ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

がんばれ、ベジータ 映画「ドラゴンボールZ 神と神」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はドラゴンボールZ 神と神です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:みちゃおれん・・・!(ベジータが)


あらすじ


破壊神・ビルスが39年の眠りから目覚めた。
ビルスは夢で見た「スーパーサイヤ人ゴッド」に会うために人間界に姿を表す。
地上ではブルマの誕生会が行われており、事情を知ったベジータはなんとかビルスのご機嫌を取ろうとする。




全世界で絶大的な人気を誇る漫画「DRAGON BALL」。
その「最強への道」以来17年ぶりとなる劇場アニメ作品です。
今までの劇場版はほかのアニメ作品との併映でしたが、今回は単独公開となっています。

作品の時系列は「魔人ブウ」編から「最終回(とその1話前)」の間となっており、登場人物の年齢もそれに準じています。
悟空は34歳で、2人の子どもがいる「いい大人」です。
作中にも年齢のことをいじるシーンがあったりします。

悟空の仲間たちが集まってパーティをするだけで、ドラゴンボールのファンとしては嬉しくなってしまうでしょう。
本作にはそんな「同窓会」のような雰囲気なので、リアルタイムでドラゴンボールに触れていた人たちにこそ楽しめるのではないでしょうか。


本作の一番の特徴はとにかくギャグシーンが多いことでしょう。
これはシリアスだった「ドラゴンボールZ」ではなく、初期のコメディだったときの雰囲気そっくりです。

さらには本作で初登場する・ビルスも憎めないギャグキャラなので、「地球が破壊されるかもしれない」という一大事であるのにもかかわらず、作品全体のノリはとてもライトなのです。

ビルス様<こう見えてひょうきん。モデルはアヌビス神コーニッシュレックスだそうです

本作のコメディシーンの多さは、原作者である鳥山明さんが脚本を手がけたためでもあるのでしょう。
パンフレットでは、鳥山さんが「東日本大震災のことがあったので、街や建物を破壊するシーンはやめて欲しい」とお願いしたことが書かれているそうです。

この緊張感のなさにがっかりする方もいるでしょうが、自分は気に入りました。
「同窓会」を楽しんで、ニコニコしたまま劇場を去れるのであれば、子どもを連れてきた親御さんも満足でしょう。
もちろんお子さんにとっても楽しい展開ばかりなので、十分におすすめできると思います。

あとベジータがプライドを捨て去るというアイデンティティが崩壊寸前のシーンがあるのですが、これにも冷静なツッコミが入っていたので問題ありませんでした。ちゃんと笑えます。


難点は映画としてのボリュームが乏しいことです。
上映時間はたったの85分ですし、物語は「とても強い神様が来ちゃったからなんとかしよう」以外に何もありませんw高尚なテーマやらメッセージ性は皆無でした。
わりとツッコミどころも多く、苦笑いするしかない展開も多々ありました。

後半の戦闘シーン以外は「止め絵」が多く、アニメならではの面白さもいまひとつでした。
劇場で観るアニメなのに、TVスペシャルを見ているかのような印象にとどまっています。

キャラが万篇なく活躍しているとは言い難く、ほぼ台詞なしのキャラクターもおり、「やっぱり主人公は悟空」な展開はちょっぴり残念でした。
もっと花を持たせてやりたいキャラはいっぱいいるのですけどね。


そんな不満はありつつも、自分はわりと好きな映画です。
悟空が「オッス、オラ悟空」と失礼な挨拶を神様にして界王様に怒られたり、ベジータがヘタレだったり、悟飯が調子に乗ったり、そんな「相変わらず」のキャラを眺めるだけでも楽しい気分になれます。

後半の戦闘シーンの迫力も十分なので、久々のドラゴンボールを堪能したい方は、ぜひ劇場へ。
短い時間でサクっと観れるアニメ作品としてオススメします。


余談ですが、入場者プレゼントとしてもらった「ドラゴンボール型のペン」がすげえ使いづらいんですが。

使いにくい・・・<ペンである必要性は?

