ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

木下恵介監督の想い「はじまりのみち」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想ははじまりのみちです。


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:きっと、親孝行がしたくなる


あらすじ


映画監督・木下恵介(加瀬亮)は、自身の作品である『陸軍』が戦意を高揚させる映画でないと軍に非難されてしまい、次回作の製作は中止となってしまう。
辞表を出した木下は母・たま(田中裕子)のいる浜松へ帰るが、大空襲が起きて木下家が商売していた店も焼け落ちてしまう。
山間地へと疎開すると決めた恵介は、兄・敏三(ユースケ・サンタマリア)と便利屋(濱田岳)とともに、山間部へ母親をリヤカーに乗せて向かおうとするのだが・・・





おすすめです!
もう日本映画ファンであれば絶対に観て!と言える素晴らしい作品でした。


監督は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」で高い評価を得た原恵一さんで、本作は監督初の実写映画となっています。

アニメ映画から実写映画へと、畑違いとまではいかなくとも土俵の違う分野への仕事だったので、監督の個性が出ないのではないか?と少し心配になっていましたが、それは全くの杞憂でした。

「はじまりのみち」は、まさしく原監督ならではと言える作品になっていました。
なにせ、本作には「オトナ帝国」「戦国大合戦」を思わせるシーンがあるのです。

登場人物の台詞が「えらい(しんどい)」「~だに」「~ずら」などと「訛っている」のも「戦国大合戦」で描かれたことですし、作品のテーマもとても似ています。
これだけで、原恵一監督が大好きな自分は本作が好きでたまらないのです。


さらに豪華キャストも文句のつけようがない名演を披露してくれます。

まじめな木下監督を演じた加瀬亮、母役の田中裕子、父役の斉木しげる、兄役のユースケサンタマリアは「家族の距離感」を見事に演じきっています。

そして観た方の多くが思うのが、濱田岳さんの芸達者ぶりでしょう。
作中ではもう落語の1シーンとしか思えないほど「演技」で魅せるシーンがあり、その上手さには感服しっぱなしでした。


また、本作は実在の映画監督・木下惠介を主人公とした伝記映画でもあります。
この手の映画は、その人物のことを深く知らないとシーンの意味が理解できなっかたり、不親切に感じることも多いのですが、本作はそれも心配無用です。
本作は木下監督作品を知らなくても、全く問題なく楽しめるのです

自分も恥ずかしながら、代表作の「二十四の瞳」がどういった作品かを知っているくらいで、木下監督作品をひとつも観たことがありませんでした。
それでもこの映画のほとんどのことが理解できました。
この敷居の低さは、伝記映画として理想的でしょう。

そもそものストーリーも小難しいものではなく、「息子(木下監督)が、病気の母を疎開先までリヤカーで送る」というだけです。
旅の道中で様々な人と出会い、大切なものを知るというスタンダードなロードムービーでもあるため、多くの方が抵抗なく観ることができるでしょう。
数十キロもある山道をリヤカーを引いて進む無茶さは観ていて心配になるのですが、これが実話なんだというからまた驚きです。


そもそも木下監督は(評価が高いにも関わらず)それほど認知度が高い監督ではありません。
同世代の監督には黒澤明がおり、精鋭たちが活躍する時代で、自分の信条を大切にした作品を作ってきたのが木下監督なのです。

本作は、原恵一監督の「世の中の人に木下監督の映画の素晴らしさを知ってもらいたい」という気持ちにあふれています
そしてその試みは成功しています。
押しつけがましさはほとんどなく、木下監督という人間と、その作品の魅力をこれ以上ない方法で伝えています。
自分はこの映画で、いままで全くなじみのなかった木下監督のことを知り、その作品に込められたメッセージを知り、そしてその作品を観たくなりました。


「はじまりのみち」にこめられたメッセージは「母が子を想う気持ち」「親孝行」、そして「戦国大合戦」でも描かれていた「戦争がないことの幸せ」です。
そしてそれは作中で引用される作品『陸軍』のテーマにも通ずるものなのです。

田中絹代
2067円
powered by yasuikamo

木下監督は戦争中に、国民に戦意を奮い立たせるための作品づくりを余儀なくされ、そこで母が子を想う気持ちを描いていた『陸軍』を撮ったのですが、軍にその描写が「女々しい」と言われ、映画監督としての仕事を中断してしまいします。

