ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

これでも一番マシ 映画「アルゴ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

レンタルDVDで「アルゴ」を観ました。

ベン・アフレック
2849円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:地味かつ緊張感ありまくり


あらすじ


1979年のテヘランではイラン革命が激化していた。
その最中、アメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52名のも人質がとられる事件が起きる。
そしてアメリカ人6名は大使館から逃げ出し、カナダ大使の自宅に潜伏する。
CIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)が6名を救い出すために選んだ作戦は「ニセ映画作り」だった・・・




自分は「人質を救う作戦ーそれはニセ映画作りだった」という事前情報を聞いて、現地でマジでセットを組んで映画撮影をする作品だと勘違いしていました。んなわけない。
そうではなく、これは人質を映画撮影のクルーになりすまさせて、怪しまれずに脱出しようとする作戦なのです。

「なぜ人質を救う作戦が映画制作なんだよ」と思われるところなんですが、作品を観てみると意外と納得できます。
まるでコメディのような設定ですが、本作の描写はとにかくシリアスかつリアリティを感じる作風になっています。

「もうちょっとで一巻の終わり」な状況が続くサスペンスフルな展開は、全く飽きさせません。
画作りや演出ももうこれ以上ないくらいに洗練されており、俳優出身にもかかわらずここまでの仕事を成し遂げたベン・アフレックの力は並大抵のものではないでしょう。

しかし、自分にはちょっと入り込めない部分もありました。
その理由が展開が少し地味なこと。劇的な展開ではなく、あくまで画や演出でひっぱっている印象だったのです。
これは本作が実話をもとにしているので言うのも野暮であるし、個人的な好みにほかならないのですが、自分は多少事実がねじ曲がっても「面白さ重視」の作品のほうが好きです。

ただし、ラストで起こるサスペンスは史実にはない映画オリジナルの描写です。
ここは映画ならではのスリルが描かれていて大興奮でした。
最後に最もハラハラしたシーンを持ってきてくれて嬉しかったです。

ちなみにタイトルの「Argo」とは作中のニセ映画の名前であり、ギリシャ神話のアルゴー船が元ネタです。

史実を知っていても楽しめるけど、知らなくても楽しめる優れた映画です。
地味な作品ではありますが、こういう監督の手腕が光る作品がアカデミー賞を取って嬉しい限り。おすすめします。

以下、ほんのちょっとだけネタバレです↓ 台詞に少し触れる程度なので、未見でも問題ないと思います。




人質の命を救うために主人公はあらゆる手を使います。
たとえば、人質たちに自分の役職を暗記させたり、本物の脚本家を起用したり、さらには絵コンテまでバッチリ作成したり・・・とにかく手が込んでいます。

それでも主人公の思惑通りにぜんぜんことは進みません。これが可哀想やら「そりゃそうだよな」やら。でもそこが面白いです。


個人的に大好きだったのが、「ニセ映画作り」が作中でほかに提案される作戦に比べたらまだまともだという描写。
「人質みんなを自転車で逃がす」とか話になりませんて(遠すぎ)。

そんな中、「映画制作は考えうるかぎりもっともマシで、ろくでもない作戦です」と言うことばが出てくるのです。

これってこの作品をもっとも体現している台詞だよなあ・・
あと作中で何回も出てくる「アルゴくそくらえ」って台詞、なんとなく言いたくなります(人前で言っちゃだめ)


本作は映画へのリスペクトもあります。
たとえば、はじめに表示される「ワーナー・ブラザーズ」のロゴは当時のものを再現していたりします。



そういえば、ワーナーのロゴは映画によっても違っていたりするんですよね。




ほかにも
物語そのものが黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」とそっくりだったり、
「スター・ウォーズ」「スタートレック」についてもチラッとくすぐりを入れていたり、
イランの人々も「シュレッダーで細かくされた写真をもとに戻す」というモンタージュ(映画の技法)のようなことをしています。

本作は「ニセ映画」を題材としながらも、何よりも「映画らしい」作品だと思います。


おすすめ↓
考えうるかぎりもっともマシなろくでもない作戦『アルゴ』 - くりごはんが嫌い
中国嫁日記:2013年03月(3/31にアルゴを観ている漫画日記がある)
映画『アルゴ』感想 映画の虚構性と真実味 - さめたパスタとぬるいコーラ(ネタバレ)
「アルゴ」実話を多義的ドラマに高度変換させた監督の演出と脚本の技を解明・前編(ネタバレ)
「アルゴ」の主人公がイランへの入国の経由点としてイスタンブールを選んだ訳 (ネタバレ)
イランアメリカ大使館人質事件 - Wikipedia(ネタバレ)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-03-13 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。