持ちにくいだけじゃなく、書いた字が隠れて見えないんですけど・・まあおまけだからいいや。

以下、展開と結末が全てネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓














以下ツッコミとともに展開を書き連ねます。

~オープニング~

・界王様と界王神様が「ビルス様が目覚めるらしい、ぜったいに悟空には知らせるなよ!興味持っちゃうから」と話をする。
界王神様はキビトと合体していてしまっている姿ですね。老界王神様もいます。当然悟空は盗み聞きしています。

・破壊神・ビルスは「爆弾めざまし」で39年ぶりに目覚めようとしていたが、なかなか起きない。
付き人の「ウイス」曰く、この前は15年も朝寝坊していたらしい。朝寝坊ってレベルじゃねーだろ。

・ビルスはフリーザがサイヤ人に倒されたことに「あいつ倒せる奴いるの?」と驚く。
回想ではフリーザが登場するけどTVアニメ版の使いまわしでセリフはなし。
戦闘力がインフレしまくっているドラゴンボールでは説得力のない台詞だ。

・ビルスは夢で『スーパーサイヤ人ゴッド』を見たと言う
その夢のシーンを映像で見せてくれないのは残念。この「予知夢」の的中率は低いらしく、「アイドルが引っ越してくる」という予知夢も当たらなかったらしい。
ちなみにここで登場する「予言魚」の声優はしょこたんです。

・ウイスは「ゴッドとは大げさなネーミングですね、かえって安っぽい」とツッコミを入れる
そう思ってた。

・ビルスは悟空のいる場所に26分かかるとウイスに言われると、「テレビアニメ1本分か、遠いな~」と言う
すでにこのキャラけっこう好きだ。


~悟空とビルス~

・ビルスが「北の界王星」に来る。悟空は界王様に言われるまま隠れるが、ビルスに出てこいと言われる

・悟空は「オッスオラ悟空!オラと戦わねえか!」と挨拶するが、界王様に「お前もいい大人じゃろ!ちゃんと挨拶せんか!」と怒られる。
悟空は30代半ばだもんなあ・・・

・悟空は「オッスオラ・・・じゃなくて、わたくしは、孫悟空とおっしゃいます、です」などと挨拶
誰かこいつに謙譲語と尊敬語の違い教えてやって。

・悟空はビルスに戦いを挑み、ビルスから「おバカさんなのかな」と言われ、界王様から「はーい、おバカさんです」とまで言われる。
界王星が小さくなったのは「ビルス様が怒って破壊したせい」だという説明も入る

・悟空は「スーパーサイヤ人3」になり、ビルスと戦う

・ビルスは悟空の後ろからの攻撃を軽くあしらったり、デコピンで倒したりとやりたいほうだい。
悟空が派手に戦ったせいで界王星は壊れちゃいます。


~パーティ会場へ~

・悟空に勝利したビルスは、ほかのスーパーサイヤ人(悟飯、悟天トランクス、ベジータ)のいる、ブルマの誕生パーティに向かう

・界王様は特訓中のベジータにビルスのことを知らせる

・ベジータとビルスが顔合わせ。ベジータは「このベジータ様が恐怖で震えるなんて」と言う
ベジータのヘタレ発言にオラワクワクすっぞ。

・回想でビルスはベジータの父(ベジータ王)を足蹴にしており、子どものころのベジータもそれを見ていた
普通にこれは嫌なやつだな。

・ベジータ「こいつはヤバイ、ヤバイぞ!」と言う
もうこの子だめだ。

・そこにブルマがやってきて、ベジータは「今日は妻の誕生パーティなんです。こちらはビルスさんとウイスさんです」と丁寧語で紹介
敬語になるベジータは久しぶりに見たな。


~子どもになったピラフ一味~

ピラフ一味が登場。ピラフがドラゴンボールで「若くなりたい」と願ったばかりに、3人は子どもになっている
シュウは「よかったよ、とっくに犬の寿命超えてたもの」と切ないことを言い、マイは「若くなりすぎでちゅよ」とわざとらしい赤ちゃんことばを使う

