ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

恐怖を超えて 「アフター・アース」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はアフター・アースです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:はじめてのおつかい In 微妙に進化した地球


あらすじ


人類はその昔に地球を捨て、新星ノヴァ・プライムに新たな生活拠点を築いていた。
ある日、サイファー(ウィル・スミス)と、その息子のキタイ(ジェイデン・スミス)は、小惑星の嵐に会い、共に地球に不時着してしまう。
サイファーは骨折していまい、キタイに100キロ離れた宇宙船の後部まで通信機を取りに行くように命じる。
しかし、地球は人類が住むのに適さない未知の惑星と化していて・・・




傑作サスペンス「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督最新作です。

・・・にも関わらず本作の宣伝にはシャマラン監督が全然アピールされていません
しかも日本だけでなくそれは世界中でも共通。シャマラン監督は全力でスルーされているのです。

なぜかと言えばシャマラン監督が評判がアレな映画ばっかり撮っているからでしょう。
「シックスセンス」でシャマラン監督のファンになった方たちは
サイン」あたりは「まだ行ける」と希望を持ち、
ハプニング」では「これはちょっと」と微妙な雰囲気になり、
エアベンダー」では「もうダメだ」と絶望の淵に追いやられました
エアベンダーのRottenTomatoesでの6%の評価というのはなかなか見れるもんじゃありません。

そんな中でも今だシャマラン監督の作品を待ち望んでいる方は多いはず(たぶん)。
そして本作も・・・いい感じにシャマラン監督らしい、好き嫌いの分かれそうな作品に仕上がっていました。


まず、本作に「アバター」のような大作っぽさを期待すると確実に裏切られます。
何せ、ストーリーは「危険な状態になった地球で、息子がちょっと離れた場所におつかいに行き、父がそれをサポートする」というだけです。

舞台は「人類抹消のために進化した地球」という設定ですが、そんなすごそうなもんじゃなくちょっと危険なジャングル程度の印象です。
登場人物も両手で数えられる程度で、それほど劇的な展開はなく、かなり地味な映画と言っていいでしょう。

こうなったのは、ストーリーの原案が(本作で主演も務めた)ウィル・スミスであることも関係しています。
さらに本作は「幸せのちから」と同じく、ウィルとそのリアル息子のジェイデン・スミスが共演している作品でもあります。
つまり、ウィルの「息子に役者として成長して欲しいなあ」という願いが込められた親バカムービーと考えて差し支えありません。
「親に反発していた息子が成長する」という要素なんて、まんまウィルの「理想」としか思えませんもの・・・

本作の評判がすこぶる悪いのは、こじんまりとした物語だけでなく、そんなウィルによる「公私混合」な映画作りが批判されたせいもあるのではないのでしょうか。

さらに設定と展開はツッコミどころ満載で、SF的なガジェットにあんまりワクワクしなかったり、武器がいくらなんでもショボすぎるあたりはSFファンにとってもがっかりしそうなところです。


そんな問題点だらけのこの作品ですが、個人的には好きな映画です。

注目すべきなのは、本作が登場人物の「内面」を丹念に描いていることです。
親が子を想う気持ち、子が親を疎ましく想う気持ち、自身のせいで肉親を失った苦しみ・・・そうしたものを大切にしているのです。

ウィルによる原案はもともとSFでなかったらしいです。参考→アフター・アース - Wikipedia
親子の情を強調されていることを踏まえると、本作はSFではなく人間ドラマと観てみたほうが楽しめるのかもしれません。

ストーリーは悪く言えば単調ですが、よく言えばシンプルにまとまっています。
複雑な固有名詞が登場するSFが苦手な人にとっても、抵抗なく観ることができるでしょう。

CGで精巧に作られた動物はかなりリアルです。
本作にはシャマラン監督らしいホラー演出もあり、ファンもある程度は(演出面では)納得できるのではないでしょうか。


まとめると、シャマラン監督のファンにはぜひ観てほしいけど、そのほかの方にはおすすめはできない、といった印象です。
監督のファンなら上記のお気に入り点数に+1点してもいいと思います。
酷評されるほど悪くはないと思いますよ。

あ、あとウィル・スミスはあんまり活躍しません。基本的にサポートに回っているだけです。
主役は息子のジェイデン君なのでご注意を。

また、ジェイデン君の役名は「キタイ」で、実はこれは日本語の「期待」から来た名前です。
キタイの姉の名前は「センシ」で、これも「戦士」からとられた名前でしょう。
親日家のウィルが、こうした日本の名前を付つけるのは、日本人として嬉しく思います。
本作の評価はキタイはずれだろうけどね!

