ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

忘れえぬ故郷 映画「オブリビオン」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はオブリビオンです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:設定がゴリ押しSF


あらすじ


人類とエイリアン「スカヴ」の戦いにより、地球が崩壊してから60年が過ぎた。
生き残った人類が土星へと移住する中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)とそのパートナーのヴィクトリア(アンドレア・ライズボロー)は上空から地上を監視する日々を送っていた。
ある日ジャックは宇宙船の墜落を目撃し、生存者の女性ジュリア(オルガ・キュリレンコ)を助け出すのだが・・・




アウトロー」に続くトムクル様主演作にして、「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督最新作です。

タイトルのoblivionの意味は「忘却」。
同名のゲームがありますが本作はそれとは無関係で、本格的なSFの様相を呈しています。

タイトルのとおり、主人公・ジャックはなぜか故意に記憶を消されていて、彼の境遇は謎だらけです。
徐々に謎が解き明かされていく過程には求心力があり、そのネタばらしのタイミングも絶妙で、効果的な伏線もあります。
ミステリー風味のSFを期待する方には存分に楽しめるでしょう。


残念なのが、設定に論理性が見いだせず、かなり強引に感じてしまうことです。
少し考えただけでも「え?それっておかしいぞ?」と思うところばかりでした。
序盤の疑問は伏線としてしっかり回収されているし、難しいことを考えずにサラッと流して観たほうが楽しめるのでしょうが・・・後半はツッコミどころが盛りだくさんでなかなか容認できるものではありませんでした。

さらに新鮮味もあまりありません。
地球が崩壊した後の世界観も今ではありふれていますし、「2001年宇宙の旅」「猿の惑星」「スター・ウォーズ」を思わせるシーン(オマージュ)や設定もあるので、あっと驚けるシークエンスは期待しないほうがいいかもしれません。
登場人物がとても少なく、主人公の一人芝居が多いのも「月に囚われた男」を思わせました。

上映時間は2時間4分とSF大作としてはごく普通ですが、ものすごく長く感じました。
これは世界観をじっくり見せるためにテンポがややゆっくりしていることだけでなく、作中に山場が何回もあって「いつ映画が終わってもおかしくない」と思ってしまったせいもありそうです。


良いところはそのビジュアル。
ディストピアである世界観、シルバーを基調とした画はSFとしての魅力に溢れています。

「忘却」だけでなく、「故郷」をテーマとしていたこともよかったです。

主人公は崩壊前の地球を写真でしか知らないはずであるのに、ニューヨーク(ヤンキース)のキャップをかぶったり、レコードで「青い影」を聞いたり、スーパーボウルのスタジアムで思いにふけったり、エンパイアステートビルの風景がフラッシュバックしたりします。
主人公が地球を懐かしむことにもちゃんと意味があるのです。

台詞の端々にも気が利いていて、何気ないことばにも深みが感じられました。
戸田奈津子さんの字幕がちょっとアレだけど・・・
エンパイアステートビルを表すTOP OF THE WORLDを「世界一高いところで会おう」と訳すしanother day in paradiseを「今日もパラダイス」と訳すし・・・


こういう作品は予備知識をあまり入れずに観るのがいいでしょう。
映画としてのまとまりは悪いですし、終盤に向かうほど大味になる展開は「トロン・レガシー」と一緒ではありますが、それを許せるSFファンの方であれば存分におすすめできます。

また、本作のはじめに表示されるUNIVERSALのロゴにはちょっとした変化があります。
ぜひ忘れずに、注目してみてください。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓















*青字で書いたのはコメントでいただいたご意見です。ありがとうございます。

~設定~

作品のはじめに提示される設定は以下のようなものでした。
人類はエイリアン「スカブ」との戦闘に勝つが、スカブの残党はいまだ地球にいて、人類が土星(タイタン)への移住に必要な吸水プラントを破壊しようと狙っている―
しかしそれは、主人公・ジャックを騙すためのものでしかありませんでした。

