ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

イカれているのは誰?「アイアンマン3」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はアイアンマン3です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:敵弱くない?(見た目が)


あらすじ


「アベンジャーズ」の戦いから1年。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)は眠れないでいた。
そして世界ではテロリストのマンダリン(ベン・キングズレー)が暗躍しはじめていた。
トニーは自宅をマンダリンに崩壊させられ、窮地に追いやられるのだが・・




アベンジャーズ」以来のマーベル・ヒーロー「アイアンマン」が活躍するアクション映画です。

コミック本「アイアンマン:エクストリミス」を原案としています。

ウォーレン・エリス
2604円
powered by yasuikamo

実は本作の劇場公開は日本が最速です。
これはアベンジャーズの公開が日本が一番遅かったことからのサービスなのでしょう。

本作は「さらば、アイアンマン」というキャッチコピーにあるとおり、3作品の中ではもっとも「完結編」を匂わせています。
それが果たして本当なのかは映画を観て確認していただくとして、前2作を上回る、アベンジャーズに負けないほどのド派手な戦闘シーンは映画館でこそ映えるものです。

物語は気の利いた台詞あり、伏線ありで楽しく仕上がっています。
展開はヒーローものの定石を守りながらも、アイアンマンならではのアイディアも盛りだくさん。
男の子心をくすぐるヒーローは、やっぱりかっちょいいです。

さらには新しいトニーの相棒や、今までに見たことのない新型のアイアンマンも登場し、とにかくサービス精神が旺盛なのです。


しかし、大満足かといえばそうでもありません。
本作の大弱点は敵の魅力がなさすぎることです。

今までの敵キャラはガッチガチの「機械」系で、アイアンマンと「鉄と鉄」のぶつかり合いが見れたのですが、今回はそうではないのです。
戦闘がド派手な分だけ、敵が小さいものに見えてしまうのはもったいないと思います。


また、本作のテーマにあるのは「依存」です。
今回のトニー・スタークは不眠症にかかっており、ときおり神経症と思われる発作も繰り返します。

さらには恋人のペッパー・ポッツにも「あなたはアイアンスーツに依存している」と言われ、トニーも「僕はニューヨークのあの件(アベンジャーズでの戦いのこと)以来イカれている」と答えています。
自らをイカれていると言うトニーがどういった成長と選択をするのか。そこが見所になっています。


3D吹き替え版で観たのですが、これもよかったです。
3Dの効果はそこそこなのでお好きなほうを選べばよいとも思いますが、スカイダイビングのシーンなどは上手く使われています。
吹き替えはちゃんとプロの声優を使っているので問題ありません。

そしてエンドロール後には恒例の素敵なオチが待っているので、エンドロールが始まっても席を立たないようにしてくださいね(めっちゃエンドロール長いけど)。
予備知識なしでも楽しめますが、「1」「2」「アベンジャーズ」を観ておくとより楽しめますよ。

ちなみに本作の監督は「キスキス バンバン」のシェーン・ブラック
次回作はハリウッド版「デスノート」のようなので、色んな意味で期待しています。

↓以下、結末も含めてネタばれです 鑑賞後にご覧下さい。「1」のラストシーンのネタバレもあります。 めっちゃ長いです。














*吹き替え版で観たので台詞は字幕版と異なっている可能性があります

~スイス、ベルン、1999年~

物語はスイスのベルン、トニー自身が「遠い遠い昔」と呼んだ13年前の1999年の大晦日からはじまります。
年が変わったとき、2000年問題の話題が出てくるのが懐かしいですね。

トニーはこのとき「AIM」というシンクタンクに所属している男に誘われ、後で屋上に行くと言っていましたが、マヤ・ハンセンという植物学者の美女とエレベーターに乗り、その後にチュッチュしているおかげでつい忘れてしまいます。
*ちなみにここでは「1」でトニーを助けていた「インセン博士」もいたそうです。

トニーは「裏で悪を生み出していた」とその日のことを振り返ります。
この屋上に行った男こそ、キリアンという今回の黒幕なのです。


~Mk(マーク)42~

面白いのが本作のアイアンスーツ「Mk42」のアイディアです。
これはトニーに向かってパーツが飛んでいくことでスーツを装着できるというシロモノで、トニーが装着を「早すぎる!」と言ったり、勢いがついて吹っ飛ばされるのにはニヤニヤしてしまいました。

さらに今回はスーツを着るのだけはなく、遠隔操作もできるのです。
あっさりとポッツに地下室にはいられ、その秘密がバレちゃうのも楽しかったですね。

そして「アベンジャーズ」ではMk7だったのに、今回はなんとMk42という数字が掘られているのです。
ポッツが「何着目なの?」と聞いたとき、その「42」という数字がアップで映されました。
このことは、終盤のアイアンマンが大集合するシーンの伏線になっています。


~ハッピー~

ハッピー・ホーガンはスターク・インダストリーズの社員として働いていましたが、評判は芳しくなく、社員からの苦情が3倍に膨れ上がったそうです。
ハッピーはipadを使って、ポッツとキリアンとの逢瀬をトニーに見せようとしますが、「ひっくり返してカメラを向ける」ことが理解できませんでした。ちゃんと後ろにもカメラついているのに。

ハッピーはキリアンの付き添いである怪しい男・サヴィンをつけると、サヴィンは他の男になんだかよくわからない鍵みたいなのを渡します。
*これは投与することで爆発を抑える「薬」のようなものではないかとご指摘を受けました
ハッピーはぶつかったふりをして鍵を奪いますが、サヴィンに見つかると、ハッピーは「これから映画を観るんだ、これがチケットだ」と言いながら鍵を見せます。見せるなよ。