そして、母をリヤカーで送っていく道中、そして旅路の先で、木下監督は大切なことを知るのです。
その過程の素晴らしさ、メッセージ性の高さに、心が震えっぱなしでした。


難点もあります。

それは原監督の「木下監督愛」が強すぎて、木下監督作品の引用シーンがとても長いことです。
流される木下監督作品は本編のストーリーと巧みに絡み合っているのですが、少し冗長さは否めません。
上映時間が95分とコンパクトであることも、アンバランスさを際だたせているように感じます。
原監督にとってはどのシーンもカットできないものだったのでしょうが、ここで気持ちが引いてしまう人もいるのではないか?と思わせるのは本作の弱点でしょう。

他にも展開のごく細かい部分に違和感を感じるところもありました。
これはディテールに凝った仕事をする原監督らしくなく、悪い意味で驚いてしました。


しかしそんな不満も、作品の素晴らしさからすれば大した問題ではありません。
何気ないシーンの意味を知り、人間模様と込められたメッセージに感動できる本作は、もっともっと多くの方に観てもらいたい作品です(興行収入が初登場10位圏外って・・・)。

予備知識は特に必要ありませんが、できれば「戦国大合戦」を観てから劇場に足を運ぶことをおすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです。鑑賞後にご覧ください 「オトナ帝国」「戦国大合戦」のネタバレも含んでいます↓












~花咲く港~

映画は米津の浜にあるスクリーンに、「花咲く港」が映し出されるところからはじまります。


これは山中貞雄賞を授賞した、木下監督の記念すべき初監督作品です。
「はじまりのみち」というタイトルに沿ったように、木下監督の「はじまり」の映画から物語がはじまるのです。


~リヤカーで行く~

『陸軍』のために次回作の制作が中止にされた木下監督は、城戸四郎の説得もむなしく、辞表を提出してしまいます。

その後に浜松大空襲で店が焼けてしまうも、木下一家はみんな無事でした。
木下一家は山間部の道を通って、疎開をすることに迫られます。

恵介(監督)は、認知症で足腰が不自由な母親を、バスではなくリヤカーで運ぶことを決めます。
途中からはトロッコに乗れるものの、それは何十時間かかるかわからない旅でした。

付添人は兄・敏三と「便利屋」。三人と、母の旅路がはじまります。


~美味しいもの~

便利屋は「映画もいいけど、なんかうまいもん食いたいなあ、カレーなんてどないやろ、白魚のかき揚げもええなあ、あっつあつのかき揚げを食べて、冷たいビールをキュッ!たまらんなあ~」と言います。
ここでの濱田岳さんの一挙一動はまるで落語のような面白さでした。ていうかマジで腹が減ります

そして次に告げたことは「欲しがりません勝つまでは、か。そうは言っても腹が減っては戦ができぬよなあ」でした。

便利屋は自分の考えを臆面もなく言ってしまえる人物でした。
その後に母が、自身のおにぎりを便利屋にあげたのも、その言い回しが気持ちよく、いかに彼が美味しいものを欲していたかがわかったためだと思います。


~澤田屋での便利屋~

澤田屋は現在も存続している旅館です
快く佳祐たちを迎え入れてくれた旅館の夫婦は、喧嘩をしていても、なんだかんだで仲の良い間柄のようです。

恵介は、母の顔についた泥をぬぐいます。
それは、とても丁寧に、愛情を込めて・・・

便利屋はここで娘2人に対して、「あんたらの顔見たら疲れたのもふっとんだわ」「かわいいやん」「俺は本当のことしか言わんやよ」とナンパなことを言います。
翌日にトロッコがでないとわかったときはふてくされますが、娘ふたりが現れると「実はもう一泊泊まることになったんや!」とほざきます。

それでいて、恵介のことを「たいしたもんだえ」とちょっと上から目線で褒めたりもします(一度は青瓢箪と言ったけど)。

便利屋はなんとも現金で、うざったいけど愛おしいキャラですね。
ある意味原恵一監督の「ブタのヒヅメ大作戦」のぶりぶりざえもんを思わせます。

そして、恵介は楽しそうに娘たちとじゃれあっている便利屋を見かけ、微笑みます。
木下恵介監督が望んだのは、こうした幸せに人が暮らしている姿なのだと思います。


~女の先生~

さらに恵介は、散歩の途中で「たくさんの子どもを率いている女の先生(宮崎あおい)を観ます。
このとき恵介は、手をカメラのように丸くし、ファインダー越しにそれを見ているかのようでした。

見つめる木下監督

この描写は「カメラを通すことで、映画の中の登場人物として見ている」ことを示すものではないでしょうか。
そのことは、ラストに流れる木下監督の作品群を観て、はっきりすることになります。