明らかにされる真実は以下です。
どこからかやってきた「テット」が地球を壊滅させた。敵だと思われていたスカブは人間たちの生き残りだった。

土星の移住計画もうそっぱちでした。
ジャックはテットに言われるがまま、監視を続けただけの「駒」にすぎなかったのです。


~ジュリアとジャック~

ジャックは落下した宇宙船に乗っていたジュリアと出会います。
彼女はジャックの味方であるはずの「ドローン」に殺されかけますが、何とか管理室に戻ります。

管理室で意識を取り戻したジュリアは、ジャックを見て彼の名前を口走ります。
ジャックのパートナーのヴィクトリアも、ジュリアの顔に見覚えがあるような表情をしていました。

再び宇宙船に戻ったとき、ジャックはスカブからの襲撃を受けて気絶します。
連れて行かれた先で待っていたのは、「ビーチ」という老人(モーガン・フリーマン)でした。
スカブの正体は、人間だったのです。

ビーチはジャックに「『ドローン』に命令をして、(ジャックたちの司令塔である)「テット」を破壊して欲しい」と依頼をされます。
当然、ジャックはそれをよしとはしません。

ジャックとジュリアはスカブたちから解放され、彼らにパクられていたバイクに乗って、少し前にスカブからの信号が発信されていたビル(エンパイア・ステートビル)に赴きます。

そこにあった双眼鏡と、ジュリアからの「私はあなたの妻だった」という告白を聞き、ジャックは思い出します。
ジュリアが見ている双眼鏡の先に指輪を見せて、プロポーズをしたことを・・・
彼は60年前、崩壊前の地球に住んでいたのです。


~2人のジャック~

真実を知ったジャックは管理室に戻りますが、そこでドローンにヴィクトリアが殺されてしまいます。

ジャックとジュリアはドローンに追われ、「放射能汚染地区」に入り、信じられないものを目にします。
そこには、ジャックと同じ顔をした人間がいたのです。

ジャックはもうひとりのジャックを何とかふん縛りますが、流れ弾がジュリアに当たってしまいます。
ジャックは「52番」と書かれたバブルシップ(パトロール機)に乗り込みます。

向かった先は、もうひとつの管理室でした。
ジャックはジュリアのための救急セットを手に取ります。

そこにはジャックとヴィクトリアが写った写真があり、「もうひとりの」ヴィクトリアもいました。
ジャックとヴィクトリアはクローン人間で、未知の存在により操られていたのです。

ジャックはヴィクトリアに「君も一度地上に降りてみないか?」と聞きますが、ヴィクトリアは「規則違反よ、もうその話はしないで」と言いました。

序盤にヴィクトリアは規則にのっとり、ジャックが持って帰った花束を「汚染されている危険があるから」という理由で捨て、ジュリアとともにジャックが帰った時も一度は扉を開けようとはしませんでした。
それはもうひとりのヴィクトリアも同様だったのでしょう。もうひとりのジャックもヴィクトリアに花束をあげて怒られていたのかもしれません。

ジャックがもうひとりのヴィクトリアに質問をしたのも、「同じ」であることを確かめたかったためなのでしょう。

序盤に「『放射能汚染区域』って、そんなにぴっちり分けれるものじゃないだろ!」とツッコんでいたのですが、これは実は「もうひと組の自分たち」に会わせないためのものだったのですね。


~反乱~

スカブの基地に戻ってきたジャックとジュリアに、ビーチはさらに真実を告げます。

月を半壊させたのは、どこからともなくやってきた「テット」であること、
その昔に何千のも(クローンの)ジャックが殺戮マシーンとして人間を殺していったこと、
ドローンがその次にやってきてさらに人間たちを殺していったこと、
ジャックが古代ローマの抒情詩の本を読み始めたことに「本当の君はまだ生きている、それを表に引き出そう」と希望を持ったことを―
さらにビーチはジャックに「よく戻った、指揮官」と言います。

ジャックがドローンに命令し、テットを破壊に向かわせようとした最中、別のドローンたちが基地に侵入し、破壊と殺戮を始めます。

確保していたドローンが破壊され、ビーチも重症を負います。
残された手段は、ジャック自身がテットに赴くことでした。


~理想の死~

ジュリアはジャックについて行くと言い、ジュリアはカプセル入り、眠ります。
ジャックはカプセルをバブルシップに積みこみ、テットにたどり着きます。

司令官であった「サリー」の声に導かれ、ジャックは中に入ります。
このサリーの声は、ジャックたちの本当の指揮官であったサリーから復元されたものだったのでしょう。

ジャックは質問に正直に答えるように迫られ、自分の真意を「ジュリアを生かし、人類を存続させたい」と言います。

その先には、無数のジャックとヴィクトリアのクローンがありました。
そして、テットの「核」となる存在も、そこにいます。
それは「おかえりなさい、ジャック。あなたは正しいのよ」と言いました。