ハッピーが驚いたのが、サヴィンが赤く光りだし、自身が吹き飛ばされたこと。
そして・・・鍵を渡された男も周りを巻き込み大爆発をします。

ハッピーは一命を取り留めますが、重症を負います。
トニーは無残な彼の姿を見て、「社員に通行書をつけるよう言え」とハッピーの意思を口にします。

トニーはハッピーにipad越し冗談のように「君が恋しいよ」と言い、ハッピーは「私もですよ」と言っていました。
なんだかんだで仲が良いふたりなんですね。


~自宅崩壊~

ハッピーの負傷に怒り心頭のトニーは、記者(マンダリン)に向かって「お前の命はここまでだと思え、私と1対1で勝負しろ!」と宣言します。
それだけだったらいいのだけど、なんとトニーはカルフォルニアの自宅の住所をおおっぴらに言ってしまいます。

おかげでマスコミの侵入も避けられず、13年前に出会ったハンセンもそこに来ます。
そして・・・テロリストのヘリ3機からミサイルが放たれます(そりゃそうなるだろ)

面白いのが、このときのはずみで、ポッツがアイアンスーツを着てしまうこと。
このときにポッツはアイアンスーツで身を呈してトニーを守ります。このこともラストバトルの伏線になっています。
*以下の意見をいただきました
ここですが、ポッツがアイアンスーツを着てしまうのは、「はずみ」ではなくて、トニーのコントロールでポッツに着させたのだと思います。
> その後、トニーがアイアンスーツのポッツに助けられますが、その時にトニーが「先に私が守った」旨の事を言います。この事でその後ポッツがトニーと険悪なムードになっています。


スーツをポッツから返されたトニーは、グランドピアノをぶつけたりしてなんとか応戦しますが、水中に落下します。
海底で瓦礫にはさまったトニーですが、Mk42のアーム部分が外され、そのアームがトニーを引っ張ってくれることで脱出をしました。


~ハーレー~

トニーはそのまま、テネシー州の「ローズヒル」に降り立ちます(半ば墜落だけど)。
そこは雪がしんしんと積もり、スーツの電力も切れ、ジャービス(サポート用人工知能)も故障のため「眠って」しまいます。

トニーはポッツへ無事であることと謝罪の連絡を入れ、小屋に身を隠しますが、そこでポテトガンを持った男の子「ハーレー」と出会います。
彼は6年前に父親に出て行かれたようでした。

トニーはハーレーから軍人のデイビスの話を聞きます。
デイビスはおかしくなり他の軍人を巻き込み自爆したとの話ですが、それでは壁に残された「影」の数が合いません。
トニーは酒場にいたデイビスの母に、息子が誰かに殺されたことを話します。

デイビスの母は機密書類を持っていましたが、それはトニーのために用意したものではありませんでした。
トニーはさっき話したばかりの女性に手錠をかけられます。
しかもその女性は自爆テロを起こした男と同じく、赤く光るのでした。

さらに店の外にはサヴィンもいてトニーを撃とうとしますが、ハーレーがサヴィンに雪玉をぶつけたことで難を逃れます。

トニーは女性と肉弾戦になり、手錠を女性の熱を利用して取り去ります。
なおかつガスを発生させ、電子レンジを作動させて大爆発をさせ女性を葬ります。

ここでサヴィンは給水塔を倒し、瓦礫の下敷きになったトニーに人質として捉えたハーレーを見せます。
トニーはここで「いじめっ子のこと、覚えているか?」と聞きます。
ハーレーはサンドイッチやバネを提供する引き換えとして、「いじめっ子撃退用」の目くらましができる武器を持たせていたのです。
「デキる男は隠し玉を持っているんだよ」と言うトニーが格好良かったですね。

なんとかサヴィンから逃れたふたりですが、トニーはハーレーを置いていこうとします。
ハーレーに「僕がいると助かるでしょ?」と言われ、「そうだな助かったな」と言われるトニーが可愛かったですね。
この前にトニーが「発作が起きたのはお前のせいだぞ」って言っていたことも利いています。

でもそこはトニー。「寒いよ~」と媚を売るハーレーに対して、「それは心が通じ合ってるからな~」とハーレーの台詞を皮肉としてそのまま返して言って去るのでした。


この後にトニーが、トニーの大ファンである「ゲイリー」と出会うシーンも面白かったですね。
刺青をスコット・バイオと間違えるのはよくわからんけど。


~不遇のアイアン・パトリオット~

主人公の黒人の相棒・ローズ大佐がこのスーツを着て、テロ組織の捜索活動をしています。
すんげー残念なことに、このアイアン・パトリオットの戦闘シーンは存在しません
活躍したのはせいぜい大統領を運んだくらいのことで、あとは敵に奪われて利用されるのです。

ていうか全身兵器みたいなアイアン・パトリオットが、織物工場にいた敵の女性に熱した腕で掴まれただけで倒されるのはどう考えても納得がいかねえぞ。

また、大統領がアイアン・パトリオットのスーツを着せされて、そのまま敵の本拠地に行っていましたが、敵もスーツを遠隔操作できるもんなんでしょうか?どうもこの辺がすっきりしません。
*以下の意見をいただきました
> キリアン達がアイアンパトリオットの遠隔操作ができるのは、アイアンパトリオットの改修をAIMが担当しているからです。改修時に遠隔操作できるようにしたのだと思います。


ちなみにアイアン・パトリオットの原型となったのは「ウォーマシン」で、パスコードとして「ウォーマシン最高!」が使われていました。


~真相~

まあ何がびっくりって、今回のボスキャラに見えた「マンダリン」の正体が、実は悪役に仕立て上げられただけの役者だったことです。

マンダリンがアジトでTシャツを着たまま「知ってる?フォーチューン・クッキーってベースは日本人が考えたんたぜ~」と、でっち上げのテロの声明文で言ったことにさらにトリビアを被せながら登場するのには空いた口がふさがりませんでした。
しかも彼はクスリで釣られており、女性をはべらせて「どっちがいいかな~」とほざく小物っぷりでした。