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓














~ツッコミどころいろいろ~

・なんで宇宙船は大気圏に入っただけバラバラになるの?
「小惑星の嵐」というよくわからない災害に巻き込まれて宇宙船がボロボロになるのはいいのですが、その後に地球に降り立つ前に崩壊する説得力がありません。

・宇宙船がバラバラになる前、キタイしか席についていない
他の乗組員も席についてろよ・・・サイファーは本当に「間違ったことはない」のかなあ。
おかげさまで親子2人だけが生き残る説得力もありません。

・なんであんなに緑が生い茂っているのに酸素が少ないの?
めっちゃ酸素出しそうなんだけどなあ。

・宇宙船の中は寒くないの?
夜になると極寒の地となる地球で、キタイは「地熱」を利用しながら先に進みます。
でも船に取り残されているサイファーが寒がったりする描写は皆無。船に暖房装置があったと考えるしかないです。

・あんだけ寒暖差が激しいと、人類以外の動物も死んじゃうんじゃないの?
ほかの動物が「地熱」を利用している描写もなかったですし、後にキタイをかばった鷲も寒さのために死んでいます。
この世界の動物たちがどうやって生き残っているのか、皆目検討がつきません。

・ごはんは?
この親子何も食ってないよね

・ヒルに噛まれ、身動きがとれなくなった時のキタイの顔芸
めっちゃ苦しそうというか、これ以上のない歪み顔でした。
ジェイデン君は確実に親の才能を受け継いでいますね(主に顔芸で)

・気を失ったキタイに「1分に5度温度が下がっているぞ、早く起きろ、頼む」とボソボソ声で言うサイファー。
もっと切羽詰った感じで言えよ。

・「バイパス手術が必要」と言われ、パイプで雑に血管をつなぐサイファー
そんな太いパイプでバイパス手術できるのかよ・・・

・キタイは猿に追いかけられていたけど、あの速さなら絶対に追いつかれるだろ。
それが主人公パワーです。

・崖をムササビのように飛び降りたキタイが鷲と正面衝突していけど、その後巣の中で気づいたときは無傷
それが主人公パワーです

・なんで武器はあんなに弱いの?
キタイは「カトラス C-40」という、棒の両側から22通りの武器が出る武器を使っていました。
しかし、それ全部刃物が出てくるだけです。刃の形が微妙に変わるだけでは22通りの意味なんてあんまりないような気がするんですが。
穴を登るときに鉄棒がわりに使ったり、最後に2つに分けてアーサに攻撃するのはよかったのですけどね。

ていうか一種類に等しいような<実質1種類しかないです。

・ていうか飛び道具はないんかい
舞台が未来なのに銃のひとつも出てこないのは違和感ありまくり。
唯一使った飛び道具は、キタイが命令を聞かずに投げた岩でした。超アナログでステキだなあ。

・現地の動物よりも外来種の「アーサ」のほうが危険な存在になっている。
「人類抹消のために進化した地球」という設定が、より意味なくなっています。

・キタイが宇宙船の後部にたどり着くも、通信が妨害されて会話ができないサイファーとキタイ。でもサイファーが見ている画像はめっちゃクリア。
実につごうがいいですね(画的な意味で)。これによりキタイの成長を実感しやすくしているのですけどね。

モニターはこんなにクリア<モニターはこんな感じにバッチリ見えます。

・救助来るの早すぎ
キタイが通信機を掲げて、宇宙空間にバッと信号が広がった次のシーンで即効で救助が来ています。
いや・・・実際は時間経過があったんだろうけどさ。
これも「宇宙船の中で待機していて大丈夫なのか?」というツッコミどころをスルーした結果だよなあ。

・「エスター」のイザベル・ファーマンが出演していたらしいけど、どこにいたの?(ノンクレジット)
序盤でキタイが周囲よりも先に走ってしまったあとのシーンで、キタイの名前が呼ばれたときにその顔を目で追った女の子が彼女だそうです。


~カットされたシーン?~

予告編(youtube)を観ると、カットされたと思わしきシーンがあります。

鹿が走るシーン<鹿の群れが走るシーン

カットされたシーン?<キタイは崖を上る訓練の途中、ハげた仲間の頭をさわる

他にも「3つの組織」が設定されていましたが、出来上がった映画からは存在が抹消されていました。
参考→Yahoo!映画 - 『アフター・アース』特集
映画を作るには、せっかく完成したものを削除しなければならないこともあるのですね。

