ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

幸せになるように 映画「くちづけ(2013)」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はくちづけです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:やっぱり堤幸彦監督作品だったなあ・・・


あらすじ


漫画家の愛情いっぽん(竹中直人)は知的障害をもつ娘マコ(貫地谷しほり)をつれてグループホームにやってきた。
彼女が好きで結婚したいと宣ううーやん(宅間孝行)、その妹の智子(田畑智子)、たびたび住居者の面倒をみている高校生のはるか(橋本愛)などの愛すべき人に囲まれたマコは、幸せな日々を送っていた。

しかし、その年の冬にマコは死んでしまった。
なぜ、彼女は死ななければならかったのだろうかー




明日の記憶」「自虐の詩」の堤幸彦監督祭最新作です。

原作は東京セレソンデラックスによる同名の舞台劇で、舞台も今回の映画版も宅間孝行が脚本を担当しています。
脚本は知的障害者へ対する視線、人間描写の面白さが細やかに描かれており、舞台版の人気の理由がわかるものでした。

そして今回の映画版も、徹頭徹尾「舞台」のような画づくりになっています。

登場人物の会話を中心に話が進んでいます。
作中ではグループホームというひとつの舞台で、登場人物が立ち替わり登場していきます。
台詞も日常で言うような自然なものではなく、とにかくみんな大声をあげて自分の主張を示しています。

これら全てが「スクリーンで舞台を観ている」印象でした。
「原作である舞台を忠実に映画化した」と好意的に受け取るか、「映画ならではの工夫がない」と否定的にとるかは人によると思います。
個人的にはどちらかというと後者でした。もう少し映画ならではの魅せ方も、あってもよかったと思います(終盤にはちゃんと映画ならではのシーンもあります)。


さて、映画ファンにとって懸念材料なのが、不評を浴びがちがな堤幸彦監督作品であることでしょう。
「破壊屋」さんのゼロ年代のワースト映画では、堤監督の「20世紀少年」「劇場版スシ王子」「サイレン FORBIDDEN SIREN」などがなかなかの高順位にあります。
観る前から不安で仕方がなかったのですが、残念ながらその不安は当たっていました。

気になったのはステレオタイプなキャラクターと、オーバーアクト気味な役者の演技です。
現実にはいそうにないキャラクターがいて、常にハイテンションで喜怒哀楽を表現するのです。

もとが舞台作品なのである程度は仕方がないですし、このおかげで作品のメッセージは明確になっているので一概に批判するものではないのですが、自分は映画ならではの自然な台詞、リアルな登場人物、繊細な演技指導がされた作品のほうが好きです。

大仰な演出、ハズしているギャグシーン、独特のアクの強さもあるので、堤幸彦監督が嫌い、または苦手な方にはとうていおすすめできるものではありませんでした。

また「泣ける映画」という触れ込みで宣伝がされていますが、自分はそれもあまり好きではないです。
さらに作品そのものも明らかに「泣かせ」に走っており、「誘い泣き」を狙うかのように登場人物がワンワンと泣いてしまいます。
そんな演出をしなくても、十分にエモショーナルな作品なのに・・・自分はそのせいか、この映画では泣きませんでした。

思えば「舞台そのまま」の印象であることも、堤監督が「完コピ」をモットーとしているためなのでしょう。
そのまま映像化することだけが映画の役割ではないと思うのだけど・・・


それでも、本作にはいいところがたくさんあります。
そのひとつが、障害を持った方だけでなく、その家族を取り巻く環境への問題提起をしていることです。

主に描かれるのはグループホームで暮らす知的障害者の生活ですが、知的障害者を身内に持つ家族の問題もしっかりと提言されます。
ここで描かれる状況は、現実にあることです。
障害者にかかわった人だけでなく、障害者のことをよく知らない方にとっても思うことのある描写でしょう。

また、本作は一人の知的障害を持った女性の死からはじまる物語です。
はじめに登場人物の死を知らせ、そこから時間をさかのぼって見せる映画には「市民ケーン」「嫌われ松子の一生」もありました。
「死」から描くことは、サスペンス性を高めるだけでなく、より悲劇的な面が見えて確かな効果を持っていると言えます。