神と神002<赤ちゃんことばを使うほど幼くはないと思うんだけど

・ピラフはビンゴ大会の景品を見つけ、そのあまりに豪華な景品(ハム10年分とかお城とか)にムカついて「バカ」「ウン〇」と落書きする
いい年して小さすぎだろピラフ様・・・そしてセキュリティ甘すぎです。

・そこにドラゴンボールも景品としてあるが、トランクスと悟天もそこに来てしまう

・慌ててそこを出る一味だが、トランクスはマイに一目惚れをしてしまったようで、悟天に「あいつ俺のガールフレンドなんだよね」とウソをつく

・マイはドラゴンボールのひとつを持ち出しており、それを盾にお金をふんだくろうとたくらむ

・マイはトランクスに見つかり、「ガールフレンドのふりをしてくれよ」と頼まれる


~ベジータ、プライドを捨てる~

・そのころビルスはたこ焼きを食べたりしてご満悦

・1枚絵で、ビルスが楽しくみんなと手を繋いで踊ったり、ピッコロが下手な歌を披露する画が挟まれる。

ピッコロは音痴<ピッコロって音痴だったんだ

・見た目が子どものマイは年齢を聞かれ「41歳」と答える。
ブルマが後に38歳(初登場時は16歳)と答えることから、マイの初登場時の年齢は19歳ということになりますね。公式ではじめてマイの年齢がわかったんじゃないでしょうか。

・ビンゴ大会がはじまろうとするが、そこの1等賞であるドラゴンボールを見てピラフ一味は青ざめる
ドラゴンボール1個奪ってるものね

・当然6つしかないことを気づかれ、マイはトランクスを人質にとり、銃をつきつける

・そこでご飯がグレートサイヤマンに変身し「撃ってこいよ」と挑発

・当然銃弾は全てはじかれるが、ビーデルに流れ弾があたってしまう
デンデがその傷を治したとき、お腹の中に赤ちゃんがいることを気づかれる

流れ弾はビルスにもあたっていた
これは笑った。

ベジータはビルスをなだめるため「楽しいビンゴ大会のはじまりはじまり~!はじまりだ~」と歌って踊る

神と神ベジータ<こんな顔になります

この行動に対して、ウイスから「ちょっと引きました」とツッコミが入る。全くだ。

・ベジータは「この俺がプライドを捨て去って機嫌をとったのに!」と思う
よく頑張ったよ。


~ビルス、怒る~

・ビルスはブウの食べているプリンに目を付け「僕にもよこせ」と言うが、ブウは全部食べてしまう
ベジータは「しまった、油断している隙に!」と言う。油断すんな。

・ビルスは怒り狂い、18号天津飯、ピッコロが止めようとするが瞬殺。
ピッコロはお箸で倒されていました。

・悟飯とブウもあっさり倒される

ベジータは「くっそお、もうどおにでもなれ~!」とビルスに突っ込む
やけくそにもほどがある

・その間付き人のウイスはお寿司を食べている
興味を持てよ

・トランクスと悟天は「フュージョン」してゴテンクスになるが、すぐ倒されて「お尻ペンペン」される

・ここでブルマが「私の38歳の誕生日がめちゃくちゃよ!」と怒り、ビルスにビンタ。ビルスは殴り返す
クリリンは「38歳だったんだ」と言っている。知らなかったんや。

・ここでベジータが「よくも俺のブルマをー!」と怒る
ここでベジータはビルスにダメージを与える。

武天老師様は「すごい!あいつ悟空を超えたんじゃないのか?」と言う
わかるんですか、それ。

・ベジータはビルスに何発か入れるも、おでこへの攻撃一発で倒される

・ブルマは「礼儀知らずのバカタレ、プリン一つで怒ってんじゃないわよ」と言う。
あのーそろそろ突っ込んでいいですか?誰かプリン買ってこいよ!
プリン買ってきたら丸く収まるかもしれないのに・・・