原作ではマンダリンは犯罪組織の首領で、古代宇宙船から発見した10個の指輪の力を持っているヴィラン(悪役)なのですが・・・なぜこうなった

こんなんじゃなかった アイアンマン3<予告編ではすごくカリスマ性がありそうだったのに・・・

このことを笑って許せるか、「ふざけんな」と怒るかは意見が分かれそうです。
自分は前者でゲラゲラ笑いましたが、 ̄|_|○ <ズコーッなことには変わりはありません。
ベン・キングズレーってアカデミー賞授賞俳優なのに・・・仕事選ばないですね。

あとこいつはトニーにメリル・ストリープと言われていましたが、似ても似つきませんw


~Mk42が飛んでくる!~

トニーはアイアンスーツなしでも、得意の体術と、スタンガン、ハーレーが持っていたようなポテトガンを使い、マイアミにあるアジトに侵入をしました。
マンダリンと話している途中に、後ろにいたサヴィンに殴られて捕まってしまうトニーでしたが、捕まっていても見張り向かって強気で何やら「カウントダウン」をします。

しかしカウントがゼロになってもなにも起こらず、「4,5」と数字も戻っていったりします。
トニーが何を待っているかと言うと・・・はるか遠方のテネシー州で充電中だったMk42のパーツでした。
トニーはそれを見越して、見張りに「ここからテネシーから何キロかな?」と聞いていたのです。

パーツは初めは片方の足とアームしかありませんでしたが、それでもトニーは敵たちを一掃するのです。


~スカイダイビング!~

トニーとローズ大佐はマンダリンの持っていたボートをパクり、黒幕のキリアンを止めるために急ぎます。
しかしアイアン・パトリオットのスーツを着たサヴィンが、大統領の乗った飛行機に乗り込んでしまいます。

トニーが遠隔操作をしているMk42も飛行機に乗り込みますが、そこに大統領はすでにおらず、乗客13人が飛行機の外に出されてしまいます。

排出されるひとたち アイアンマン

トニーは「助けられるのは何人だ?」と聞き、ジャービスは「4人」と答えますが、トニーは全ての乗客を助けようとします。

アイアンマン急降下<急降下で助けに行く!

トニーは乗客の腕に電気を流し、彼らの腕が外れないようにします。

そしてみんなで手をつないで「フォーメーション」を組んだまま、海へゆっくりと(少し乱暴ながらも)着水をさせるのです。

やはりヒーローは人を救ってこそのヒーロー。喜ぶ乗客たちの顔を見てこちらも嬉しくなります。
その後即効でMk42がトラックに体当りしてバラバラになるのにも笑いました。


~アイアンマン軍団参上~

トニーの自宅のアイアンスーツは全部破壊されたかのように見えましたが、そうではありませんでした。
トニーが「ホーム・パーティ・プロトコル」を作動させると、自宅の地下からさらに大量のアイアンスーツが飛び出してくるのです。

舞台は最終決戦地のタンカーがある場所へ。
大統領はアイアン・パトリオットのスーツを着たまま宙吊りになっており、「火炙り」にされる寸前でした。
そしてついに援軍がやってきます。

大集合!<大集合!

巨大で太ったアイアンスーツは「イゴール」と呼ばれていました。

HE IS MY BOY アイアンマン<どうやって来たの?(空飛べるの?)

トニーは「ハートブレイカーはレッドステッパーを助けろ!」とも言っていました。
それぞれ遠隔操作ができ、単に番号だけじゃない名前があるのですね。

「MK25ストライカー」はハルクのように両腕で地面を叩き、敵を倒してくれます。

ローズ大佐は敵2人に追われながらも、コンテナの縄を切り、そのまま宙吊りになった大統領を助けます。

トニーは次々にスーツを「乗り換えながら」敵と乱闘をします。
そして、瓦礫にはさまっているポッツを見つけますが、その下に潜んでいたキリアンの熱した手に阻まれます。
せっかく着たアイアンスーツもキリアンの「手刀」で真っ二つにされ、せっかく飛んできたMk42はまたもバラバラになってしまいます。

さらに・・・ポッツは下の火の中に身を落としてしまいます。

トニーはMk42を、自分ではなくキリアンに飛ばします。
キリアンはMk42を吹き飛ばしますが、自身も火の中に身を落としました。


~ポッツの変身~

キリアンを最終的に倒したのは、トニーではなく何とポッツでした。
ポッツは人を兵器にさせる「エクシトリミス」の実験台にされており、そのおかげで火の中でも平気だったのです。

赤く光るポッツはアイアンマン軍団の一人に敵だと認識され(トニーはジャービスに指令を送る装置を落としている)、攻撃されるのですが、ポッツはパンチ一発で攻撃を退けます。
さらにポッツはMk42のアームを付け、キリアンに攻撃を放ってしまうのでした。

あと、炎の中に入ったはずのポッツのスポーツブラがまったくもって破れていないのはツッコんじゃだめでしょうか。

ペッパーポッツの復讐<ブラジャーは超丈夫です。


~誰がイカれてる?~

トニーは不眠症を抱えている自分を「僕はニューヨークのあの件以来イカれている」と言い、
トニーは狂気に染まったキリアンに「お前はイカれている」と言い、
キリアンは「イカれているのは今夜ステージに立つやつだ」と言い、
ポッツは「暴力的なこと」をしてキリアンを倒したことに対し「私のほうがイカれている?」と口にします。

トニーもキリアンも自分のために行動する「イカれた男」でしたが、キリアンの言った「今夜ステージに立つやつ」=ポッツが、最後に「イカれた女」になるのは皮肉でしかありません。