ジャックは「この話を聞かせたい」と、古代ローマの叙情詩のことを口にします。
ホラティウスは橋を守り、敵と戦った。人は皆死ぬ。問題は、どう死ぬかだ」
「理想の死とは苦境と対峙し、命を祖先の霊と神々に捧げることだ」と―

そして、カプセルの中に入っていたのはジュリアではありませんでした。ビーチだったのです。

「核」は「私はお前の神よ!」と言います。
ジャックは「くだばれサリー」と言いながら、ビーチとともに爆弾のスイッチを押しました。

地上で目を覚ましたジュリアは、テットの爆発を地上で見ていました。


ジャックの「ジュリアを生かし、人類を存続させたい」というのは巧妙でした。
ジュリアを地球に残していたので、彼が自爆を選ぶ気であっても、それは嘘にならないのです。

それにしても死んだと思われていたモーガン・フリーマンがカプセルから出てくるのは画としても最高に面白かったですね。マジで騙されました。


~悲しきヴィクトリア~

ジャックはバブルシップの中で、ジュリアの宇宙船に残されていたフライト・レコーダーの内容を聞いていました。

そこには、
ジャックとヴィクトリアが宇宙船のパイロットとなって記念写真を撮ったこと、
ジャックがほかの乗組員がいる睡眠室を切り離し、2人だけがテットに飲み込まれて行ったことが記録されていました。

ヴィクトリアは、ジャックを愛していたのでしょう。
ヴィクトリアはスッケスケのプールにジャックを誘って逢瀬をしていましたし(これはジャックの夢オチっぽかったけど)、「もうひとりのヴィクトリア」もジャックが帰ってくるなりキスをしたりします。

自身とジャックを「最高のチーム(effective team)」という彼女ですが、2度目にジャックとジュリアが帰還したときは、司令官のサリーに「私たちは最高のチームではありませんでした」と応えます。

ヴィクトリアがドアを開けようとしなかったのは、「感染」を恐れたことだけが理由ではないのかもしれません。
(記憶を失っていても)ジャックと結婚したジュリアに嫉妬していた過去があるからから、自身が誇りに思ってた「最高のチーム」の関係が崩れるから、ドアを開けることを拒んだのかもしれません。


~ラストでも可哀想なヴィクトリア~

そして、映画のラストでジュリアは小屋に暮らしはじめるのですが・・・・何が驚きって、ジュリアの横にはジャックとの娘がいたことです。
とりあえずツッコミますが、あんたら子作り的なことしてなかったやん!
*「青い影」を聴くのはベッドから起きた後なので、その前に子作りしたんだと思います。
治療されるジュリアが陣痛を堪えるような声を出すのも、それを暗示しているのでしょう。


さらにそこにやってきたのは、スカブの人々、そして「もうひとりの」ジャックである「52番」でした。
「49番」にふん縛られていたあと、3年間もジュリアを探したようです。

えーと、これから言うことはみんなツッコミますよね?そんじゃ言います。
てめえ(もうひとりの)ヴィクトリアはどうした!

なんでヴィクトリアを連れてきていないの?
52番は管理室にヴィクトリアをほうっておいて3年間もジュリアを探していたの?
いくらなんでもヴィクトリアが可哀想すぎます。
*想像ですが、最後のヴィクトリアはどうしたの部分。テットが爆発したからすべての管理室がぶっ壊れるか機械が壊れ、コピーが生存できなかったとすれば、唯一?縛られ、地上に放り出されていた52号は生き残ったと考えれば、少しは納得いくかなあと思います。そうするといつまで縛られてたんだ??
凍死とか書いている方もいますが、52号の管理室は、上空ではなく崖の上のような場所でしたよ。

さすが「忘却」をタイトルにしていることだけはありますね。ヴィクトリアという重要人物をオブリビオンしているんだもんね。


~ツッコミどころ&気になったところ~

・なぜスカブたちはジャックのバイクをパクったの?
あとでバイクにジャックとジュリアを乗せてビルに向かわせるため(燃料もギリギリに調整)なんでしょうけど、ただの嫌がらせにも思えます。

・スカブに殴られると、即効でバブルシップを無人のまま管理室に返すジャック
一緒にいたジュリアに逃げろと言うなりして、助けようとはしないのかよ・・・
*気絶させられた後というより、気絶する寸前咄嗟に最後の行動でボタンを押せただけでは?

