ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

誰かが動き始めれば「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:シンプルにまとまった正統派続編


あらすじ


オカマのマサコちゃん(ゴリ)は、マジックショーの晴れ舞台を終えた2日後に殺された。
警察の捜査は一向に進展せず、ついに探偵(大泉洋)が動く。
「マサコちゃんは政界の闇に消され」たというウワサを耳にした探偵は、相棒の高田(松田龍平)と、マサコちゃんにファンレターをもらっていたバイオリニストの河島弓子(尾野真千子)を率いて大捜査に赴くのだが・・・




大ヒット作「探偵はBARにいる」の2年ぶりの続編です。
前作のレビューはこちら↓
<「探偵はBARにいる」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー>(あんまり褒めていません)

本作は東直己の「ススキノ探偵シリーズ」第5作「探偵はひとりぼっち」を原作としています。

powered by yasuikamo

自分はこのシリーズを読んだことはないのですが、原作は映画よりももっとハードボイルドで、アクションも少ない作品だったそうです。
映画版ではギャグを満載にし、相棒「高田」(松田龍平)の出番を増やして、アクションもふんだんに取り入れて映画としての娯楽性を増し増しにしているのでしょう。
本作のよい意味での「おちゃらけ具合」、軽妙な音楽や役者の演技は、このシリーズを支持する固定ファンを産むはずです。


さて、本作は基本的に前作と雰囲気は変わりません。ていうか探偵のくせに推理らしいことはほとんどしません
やってるのは聞き込みとか、襲いかかる暴君をボコっているばかりですw

でもこのシリーズはこれでいいのでしょう。
本作の面白さの根源は大泉洋演じる「探偵(名前なし)」とその周りのキャラクターの面白さ、真相の解明に至るまでの過程なのですから。
そこには幾重にも人の想いが現れ、感動できるメッセージもしっかり含まれているのです。

そして伏線が上手いのなんの。
映画を観慣れている方であれば「あ、これは伏線だろうな」と思う台詞はいくつもあると思うのですが、予想の斜め上を狙っての伏線回収には恐れ入りました。

前作では事件そのものが複雑に感じてしまっていまひとつ入り込めなかったですが、今回は登場人物は多いながらもシンプルにまとまっているために、混乱することもほとんどありません。
その甲斐あってか、自分は前作よりも好きになれた続編でした。


しかしやはり気になる点もあります。

残念だったのはアクションシーンに説得力がないことです。
アクションそのものは大胆なカメラワークあり、奇抜なアイディアありで楽しめるのですが、多勢に無勢に見える主人公たちが勝てるほどの要因が見つからないことが多いのです。
「奇襲」や「知恵」をもっと使って、納得できるようにしてほしかったです。

もうひとつ賛否が分かれそうなのは犯人像でしょう。
これはアクションよりも、もっと納得がいかない方が多いはずです。
でも自分はこの犯人でよかったと思います。この犯人だからでこそ、見えてくるものがあると思うからです。


前作を面白いと感じた方、役者のファンであればぜひご覧いただきたい作品です。
あいも変わらず「PG12指定じゃちょっと甘いんじゃない?」と思わせる性的なシーンも多々あるので、お子様の鑑賞はオススメしませんのでご注意を。

そういえば本作は札幌が舞台なので、ある意味「ご当地映画」でもあるんですよね(事実、北海道では本州を上回る大ヒットです)。
映画では札幌の夜の街だけでなく、室蘭中山峠などが登場します。
手軽に北海道旅行気分を味わいたい方も、ぜひ劇場へ。

以下、結末と犯人も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 前作の展開も少しだけネタバレしているので注意
















まずはアクションシーンからつらつらと書きます。

~スキージャンプ~

映画は、探偵が縛られてスキージャンプをさせられそうになっているシーンからはじまります。

マジックハンド付き スキージャンプ<映画のファーストシーンです

すげえシチュエーションだな。前作の「雪の中から這い出てくる」にもひけをとらない奇抜さでした。
ここで物語はマサコちゃんの死から、ヤクザ「桐原組」に探偵がふん縛れるまでを描いて、また戻ってきます。