~スーパーサイヤ人ゴッド誕生~

・そこに悟空がやっと登場。ビルスが会いたいと言っている「『スーパーサイヤ人ゴッド』のことを知るため、ドラゴンボールを使ってシェンロンを呼び出す

則巻千兵衛のような男(?)が遠くから空が暗くなったのを見ている
ほかにもモブキャラには松本薫さんが声を演じた「バイクに乗った警官」もいました。そちらは世界に誇れるレベルの棒読みを披露していました

・シェンロンはスーパーサイヤ人ゴッドのことを知っていた。
5人の正しい心を持つサイヤ人が、1人のサイヤ人に正しい心を注ぐことができれば生まれるらしい
このとき悟空は「なげえ話だなあ」と言っている。そんくらい聞けよ。

・シェンロンはビルスを見ると「あ、ビルス様。はじめまして。シェンロンです」と挨拶する
みんなが敬語になるのは楽しいですね。

・ピッコロは「正しい心を持つサイヤ人だって?そんなの悟飯と悟天しかいないぞ」と言う
トランクスはマイという彼女が出来たから除外されている。ていうか悟空は入っていないのかよ

・ベジータ、悟空、悟飯、悟天、トランクスはスーパーサイヤ人ゴッドを呼び出そうとする
ベジータからは「なんでカカロット(悟空)がメインなんだ」と言う。細けえ。

・その間ビルスはえび天を食べている
興味を持てよ

・結果的にエネルギーを集めただけになり失敗。よく考えれればサイヤ人は6人必要であることに気づく

・ブルマはベジータに「あんた弟がいたじゃない。携帯番号とか聞いていないの?」と言う
ええ?ベジータって弟いたのかよ!?嘘だろ?
でもいました→<いつの間にかベジータに弟ができててワロタ>
ベジータは「どこにいるかもわからん」と言ってしまいた。
しかし「携帯番号」なんて単語が出てくるとは・・・トランクスもマイに「携帯番号を教えて」と言っていましたし、武天老師様も「エッチなDVDはないの?」と言っていました。現代風ですね。

・ここでビーデルがお腹の中に子どもがいることを思い出す。デンデがそのことを知らせる。
「秘密にして」ってビーデルに言われていたのに、なんでデンデが言うのさ。

・「ダメ元」でビーデルを含めて同じことをやってみると、あっさり成功して悟空がスーパーサイヤ人ゴッドになる
あ、あっけねえ。見た目は髪が赤くなって、ちょっと痩せただけです。


~スーパーサイヤ人ゴッド悟空VSビルス~

・悟空VSビルスのリターンマッチ開始。街を駆け抜けながら戦う
グルングルン回るカメラワークには迫力がありました。

・悟空はスーパーサイヤ人ゴッドになったことを悔しがる。理由は「みんなの力を借りないとビルスにかなわないから」
ビルスはこれに「そのプライドは弱点になるぞ」と言う

・ベジータは「な、なんてパワーだ」と驚く
ベジータの言動全てが楽しいなあ。

・悟空はビルスのことばに対して「もっとすげえプライド持っている奴がいるんだぞ、ベジータだ。そんなやつがみんなを守るためにプライドを捨てたんだ、すげえだろ。オラ、ちょっと尊敬しちまった」と言う。
この台詞はよかった。確かにそう考えるとあのベジータの行動も感動的に思えて・・・こないか、やっぱり。

・悟空が「8割本気」と言うとビルスは怒って「飛び道具」まで使い周りを破壊しまくる。悟空は「破壊を楽しんでじゃねえぞ」と言う

悟空とビルスは大気圏外に飛んでいく。悟空はただのスーパーサイヤ人に戻ってしまっている
サイヤ人って宇宙空間じゃ生きていけないはずじゃあ・・・
成層圏どまりなのでセーフなのでは?とご意見をいただきました