・吸水プラントが爆破されたという緊急事態のあと、小屋に行って「ここにずっと住みたいなあ」とくつろぐジャック
何余裕こいてんだよ

・ジャックは軍曹に撃たれたのにもかかわらず無傷
どんだけ宇宙服(?)丈夫なんだよ・・・・ジャックが実はロボットでしたというオチになるかと思っていました。
*宇宙服というより、対放射線装備で丈夫だったんでしょう。弾が表面で止まってますね。逆に言えば軍曹は殺す気無くて脅しで発砲しただけか。

・負傷したジュリアを岩陰に隠して、一人でバブルシップに乗るジャック
連れていけよ・・・ジャックがもうひとりのヴィクトリアの存在を想定して、そうしたのかもしれないけど。
*出血していて、どの程度傷が深いか分からないので動かさない方が良いでしょう。

・なんでビーチは「ジュリア・ハーパー」というフルネームを聞いて驚いているの?
ジュリアがジャックの妻ってことを知らなかったの?でもそうだとすると、ジャックがプロポーズした場所に向かわせることと矛盾しています。
*奥さんだと知っていたのでは?コールドスリープのカプセルには旧姓が書かれていましたが、ビーチの前で「ジュリア・ハーパー」と名乗ったときは、驚いていたというよりは感心していたような表情にもみえました。

・この世界の食料はどうなってんの?
ジャックたちは管理室でスープを食べていましたが、スカブたちは何を食べて過ごしているんでしょうか。ビーチはその昔に「飢えた」ことも言っていたのに。

・なんでスカブたちは今になってジュリアが乗っていた宇宙船を呼び寄せたの?
*ビーチはジャックが図書館跡で本を取ったのを見て、60年回っていたロケットを落としたのでは?
*上の情報に加えて、劇中にはビーチがGPS座標の暗号を解読するのに50年以上掛かってしまったという説明がありました。

・ドローンたちが襲ってくるけど、ジャックはドローンたちに命令できるんじゃなかったっけ?
本部のテットが、そうならないようにプログラムを変えたと思うしかないですね。

・ジャックがバブルシップに置いていたマスコット「ボブ」の意味は?
地球を管理していたのはたった2人(ではなかったけど)で、一人でパトロールをしているジャックは相棒のような存在が欲しかったのでしょうね。

・ジャックとジュリアが終盤に見ていた絵画は?
あの絵画のタイトルは「クリスティーナの世界」。足が不自由でも、力強く生きる女性の姿が描かれています。
右上にある家は女性の家だそうです。その境遇は家に帰ろうとしているジュリアとジャックと同一のものです。

・universalのロゴの変化
はじめに表示されたロゴは「ボロボロ」でした。
最後のロゴは普通のものとなっており、地球と人類が(これから)復活することを示しているように思えます。


~クローンであっても~

最後のナレーションで、52番はこう言っていました。

「君を最後に見てから3年、君の面影は僕に張り付いていた。
僕らの魂は愛から生まれ、時を超え、死に近づいていく。
僕は知っていた、僕は彼だ。
僕はジャック・ハーパー。家に戻った

52番と49番は別個の存在であり、クローンとして生まれたあとに体験したことは異なっています。
しかし「ジュリアを愛していた記憶」と「家に帰りたい」ことは共通のものでしょう。

このラストは、作中に登場する「二都物語」の内容とそっくりなのです。
<ここをクリックすると「二都物語」のネタバレになります(破壊屋ーTwitter)>

クローンのジャックが、本当に自身が生まれた場所であるテットではなく、地球の小屋を「家」としたことに、人間としての意思を強く感じます。


↓参考
(ネタバレだらけ)」△|『A Little his REDEMPTION.』
『オブリビオン』 その意味するものは? :映画のブログ
【ネタばれ】「どこかで見たなんて言うのはよそう。」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画
「先入観は禁物 ! 余韻を残す佳作だ。」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画
「OBLIVIONの観方」 オブリビオン/ユーザーレビュー - Yahoo!映画
オブリビオン(2013)- みんなのシネマレビュー
えいがちゃんねる : 【ネタバレ】「オブリビオン Oblivion」感想・評判・レビュー

