いような気がするんですが?

それと2Dで見たんですが、この映画は3Dで見たほうが良かったのか?と途中で思いました。

この映画の3D作品としての完成度は、如何なんでしょうか?
2013-03-12 08:51 : sakura URL : 編集
Re: No title
3Dの評判はとてもいいようですよ。
ファンタジーはやっぱり3Dの親和性が高いと思います。
2013-03-13 23:43 : ヒナタカ URL : 編集
オズがオルゴールを贈った女性の中にアニーとありますが、アニーではなく助手の女性ではないでしょうか?
あと、セオドラはいい魔女ではなかった、とのように書いてありますが セオドラは姉にグリンダが悪い魔女だと信じこまされていて、姉によって邪悪な姿に変貌しますが元は何も知らないいい魔女なんではないでしょうか。最後まで元の姿に戻れず、オズに憎しみを持ったまま終わってしまい残念でしたね(´・_・`)続編を期待します!長々とすみませんでした。
2013-03-20 10:59 : SARY URL : 編集
Re: タイトルなし
> オズがオルゴールを贈った女性の中にアニーとありますが、アニーではなく助手の女性ではないでしょうか?
> あと、セオドラはいい魔女ではなかった、とのように書いてありますが セオドラは姉にグリンダが悪い魔女だと信じこまされていて、姉によって邪悪な姿に変貌しますが元は何も知らないいい魔女なんではないでしょうか。


前者は普通に間違えていました!すみません。記憶って恐ろしいですね・・・
セオドラもそのとおりだと思います。もうしわけありませんでした。訂正します。
2013-03-20 13:14 : ヒナタカ URL : 編集
No title
ムキマッチョのお兄さんは自分の女に手を出したオズに怒っていたのでは?
それと、ライオンを追い返したのはオズの手品だと思いますよ。誰かがやったことを自分がやったようにごまかしたのではなく、只の手品を魔法のように見せた結果あんなごまかし方になったんだと思います。
2013-03-21 21:30 : URL : 編集
Re: No title
> ムキマッチョのお兄さんは自分の女に手を出したオズに怒っていたのでは?

おそらくそのとおりでしょう。

> それと、ライオンを追い返したのはオズの手品だと思いますよ。誰かがやったことを自分がやったようにごまかしたのではなく、只の手品を魔法のように見せた結果あんなごまかし方になったんだと思います。

オズ自身が慌てていたので自分はそうではないと思ったのですが、そうかもしれません。


ご意見感謝です!追記します。
2013-03-22 21:43 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。