~科学~

キリアンの部下であるハンセンはこう言っていました。

フォン・ブラウンはナチスのためにV2ロケットを作った人間だけど、彼はこう言ったの。
『私のロケットは完璧だったが、間違った星に着陸した』と。
化学は初めは正しいものだけど、エゴが取り囲んで手に負えなくなるの」


このことに、ポッツは「あなただけじゃない」と言ってくれました。

科学は人類を豊かにしたものですが、そこに人間のエゴや欲望が加わると悪にもなりうるのです。
それは今回の敵・キリアンを指したものでもあるでしょう。


~バブリーすぎる花火~

全然うれしくない「うさぎの巨大ぬいぐるみ(〇っぱいつき)」をポッツに送っていたトニーですが、最後にクリスマスの贈り物をします。

それは連れてきたアイアンマン軍団を次々に花火として爆発させ、夜空を彩るというものでした。
トニーは「気に入った?」と聞き、ポッツは「とっても」と答える・・・・って勿体無ねえ!

クリスマスとはいえ、これはちょっと。そういえば序盤にトニーがファンの男の子に「君、クリスマスの映画に出てた?」と言うのは「ホームアローン」ネタだったんでしょう。

*以下のご指摘も頂きました
私はアイアンマンの花火のシーンに若干の違和感を覚えました。
トニーはメカニックでありクリエイターです。
親や祖父から受け継いだと思われる車やバイクなんかを大事に整備しさらには歴代アイアンマンも開発室?に飾ったりしているのに、病んでいたとはいえ自分で作ったものを無残に爆破するなんてと。ぶきっちょアームは海底から改修するほどの溺愛っぷりなのになんだかさびしい気持ちになりました。


*もうひとつのご意見もどうぞ
> 個人的にアイアンマンの花火は、ラストの台詞に繋がると言うか、スーツが無くても強く居られる=スーツへの依存からの解放という意味にも取れました。「ダークナイトライジング」のラストにも通じる所があって、私は好きです。



~それぞれのラスト~

副大統領は、トニーとローズ大佐の電話を無視したおかげで連行されていました。ご愁傷様です。
*以下のご指摘を受けました
副大統領は通報しなかったから捕まったのではなく、犯人のパトロンだったから捕まったのではないでしょうか?
映画内では、犯人は大統領に向かって新しいパトロンが見つかったと言ってます。
娘さんの足が無かったのもその伏線。そしてあの爆発する薬は手足が一部ないか薬物依存症、など体に欠陥がないと使えないと映画で描かれています。
(女性の腕が生えたり)
副大統領は娘(孫?)の足が戻るかもしれないプロジェクトに出資し、更に目の上のたんこぶである大統領をついでに殺せるという展開なのではないでしょうか?


ハッピーはケガから回復していたようですが、TVで観ていたドラマ(?)を指差していました。
*以下のご指摘を受けました
ハッピーがケガから回復して観ていたドラマもおそらくハッピーが入院し、トニーが見舞いに来ていた際に看護婦に「テレビを消さないでくれ、ハッピーの好きな番組なんだ」のようなことを言っていたと思います。
自分の好きな番組が流れていたことにより、それを知る身近なだれか(おそらくトニー)の気持ちが伝わったのではないでしょうか。

*もうひとつご意見をどうぞ
映画に出てきた女優さんが看護していて、ハッピーがテレビを指さして目線で「あなたですか?」と聞いていたのでは?

テレビのシーンは、女優さんはナースの衣装でした。
もしかすると見間違いかも知れませんので、参考程度まででお願いします。
それから、ハッピー氏があの映画(Downton Abbey)が好きだった理由ですが、運転手が手の届かない女性に恋をする話で、 自分が手の届かないポッツに恋をしている状況に似ているからだと思います。


マンダリン(を演じていた役者)は、取材で取り囲まれると嬉しそうな笑みを浮かべていました。
舞台役者だから注目されるのが嬉しかったんだろうな・・・

ハーレーの倉庫は、トニーからの贈り物がたくさんありました。
なかには「ポテトガンMk2(君の友、メカニックより)」まであったりします。
「ポテトガン」の横に、「限定版」なのに見張りに踏み潰されてしまったハーレーの妹の時計もあったとのご指摘を受けました。


~回収されなかった伏線(?)~

副大統領の孫(?)の女の子の片足がなかったのも、意味があったのかが不可解です。
*以下のご指摘を受けました
おそらくエクストリミスを投与して足を治したかったのではないでしょうか?
冒頭のトニーとハンセンが話しをしている際にハッピーがエクストリミスの投与された植物を折り、その後枝が復元される描写がありますし(まもなく爆発しましたが)、過去のエクストリミス人体実験の映像にてローズヒルで襲ってきた女性の左腕が生えてくる描写もありましたので。


ハーレーの言っていた「アイアンマンを透明する」というアイディアも作中で生かされていなかったのは残念。
この辺はさらなるマーベル・ヒーローの映画で描かれることを期待したいです。
*透明のスーツについて以下の意見をいただきました
ハーレーのスーツを透明にするというアイデアに対し、トニーは素っ気無く「そりゃいいアイデアだ」と返すのは、Mk15スキーニー、Mk16ナイトクラブ、Mk18カサノバがステルス機能搭載スーツで、Mk27ディスコがカメレオン(光学迷彩)スーツなので、「そのアイデアは既に取り入れてるよ」といことからだと思います。


~鉄の男~

トニーは自分のことをこう振り返ります。

「あのアーマー(アイアンスーツ)は、僕を包むマユだった。僕はマユを破り、生まれ変わったんだ。
たとえたくさんあるおもちゃを奪われても、これだけは変わらない。
僕は、アイアンマンだ」