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-06-01 : 映画感想 : コメント : 16 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
> 同名のゲームがありますが本作はそれとは無関係

なので私は観るのをスルーすることに。

そういえば大昔、『ドラゴンスレイヤー』ってゲームと、これまたそれとは無関係の同名映画がありましたなぁ。

2013-06-01 22:28 : シオン=ソルト URL : 編集
No title
最後家に52番がやってきたのって、ハッピーエンドととらえていいんでしょうか?
中にある意志は同じものとはいえ、命を救ってくれたりしたのはその個体ではないわけですし…。
映画自体は結構好きなんですけど、そこだけなんだか腑に落ちません。
2013-06-02 08:43 : べんづ URL : 編集
千人のジャック
52番以外にも
何体もいるのでは…(ヴィカも)
複製品ということで
皆ジュリアの記憶の断片を有しているはずなので…
皆さんいろんなところに小屋を作ってたりして
(あの地区担当だったからかな)

スカブリーダーのビーチさん
ジャックが図書館跡で本を取ったのを見て
60年回っていたロケットを落としたのでは?

つまり奥さんだと知っていたのでは?
コールドスリープには旧姓が書かれていましたが
ビーチの前で「ジュリア・ハーパー」と名乗ったときは
驚いていたというよりは
感心していたような表情にもみえましたが…
(サングラスだけど)

子作りはジュリアの治療後
小屋で
レコード「青い月」(でしたっけ?)
あの曲に乗せて盛り上がったのでしょう
ジュリアが「この曲好きだったわよね」的なことを言ってたような…

映画ではブラックアウトしてましたがあのタイミングで仕込んだのかと(笑)

個人的には
ヴィカさんのほうがタイプです(笑)

最初のシャワーシーンやシースループール
もちっと前向いて欲しかった(爆)
2013-06-02 11:14 : YOU URL : 編集
~ツッコミどころ&気になったところ~ に対して
>・スカブに気絶させられたあと、即効でバブルシップを無人のまま管理室に返すジャック
>一緒にいたジュリアを助けようとはしないのかよ・・・
気絶させられた後というより、気絶する寸前咄嗟に最後の行動でボタンを押せただけですので……。

>・ジャックは軍曹に撃たれたのにもかかわらず無傷
>どんだけ宇宙服(?)丈夫なんだよ・・・・ジャックが実はロボットでしたというオチになるかと思っていました。
宇宙服というより、対放射線装備で丈夫だったんでしょう。弾が表面で止まってますね。逆に言えば軍曹は殺す気無くて脅しで発砲しただけか。

>・なんでスカブたちは今になってジュリアが乗っていた宇宙船を呼び寄せたの?
上の情報に加えて、劇中にはビーチがGPS座標の暗号を解読するのに50年以上掛かってしまったという説明がありました。

>・負傷したジュリアを岩陰に隠して、一人でバブルシップに乗るジャック
>連れていけよ・・・これはジャックを一人でもうひとりのヴィクトリアに会わせたかったという脚本の都合としか思えません。ジャックがもうひとりのヴィクトリアの存在を想定して、そうしたのかもしれないけど。
出血していて、どの程度傷が深いか分からないので動かさない方が良いでしょう。

後のツッコミどころ、気になったところは大体私と同じ感想です。
2013-06-02 16:47 : スプートニク URL : 編集
Re: ~ツッコミどころ&気になったところ~ に対して
YOUさん、スプートニクさん、ご指摘感謝です。記事に反映させました。

>シオンソルトさん
ゲームとしては「フォールアウト」に似ている気がします。やったことないけど。

>べんづさん
ハッピーエンドとは言い難いですよね。あのほろ苦さも自分は好きです。
2013-06-02 19:49 : ヒナタカ URL : 編集
ロゴについて
twitterでコメントいただいまして
ありがとうございました!
ロゴの件は実はたいしたことないんですよ(笑)

終わりロゴは普通のUNIVERSALロゴです。
最初と対比すると無事に平和が戻ったという
ことになるのでしょうか...
そんなつまらないことでした。
2013-06-03 21:04 : URL : 編集
Re: ロゴについて
> twitterでコメントいただいまして
> ありがとうございました!
> ロゴの件は実はたいしたことないんですよ(笑)
>
> 終わりロゴは普通のUNIVERSALロゴです。
> 最初と対比すると無事に平和が戻ったという
> ことになるのでしょうか...
> そんなつまらないことでした。

うわー素早い返信ありがとうございました!
とっても嬉しいです!
2013-06-03 22:15 : ヒナタカ URL : 編集
こんにちは
>あんたら子作り的なことしてなかったやん!