・なぜ戻ったかというと、ビルスから「お前は『ゴッド』の世界を吸収したようだ。そのため見た目はもとに戻ったが、力の差があまりなくて済んだのだ。お前は天才のようだな」と説明が入る
すごく無理やりな説明だなあ。予告編でスーパーサイヤ人ゴッドがネタバレしないようにするためにこういう展開になったように思えます。

・ビルスはでかい火の玉を悟空にはなつ。悟空の眼前にチチやみんなの走馬灯が現れる

・悟空は気合(?)で火の玉を消す

・ビルスに「お前、今何をした?」と言われ、悟空は「知らねえよ」と返す
本当に何をしたんだ
*火の玉を消したとき、悟空は一瞬だけスーパーサイヤ人ゴッドに戻っているとご指摘を受けました

・ビルスは悟空に「まいった」と言わせる


~ラスト~

・ビルスは「お前は2番目に強かった」と悟空に言う
1番に強かったのは付き人のウイス。ウイスはビルスの師匠でもあるようです。
ウイスの正体はビルスと対をなす「創造の神」なのでしょうね。
なぜウイスがビルスの付き人になったのかが気になります。

・俺は「第7宇宙の破壊神だ。宇宙は12あるんだぞ」と言う
また大風呂敷広げたなあ

・ビルスは約束通り破壊をすると言うが、岩をひとつだけ破壊するだけにとどめる

・ビルスはブルマに「またパーティに呼んでくれ」と言う
ブルマは「プールいっぱいのプリンを用意するわ」と返す。
ブルマを殴ったことに対して「すまん」と謝るビルスが可愛かった。

・界王神様は「ビルス様が破壊をしなかった。これも悟空のキャラのおかげでしょうか」と言う
むしろベジータの功績が大きかったと思います。

・ウイスが「ビルス様が7割の力で戦った相手は久しぶりですねえ」と言う

・ウイスはお寿司を持って帰っており、ビルスはワサビをまるまま食べてしまう

・ビルスが暴れるのを、ウイスは手刀で止める

・ウイスは「3年ほどお眠りなさい。あ、歯磨きも忘れずに」と言う
ウイスはビルスに対してずっと敬語だけど、実際はウイスのほうが上の立場なんでしょうね。


・あらためてブルマの誕生日会が開かれる

・ヤシの木の上ではトランクスとマイがラブラブに
年の差30歳くらいあるんですけど大丈夫なんでしょうか(倫理的に)。

・悟空はベジータを「お前『俺のブルマをー!』って怒っていたな」とイジる
ブルマも「愛を感じたわ~」と言う

・ベジータは顔を真っ赤にして「そ、そんなことを言った覚えはない!」と言う
ベタベタなツンデレ態度にニヤニヤしてしまいます。

・ピッコロは悟空に「お前なんでそのことを知っているんだ?さては瞬間移動する前から見ていたな」とツッコミをいれる

・悟空は「いやあ、ちょっと攻撃パターンを読んでおこうと思ってよ、役に立たなかったけどよお」と言い訳
ブルマは悟空に思い切りビンタ。この悟空アクマイト光線撃ったら死ぬだろ

・ベジータはブルマに「もう2、3発ビンタしてやれ」と言う。
その後のビンタの音は7回くらい聞こえました。


・エンドロールではFLOWの歌うCHA-LA HEAD-CHA-LAに合わせて「完全版」の内容をめくって見せてくれます
<FLOW 『CHA-LA HEAD-CHA-LA』 - YouTube>
原作を読んでいる人には嬉しいけど、読んでいない人にとってはかなりのネタバレだ。

最後に悟空が「か~め~は~め~は~」と言う
本編ではあまりかめはめ波の印象がなかった(ビルスに1回だけ放つ)ですものね。


まあとにかくツッコミどころも多い作品でしたが、
・ベジータがヘタレ
・ベジータがツンデレ
・悟空がベジータのことを褒める
というシーンがあっただけで、ベジータファンの自分にとっては大満足の1本でした。