浮かび上がった真実を前にして、私たちはどうすればいいのか、どうしたらよかったのか、知的障害のある方だけでなく、みんながもっと幸せに人生を送るためにはどうすればよいのか・・・
本作には、それをしっかりと考えさせる力を持っているのです。

そして役者たちもみんな素晴らしかったです。
知的障害者を演じた貫地谷しほり、娘に愛情を注ぐ父親を演じた竹中直人も本当によかった。
竹中直人はスベリ気味なギャグキャラを演じることが多いと思っていたので、もう少しこういうシリアスな役を演じてもいいのになあ・・・と思いました。
ちなみに2人は「僕らのワンダフルデイズ」でも父娘を演じていました。


個人的には堤幸彦監督が好きではないのでノレない部分もありましたが、そのほかは多くの方に観てほしいと思えることばかりです。
コメディシーンが多いので、障害をテーマとした作品としては敷居は低いと思います。

障害者を家族に持つ方には辛い描写もあるとは思いますので、積極的にはすすめません。
しかし、知的障害者のことについて知りたい方、将来福祉の仕事に携わりたい方ににはぜひ劇場へ足を運んでみてください。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓













~女子高生の言動~

不愉快だったのが、途中で登場する女子高生「南」の言動です。
南は突然ホームに訪れ、「正直キモいっていうか」「この人たち全員頭やばい系でしょ?」などと障害者をなじるのです。

はるかは南に「そんな言い方ないでしょ!」「別に区分けする必要ないじゃん!」と声を荒げ、うーやんは「この人デブだと思う人!はーい」となじり返しました。
このはるかとうーやんの反撃で少しは救われました。

うーやんが勝手に他人の家に入ってカレーをいただいてしまって、真理子さん(麻生祐未)が「来たばかりの家に入ったのがいけなかったわね、半年以上たっていればよかったにね」と言って、南が「そーいう問題じゃねーし!」とツッコんでいたのは笑ったのですけどね。

はるか(橋本愛)が適当に誤るうーやんを「ちゃんと謝んなさいよ」と容赦なく頭を叩いてツッコミを入れるのも面白かったです。

南はある意味正直で、後に袴田さん(岡本麗)が言ったとおり「まとも」なのかもしれません。
でもこんな悪意をおおっぴらに言う人は現実にはほとんどいないので、やはりいい気にはなれません。


~智子の結婚~

中盤、うーやんの妹の智子は、ホームに戻ってきて泣いてしまいます。
うーやんという知的障害者が兄としていたために、智子の恋人は婚約を破棄したのです。

うーやんは「うれしいけど、トモちゃん泣いちゃうからな」「俺がバカだから結婚できなくなっちゃったの?」と智子に言います。
これに智子は「お兄ちゃんじゃなくて、向こうがバカだったの」と返します。

後に、袴田さんが「障害者の子どもを抱えて理想論抱えてんじゃねーよ、婚約を破棄した家族を責められるのか?」と言います。
いっぽんは「責められないよな、だからトモちゃんは泣くしかなかった」と言います。
袴田さんはきつい物言いではありますが、そのことばは真実をとらえています。

終盤、智子はうーやんに「お兄ちゃんは私が一生面倒をみる」と宣言します。
さらに、「こんなに自分を必要としてくれる人なんて、いないですから」とうーやんのことを吹っ切れたように言いました。

いっぽんは「全部面倒をみてやるって人じゃないと、もともと結婚なんて上手く行かないよ」と言います。
いつか智子が結婚し、そこにうーやんも幸せそうに暮らしている未来を、願ってやみません。


~うーやんとマコ~

智子とその婚約相手とは対照的に、うーやんは同じく知的障害を持つマコに結婚したい(家族になりたい)と願っています。
それは智子の婚約相手のような後ろめたさや戸惑いはまったくありません。