そして探偵は組長から電話で許されたことを聞くのですが、その後に縄がほどかれてしまいマジでスキージャンプをする探偵。これは笑いました。

高田に「お前どこ行ってたんだよ」と聞かれて、探偵が「K点越えに挑戦してたんだよ!」というのも面白かったです。


~VS弓子~

ショーパブにいた怪しいやつが、探偵をつけていました。
彼女の正体は河島弓子(尾野真千子)。バイオリニストです。

彼女がエレベーターで探偵の股間にスタンガンを当てて、探偵がズボンをおろしたときに高田がやってきて、探偵がボッコボコにされるのは面白かったですね。

チーン エレベーター<チーン

どうみてもアレ<どう見てもアレな状況

思い切りボコる<「さすがにコレはダメだろ」と言いボコる

高田は相棒にも容赦がないですね。

弓子もまた気が強く、後に探偵の名を勝手に語って、探偵を故意に敵に狙わせて、あまつさえ「敵の目星くらいつけたやんやろうな?ああ?」と逆ギレをするすさまじいヒロインでした。


~VS風邪をひいている集団~

探偵がトイレに行くと、即効でマスクをかぶった男たちに捉えられます。

首謀者と思しき男は「バース」と野球選手の名前を言いながらバットを振っていました。
後にリターンマッチした時は「ポンセ」の真似をして、探偵が「お前最近の選手知らねえだろ!北海道の星といえば稲葉篤紀だろうが!」と言ってくれるのは野球ファンにはたまらないですね。

高田は探偵がボコられそうになっているのを見て、一度無視します

探偵を観る相棒<探偵のほうを一度見る

ぷいっと向く相棒<ぷいっ

無視すんなー!<無視すんなー!

電話していたとはいえひでえ。
高田は回し蹴りなどをして撃退、2人は逃げるのですが・・・


~列車の中の大乱闘~

なんとか市内電車に乗って逃れた探偵と高田ですが、次の駅には大量のマスク集団がいました。
高田が「ずいぶん風邪流行ってるみてえなだ」と皮肉を言うのがよかったですね。
当然とばかりに車内で大乱闘をします。

一般客も巻き込みます 列車<一般人巻き込みまくり

車掌が「車内ではお静かにお願いしま~す」とか言ってたけど、それどころじゃねーだろ。
トラックに2人を飛び乗らせて助けてくれたのは、桐原組の相田(松重豊)でした。

相田は、この前に部下がお店を荒らしたことの「借り」として、立ち入ったサウナからも逃がしてくれます。恥ずかしいヤンキー服つきで

ヤンキー服<これは恥ずかしいね

あとサウナでスーツ姿だったので倒れてしまった部下がかわいそうです。


~カーチェイス~

中山峠であげいもを食べている最中、正体不明の車が近づいてきます。
敵はマシンガンを放ち、前作にも登場した花岡組の男・佐山(波岡一喜)が車のボンネットに飛び乗ってきます。

浪岡かずー佐山<前作でも雑魚キャラでした

花岡組は「反橡脇組」を取り締まっていると作中で説明されていました。探偵は敵をよく作るなあ。
残念なのは、ここで敵はマシンガンを放ちまくっているのに、探偵たちが撃たれないほどの説得力がなかったことです。
佐山はせっかく飛び乗ったのに、マシンガンを上に撃つのはなんでやねん。さっさと撃てよ。

こんなんでも死にません<こんなんでも死にません。

最後は敵を車ごと藁の束に飛び込ませて逃れますが、高田のボロ車「高田号」もついにお亡くなりになってしまいます。
佐山はマシンガンで、探偵はピストルで「早撃ち勝負」をしますが、なぜか2人とも弾が当たりませんでした。2人とも射撃の腕前はアレなんでしょうか。

最後は警察が駆け寄ってきて、探偵が佐山たちのことを「ちょっとエンストしちゃって、あの親切な人たちが助けてくれたんです!」と説明します。
保身のために笑顔で手を振る花岡組の連中に萌えました。でも佐山は口から泡吹かないでください。きたない。


~風邪をひいてる集団とリターンマッチ~

ショーパブのママが捉えられ、電話を受けた探偵と高田は敵地へ赴きます。
探偵は「ショータイムだ!」と言いますが、何も起きません。

敵の野球男から戦いが開始され、しばらく経ったあとに照明が消え、スプリンクラーが作動します。
それをやってくれたのは高田。
探偵は「遅ーよ!」と吐き、高田は「ビールケースが邪魔だったんだよ」と答えました。

序盤にショーパブの若い女の子(?)のヒモ男が現れたとき、ビールケースが邪魔で扉が開けられず逃げられなくなって、探偵が女の子に「今度からビールケース片付けといてくれる!」と言っていました。
片付けなかったんですね。こういう伏線の使い方は好きです。