だけどヤジロベーランチの存在が確認できなかったのは残念。
*ランチは最初のパーティーのときに、悟飯と同じテーブルにいたそうです。

プーアルウーロン餃子(チャオズ)牛魔王までちゃんといるのに・・・
あとピラフ様が商品に落書きしちゃったビンゴ大会もうやむやになっているよね。

次回は存在感が皆無だったヤムチャを活躍させてください

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-03-30 : 映画感想 : コメント : 27 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

かめはめ派
僕も今日映画を見てきました〜
かめはめ波ってどれくらいのシーンか忘れましたけど、ビルスにむかって瞬間移動かめはめ波を使ってませんでしたっけ?
クリリンが、出た!かめはめ波だー!
的なこと言ってたような気がします。
2013-03-30 18:26 : Dark Matter URL : 編集
Re: かめはめ派

> かめはめ波ってどれくらいのシーンか忘れましたけど、ビルスにむかって瞬間移動かめはめ波を使ってませんでしたっけ?
> クリリンが、出た!かめはめ波だー!
> 的なこと言ってたような気がします。

そうでしたか!訂正しておきます、失礼しました。
2013-03-30 18:30 : ヒナタカ URL : 編集
かめはめ波
いえいえ(^o^)/
失敗は誰にでもあるものです。
これからも記事作りがんばってください!!
2013-03-30 20:52 : Dark Matter URL : 編集
No title
> 高尚なテーマやらメッセージ性は皆無

これは鳥山明本人が言っているんですよね。
曰く、楽しいと思える瞬間があればそれでいい、後に何も残らなくても構わない。感動だのメッセージ性だのといったものは他の作家が描いている。
この考え方に賛否はあるでしょうが、ひとつの哲学だろうとは思います。

私は劇場で観るならばメッセージ性があったほうが良いと考えるタイプではありますけれども、それはそれ。


> 「ドラゴンボール型のペン」がすげえ使いづらい

次はクレヨンしんちゃんでロケット色鉛筆をもらってきてください。(笑)
2013-03-30 21:05 : シオン=ソルト URL : 編集
おつです
悟空は結局ビルズ倒さずに終わるんかー
ボスを倒さないドラゴンボールなんて昔じゃ考えられないボヤッとした結末ですね
それも他にも10も宇宙があって、まだまだ強い奴がいるって世界広げてちゃって••
悟空はまだまだ最強じゃないんですねえええf^_^;
2013-03-30 22:04 : k URL : 編集
あらすじありがとうございます
ベジータファンなので・・・にやにやしながら読んじゃいました!
どこかで言われていましたが、鳥山先生は「何かを掴ませたり感動させたりするような崇高なストーリーではなく、読んでただ面白い、そんなマンガを目指していた」とのこと。やっぱりドラゴンボールはギャグテイスト満載でほどよくシリアスだったり、そんなストーリーが良いですよね。
時間がとれたら映画を観に行こうと思います。30歳(女)
2013-03-30 23:02 : あるてぃ URL : 編集
No title
サイヤ人って宇宙空間じゃ生きていけないはずじゃあ・・・
>成層圏らしいですよ

・なぜ戻ったかというと、ビルスから「お前は『ゴッド』の世界を吸収したようだ。そのため見た目は戻に戻ったが、力の差があまりなくて済んだのだ」と説明が入る
すごい無理やりな説明だな・・・予告編でスーパーサイヤ人ゴッドがネタバレしないようにするためにこういう展開になったとしか思えない。
>悟空が転載だからって説明入ったじゃないですか
個人的に悟空がプライドを捨てたから勝てたって結論より
自分の力で上にたどり着いたってオチのほうが好きですね。
2013-04-01 08:11 : URL : 編集
Re: No title
みなさまコメントありがとうございます。
アクセスもたくさんいただき、あらためてドラゴンボールという作品の影響力を思い知りました。
好き勝手ツッコミを入れてすみません。


> サイヤ人って宇宙空間じゃ生きていけないはずじゃあ・・・
> >成層圏らしいですよ

それならセーフなんだ・・・

> すごい無理やりな説明だな・・・予告編でスーパーサイヤ人ゴッドがネタバレしないようにするためにこういう展開になったとしか思えない。
> >悟空が天才だからって説明入ったじゃないですか