この台詞はアイアンスーツへの依存を断ち切ったこと、トニーが成長したことを示した台詞です。
しかも最後のひとことは、「1」のラストでトニーがアイアンマンの正体が自分であるとバラしたときと同じ台詞です。

アイアンスーツを全て捨て、胸の動力装置も外した彼が、まだ自分のことを「アイアンマン」と言うのは、Ironが 「強固」を意味しているからでしょう。
アイアンスーツを着なくても、トニーの意志の強さは変わらないのです。


~エンドロール後~

エンドロールの最後、トニーの「長々と聞いてくれてありがとう、君に話せてほっとしたよ」という声が聞こえてきます。
トニーは自分の物語を、男に聞かせていたのです。
しかし男は居眠りしていました

トニーが「どこから寝てた?」と聞くと、男は「スイスのエレベーターのとこから」とほざきました。
トニーは「はじめからか」とがっかりした様子で言います。

そう、この物語ははじめっから最後まで「トニーの独白」だったのです
壮絶な物語が実は「男への独白」で、しかも「寝ていて聞いてなかった」なんてオチをつけるとは思いもよりませんでした。

*この最後に出てきた男はハルクことブルース・バーナー(マーク・ラファロです。

あれじゃあ誰かわかんないよ!
ハルクを演じていたのは「ハルク」ではエリック・バナ、「インクレディブル・ハルク」ではエドワード・ノートンと、役者がコロコロと変わっているためによけいにわかりにくくなっています。メガネもしていないし。

「僕は忍耐力がないんだ」というセリフは、まさにハルクならではですね。
以前にもアイアンマン3にはハルクが登場するかもしれないと囁かれていました。


これでアイアンマンの物語は終わったように思えましたが、最後には「トニー・スタークは帰ってくる」というテロップが映し出されます。
彼の次の活躍は、「アベンジャーズ2」になるかもしれません。


ここで終わり・・・かと思いきや「マイティ・ソー ダークワールド」の予告までもが映し出されました。
アベンジャーズのしょぼいボスキャラだった「ロキ」が再登場しているあたり期待大です。
しかし吹き替え版で観たのに、予告は字幕だったのは解せませんね。


えー最後に、どうしても気になることを言ってもいいですか?
アベンジャーズの面々はこの非常事態に助けてくれないのか。

「空に穴があいてエイリアンがやってきた」というかつての出来事が言及されるも、今回の世界の一大事ではアベンジャーズのメンバーについては一切口に出されることがありません(最後のオチ除く)
まあ今回は単独のアイアンマン主演作なので言うのも野暮なんですがね。でも助けてよ。

*以下の意見をいただきました
> アベンジャーズのメンバーが来なかったことにも理由があります。
> キャプテン・アメリカは『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』の件で奔走しているため忙しく、ソーはそもそも地球人ではなく、普段はアスガルドでお仕事をしているので気軽に地球に来られません(『ダークワールド』で地球にやって来ますが)。
> バナー博士はエンドロール後に登場しますが、 ハルクをコントロール出来るといっても自由自在ではありませんし、普段は隠遁生活をしているので表に出て来られないのでしょう。
>
> 原作コミックの世界でも実写映画でも、ヒーロー達が過ごす時間はほぼリアルタイム進行ですから、それぞれ解決すべき案件があって忙しいんだと思います。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-04-27 : 映画感想 : コメント : 40 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
初日に観ました。エンドロール後のセラピストの男はアベンジャーズの登場人物で、無精髭だらけで最初誰か判らなかった。

新聞等の広告にエンドロール後のお楽しみを告知してたのに、見てなかったのか。エンドロール前に退席する人が多かった。最後まで観ないと後悔しますよ。
2013-04-27 06:04 : 通りすがりのアイアンマンさ! URL : 編集
No title
私も初日に見ました。
私はアイアンマンの花火のシーンに若干の違和感を覚えました。
トニーはメカニックでありクリエイターです。
親や祖父から受け継いだと思われる車やバイクなんかを大事に整備しさらには歴代アイアンマンも開発室?に飾ったりしているのに、病んでいたとはいえ自分で作ったものを無残に爆破するなんてと。ぶきっちょアームは海底から改修するほどの溺愛っぷりなのになんだかさびしい気持ちになりました。

副大統領の孫の女の子の片足がなかったのは何の意味があるのかについてですが、おそらくエクストリミスを投与して足を治したかったのではないでしょうか?
冒頭のトニーとハンセンが話しをしている際にハッピーがエクストリミスの投与された植物を折り、その後枝が復元される描写がありますし(まもなく爆発しましたが)、過去のエクストリミス人体実験の映像にてローズヒルで襲ってきた女性の左腕が生えてくる描写もありましたので。

ハッピーがケガから回復して観ていたドラマもおそらくハッピーが入院し、トニーが見舞いに来ていた際に看護婦に「テレビを消さないでくれ、ハッピーの好きな番組なんだ」のようなことを言っていたと思います。
自分の好きな番組が流れていたことにより、それを知る身近なだれか(おそらくトニー)の気持ちが伝わったのではないでしょうか。

しかしコレだけのストーリーを事細かに記されているだけではなく細かいやり取りなんかも書かれていて素直にすごいなと。なにかメモを取ったりしながら干渉されているんですかね?

そういえば件の妹の時計もポテトガンのわきにあったと思いますよ。
2013-04-27 13:13 : URL : 編集
Re: No title
ありがとうございます!わからなかったシーンが全てわかってっとても嬉しいです。
どうも自分は重要なシーンを忘れがちなので、とても助かります。(特に妹の時計はなんで見逃したんだろう?)