高田は顔面をバットで殴られますが、倒れたと見せかけてジャンプ後の飛び蹴りで野球男を撃破。不死身すぎる。

なんとか探偵と高田は一同をボッコボコにします。
そして、このマスクの男たちの正体は「一般人」でした(相田は『フリー』と呼んでいた)。

探偵は政治家の橡脇(渡部篤郎)が自らの手で元恋人の雅子ちゃんを殺したのだと思っていましたが、そうではないと思い始めます。


~橡脇のキャラクター~

探偵は橡脇と出会います。
橡脇は反原発運動の第一人者で、人々から慕われ、子どもからも賞賛を浴びていました。

橡脇はバイセクシャルで、その愛人関係は金でものを言わせて隠そうとしていました。

しかし、橡脇はマサコちゃんに花束を届けたことしかしていませんでした。
彼は本当にヒーローであり、マサコちゃんの死とは直接関係のない人物だったのです。

「3年待ってほしい、それからなら、私はどんな裁きでも受ける!」という橡脇。
マサコちゃんを殺された怒りの矛先を見失った探偵は、去るしかありませんでした。


~真犯人~

橡脇が直接手を下したわけでない。
しかし、『フリー』のやつらでもない。では真犯人は誰か?

その答えは、すすきのの歓楽街で客引きをやっていた男『学生』(近藤公園)でした。
彼は橡脇が「花束」を持っていたことをうっかりしゃべってしまい、その後に証言の矛盾点を探偵につきつけられ、あっさりと自白するのです。

学生はこう吐きます。
「こっちは子どもが出来が悪くてよお、あっちはマジックで調子に乗りやがってよお」
「オカマなんて化けもんだろ!ゴミを片付けて悪いかよ!」

探偵は「なんなんだよ」とつぶやき、そして涙を流しました。
走り出した学生は、すぐにトラックに追突されて死んでしまいます。


序盤に学生は「オカマなんてまっとうな生き方してねえんだから」と言い、
探偵は高田に「あの学生は自分はギャンブルに溺れ、女房は水商売、ガキには暴力を振るっているヤロウだよ」と言っていました。
学生は、自分の不幸を呪い、マサコちゃんのことを蔑み、たったそれだけのことで殺したのです。

思えば、橡脇も、橡脇の周りにいた人間も、ゆがんでいながらも自分の正しいと思ったことをやろうとしてた人たちでした。
しかし学生はクズそのもので、その行動は非道極まるもの。周りにいたのマサコちゃんを想っていた人たちとは正反対です。

この犯人像はとにかく不快で、納得がいかないものです。
だからでこそ、探偵の言う「なんなんだよ」と言いながら涙することに、同調します。


~真相~

バイオリニストの弓子は、マサコちゃんを「大切なファンの一人」と言っていました。
しかし、真実はそうではありませんでした。

マサコちゃんと弓子は、共に室蘭で育ち、離れ離れになってしまった兄妹だったのです。似てなさすぎだろとツッコンではいけません

彼らの家庭は崩壊していました。
マサコちゃんは東京の親戚に引き取られましたが、なじめずに東京に出ていき、男に身を売ったこともあったようです。
しかし、その時に稼いだお金は、すべて妹・弓子に送っていました。

マサコちゃんはマジックショーに出る前に「有名になったら迷惑かける人が出てきちゃうでしょう」と言っていました。
探偵はそれは橡脇のことだと思っていましたが、ほんとうは弓子のことだったのです。


~お兄ちゃんのために~

探偵は橡脇をナイフで刺そうとしている弓子を止め、「探偵は依頼人を守らなければいけないんだよ!」と言います。
幸いにも探偵がナイフで受けた傷は浅く、軽快した探偵はバーで弓子と会話をします。

マサコちゃんは「有名なバイオリニストになった弓子に、ニューハーフの兄がいると知られたら、俺のせいで全部水の泡にになる」と思っていました。

弓子は「そんなわけないのに、全部お兄ちゃんのおかげなのに」「絶対呼ぶっていう約束破ちゃった」「お兄ちゃんのことを隠して、見捨てた張本人はこの私やねん」と口にし、泣きます。

探偵は弓子に「マサコちゃんはすすきので仲間に囲まれていた。マサコちゃんは、最高に幸せな人生だったと思うよ」と言います。


プロをやめると言っていた弓子ですが、再びコンサート会場に立ちます。
バイオリンを弾いていると、子どものころにお兄ちゃんがバイオリンを教えてくれたこと、プロになれると言ってくれたこと、その思い出が浮かびます。