悟空は天才だけでなく、努力もしていますしね。

ご意見ありがとうございました。追記します。
2013-04-01 11:17 : ヒナタカ URL : 編集
スーパーサイヤ人ゴッドって、あの赤っぽさからして、スーパーサイヤ人4の前兆と思うんですが、どうでしょう?
2013-04-01 17:33 : URL : 編集
スーパーサイヤ人4というよりも
髪の色からスーパーサイヤ人4ゴジータを感じました
スーパーサイヤ人4ゴジータは力で無理やり
神の領域に入ったのではないかと思います
それにしても神の領域を経験する事で
元に戻ってもその力を保てるということは
本来神の領域に達するために必要なのは単純なパワーではなく何かしらの技術的な要素が
必要なのかもしれませんね
ビルスが力が表面に出ているようでは神じゃないって言ってましたし
もしかしたら神の領域経験後の悟空がスーパーサイヤ人3になれば勝てたかもしれません
2013-04-01 18:15 : URL : 編集
すげー細かいとこですけど、「プールいっぱいのプリン〜」発言はブルマじゃなかったですか?
2013-04-02 05:18 : 名無し URL : 編集
Re: タイトルなし
> すげー細かいとこですけど、「プールいっぱいのプリン〜」発言はブルマじゃなかったですか?

だったかも!ご指摘感謝です。
2013-04-02 07:47 : ヒナタカ URL : 編集
最後、ビルス様の攻撃を打ち消した時の悟空は再び自分の力だけでスーパーサイヤ人ゴッドに一瞬、なってましたよね。
やっぱり悟空はすごい、、、!と感動したシーンでした。その後、しらねぇよと言ったのも悟空らしくて。まだコントロールできるレベルでは無いものの、感情エネルギーで変身したのは初期スーパーサイヤ人化した時と同じで、かっこよかったです!!
2013-04-17 18:49 : ともよ URL : 編集
Re: タイトルなし
> 最後、ビルス様の攻撃を打ち消した時の悟空は再び自分の力だけでスーパーサイヤ人ゴッドに一瞬、なってましたよね。
> やっぱり悟空はすごい、、、!と感動したシーンでした。その後、しらねぇよと言ったのも悟空らしくて。まだコントロールできるレベルでは無いものの、感情エネルギーで変身したのは初期スーパーサイヤ人化した時と同じで、かっこよかったです!!

なるほど、感情によって変身したのは確かに初期のスーパーサイヤ人と同じですよね。
一瞬だけ戻っていたのですか!参考になったので追記させてください。
2013-04-21 18:56 : ヒナタカ URL : 編集
No title
間違えが結構ありますよ
たとえば12この宇宙なのに11個になっていたり
ビルスをビルマとうち間違っていたり
あと劇中にみんなの応援でいっしゅんだけゴッドになっていたのが確認できました
それとこれは予想なのですがビルスが地球を壊すといってうった小さなきだんはおそらく別の宇宙の地球を壊したんだと思います
ウイスが「ずいぶんと小さな地球を壊しましたね」と言っていたので
2013-06-03 19:13 : ソーマ URL : 編集
Re: No title
> 間違えが結構ありますよ
> たとえば12この宇宙なのに11個になっていたり
> ビルスをビルマとうち間違っていたり
> あと劇中にみんなの応援でいっしゅんだけゴッドになっていたのが確認できました
> それとこれは予想なのですがビルスが地球を壊すといってうった小さなきだんはおそらく別の宇宙の地球を壊したんだと思います
> ウイスが「ずいぶんと小さな地球を壊しましたね」と言っていたので

ご指摘感謝です、訂正します。

2013-06-03 19:36 : ヒナタカ URL : 編集
No title
田舎に住んでいるので近所でようやく公開された映画を先日見てきて他者の感想を求めて検索したらここに行きつきました。
ブルマの年齢って第1話から計算すると分かるんですがサバを読んでいるんですよね…。それを知ったうえで年齢のくだりを見るとヤムチャやクリリンの反応は年齢を初めて知ったのではなくさばを読んでいることを承知でからかっているようにも見えるかと。一応計算としては
第1話~第21回天下一武道会
16歳(悟空12歳)

