ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

子どもがわかるわけがない!アニメ「星のカービィ」の映画パロディ集

4月5日(金)に映画「ヒッチコック」が公開されます。

この映画で描かれるアルフレッド・ヒッチコック監督の代表作はご存知「サイコ」。
サスペンスの元祖であり名作として知られ、後の映画にも多大な影響を与えています。
特に作中の「シャワーシーン」は超・有名で、「メル・ブルックス/新サイコ」などのパロディ作品をも生み出しました。

そして、日本でも「サイコ」をパロッた作品がありました。

その媒体はアニメ。しかも朝7時半から放送されていた(表向きには)子ども向けのものです。
本日はアニメ版「星のカービィ」の映画パロディをご紹介します。

大本眞基子
3990円
powered by yasuikamo

任天堂のゲームキャラクターとして知られる「カービィ」ですが、アニメ版も2001~2003年に放送されていました。
この作品は大人をターゲットにしたとしか思えない政治ネタ・社会風刺ネタがあり、「日本版サウスパーク」や「深夜31時半アニメ」などと言われていました。
参考→アニメカービィとは (アニメカービィとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

まあなんていうか・・・こんな↑かわいいキャラクターが主人公のアニメに「サイコ」のパロディがあるなんて信じられませんよね。
でもあるんだからしょうがない。早速パロディをご覧いただきましょう。


*以下は有名作品の有名シーンがネタバレしているので注意


その1:サイコ(アルフレッド・ヒッチコック監督)


以下画像で比較。
もちろんパロるのはシャワーシーンです。


左が「星のカービィ」、右が本家「サイコ」です。

サイコシャワー1  サイコ1


サイコシャワー2  サイコ2


シャッとカーテン  サイコ3


げえっ  サイコ4


手が・・・  サイコ5


カーテンに手  サイコ6


カーテンをちぎる  サイコ7


血が流れ出る  サイコ8


目のアップ  サイコ9


嘘みたいだろ・・・これを朝7時半にやっていたんたぜ・・・・
BGMも完全に再現しています。ていうか排水口に血が流れるシーンは本家より怖いんですけど(モノクロじゃないから)(流れているのは赤ペンキだけど)

ちなみに「さよなら絶望先生」というアニメでもパロられました。
<【ニコニコ動画】サイコ パロディ比較(星のカービィ&さよなら絶望先生)>




その2:生きる(黒澤明監督)

パロられたのはDVDのジャケットに使われ、これまた作中でもっとも有名なゴンドラの唄を歌うシーンでした。

命短し~  恋せよ乙女


生きる デデデ1  熱き血潮


キッチリ歌詞を「恋せよデデデ(キャラの名前)~」に変えて歌っています。
「生きる」は名作だけど子どもは観ないだろ・・・




その3:ジュラシックパーク(スティーブン・スピルバーグ監督)


多くの子どもにトラウマを残したであろう、あの「調理室での攻防」が描かれています。

ジュラ1  ジュラ1-1


息を吐く  息を吐くー2


ジュラ2  ジュラ2-2


お皿を割って逃げる  お皿ー2


今観てもここの恐怖シーンは見ていてハラハラしてしまいます。
「扉に息を吐く」「ドアノブをひねって開ける(ヴェロキラプトルは頭がいいので)」を再現しているあたり相当細かいです。




その4:風と共に去りぬ(ヴィクター・フレミング監督)


これまた有名な「拳を握って決意を叫ぶ」シーンがパロられました。

かぶりつく1  かぶりつく2


拳をあげる1  拳をあげる2


二度と・・・1  二度と・・・2


何がスタッフをそうさせるんでしょうか



他にも「モダン・タイムス」「猿の惑星」「キングコング」「チャーリーズエンジェル」のパロディがあったり、
「いつのまに大量破壊兵器を!」というイラク戦争ネタがあったり、
1話まるごとアニメ制作現場を皮肉ったりとやりたい放題です。どこが子ども向けだよ

ちなみに「星のカービィ」のDVDの売り上げは不振で、再販されないだけでなく、途中でDVDの制作が中止されています。
結果的に全100話のうち約半数の話はレンタル店で借りて観ることもできない状態なのです。

パロディだけにとどまらず、大人が観てこそ面白いアニメなので、ぜひ「ヒッチコック」の公開記念として販売してほしいものです(しないか)。

参考↓
かびほし☆ パロディ元ネタ集

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-04-03 : いろいろコラム : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
> 排水口に血が流れるシーンは本家より怖い

サイコの凄いところは裸も描かなければ直接的な残虐描写もないのに「観た」と思わせてしまうところ。
それを考えると、カービィサイコは「血ではないもの」が流れるのは、そこまで踏んだネタと読むことも。

> 「さよなら絶望先生」でもパロった

絶望先生とハヤテの久米田康治&畑健二郎両先生は“著作権なんざ怖くない”との如くトバしてくるので、何があってもおかしくないですけれどもね。見せられないよ!

> 「生きる」は名作だけど子どもは観ないだろ

有名なシーンなので大人ならば多くが知っているでしょうが、実際に観た人もそこまでいるとは…。

> 他にも………やりたい放題です。

しかし歴史を紐解けば、NHKの『ひょっこりひょうたん島』(オリジナルである1964年版)にさえ、パロディや時事ネタはあるんですよね。当時の視聴者が、どこまで理解できていたかは興味のあるところです。
台本が一部出版されているので読んでみると面白いです。

後世、『ひょうたん島』は色々な作品で引用やパロディにされてきましたが、何というか物事は繰り返されているなぁ…というか。
2013-04-03 20:27 : シオン=ソルト URL : 編集
著作権問題があるとWikiに書かれていましたが、それなのにニコニコ動画のリンクを貼っても良いのですか?
2013-04-05 15:29 : 名無し URL : 編集
Re: タイトルなし
>血でないもの
そういや赤ペンキでした。それでも血が流れていないサイコよりも怖いのは間違いありませんがw

「ハヤテのごとく」「絶望先生」あたりは「ネタは狭ければ狭いほど面白い」を地で行きますからねw

ひょうたん島にパロディがあるのははじめて知りました。
大人になって見るとまた違った発見がありそうですね。



> 著作権問題があるとWikiに書かれていましたが、それなのにニコニコ動画のリンクを貼っても良いのですか?

リンクに使った動画は1話まるごとではなく、一部シーンなので「実際に観てみたい」と思わせるものであるとは思います。
現在権利者による削除がないのも、そういった理由でしょう。(1話まるごとアップされているものは全て削除されています)
しかしごく一部でも著作権に抵触していることには違いはありませんし、ご指摘を受けた以上、リンクは削除したいと思います。
ご指摘ありがとうございます。
2013-04-06 01:19 : ヒナタカ URL : 編集
人間回収車
人間回収車が送るストーリー。
2013-09-30 09:16 : のあ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。