ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

母の呪縛 映画「二流小説家」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は二流小説家 シリアリストです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:ツカミはいいのに後半雑すぎ


あらすじ


赤羽一兵(上川隆也)は二流小説家であり、アメリカに出張中の兄の家を借りながら、官能小説を寄稿して生計を立てていた。
ある日赤羽の元に、死刑囚・呉井大悟(武田真治)から手紙が届く。呉井は「シリアル・フォト・キラー」として全国に名を知られた殺人鬼だった。
呉井は赤羽に、自分のためだけに官能小説を書いて欲しいと依頼をするのだが・・・




様々な賞を受賞した推理小説「二流小説家(原題はThe Serialist)」の映画化作品です。

デイヴィッド・ゴードン
1050円
powered by yasuikamo

作者の名前を見てわかるように、原作は海外の作品です。
しかしこの映画版は舞台を日本に移し、キャラクターも日本人に一新しています。
海外の作品がこうして日本で実写映画化されるのは、かなりめずらしいのではないでしょうか。

自分はこの原作は未読でしたが、キャラ設定をはじめ、真犯人やどんでんがえしもほぼ変更なく実写化されているようです。
参考→二流小説家 - Wikipedia(微ネタバレ注意)
原作を読んだ方には日本を舞台にしたことによる描写の違いを、読んでいない方には新鮮な気持ちで映画を楽しむことができるでしょう。


抜群に面白いのは「死刑囚が自分のためだけに小説を執筆してもらうように、二流小説家に依頼をする」という設定です。
死刑囚は小説を書いてもらうことを依頼する代わりに、自身についての告白をすると言うのです。

二流小説家である主人公は「犯罪者の告白本は売れる」ということに乗っかって仕事を引き受けるのですが、想像を絶する事件が起きてしまう・・・というのが大まかなプロット。
推理小説やミステリーが好きな人なら大いに楽しめるでしょう。

素晴らしいのは役者の演技で、特筆すべきは殺人鬼・呉井を演じた武田真治でしょう。
どこか映画版「DEATH NOTE」の「L(松山ケンイチ)」を思わせる切れ目のない話し方は存在感があり、見る者の神経を逆なでするその態度には邪悪さを感じます。

キャストは有名どころを抑えながらもやや地味ではありますが、新しく役者の魅力を知れるということだけでも、劇場で観る価値があるでしょう。


しかし映画そのものの出来は決して良くはありません。
なにがひどいって、後半に伏線の多くが吹っ飛ばされるのです。
ちょっと思い返すだけでも「アレはなんだったの?」「アレはどういうこと?」「どうしてそうなるの?」と思ってしまうツッコミどころが多すぎます。

ミステリーとしても「今まで知らない情報」の謎が急に持ち出されたりするので、戸惑いを覚えます。
心理描写は役者の卓越した演技のおかげで見ごたえがあるのですが、展開が雑すぎるせいで説得力がありません。

「観ているあいだは楽しめるけど、完成度はテレビで観る凡庸なサスペンスドラマ程度」の印象にとどまっているのは残念でした。
監督の猪崎宣昭ももともとTVドラマを土俵にしている方だしなあ・・・ジャパニーズホラーっぽい演出や音楽は面白いのですけどね。


本作には素晴らしい要素がもうひとつ。
主人公の中年男性に寄り添ってくる姪っ子の女子高生がめちゃくちゃカワイイのです。

ツインテール女子高生<普段は寮に住んでいる女子高生。自称マネージャー兼助手。

「気が強い」「ドジ」「ツインテール」「主人公の名前を呼び捨てにする」という萌え属性は好きな人にはたまらないでしょう。もはやカワイイを通り越してあざといです。
たびたび家に上がり込んで世話を焼かれる主人公に「おい俺と変われ」と言いたくなることは必死。
演じている小池里奈さんのファンであれば、人生の何を差し置いてでも観ることをおすすめします。


また本作は何故か全年齢指定ですが、首が切り取られた女性の全裸の死体が映し出されたり、性的な話題もふんだんなのでお子様には見せないほうがいいです。ご注意を。

以下、真犯人や結末も含めて思いっきりネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓












~真犯人~

殺人鬼・呉井が獄中にいるのにも関わらず、赤羽が訪問した呉井のファンたち3人が次々と首なし死体となって見つかります。
それは12年前の呉井の犯行を模倣したものでした。

真犯人は赤羽の姪である亜依に襲いかかります。
赤羽がその女性の顔を見ると・・・それは弁護士の前田礼子(高橋惠子)でした。
赤羽は彼女のことを「呉井の母親だ!」と呼びます。