「青い影」を聴くのはベッドから起きた後なので、その前に子作りしたんだと思います。
治療されるジュリアが陣痛を堪えるような声を出すのも、それを暗示しているのでしょう。
2013-06-04 01:00 : ナドレック URL : 編集
Re: こんにちは
> >あんたら子作り的なことしてなかったやん!
>
> 「青い影」を聴くのはベッドから起きた後なので、その前に子作りしたんだと思います。
> 治療されるジュリアが陣痛を堪えるような声を出すのも、それを暗示しているのでしょう。

「映画のブログ」のナドレックさんではないですか!
ご指摘ありがとうございます、追記&リンクに追加します。
2013-06-04 18:14 : ヒナタカ URL : 編集
テットが破壊されてテットからの動力供給もなくなり、空中に建っていたあの孤立している家は飛行機があっても飛べずに、酸素供給動力や暖房や冷蔵庫も使えなくなり、家にいた者はじわじわと餓死か凍死したのでは?雲の上のかなり高いところに建っていた家のように思われます。
2013-06-08 07:03 : ? URL : 編集
千人のジャックが降りてきて地求人を殺害しつつ、月が壊され地震津波で地上が壊滅し埋まる。
千人のジャックは津波で流されて埋まった
そして管理人として新たなクローンが配置された
という事でしょうか?
2013-06-08 07:16 : 千人のジャック? URL : 編集
No title
初めの方の、二人ぽっちの地球のガードマン(?)の世界から可笑しいな?でした。
緊張関係があるはずなのに、どうして二人?
そして、現地修理に向かったジャックの「2017年のスーパーボール」を語るシーンなんか、不要でしたね。
あんなシーンなら、別のシーン、例えば地球が侵略されるシーン(侵略者は見えない)ナンゾの方が良かったような気がします。

なんか、時間的な経過が、良くわからないので、「猿の惑星」の簡潔さを思い出しました。

口直しに見た[End Of White-House]は、あの有名な映画と同工異曲ですが、結構、時期的には良い映画でした。
2013-06-09 09:07 : sakura URL : 編集
間違い指摘
明らかな間違いを2点。
1、最初から出てたテットを爆発させるジャックは42番ではなく49番。
2、人間が移住した(とテットにそう思いこまされていた?)のは火星ではなく、土星の惑星タイタンです。
お間違いなく。

あとここからは私の想像ですが、最後のヴィクトリアはどうしたの部分。テットが爆発したからすべての管理室がぶっ壊れるか機械が壊れ、コピーが生存できなかったとすれば、唯一?縛られ、地上に放り出されていた52号は生き残ったと考えれば、少しは納得いくかなあと思います。そうするといつまで縛られてたんだ??
凍死とか書いている方もいますが、52号の管理室は、上空ではなく崖の上のような場所でしたよ。
2013-06-22 03:36 : 通りすがり URL : 編集
Re: 間違い指摘
ご指摘感謝です、訂正&追記します。
縛られていた時間はどのくらいのもんでしょw
2013-06-22 09:42 : ヒナタカ URL : 編集
No title
うーん ターミネーター5?
2013-07-06 02:01 : URL : 編集
No title
こんばんは!いつも読んでます!
オブリビオンと関係なくて申し訳ないのですが、「リターン・トゥー・ベース」はもう観ましたか?
僕は初めて韓国映画を観たのですが、意外と面白かったですよ!
戦闘機が派手に活躍する話です。最初は全然関係ないギャグシーンてんこ盛りでとても不安になりましたが、後半でがっつりドンパチやってくれます。
現代の実在する戦闘機同士が戦う映画って多分これがはじめてだと思います。あと、ヒロインが可愛いのでオススメです。まだ見てなかったら、是非!

オブリビオン本当に関係なくてすみません、、、
2013-08-14 23:05 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。