マコもまた、うーやんのことを気に入っていました。
そのことにいっぽんは驚いていました。なぜなら、マコは男の人と2人だけでいると、必ず発作を起こしていたからです。

マコが男の人を怖がるようになったのは、その昔に見知らぬ男にラブホテルに連れ去られたためです。
いっぽんは、そのことから自分で絶対に面倒をみると決めたようです。

そんないっぽんにとって、マコが怖がることがなく、うーやんという娘のことを愛してくれる存在がいたことはとても嬉しかったことでしょう。ただし、知的障害を持っていたのですが・・・

うーやんはホームを去る前に、「カーテンの向こう」でマコとふれあい、クリスマスに結婚をする約束を「指切り」でします。

カーテンの向こうでゆびきり・・・・・<予告編より

うーやんはマコのおでこにキスをしようとしますが、智子に「そういうことしちゃだめでしょ」と止められます。

うーやんとマコは純粋で、なおかつ現実の厳しさを知りません。
うーやんんとマコの関係が少しうらやましく、また悲しく思えます。


~犯罪者、浮浪者にさせたくない~

警察官は、「確かに知的障害者の家族はいろいろ考えた方がいいかもな、刑務所の中では、ボーダーラインの人も含めると知的障害者の数は全体の1/5にものぼるらしいぞ」と言います。

いっぽんは、これに対抗して言います。
「障害者は何もできなくて犯罪を犯すって言うのか?知的障害者の冤罪事件もたくさんあるんだ!彼らが尋問をうけるとどうなると思う?やってなくてもやったって言うんだよ!社会で生きていくすべがないからだ!彼らが生きていける世の中にすべきじゃないのか!

警察官は無神経だったと謝りますが、編集者は疑問に思います。
いつものいっぽんさんなら、こういうことばも軽く流すのにと・・・

それには理由がありました。
いっぽんは肝臓ガンに犯されており、余命はわずかだったのです。
このままでは、障害を抱えた娘が一人取り残されてしまう・・・その現実を思うと、激昂するしかなかったのです。


さらにいっぽんは、国村先生(平田満)にこう言います。
「空き缶を集めている汚いかっこうのおじいさんも、ゴミをいっぱい持った浮浪者も、100%っていうほど知的障害者っていうじゃないですか、私は、マコをそんなふうにしたくない・・・」と。

国村先生は「知的障害の子どもは体力的に弱く、親のほうが長生きのことが多い」と言うのですが、いっぽんにはそのことばは無意味だったでしょう。
なぜなら、確実に先に死ぬのは親であるいっぽんなのですから。


映画の初めに「頼さん」が自分の工場からクリスマスツリーを盗んでしまい、うーやんに「バレたら牢屋に入るんですよ!」と言われるのも、障害者が犯罪者となることの可能性を示したものなのでしょう。


~結末~

施設に連れられたマコですが、たびたび彼女はホームに戻ってきました。
その理由は「いっぽんと暮らしたいから」。
いっぽんもまた、病院を抜け出してマコを探しに来ていたようです。

マコは「いっぽんと一緒で、いっぱいいっぱい楽しかったよ、いっぽんがいないと生きていけないよ、いっぽんが死ぬなら、マコも死ぬよ」と言います。

いっぽんは、マコのおでこにくちづけをします。
そして・・・いっぽんはマコの首を絞めます。
カメラはいっぽんとマコのグルグルと回り、マコは絶命をします。

くちづけは、うーやんがカーテンの向こうでマコにしようとしてできなかったことです。

純粋な愛情によるくちづけは阻まれてしまい、結果的になされたのは死の直前のくちづけでした。


~幸せなくちづけ~

クリスマス、そしてマコの誕生日・・・
マコだけでなくいっぽんも亡くなり、ホームのみんなはマコといっぽんの死を悼んでいました。
しかし、うーやんはマコの死を理解できていなかったようです。