前田は序盤に「50歳をすぎてから司法試験に受かった」ことが観客に知らされていました。
これは呉井が逮捕された時期と一致しており、前田は自身の息子を救うために弁護士になっていたのです。


~ヒロイン・千夏の存在は無視される~

それにしてもヒロインの千夏(片瀬那奈)が犯人だと思わせるミスリードは納得がいかないぞ。
あんだけ警察や亜依に「怪しい」「おかしい」と言われて続けていた彼女に対してのフォローが何もないのです。

・呉井の思い出の場所に行く前に、亜依が転んだのを介助して「この先には何もないわよ」と言う
・赤羽が撃たれる前に「気分が悪いのでここにいます」と言う
あたりはまあ納得できるのですが、「犯人と思わせたいんだなあ」としらけるばかりでした。

彼女がホステスであるという設定、姉と生き別れたという設定も特に何も生かせていません。
真犯人がわかった以降は、彼女は姉の頭部を発見する場所にモブキャラっぽくいるだけでした。


~ツッコミどころいろいろ~

青字はコメントでいただいたツッコミどころです

・でんでん演じるエロ雑誌編集者が「客は勃〇さえすりゃいいんだから」と赤羽に言う
本が売れない現代で、エロ小説は厳しいと思うんだけどな。

・そもそも呉井はなんで赤羽を選んだの?
「二流小説家」を選んだのは「売れたいという感情を利用しようとした」ということで納得できるのですが、それ以外はフォローは全くありません。せめて読んだ本のことくらい言ってよ

・遺族会の人々は赤羽が告白本を書こうとしていることをどうやって知ったの?
赤羽が呉井と面会したあと、遺族会の人々は総出で赤羽に詰め寄っています。こういう情報は本人以外には極秘なんじゃないかな。

・警察ひどすぎない?
伊武雅刀演じる刑事が勝手に家に来て「すぐに出てくださいよ~」と言ったり、犯人と決め付けてから話す態度はムカついて仕方がなかったですね。
後に赤羽が警察署内で調べ物をしたときに「あんたが勝手に見ただけだ」とツンデレ台詞を吐きますけど。

・被害者たちの頭部を発見するとき、赤羽の「僕わかったかもしれません」という根拠も何もない台詞だけで警察たちは呉井の思い出の場所を掘り返し始める。
よほどの根拠がないと警察総出では動かないと思うんだけど・・・せめて呉井が話したなら納得できるのに。
まあそれはまだいいです。
問題はこのとき警察が掘った穴がめちゃくちゃ深いことです。
軽く10mはありそうで、お前らは遺跡でも探してんのかとツッコミました。
どうやって呉井はそこに埋めて、なぜ警察がそこを掘って、どうしてそんなに深いのか、皆目見当がつきません。

*姪の彼女は時間的な経過から、完全に殺されていると思ってました。
犯人は何故殺さなかったんでしょうか?
駆けつける途中で、何故旧知の刑事に起きていることを連絡しなかったんでしょうか?


「呉井が育ての親が家でずっとテレビを観ていることを知っていた(本当の母親がその場所に通っていた)」あたりの伏線は秀逸だったのに、肝心なところがこれじゃあなあ・・・・


~もうひとりの犯人~

主人公は作中で2回銃で狙撃されていたのですが、それを撃ったのは前田礼子ではありませんでした(線条痕が違っていた)。
このときの狙撃、的中率低すぎとか、日本でそんな銃をバンバン撃てるかね?とかツッコミたいですが無視しましょう。

その犯人は、本田博太郎演じる工場長でした。
呉井に妻を殺されたと思っていた工場長でしたが、実は自身がその保険金を受け取るために殺していたのです。

まあそれはいいけど、工場長が「あんな女殺してもいいだろうが」「ちゃんとメシくらい作れ!」とか言いながら連行されるのには笑いました。あれはギャグにしか見えないよ。

本田さん<突如クズじじいに変貌する本田博太郎さん

工場長が呉井の告白本の執筆に反対したのは、自身の殺人が明るみに出る(ひとり呉井が殺していないことがバレる)からなんでしょうね。


~殺人の理由~

赤羽は呉井の撮った被害者の写真を見て、彼女たちが写真を撮った時にはすでに殺されており、首から下が精巧なマネキンに置き換えられていることに気づきます。
この「謎解き」は今まで全く登場していなかったのに提示されたのですごく戸惑ったけど・・・

