ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

生きている人だけでも・・・ 映画「回路」ネタバレなし感想+作中の設定

6月1日から映画「リアル 完全なる首長竜の日」が公開されます。

監督は黒沢清。ホラー作品を多く手がけ、国外でも高く評価されている方です。
本日は黒沢清監督の代表作である「回路」(制作:2001年)をご紹介します。

加藤晴彦
3242円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:わかりやすいけど、わかりにくい


あらすじ


フラワーショップで働くミチ(麻生久美子)は同僚の突然の自殺を目撃する。
それから彼女の周りでは常軌を逸した出来事が続くようになり・・・

一方、大学生の亮介(加藤晴彦)は自宅でインターネットをはじめようとするが、なぜか不気味なサイトにアクセスしてしまい、「幽霊に会いたいですか?」というメッセージを見る。
亮介は同じ大学の研究生の春江(小雪)に相談するのだが・・・




ジメジメして、暗くて、恐ろしい、日本のホラーらしい作品に仕上がっていました。

この映画には「突然のドンッという大きい音で驚かせる」演出は全く存在しません。
恐怖を煽るのは、いつの間にか画面内に見える幽霊や「異質」なものなのです。

そしてこの映画の真の特徴は、恐ろしいくらいに賛否両論であることです。
たとえば「みんなのシネマレビュー」の点数配置はこんな感じです。

回路 点数分布<分布がバラバラ

その賛否両論度は「キル・ビル」「リリィ・シュシュのすべて」「ダンサーインザダーク」にひけをとらないほどです。
なぜ好き嫌いが分かれるのか?次のことが理由にあると思います。

①意味不明
②発想が突飛
③登場人物の台詞がわざとらしい(これはわりとひどい)
④展開が若干ご都合主義っぽい
⑤若干スローテンポ

まあ、①のせいだよね。
本当に難解、というかあえて多くを説明せず、観る人の不安を煽っていると言えます。

なにせ、もっとも根本的な「理由」がわからないのです。
「なぜ幽霊が現れるようになったのか?」は作中で示されるものの、「何故人が消える(死ぬ)のか?」は説明がされません。
さらに作中で「幽霊は人を殺さない」と説明されるも、幽霊は人を思い切り「誘って」いるようにも思えます。

この「矛盾」「破綻」にも思える設定が、むしろ効果的なのです。
「未知」の恐怖を描いている作品と言えるでしょう。

そんなわかりにくい設定の代わりに、テーマは明確です。
本作は「孤独」と「人のつながり」について描いています。

主人公は人々が消えていく状況の中、どういう行動をしたか。
幽霊は何を怖がっているか。
なぜ人がいなくなるのか。
なぜ主人公は消えずにいれるのか。

それを考えてみると、よりテーマがはっきり見えてくるでしょう。

個人的にはこういう哲学的な作風、終末感の漂う世界観は大好きなのでかなり気に入りましたが、およそスタンダードなホラーを期待する人には全くおすすめできません。

これはデヴィッド・リンチだとかデヴィッド・クローネンバーグだとかアレハンドロ・ホドロフスキーだとかのおよそ万人向けでない映画を好む方にこそ観てほしいです(作風はそれぞれ異なりますが)。

以下はほんの少しだけネタバレで、設定を紹介しています↓ 核心部分には触れていません。



キーワードその1:死者からの呼び声

本作では「あちらの世界の幽霊が、こちらの世界に溢れ出ている」という設定になっています。
そして、こちらの世界に出てきた幽霊は、生きている者に近づこうとします。

幽霊に会いたいですか<インターネット上で、「幽霊に会いたいですか」と聞く

たすけて・・・・<電話からは「助けて」の声

黒い幽霊グシャッ<不気味によろけながら近づく幽霊

なぜ生きている者に助けを求め、また襲うのか?
その理由は作中では示されません。
おそらく(恐怖感が薄れてしまうかもしれないので反転)「幽霊たちは永遠の孤独を感じているため、誰かを引き寄せたかった」のでしょうが・・・


キーワードその2:消えていく人々

作中で生きている者たちは自殺をするか、または「黒い染み」になって消えていきます。

「しみ」で消えるもの<人がこうして消えることも・・・

なぜ人が「自殺」「黒い染みになる」の二通りで消えるのか。
その理由も、作中では示されません。


キーワードその3:あかずの扉

インターネット上では、幽霊に会いたいかを聞くだけでなく、「あかずの扉の作り方」も出回るようになります。

あかずの扉とは、幽霊をこの世に呼び出すための装置です。
それはごく簡単なもので出来てしまいます。なにせ・・・

テープを借りる<テープを借りて

赤いテープの部屋<扉に貼れば

幽霊が現れて・・・<幽霊が来ちゃうのですから

簡単すぎるだろ
しかしこれだけのきっかけで幽霊がこの世にはびこり、人々が消えていったこともまた恐ろしく思います。

また「あかず」とひらがなになっていることも意味深です。
「開かない」のではなく、「空かない(空きがない)」を示しているように思えます。


キーワードその4:回路

物語のいちばんはじめ、失踪した同僚が部屋にいる姿がパソコン上に映し出されます。
その画像のパソコンの画面をよく見てみると、その部屋と同じものが写っていたのです。

同じのが映る<同じものが・・・

このその場そのものを映している画面も、終盤にもう一度登場します。
それは「自分自身を見つめる」ことを示しているのでしょう。


キーワードその5:主人公の行動

本作に登場する2人の主人公は、ともに他者を救いたいと、他者とつながりたいと思っていた人物です。
これは幽霊が、自分勝手に生きている者を引きずりこもうとしていることと相反しています。

さらに作中では、死者になると孤独になり、そこから永遠に抜け出すことができないことも示されます。

ならば、生きている人にだけでも、何かをしてあげることが必要なのではないか
そんなメッセージを感じるのです。

しかし作中では「本当はつながってなんかいない、みんなバラバラに生きている」「人が困っているときは、何もしないのがいちばんいいことがある」という、このメッセージとは違うことばも投げかけられます。

人それぞれが「つながり」について考えるべきなのでしょう。



そんなキーワードを拾うだけで難解で万人向けじゃない「回路」ですが、さらに「リアル 完全なる首長竜の日」は試写会の評価が散々な感じになっています
<リアル 完全なる首長竜の日 ユーザーレビュー - Yahoo!映画>(一番上のレビューは結末までネタバレしているので注意)
5月上旬現在、10人中8人が最低評価という異常事態。大丈夫かこれ。

そんなわけで「リアル」を観ようと思っている方は、「回路」で「監督の作風はこうなんだ」と免疫をつけておくことをオススメします。

オススメレビュー↓
<なぜ人は幽霊を怖がるのか?『回路』 - くりごはんが嫌い>(ネタバレ注意)
<回路 - みんなのシネマレビュー>(ネタバレ注意)

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-05-08 : 旧作映画紹介 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-09 00:21 : : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。