~夢~

兄・敏三は恵介に「お前は監督業に戻ればいいじゃないか。好きなことを仕事にしてやめるのか。正直、俺はお前が羨ましいよ、俺は文学が好きだったが、それで食っていけるとは思えなかったから家業を継いだ。夢をあっさりてばなしていいのか?」と問います。

恵介の答えは「夢なんて、この国にはないよ」でした。

母を想う気持ちを描いた『陸軍』がこき下ろされ、作りたいものが作れなかった恵介がそれを言うのは、とても重いものがあります。


~『陸軍』に込められた想い~

散歩をしていた恵介は川辺に座り、そこに便利屋もやってきます。
便利屋は雄大な景色を見ながら「俺も赤紙がきとるかもなあ。こんな景色見とると、必死で戦争をしとるんは人だけで、山も川もちっとも変わらん気がするよ」と言います。

そして、便利屋が語ったのは、『陸軍』のラストシーンでした。



田中絹代演じる母は、一度息子を戦地に見送るも、行軍のラッパの音が聞こえると、たまらなくなって家を飛び出します。

カメラは母親が走る姿を前から捉えます。
路地裏から行軍を観る母、行軍の中の息子を探す母が映し出されます。
やっと見つけた息子は、母親に笑いかけました。

息子は、やがて見えなくなります。
そして、母親は手を合わせて、祈るのです。

便利屋は「俺は泣いたね、戦地に行くとき、おっかさんあんな気持ちなんやって・・・」と言います。
恵介は涙を流し「俺には兄貴が横にいてくれた。手を合わせる母親をたくさん見た。立派に死んで来いなんて言う母親はいない!」と声を荒げます。

便利屋は「そういうことが言いたかったんじゃないかね、あの映画。ああいう映画、もういっぺん観たいなあ」と返してくれました。


このラストシーンは「軍の検閲」のことを考えて作られているとも言えます。

母親の心情はことばでは全く語られません。
木下恵介監督は、母親の最後の「祈り」を、軍が「お国のために立派に死んできてくれ」と「表向きには」読み取れるようにしたのではないのでしょうか。

しかしこの作品の本当のメッセージは、便利屋が言ったように、世の母親や、その息子にきっと伝わるはずです。
思えばこの『陸軍』は女々しいと言われるも、検閲をくぐり抜けて公開された作品でもあるのです。
母親の息子を想う気持ちを描いたこのラストシーンは、木下恵介監督の執念を体現したものでしょう。


~残念だったこと~

ものすごく気になったのは、季節が夏という設定であるのに、リヤカーに乗った母にかけられた布団が分厚いことでしょうか。あれは暑いよ。

さらに豪雨になったとき、母親へ降り注ぐ雨をしのいでいるのは小さな傘&「ござ」だけ!
たぶん布団はぐっちょぐっちょで重くて不衛生なこと極まりないでしょう。

細かいことなのかもしれませんが、リヤカーに乗っていた母がしんどそうなだけに気になって仕方がありませんでした。バスのほうが母も楽そうです。


~旅の終わり~

恵介たちはトロッコに乗り、ついに疎開先にたどり着き、旅は終わりを迎えます。

恵介の父は「お前は無理と思われることもやり遂げてしまうなあ」と言い、恵介は「お父さんの言うとおり、大変だったよ」と言います。

便利屋は「俺だって親が心配しとるから、飛んで帰る」と言い、「ごめんなすって!」と時代劇風に言いながら立ち去りました。

思えば恵介と敏三は、便利屋の名前を聞いていませんでした。
敬三は「いいとこ、カレーライスの便利屋だな」と言います。

真面目な木下一家にとって、自分の感情を臆さずに言うことのできる便利屋は、まさに「面白いやつ」だったのでしょう。


~母の想い~

旅を終えた恵介に、母が手紙を渡します。

「また、木下恵介の映画が観たいです。
そばにいてくれるのは嬉しいのだけど、あなたのいる場所はここではないと思います。
安心して、映画のそばに戻ってください。
いつか、きっと作れたいものが作れる時代がくるはずです。
映画を作り続けなさい、それが私のいちばん嬉しいことです


恵介は手紙を読んで、こう言います。
「やっと撮影所に入って、辛くて何度も辞めたいって言って、それでもやっと映画監督になれたじゃないか。
便利屋くんが作品に泣いてくれて、もっとこういう映画を観たいって言ってくれた人もいるじゃないか。
辞めてからも映画のことばかり考えていた。
しかも、それが今時作れない話ばかりじゃないか。のどかな牧場で、若い男女が恋をして、やがて恋敵が現れて・・・そんな話、作れるわけないのに」