ご意見は記事に反映させていただきました。

メモはとっているのですが、ほとんど台詞以外は使っていない感じです。
読んでいただいて感謝です。



>エンドロール後のセラピストの男はアベンジャーズの登場人物で、無精髭だらけで最初誰か判らなかった。

う~ん。自分は結局この男が誰かわからなかったり。
「コールソン」じゃないですよね。
2013-04-27 20:54 : ヒナタカ URL : 編集
エンドロール後に楽しい場面があるんですか!ビデオで前の作品を見ましたが

知らなくて見なかったー 汗
2013-04-27 21:09 : あら URL : 編集
レビューお疲れ様です
最後の男はブルース(ハルク)だったと思います。
アベンジャーズのときに比べて貫禄が付いていたので最初はわかりませんでしたが(笑)
トニーがスーツを爆破したのは確かに違和感を覚えましたが
直前に涙を流していた?ようにも見えたので内心葛藤があったんじゃないかと思います
2013-04-27 21:44 : URL : 編集
Re: タイトルなし
> 最後の男はブルース(ハルク)だったと思います。
> アベンジャーズのときに比べて貫禄が付いていたので最初はわかりませんでしたが(笑)

ええー!
ハルクって物理学者じゃなかったっけ・・・でも役者の名前を検索したら確かにその顔のような。
ありがとうございます。追記します。


> トニーがスーツを爆破したのは確かに違和感を覚えましたが
> 直前に涙を流していた?ようにも見えたので内心葛藤があったんじゃないかと思います

涙を流していたのかはちょっと覚えていません。
個人的にはポッツが普通に喜んでいたのも違和感がありました。
2013-04-27 22:01 : ヒナタカ URL : 編集
最後の男はどう見てもハルクじゃないですか!
僕は忍耐力がないんだってセリフがさらに笑えるところなんですよ!
2013-04-27 22:03 : URL : 編集
Re: タイトルなし

> 僕は忍耐力がないんだってセリフがさらに笑えるところなんですよ!

最後にそんな台詞が確かにあったような!追記します。
2013-04-27 22:09 : ヒナタカ URL : 編集
セラピストと言いますか、単純にアベンジャーズの中ではブルースが唯一同レベルの会話が出来る人物ですから、そのブルースに話を聞いてもらってただけなんだた思いますよ。
そう想像するとさらに笑えてしまう!
2013-04-27 22:15 : URL : 編集
Re: タイトルなし
> セラピストと言いますか、単純にアベンジャーズの中ではブルースが唯一同レベルの会話が出来る人物ですから、そのブルースに話を聞いてもらってただけなんだた思いますよ。
> そう想像するとさらに笑えてしまう!

そうですね。自分はハルクが「新任」だという台詞があった気がするので、セラピストだと思ったのですが、そちらが正しいと思います。
「セラピスト」と書いた部分は修正しました。

トニーは友人が(女性以外は)少なそうだもんなあ・・・
2013-04-27 22:24 : ヒナタカ URL : 編集
最初のスイスのとこでトニーに話しかけるおじさんがいるけどその人は1でトニーと一緒にマーク1を作ったインセン博士って気付きました?

あと鍵と書いてましたが確かクスリか何かだった気がします。キリアンに対してマヤが物質がなんたらといっていたので…それにあの物質を投与しなければいずれ爆発するとも言っていました。

機密書類に関しては相手の基地の情報やらに関しての伏線です。

あと、敵に関しては3000度の熱があるみたいなのでチタン合金で出来たスーツでも、確実に溶けてしまうでしょう。

間違ってるのがウォーマシン最高!です!確か…


最後のはハルクで確定です。
僕は忍耐力がないんだってセリフはハルク自身怒ったり興奮したりするとなるから皮肉みたいなものじゃないですか?最後トニーがわかったって話しを終わらせたのがハルクになられては困るからああいう感じになったと思います!


これからまだMARVEL作品の映画が楽しみですね!
キャプテンアメリカ、ウルバリン、アベンジャーズ、ソー、ギャラクシー、アントマン、アメージングスパイダーマンがやる事が決まってますし楽しみですね!

噂ではデアデビルのリブードも決まってるみたいですしファンタスティックフォーの続編もやるみたいですよ!

2013-04-27 22:43 : URL : 編集
Re: タイトルなし
> 最初のスイスのとこでトニーに話しかけるおじさんがいるけどその人は1でトニーと一緒にマーク1を作ったインセン博士って気付きました?

> 間違ってるのがウォーマシン最高!です!確か…

いやー本当いろんな人に突っ込まれて申し訳ない!訂正させていただきます。
パスコードは完全に間違えていました・・・記憶って怖い・・・

ハンセン博士はアイアンマンを見直さないと気づきにくいですね。ありがとうございました。
2013-04-27 23:09 : ヒナタカ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-28 10:23 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-28 11:54 : : 編集
No title
土曜日に見てきました。シリーズファンとしては十分合格点ですし、3部作の締めとしても良い終わり方だと思いました。

気になったのは同じくヴィランの扱いですね。ベンキングスレーがもったいない。原作の魔術師のようなキャラは難しいとしても、やはり最後まで敵の首領として出してほしかった。

キリアンの悪役っぷりは清々しいですが、超人兵士はミュータントみたいで何でもありにしてしまうと、強さの値が逆に半減して見えたような気がします。

でもラストにペッパーが超人化して、キリアンをぶっ飛ばすという展開は予想外で面白かったですw(とどめを刺すのがトニーじゃないというのも)

お気に入りはたくさん出てきたスーツの装着シーンとラストバトルでしょうか。次から次へとスーツを換装しながら戦って行く場面は、おおお!!でした。あとはハーレイとの絡みですかね。トニーが発作を起こすときに矢継ぎ早に質問して、止めろといわれたりしてる所なんかは何だか親子みたいで微笑ましかったです。

個人的にアイアンマンの花火は、ラストの台詞に繋がると言うか、スーツが無くても強く居られる=スーツへの依存からの解放という意味にも取れました。ダークナイトライジングのラストにも通じる所があって、私は好きです。
2013-04-29 09:16 : 一葉良 URL : 編集
他のヒーロー達はヒーロー達で別の事件に巻き込まれていたのでしょう
ソーならダークワールド、キャップならウィンターソルジャー…

最後の花火はペッパーに、スーツ依存から脱却したよ、という事を伝えたかったんじゃないかと…
にしても勿体ない!

