ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ボーイズラブ増し増し 漫画版「探偵はBARにいる」レビュー

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」はエンターテイメント性に優れた楽しい映画でした。

これほどの人気作品であれば、様々なメディアミックスがなされるのは当然と言えることでしょう。
本作にはしっかりとコミック版も存在するのです。

小説→映画化→漫画化の流れはありふれたものですが、「探偵はBARにいる」のコミック版はなんと少女漫画になっていました

お色気だらけで男性向けっぽかったあの映画が少女漫画になれるのか?と不安だったのですが・・・まずその表紙を見て度肝を抜かれました。

探偵表紙


!?


探偵002<映画版の探偵(大泉洋)

探偵美化002<漫画版の探偵


高田002<映画版の高田(松田龍平)

高田美化002<漫画版の高田


よつばと誰?


えっと・・・大泉洋さんのファンにも同意していただけると思うのですが、大泉さんはイケメンとはほど遠く、「三枚目だけど格好いい」印象ですよね。なぜこうなった

内容もイケメン化が激しい探偵が大活躍し、映画よりもさらにボーイズラブ臭がする感じにになっていました。


↓以下少しだけネタバレ注意



原作小説と映画版はだいぶ設定が変わっているのですが、この漫画版は明らかに映画版をもとに作られています。

さらに1冊の中に2作品が収録されており、かなりお得感があります。
中身を少しだけご紹介します。


<探偵はBARにいる>

雪の中に埋められてしまってなんとか脱出した探偵は、相棒の高田から毛布をもらいます。

探偵001<楽しい掛け合い

うんうん、コメディらしくていい感じですね。
映画版よりもさらに2人が可愛くなった気がします。

探偵003<愛車にごめんねと謝る2人

いや、映画の展開通りなんですけど、明らかに作者の趣味が入っている気がします
そういや映画版もオネエキャラというか、そっち系の人がたくさん出てくるもんなあ。
ちなみに小雪が演じていたヒロインも本編より美人でした。



<探偵はBARにいる2>

映画でゴリが演じていたニューハーフの「マサコちゃん」がめっちゃ可愛くなっていたのに笑いました。

探偵マサコ004<カワイイ

映画とはちょっとだけ変わっているシーンもあって、映画を観たぶんだけ楽しめます。

探偵006<体操着

映画ではヤンキー服を着ていましたね。
他にもヒロイン「弓子」の活躍が増えていたり、真犯人の顛末が異なっていたりで映画版よりも好きになれたシーンも多かったです。



<おまけ漫画>

さらに巻末には作者が撮影現場に取材したときのレポート漫画が載っており、これまた楽しめました。

探偵005<ショーパブのセットでの撮影現場を取材

ここでも美化された大泉洋さんが見れる(でも雰囲気はそっくり)のでファンは必見でしょう。



正直に言うと、わずかなページ数で2作品をまとめたために展開は駆け足で、端折れてるシーン(特にお色気要素)も多く、漫画としては少し読みにくさも感じます。まとめれていることがすごいんだけど。

漫画だけでは登場人物の関係が把握しにくく、当然映画の内容も派手にネタバレしているので、映画を観ていない方におすすめできるものではありませんでした。

これは映画を観た方が「あんなシーンがあったなあ」と回想し、漫画向けにデフォルメされたキャラを楽しむ漫画でしょう。

個人的には値段分は存分に楽しめたので、手軽に映画の内容を思い返したい方、腐女子の方には大プッシュでおすすめですよ。

藤井 明美
440円
powered by yasuikamo

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

2013-05-30 : いろいろコラム : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

西本刑事×日下刑事とか
何という俺得情報。(笑)

秋田書店のサスミスみたいな感じかなぁ。
西村京太郎作品がことごとく美青年になっていて、腐のツボなのですわぁ。(笑)
2013-05-31 19:58 : シオン=ソルト URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。