母は失語症によりたどたどしいしゃべり方になっていましたが、恵介のためにしゃべりはじます。
「『花咲く』のロケをしたときのことを覚えている?
(浜松の実家で)天気が続きますように、撮影がうまくいきますようにって・・・」

そのときは、家族みんなが「木下恵介監督」と呼び、父も「みんなで応援しとるで」と言ってくれました。
元気だった頃の母は「お前のこと、誇りに思うよ」と言ってくれました。

ここで、映画の初めの米津の浜を、白い礼服を来た恵介が歩くイメージが挟まれました。
これは、木下恵介監督が「再生」し、「はじまり」を迎えたことを示すものでしょう。

恵介は「あれは嬉しかった、たった二年前の出来事なのに、あんなに幸せだったのに」と言い、母は「忘れないで」と返してくれました。

そして恵介は暗い、暗いトンネルに入って行きます。
ナレーションでは、恵介がふたたび監督人生を歩み始めた後に母が亡くなったこと、母が亡くなったときに恵介が死に立ち会えなかったことを伝えます。

そして、次にスクリーンに映し出されたのは、木下監督の作品群でした。


~木下監督の作品~

我が恋せし乙女


これは木下が母親に作りたいと語った、「若い男女が恋をする話」でした。


やぶれ太鼓


なんとここで、「カレーライスを食べる男」が出てきます。
便利屋がカレーライスが食べたいと言ったことに、シンクロしているのです。


カルメン故郷へ帰る


日本初のカラー映画で、若き女性が踊る姿が描かれました


日本の悲劇


戦争により未亡人になった女性の物語です。


二十四の瞳


途中で登場していた女の先生、そしてそれに寄り添う子どもたちは、この「二十四の瞳」の登場人物そのままです。


野菊の如き君なりき


これも若き男女が恋をする物語です。
船で去っていく男に「拝む(祈る)」シーンがありました。
序盤に恵介の母が朝日に向かって拝んだこと、『陸軍』の内容とも一致しています。


喜びも悲しみも幾歳月


全国の灯台へ旅をする内容です。空襲のシーンが出てきました。


楢山節考


息子が母親をおぶって、山道を行く姿が描かれます。


笛吹川


横から捉えた旗を掲げた行軍は、どこか原恵一監督の「戦国大合戦」を思わせるものでした。


永遠の人


この作品で描かれたけんかをしている男女は、旅館の澤田屋の夫婦を思い出させるものでした。


香華(前篇/後篇)


母親が子どもを捨て、その子どもが花魁になった姿が描かれます。


新・喜びも悲しみも幾歳月

新よろこびも・・・

前作から30年を経てのリメイク作です。
船員たちが両親に見送られ、その中には「息子」と思われる人物がいました。
ここまで作品群は「台詞なし」だったのですが、ここだけ母親の「戦争へ行く船じゃなくてよかった」ということばが聞こえてきます。


~ラストシーン~

映画のラストシーンは、リヤカーに乗った恵介の母が、青空にひとつだけある雲を見上げるというものでした。
これは「戦国大合戦」のラストシーンと同じなのです。

木下恵介の作品を振り返った原恵一監督は、自身の作った作品へその精神と作品が受け継がれていることを、最後に示すのです。


~木下監督の想い~

本作は木下監督の旅路を見せ、その旅路がそのまま木下恵介監督作品の内容と一致していく様を見せています。
流麗な音楽とともに、人生のワンシーンを映し出していくのは、「オトナ帝国」の名シーンである「ひろしの回想」を思わせるものでした。

そこに見えてくるのは、木下監督がいかに子を想う母親の気持ちを描いていたか、親孝行をする子を描いていたか、平和でみんなが幸せになれる世の中を望んでいたか、ということです。

『陸軍』のラストシーン、最後に流された木下恵介の作品群、
そして原恵一監督が描いた、恵介が母の顔の泥をぬぐうなどのシーンを観れば、そのことはきっと伝わるでしょう。

それは戦争のなくなった今でも、多くの方が思っていてほしい―
これこそが、原恵一監督の伝えたかったことなのだと思います。


本作の「気になったこと」はこちらもご参照下さい↓
【ネタバレ注意】巨匠、木下恵介監督の実話をもとに描かれた号泣必至の物語!【はじまりのみち】

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-06-08 : 映画感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

見に行きます!
やはりいいんですね。ぜひ見に来ます。
2013-06-15 22:09 : M上 URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。