第22回天下一武道会・ピッコロ大魔王戦(天下一武道会は3年に1回と作中発言あり)
19歳(悟空15~16歳)

第23回天下一武道会(悟空結婚・マジュニア戦)
22歳(悟空18~19歳)

ラディッツ戦(悟空とピッコロの戦いから5年)
27歳(悟空23~24歳)

ベジータ・フリーザ戦(ラディッツ襲来から約1年)
28歳(悟空24~25歳(肉体年齢23~24歳))

メカフリーザ襲来・悟空帰還(ナメック星の戦闘から1年以上)
29歳(悟空25~26歳(肉体年齢24~25歳))

人造人間襲来・セルゲーム(メカフリーザ襲来から3年)
32歳(悟空28~29歳(精神と時の部屋1年・肉体年齢28~29歳))

ブウ編(セルゲームから7年)
39歳(悟空35~36歳(肉体年齢28~29歳))

神と神(パン誕生前・最終回で4歳なのでブウ編5年後)
44歳(悟空40~41歳(肉体年齢33~34歳))
になるのでスタッフのミスと考えるのは夢がないですし周りの反応からわざと間違えた=サバを読んだと個人的にはみてます。
マイも上記のように計算すると悟空たちと初めて会った時の年齢が12歳ぐらいになるのでブルマと同じくサバを読んで本当は50前ぐらいになります。トランクスとの実際の年齢差は40歳ぐらい…。前途多難なカップルですね。
2013-06-10 15:37 : URL : 編集
今更だけど
今回の映画にランチは出てるよ!!

最初のパーティーの所にゴハンと同じテーブルに居てる!
2013-07-10 19:39 : URL : 編集
Re: タイトルなし
> 今回の映画にランチは出てるよ!!
>
> 最初のパーティーの所にゴハンと同じテーブルに居てる!

ありがとうございます、見落としていました。追記します。
2013-07-10 19:42 : ヒナタカ URL : 編集
No title
ベジータは面白かったですね。
2013-08-15 19:35 : URL : 編集
No title
映画見てたらメッチャ感激した
あ、あとビンタは7発ですよ
2013-08-21 13:47 : 大きな声でブロリーです URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-14 23:41 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-14 23:42 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-14 23:43 : : 編集
Re: タイトルなし
> めっちゃ細かいことなんですが、
> 「もう1、2発ビンタをしてやれ」
> のところ…2、3発だった気がします。もうほんとにうろ覚えなんですけど。
> 間違ってたらごめんなさい><
> これからも頑張ってください!!

どうも!訂正します。
2013-09-15 10:08 : ヒナタカ URL : 編集
No title
【悲報】ドラゴンボールZ映画最新作「復活のF」にヤムチャ出演せず

Twitterで古谷徹さんが言ってたから間違いないっす…(T_T)。
すでにネット上のヤムチャクラスタ達に動揺が走っています。
2015-02-05 11:28 : めぐみ URL : 編集
まあ、今更なんですが

>サイヤ人って宇宙空間じゃ生きて いけないはずじゃあ

これを無理やり解釈するのなら、サイヤ人が地球人よりはるかに低い濃度でも生理機能を維持できるからってことでしょうね。

たとえば、現在学術的に宇宙と定義される高度は地球の地表から100km以上ですが、微量ですが大気自体はるか上の10000kmあたりまで存在しています
まあ100kmこえたら熱圏上部で大気も真空のレベルなんで宇宙とされるわけだけど…それでも高度数百kmの低軌道にある宇宙ステーションや人工衛星は空気抵抗うけて失速していき高度がさがっていきますからね。だから定期的にスラスター吹かして軌道にもどす必要がある
2015-09-30 22:04 : 犬 URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。