誰にも迷惑をかけたくなかったんだろうな、と言われるいっぽん。
もし誰かが気づいていれば、このような悲劇は起きなかったでしょう。

編集者は、いっぽんが久しぶりに描いた漫画が入選して雑誌に載ったと知らせてくれます。
タイトルは「宇都宮君(うーやんの本名)」でした。

そこには、うーやんが幸せそうに暮らし、そしてマコと結婚をしたうーやんの姿がありました。

現実では、マコとうーやんは結婚できないでしょう。
だから、いっぽんはせめて漫画の中だけでも、彼らの結婚と、幸せな未来を望んだのです。

映画の最後は、「うーやんとマコ、けっこんおめでとう」の垂れ幕の下で、いっぽんとマコの思い出の写真がスライドで流れるというシーンでした。

マコが子どものころからいつも一緒にいて、楽しそうなマコといっぽん。
そこには、マコがいっぽんにくちづけをしている写真もありました。

幸せなくちづけ

主題歌の「グッド・バイ・マイ・ラブ」が流れ、そして映画は幕を閉じます。


~生きやすい社会で~

いっぽんの選択は悲しいものです。
警察官がいっぽんの願望があらわれた漫画を読んで「なんとかなったんじゃねえか!」と言ったように、それは現実でも叶えられたものなのかもしれません。

しかし、それにはよりよい社会が必要なのです。
マコが暴行を受けたり、障害者年金を目当てに保護者に名乗りをあげる親がいたり、偏見をおおっぴらに言う者がいたりするのであれば、障害者の生活は確実に脅かされます。
いかに福祉制度が進歩しても、障害者に対する風当たりはまだまだ強いものです。

この映画は悲劇を描いています。
だからでこそ、障害者に対する人のありかたを考えさせてくれます。


↓おすすめ
【ネタばれ】「舞台劇かと思ったら舞台作品だった」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画
【ネタばれ】「このテーマを描き,演じきるには能力不足だ」 くちづけ/ユーザーレビュー - Yahoo!映画
「笑えて泣けて、問題提起までする感動の秀作」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画
「この映画の特殊性」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-05-27 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
福祉関係のものです。 映画の内容は知ってたので
観たくても辛いものがありました。 知的障害など
年を重ねる家族や親が どうやって彼らを守るかが難しいところですね。 
しかし今の時代は親がいなくても独りでも自立できなくても
福祉年金やがあります、施設があります。
なのでこういう事はなかなかありませんが、昔はあったんでしょうね。今もたまに苦しさからそういう事件もあります。
今難しいのは発達障害です。家系にはその事を持つ人がいれば
数人で出るかもしれない可能性がある。
その親も持っているが社会には出れたことが多く、
それでも社会になじめない、でも福祉はない少ない
そういう人の問題が多いです。はっきり言うとそれが精神発達医療用語の英語名ニートという人です。発達も今も甘えだとか偏見やあざ笑う人がいますが生活できればいいんですが できない人が多いというのが問題なのです。特に夜の仕事や芸能など
簡単に入れる仕事にも割合いると言われています。
そこまでできない人も多くそれは甘えでも怠けでもないのですが、
社会やか家族までにも 偏見が多く 未だに笑い話や中傷の言葉になったのは
最初にこれを親と同居し親のお金で遊んで生活する男性という
誤った報道した無能な日本の政治家マスコミのせいです。
それが健常ならただの遊び人で 発達の問題があるなら問題なのです
世の中のそういう方の8割や9割は軽い自閉症や発達の問題があるだろう
重います。未だに調べられてはいませんが
それが今も事件や本人や家族を苦しめちます。
そういう問題も政治や法律でいつか無くなるよう 人間が何かを抱えていても
家族や本人が苦しまず生きれる世界になればといつも願っています。
2015-05-18 11:25 : 匿名 URL : 編集
No title
私の弟が知的障害です。
親が亡くなれば当然私が見ることになるでしょう。
しかし私には家庭があります。
親はどうするんでしょうかね・・・。

これは障害のある方が家族にいないと分からないことだと思います。
福祉関係の人には外面しか理解できないでしょう。
私だって結局親になって初めて両親の気持ちが分かたんですから。

うちの今後の課題は、本人の自立です。
施設なんて空いていないし、詐欺まがいの所が多いですからね(知り合いが騙されました)。
本当に難しい問題です。
この映画の結末にならないように手伝い、見守りをしていかなくては。
2015-05-19 13:16 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。