ふたたび赤羽が呉井に会った時、呉井は20歳のころに殺人を犯し、それを母親に見られていたこと、母が満面の笑みで受け入れてくれたことを口にします。
赤羽は「首の下に置き換えたかったのは母親なんじゃないですか?」と聞きます。

また、呉井は女性(母親)が血を流す姿が美しいと言っていました。

呉井にとって、売春婦であった母親は自分を肯定してくれる心のよりどころであり、また殺したい存在でもあります。
愛情と憎悪。そのアンビバレンツな感情が、さらに殺人を引き起こす結果になったのでしょう。

映画の最後に赤羽がナレーションで言った「子は母の呪縛からは逃れられないのかもしれない」は、本作のテーマを端的に表したものでしょう。


~友へ~

息子の殺人を模倣したために捕まった前田礼子は獄中で首を吊り、自殺します。
さらに、呉井は死刑の日を迎えます。

呉井は赤羽に最後のことばを手紙として綴ります。

「君にヘッセのことばを贈る。

ヘッセ詩集の「書物」より)
この世のあらゆる書物も
お前に幸福をもたらしはしない。
だが、書物はひそかに
お前をお前自身の中に立ち帰らせる。


死を導いてくれた君に感謝します」

赤羽が執筆した告白本の「亡き友へ捧ぐ」と書かれた文が見えたところで、映画は幕を閉じます。

赤羽が急に呉井のことを「友」と呼ぶことには違和感を感じましたが、赤羽は自身も愛すべき母を亡くしたこと、呉井が卓越した文章力でファンを魅了していたことに、少なからずやシンパシーを感じていたのでしょう。

呉井にとっても、赤羽の存在はとても大きかったのでしょう。
赤羽は、呉井がファンに宛てた手紙を読んで「俺よりずっと才能がある」と呉井に言っていました。
このとき呉井は「強く望んでいたものが突然現れることがある!聖域だよ!一流になりたければ、本物のこの俺を書け!書いてください書き続けてください!」と―
呉井は本当に赤羽に一流の「聖域」に住む小説家になってほしいと願っていたのではないでしょうか。

赤羽と呉井は相反しているようで、実は「小説の才能」という一点で似通っている存在です。
呉井はそのことを踏まえ、ヘッセの「書物はひそかにお前をお前自身の中に立ち帰らせる」という一文を伝えたのだと思います。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-06-19 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
ジブリのオマージュと小さなカケラ 映画「ハッシュパピー」ネタバレなし感想+ナレーション «  ホーム  » 僕だけが知っている リメイク版「華麗なるギャツビー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画「二流小説家 シリアリスト」 上川隆也主演で海外人気ミステリーを映画化!
映画「二流小説家 シリアリスト」を観ました。 (2013/6/15公開) 原作:デイヴィッド・ゴードン監督:猪崎宣昭脚本:尾西兼一、伊藤洋子、三島有紀子、猪崎宣昭出演:上川隆也、武田真治、片瀬那奈、 平山あや、高橋惠子、小池里奈、伊武雅刀 ほかあらすじ:ある日、売れない小説家・赤羽一兵(上川隆也)のもとに、殺人犯の死刑囚・呉井大悟(武田真治)から告白本を書いてほしいとの依頼が舞い込む。呉...
2016-01-22 12:48 : エンタメで行こう。
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
関根恵子、弁護士としての登場ぶりは、なんか歌舞伎の役者のようなセリフ回しの登場。
そして、幼児期の回想シーンに、何故か赤いコートを着た母親の顔が見えないようにようになってます。
それと、死刑囚に会った途端の遺族会の抗議。
ああ~、やっぱりなあ。

本当にワンカットだけ入る、思わせぶりな「フィクサーの存在」・・・・パンフレットにも謎のフィクサーと紹介
銃撃された時、素晴らしい運転で、駆け付ける千夏。
聖域に行くのを何故か止めたがる千夏。

姪の彼女は、時間的な経過から、完全に殺されていると思ってました。
犯人は、何故、殺さなかったんでしょうか?
駆けつける途中で、何故、旧知の刑事に起きていることを連絡しなかったんでしょうか?



判らない映画でした。
2013-06-20 06:23 : sakura URL : 編集
Re: No title

> 姪の彼女は、時間的な経過から、完全に殺されていると思ってました。
> 犯人は、何故、殺さなかったんでしょうか?
> 駆けつける途中で、何故、旧知の刑事に起きていることを連絡しなかったんでしょうか?

そうですね、そのツッコミどころも忘れていました。追記します。
変なところが多すぎる・・・
2013-06-20 12:49 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。