それとイゴールが戦うシーンってありましたっけ?
MK25ストライカーが両腕のパイルで地面を吹き飛ばすシーンなら記憶にあるんですが…

ローディがワクワクしながら「俺のスーツはある?」ときいてあっけなくトニーに「全部僕専用」と断られた時の切ない表情が個人的に好きでした(笑)
危ないんだから着させてやれよトニー、と
2013-04-29 15:40 : 勇人 URL : 編集
Re: タイトルなし
> それとイゴールが戦うシーンってありましたっけ?
> MK25ストライカーが両腕のパイルで地面を吹き飛ばすシーンなら記憶にあるんですが…


うわー、また勘違いしていたのか。
ありがとうございます。ご指摘感謝です。
2013-04-29 15:51 : ヒナタカ URL : 編集
Re: No title
> 個人的にアイアンマンの花火は、ラストの台詞に繋がると言うか、スーツが無くても強く居られる=スーツへの依存からの解放という意味にも取れました。ダークナイトライジングのラストにも通じる所があって、私は好きです。

こういう肯定的なご意見もいただけて嬉しいです。追記します。
2013-04-29 15:55 : ヒナタカ URL : 編集
No title
シリーズの初めの「そもそも論」に肉付けをする構成力には感服です。

今度は、夫婦して、アベンジャー2に出る伏線になると思ってました。
2013-04-29 20:09 : sakura URL : 編集
No title
トニー・スタークのキャラが命の映画ですから。
しかし、相変わらず家内制手工業でなんでも作ってしまう技術力には恐れ入る。
あと、国有アイアンマンが全く役に立たないのもお約束か。
2013-05-03 11:43 : URL : 編集
>副大統領
彼は通報しなかったから捕まったのではなく、犯人のパトロンだったから捕まったのではないでしょうか?
映画内では、犯人は大統領に向かって新しいパトロンが見つかったと言ってます。
娘さんの足が無かったのもその伏線。そしてあの爆発する薬は手足が一部ないか薬物依存症、など体に欠陥がないと使えないと映画で描かれています。
(女性の腕が生えたり)
副大統領は娘(孫?)の足が戻るかもしれないプロジェクトに出資し、更に目の上のたんこぶである大統領をついでに殺せるという展開なのではないでしょうか?
2013-05-06 06:24 : 名無し URL : 編集
Re: タイトルなし
> >副大統領
> 彼は通報しなかったから捕まったのではなく、犯人のパトロンだったから捕まったのではないでしょうか?

なるほどー。作中では捕まった理由が提示されていなかったので、責任を取らされたと思っていました。
参考になったのでぜひ記事に追記させてください。
2013-05-06 18:58 : ヒナタカ URL : 編集
ラストに関するコメント
「ハッピーはケガから回復していたようですが、TVで観ていたドラマ(?)を指差していました。」

この部分ですが,映画の女優さんが看護していて,ハッピーがテレビを指さして目線で「あなたですか?」と伝えて,看護している女性が「ええ,そうですよ」と答えていました.目が覚めたら好きな女優さんが看病してくれていたら感激しますよね.普通はあり得ませんが..個人的はこのラストシーンが一番後味が良いです.さすがトニースターク!やることが違うと思いました.

ブログ記事,楽しく拝見しました.ありがとうございます.
2013-05-08 12:21 : ursla URL : 編集
Re: ラストに関するコメント
> この部分ですが,映画の女優さんが看護していて,ハッピーがテレビを指さして目線で「あなたですか?」と伝えて,看護している女性が「ええ,そうですよ」と答えていました.目が覚めたら好きな女優さんが看病してくれていたら感激しますよね.普通はあり得ませんが..

なるほど、吹き替え版ではそう言っていた記憶はないのですが、それだったらハッピーが指差していたことが理解できます。

ご意見感謝、追記します!
2013-05-08 22:25 : ヒナタカ URL : 編集
Re: ラストに関するコメント
ありがとうございます。

テレビのシーンは、女優さんはナースの衣装でした。
もしかすると見間違いかも知れませんので、参考程度まででお願いします。。

それから、ハッピー氏があの映画(Downton Abbey)が好きだった
理由ですが、運転手が手の届かない女性に恋をする話で、
自分が手の届かないポッツに恋をしている状況に似ているから
という意見を聴きました。こちらもご参考まで。
2013-05-09 05:24 : ursla URL : 編集
Re: Re: ラストに関するコメント
>自分が手の届かないポッツに恋をしている状況に似ているから


wikipediaでハッピーをみると、ハッピーとポッツは結婚していたりするんですよね。
こちらも追記しました。ありがとうございます!
2013-05-10 20:05 : ヒナタカ URL : 編集
初めてローズと書いたところがローズ大佐じゃなくてローズ中佐になってる
2013-05-14 21:57 : アイアンマン URL : 編集
Re: タイトルなし
> 初めてローズと書いたところがローズ大佐じゃなくてローズ中佐になってる

ご指摘感謝です。
2013-05-14 22:02 : ヒナタカ URL : 編集
楽しめました
IMAX 3D 字幕版で観ました。映像と音響の迫力倍増で、アイアンマンファンの私としては、とても楽しめました。
原作もファンなのですが、私はマンダリンの扱いについては、この映画では変更されていて、楽しめました。
「ベン・キングズレーは仕事を選ばない」とおっしゃいますが、私は、ベン・キングズレーにかかると、1映画の中でこういったギャップのある役を演じられるんだな~と、感心しました。


