ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Mな男性におすすめ「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

本日は2月2日にデジタルリマスター版Blu-rayが発売されたベティ・ブルー / 愛と激情の日々(原題:37°2 le matin)(製作:1986年)をご紹介します。
(自分はリマスター版を劇場で観ていました)(紹介するの遅くてすみません)。

ジャン=ユーグ・アングラード
5336円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:刹那的で、エロティック


あらすじ


青年ゾルグは少女ベティと出会い、毎日のようにセックスを繰り返していた。
ゾルグは上司から無理難題な仕事を押しつけられ、仕事を手伝っていたベティは激昂する。
ベティの行動が手に余る毎日だったが、ある日ベティはゾルグが書き溜めていた小説を見つける。




制作されたのはもう27年も前なのですね。当時の若者から圧倒的な支持を得た恋愛映画です。

この作品の一番の魅力は、ヒロインであるベティのキャラクターです。
彼女は軽く引くくらいエキセントリックです。

ベティは猪突猛進で唯我独尊で自分勝手。
主人公のゾルグは、そんな10何歳も年下の少女に振り回されることになります。

こういう「年下で性格のキツい女性に振り回される」というドMな男性が喜びそうなラブストーリーは、川端康成やらの文豪もかつて書いていたものなので、普遍的と言えるでしょう(たぶん)。

ベティは将来のことなんて考えずに、愛おしい青年ゾルグにただ寄り添おうとすします。
ゾルグもベティの行動に難を示すことはあっても、基本的にベティと同じく刹那的にいまを楽しんでいます。
彼らはまるでヒッピーにように自由で、きままに見えます。

永久就職だの人生設計だのに悩む現代からみると、彼らの生活がちょっとうらやましく思ってしまうんですよね。
当時の若者の共感を集めたのも、そうした理由からだと思います。

主人公・ゾルグの年齢が30代半ば、ベティが19歳という設定なので、その年齢にあてはまるときに観るとまた違った感情が芽生えるかもしれません。
30代半ばになると若い少女とチュッチュできるゾルグがうらやましくなるのかなあ・・・・でもやっぱりベティはやだな・・・そんな感想を持ってしまいます。

ちなみに本作はR18+指定であるので高校生以下は観れません。
しかしそのセックスシーンも決して嫌悪感を抱くようなものではないし、一種の美しさも感じます(個人的にはR15+程度でもいいと思います)。


そして残念なことですが、今回のデジタルリマスター版では局部に修正が施されてしまいました。
監督自身も「ポルノと同系統で扱わず、修正しないでほしい」と意向を示していたのに・・・
参考→<ベティ・ブルー/インテグラル:フライボーイさん - みんなのシネマレビュー>(若干ネタバレ注意)

観るのだったら、すでに発売されている「ベティ・ブルー インテグラル 完全版」のほうがよいのかもしれません(3時間あるけど)。
こちらは主人公ゾルグの描写がかなり多くなっており、違った魅力があるそうです。


ベティを恋人にするのはちょっといやだけど、ベティとゾルグの関係は愛おしくてしょうがないーそんな魅力にあふれた作品だと思います。

物語の起伏はそれほどないし、ラストの展開も含めて万人向けではないと思いますが、玄人向けの映画を観たい方に是非おすすめします。
恋愛映画ではありますが、デートよりは一人で観るほうが向いている作品かもしれません。

また、原題の「37.2℃」とは女性が妊娠しやすいときの体温なのだとか。
それはヒロイン・ベティの(朝にセックスをしているときの)体温をあらわしたものなのでしょう。


以下、作中のシーンがちょっとだけネタバレです 結末自体は書いていませんが、結末にふれる部分もあります↓
割と衝撃的なシーンのネタバレなので、未見の方は観ないほうがいいかもしれません。




本作の魅力のひとつが画の美しさです。
序盤の砂だらけの土地に家が並ぶ光景、ブルーを基調とした映像は頭に焼き付きます。

衝撃的だったのは、スタッフの名前がブルーをバックにして流れた後、セックスシーンから映画がはじまったことです。
まあ・・・そりゃあ18禁でもおかしくはないわな。


ヒロイン・ベティのエキセントリックさは他の追随を許しませんが、中でもインパクト大なのは現状に耐え兼ねて家を燃やすシーンでしょう。

何故かランプを ベティブルー<家の前でベティがランプを持って・・・

笑うベティブルー<ベティが笑って

えっ? ベティブルー<ゾルグ「ちょ、待てよ!」

ポイッと ベティブルー<ぽいっ

燃え盛る ベティブルー<燃え盛る

燃えたから逃げる ベティブルー<燃えたから逃げる

うん、絶対ベティを恋人にしたくないね。
この後のムカつくレストラン客へやったこともそりゃもうヒドいのでぜひご覧ください。


好きだったのが中盤にある「男2人でテキーラ・ラピト(ショットガン)を飲んでありえないほどに笑う」シーン。
観ているほうはなにがそんなに楽しいんだよ!って感じなのですが、それ以上に彼らの関係がうらやましく思います。


ラストシーンも印象に残ります。

ゾルグはベティに「沈黙が怖い」と言っており、ラストでは思わぬ形で沈黙が破られるのです。
それはゾルグの願いであったと思います。


おすすめ↓
「ゾルグ・ストーリーとしての『完全版』」 ベティ・ブルー/インテグラル 完全版 - Yahoo!映画
「ベティ・ストーリーとしての『通常版』」 ベティ・ブルー/愛と激情の日々 - Yahoo!映画

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-03-20 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私も映画を見てベティはお友達にはなりたくないタイプだと思ったのですが、
田嶋陽子先生が「ベティは人の才能を見抜く天才で、それゆえに自滅した」
と言うようなことを書いていて、ちょっと納得&同情でした…。
2013-03-21 02:34 : URL : 編集
Re: No title
> 田嶋陽子先生が「ベティは人の才能を見抜く天才で、それゆえに自滅した」
> と言うようなことを書いていて、ちょっと納得&同情でした…。

ベティがゾルグの才能を見抜いたのですが、その結果が良くもあり、悪くもあり・・・ですね。
2013-03-21 19:14 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。