弓子が再びプロの世界に戻り、お兄ちゃん(マサコちゃん)の想いを叶えられるのが見れて、本当によかったです。


~ちょっと残念だったこと~

・序盤で探偵が「重病」にかかるシーンがあまり意味がない

マサコちゃんの死後、探偵は美女の誘惑に負け、毎日セックス三昧の日々を送っていました。
その重篤な病気からやっと抜け出した探偵は、マサコちゃんの死の真相をやっと探り始めます。
そのため、マサコちゃんが務めていたバーのママからは「いまさら何よ!私たちはあんたがいないあいだマサコちゃんをずっと供養していたわ。あんた今まで何をしていたの?」となじります。
探偵はうつむいて、何も言えずにいました。

探偵が友だちの死を悼むことを忘れ、セックス三昧であったことを悔やみ、成長する描写があればよかったのですが、この話題はこれ以降一切触れられることはありません。
時間の経過(作中では半年以上が経過しています)があることも、ほとんど意味がないように思います。
ここは「お色気シーンを入れたかっただけではないか」と勘ぐってしまいます。


・「学生」の子どもが救われていない

学生の子どもは、父親から暴力を振るわれていました。
話題として出てくるだけではありますが、これはマサコちゃんと弓子の境遇にも通じるところなので、探偵に救って欲しかったです。


・探偵が橡脇に真相を伝えなかった。

探偵が弓子に「裁判に持ち込み失脚させてやるよ」とだけ語り、真相を伝えなかったのはこれ以上彼女を危険な目に合わせたくなかったということで納得できます。

しかし橡脇には、真相を伝えて欲しかったです。
なぜなら橡脇は元恋人のマサコちゃんが死んだことに「俺が殺したようなもんだ」と自責の念に駆られていたからです。
橡脇は善人であり、マサコちゃんのことを本当に愛していた人間です。探偵に、彼の心を救う気概がほしかったです。


・サブタイトル「ススキノ大交差点」の意味は?

大交差点とか出てきてないやんけ。


~誰かが動き始めれば・・・~

弓子は「誰かが動き始めれば、きっとあとに続く者が出てくる」と言っていました。
それは探偵がマサコちゃんのために動いたことにより、周りの者たちも行動したことを示しています。

「あとに続く者」とはショーパブのみんなだったり、マサコちゃんの親友の理髪店の息子だったり、橡脇だったり、高田だったり、弓子本人だったりします。

「あとに続く者」のおかげもあり、探偵はマサコちゃんの死の真相をつきとめ、そして弓子本人も救われました。
その探偵の行動と、周りの人たちの想いが魅力的な作品でした。


原作との違いはこちらで↓
探偵はひとりぼっち - 男の魂に火をつけろ!

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-05-12 : 映画感想 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
形は推理小説仕立てですが、アノ犯人では、出演人物の中では「意外だね!」ですが、なあ~~にも、ミステリーになってない。

警察の捜査力がすごく劣化しているだけ(目撃者をチャンと調べなさい!)と云う感じです。

それと、急に某社会運動を巻き込んでいますが、あれでは反原発派も救われないですね。

ソレと、新しい肉親関係も、想像できますし。

ただ、2名のキャラクターは面白く、はまり役だと思います。
2013-05-14 11:21 : sakura URL : 編集
Re: No title
> 形は推理小説仕立てですが、アノ犯人では、出演人物の中では「意外だね!」ですが、なあ~~にも、ミステリーになってない。

さんざんいろんなところを回って、その結果がアレですから・・・
まさに「何なんだよ」です。


> それと、急に某社会運動を巻き込んでいますが、あれでは反原発派も救われないですね。

反原発=正義の描き方はちょっと危険かとも思いました。
原発問題は絡めなくても良かったと思います。
2013-05-14 22:19 : ヒナタカ URL : 編集
sakuraさんのコメントに対して
>形は推理小説仕立てですが、
>アノ犯人では、出演人物の中では「意外だね!」ですが、なあ~~にも、ミステリーになってない。