それから、重箱のすみつつきの様で申し訳ないのですが、指摘させていただきます。

>それだけだったらいいのだけど、なんとトニーはカリブの自宅の住所をおおっぴらに言ってしまいます。

→トニーの自宅はカリフォルニアのマリブですよ。

>おかげでマスコミの侵入も避けられず、13年前に出会ったハンセンもそこに来ます。
>そして・・・テロリストのヘリ3機からミサイルが放たれます(そりゃそうなるだろ)

>面白いのが、このときのはずみで、ポッツがアイアンスーツを着てしまうこと。

→ここですが、ポッツがアイアンスーツを着てしまうのは、「はずみ」ではなくて、トニーのコントロールでポッツに着させたのだと思います。
その後、トニーがアイアンスーツのポッツに助けられますが、その時にトニーが「先に私が守った」旨の事を言います。この事でその後ポッツがトニーと険悪なムードになっています。
2013-05-17 23:00 : KO URL : 編集
Re: 楽しめました
> >それだけだったらいいのだけど、なんとトニーはカリブの自宅の住所をおおっぴらに言ってしまいます。
>
> →トニーの自宅はカリフォルニアのマリブですよ。

> >おかげでマスコミの侵入も避けられず、13年前に出会ったハンセンもそこに来ます。
> >そして・・・テロリストのヘリ3機からミサイルが放たれます(そりゃそうなるだろ)
>
> >面白いのが、このときのはずみで、ポッツがアイアンスーツを着てしまうこと。
>
> →ここですが、ポッツがアイアンスーツを着てしまうのは、「はずみ」ではなくて、トニーのコントロールでポッツに着させたのだと思います。
> その後、トニーがアイアンスーツのポッツに助けられますが、その時にトニーが「先に私が守った」旨の事を言います。この事でその後ポッツがトニーと険悪なムードになっています。


ご指摘感謝です、訂正します。
キングスレーの小物演技は素晴らしかったですw
2013-05-18 14:44 : ヒナタカ URL : 編集
No title
マイティ・ソー2ではロキは仲間っぽいですよ。ブルースはアヴェンジャーズのときも普段はメガネしてませんでした。
2013-06-15 15:41 : URL : 編集
No title
アイアンマン3 泣いた
主人こうが、恋人?を0.数秒の間に即決し、スーツを着せたシーン。
これがこの作品の一番 でした。
子供はどうでもいいや
2013-08-14 22:05 : URL : 編集
No title
アイアンマン3 泣いた
主人こうが、恋人?を0.数秒の間に即決し、スーツを着せたシーン。
これがこの作品の一番 でした。
子供はどうでもいいや
2013-08-14 22:06 : たろう URL : 編集
No title
アイアンマン3面白かったです!

今更ですが、アベンジャーズのメンバーが来なかったことにも理由があります。
キャプテン・アメリカは『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』の件で奔走しているため忙しく、ソーはそもそも地球人ではなく、普段はアスガルドでお仕事をしているので気軽に地球に来られません(『ダークワールド』で地球にやって来ますが)。
バナー博士はエンドロール後に登場しますが、 ハルクをコントロール出来るといっても自由自在ではありませんし、普段は隠遁生活をしているので表に出て来られないのでしょう。

原作コミックの世界でも実写映画でも、ヒーロー達が過ごす時間はほぼリアルタイム進行ですから、それぞれ解決すべき案件があって忙しいんだと思います。
2013-09-10 22:34 : URL : 編集
Re: No title

> 今更ですが、アベンジャーズのメンバーが来なかったことにも理由があります。
> キャプテン・アメリカは『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』の件で奔走しているため忙しく、ソーはそもそも地球人ではなく、普段はアスガルドでお仕事をしているので気軽に地球に来られません(『ダークワールド』で地球にやって来ますが)。
> バナー博士はエンドロール後に登場しますが、 ハルクをコントロール出来るといっても自由自在ではありませんし、普段は隠遁生活をしているので表に出て来られないのでしょう。
>
> 原作コミックの世界でも実写映画でも、ヒーロー達が過ごす時間はほぼリアルタイム進行ですから、それぞれ解決すべき案件があって忙しいんだと思います。

遅れましたが、ご指摘感謝です。訂正します。
2013-09-15 10:03 : ヒナタカ URL : 編集
No title
最後にあのスーツをすべて爆破したのは、ノイローゼによる不安にかられて作り続けた大量のスーツを全て消去することで、トラウマを克服したっていう意思表示なのかもしれないですね。
アイアンマンそのものを辞めるという意味ではないと思います。

ただやっぱりトニーはメカニックなので、今後も趣味でスーツは作るのではないでしょうか。
2013-09-26 14:56 :   URL : 編集
No title
自宅でのヘリとの戦いで、1機目のヘリにぶつけたのは机ではなくグランドピアノです。
あと、ハーレーのスーツを透明にするというアイデアに対し、トニーは素っ気無く「そりゃいいアイデアだ」と返すのは、Mk15スキーニー、Mk16ナイトクラブ、Mk18カサノバがステルス機能搭載スーツで、Mk27ディスコがカメレオン(光学迷彩)スーツなので、「そのアイデアは既に取り入れてるよ」といことからだと思います。
キリアン達がアイアンパトリオットの遠隔操作ができるのは、アイアンパトリオットの改修をAIMが担当しているからです。改修時に遠隔操作できるようにしたのだと思います。
2013-11-18 14:03 : 名無しさん URL : 編集
Re: No title
いろいろとごしてきありがとうございます!
すべて記事に反映させてください。
2013-11-18 17:14 : ヒナタカ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-10-31 17:32 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-10-31 18:15 : : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。