1は観に行きましたが、あちらも犯人に意外性も無く
謎解きも醍醐味の一つであるはずなのにシナリオやトリックも良く練られているとは感じられず
2011年に観に行った邦画の中では一番損をしたと感じた映画でしたね・・・
ファン曰く「ハードボイルドな雰囲気を楽しむ映画」だとの事ですが
主人公がプロの探偵名乗ってハードボイルドな雰囲気を出している癖に
観賞している観客よりも頭のキレが悪すぎるのが見ていてイライラさせられましたねー
2013-05-15 12:15 : 名無し URL : 編集
北海道の星
こんにちは。
楽しく拝読しました。
作中の大泉さんの台詞の北海道の星と言っている野球選手は稲葉篤紀さんです。
修正お願いします。
2013-12-01 00:21 : zonojacco URL : 編集
Re: 北海道の星

> 作中の大泉さんの台詞の北海道の星と言っている野球選手は稲葉篤紀さんです。

了解しました。ありがとうございます。
2013-12-01 00:26 : ヒナタカ URL : 編集
はっきり言ってつまらない。
あれで金とるなんて。という作品でした。
2014-04-05 22:40 : これは URL : 編集
No title
ご楽作品としては良かったと思う。洒落の分からん人にはつまらないかもしれない。そこは大泉洋が主演の時点で推測出来なきゃ、探偵ものは向いてないじゃないの。
2015-06-29 13:13 : URL : 編集
自分は好きです。
自分の周囲は1作目の方が好きという人が多いですが個人的には1作目よりこちらの方が好きだったりします。まだこちらの方が結末に救いがありますし。

>でもこのシリーズはこれでいいのでしょう。
好き嫌いはあるでしょうが個人的にはアレが魅力だと思いますし「本格的なものを求めること自体が野暮なのでは」って感もします。
あと前作もですがキャラ萌えの要素も楽しむポイントなのかもしれません。
>そして探偵は組長から電話で許されたことを聞くのですが、その後に縄がほどかれてしまいマジでスキージャンプをする探偵。これは笑いました。
自分も「結局ジャンプする羽目になるんかいww」って思いました。
>彼女がエレベーターで探偵の股間にスタンガンを当てて、探偵がズボンをおろしたときに高田がやってきて、探偵がボッコボコにされるのは面白かったですね。
無理もないが…ご愁傷様ですw
>高田は探偵がボコられそうになっているのを見て、一度無視します。
アレは自分も「ひでえww」って思いました。でもそれがいい。
>あとサウナでスーツ姿だったので倒れてしまった部下がかわいそうです。
サウナに関しては1作目でもありましたがとりあえず「相田はどんだけ耐えるんだよw」って思います。
>佐山はマシンガンで、探偵はピストルで「早撃ち勝負」をしますが、なぜか2人とも弾が当たりませんでした。2人とも射撃の腕前はアレなんでしょうか。
寧ろ投げた方が当たるというwwwでもそれがいい
あと高田号はそれこそホントにご愁傷様です…。余談ですが余程浸透してるのか公開を前にして札幌駅に高田号が展示されたり製造元が高田号に準えた限定車を販売してたりします(ただし高田号に使われたのが初代モデルであるのに対しそちらは3代目モデルですが)。
>高田は顔面をバットで殴られますが、倒れたと見せかけてジャンプ後の飛び蹴りで野球男を撃破。不死身すぎる。
探偵の「ターミネーターかよ」の突っ込みには吹きました。
>真犯人
ホントこればかりは身勝手過ぎてカチンときました。
>序盤で探偵が「重病」にかかるシーンがあまり意味がない
少々俺得でしたが実際蛇足感は否めないなと思いますしいっそのこと入れなくてよかったと思います。
あとフローラに責められるのもあの為体じゃ残念でもないし当然としか言いようがないです。
>探偵が橡脇に真相を伝えなかった。
描写されてないだけで伝えてる可能性はありますがだとすれば描写した方が良かったろうなと思います。でないと彼が気の毒です。
>サブタイトル「ススキノ大交差点」の意味は?
別に深い意味があってつけたわけではなくインパクトのある副題を、ってことなのかもしれません。あるいはニッカの看板で有名なススキノの交差点のことかもしれません。
是か非かといえば非なのかもしれませんが個人的には好きです。
>形は推理小説仕立てですが、アノ犯人では、出演人物の中では「意外だね!」ですが、なあ~~にも、ミステリーになってない。
それもそうですよねえ…。まあ元からミステリーや本格的的推理ものを期待するのは野暮ってことなのかもですが。
>急に某社会運動を巻き込んでいますが、あれでは反原発派も救われないですね。
自分も流石にこれはマズイだろと思いました。

若干盲目信者的なところがあるのは申し訳ございません。
2015-12-23 00:37 : いいこま URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。