カットされたわけじゃないんだろうけど、サイファーが部下に「あなたが今ままで間違えたことが?」と言われたあとの「それは妻に聞けばわかる」という台詞も伏線として回収して欲しかったかな。
どんな「間違いが」あったのか気になります(それはひょっとすると、息子のキタイのことかもしれません)。


~恐怖の先に~

中盤にサイファーはキタイに「ゴースティング(恐怖が無くなった戦士になること)」したときの話をします。
それは、人が恐怖したときのフェロモンを感じとる怪物「アーサ」を打ち倒したのことでした。

「奴は溺れさせる気なんだとわかった。
血が流れ、それが本当に綺麗に見えた。
全てがゆっくりと見えて、『貫かれたままではいやだ』と思った。
それ以来、奴は俺を見失ったようだ。
キタイ、危険は実在するが、恐怖は実在しない
恐怖は未来を想像する心の中にある。
未来は自分自身の物語だ」


恐怖は自分自身の中にしかいない・・・それを自覚し、未来を考えることで恐怖は克服できると、サイファーは教えています。


キタイは、姉のセンシが自分のことをかばって死んでしまったことを悔やんでいました。
姉がアーサに殺されたとき、キタイは恐怖のあまり、カプセルの中でうずくまることしかできなかったのです。

中盤にキタイが鷲に捕らえられたとき、キタイは卵を狙っていた虎を退けます。
そのとき、ほかの黒い鷲が虎に卵を潰されたことを嘆いていした。
この黒い鷲は後に夜になったときに、姉がキタイをかばったように、身を挺してキタイを寒さから守ってくれます。

キタイがイカダに乗ったとき、姉の幻覚が現れ「あなたはきっとゴーストになれるわ」「(疲れたと言うキタイに対して)それでいいわ、恐怖を感じなければ」と言い残しました。


そして最後にキタイがアーサーと対峙し、絶体絶命となったとき、キタイは父が言った言葉を思い出します。
「今この瞬間に集中しろ、目と鼻と耳を使え、何を感じる?」

さらに姉の声で、こう聞こえます。
「まだ中にいるの?もう出なさい」

キタイの周りに降る雪は「ゆっくり」見えるようになります。
そして・・・アーサはキタイのことを感じることができなくなり、キタイの上を通り過ぎます。
キタイはスキをつき、アーサをC-40で刺し殺しました。

キタイは、姉が自分を救ってくれたこと、姉と同じように自身を守ってくれた鷲がいたこと、そして父の言葉があったからでこそ、恐怖を克服することができたのです。


ちなみに作中で登場する「白鯨」は、本作と同じように、「父と子」「恐怖に打ち勝つこと」が描かれた小説でもあります。


~バースデーケーキ~

サイファーがモニター越しに、センシのバースデーケーキのロウソクの火を消してくれと頼まれるシーンは象徴的です。
このときサイファーは息を吹きかけ、ローソクは消えたように見えましたが、実際に火を消したのは見えないところにいたキタイでした。

父は家族に影響を及ぼしているのですが、それ以上に影響を与えるのは近くにいるものなのです。
息子のキタイが、父と同じような影響を与えることができる・・・そんな描写だと思います。


~片足の戦士~

序盤に片足となった戦士(レンジャー)が、仲間の手を借りて「あなたのおかげで娘に会えた」と敬礼をしながらサイファーに言うシーンがあります。

映画のラストでは、同じようにサイファーが仲間の手を借りて、キタイに敬礼をします。
これは今まで戦士になれなかったキタイが、父に戦士であると認められた描写です。

しかし、キタイが選んだのは父と同じく「母の仕事を手伝う」ということでした。
戦士とは戦地で戦うものだけでなく、守るべき者を守るもののことを言う―そんなメッセージが込められているように思います。


~父と子~

キタイは無鉄砲で、父親のサイファーのいいつけに背いていました。
任務中に「酸素薬」が足りないことに気づかれ、任務の中止を命じられたキタイは「姉さんが死んだとき父さんは来なかった!僕は臆病じゃない、臆病なのは父さんだ!」と声を荒げます。
キタイは、父に認めてもらいたいことと、過去の後悔から反発をし続けていたのです。

父は息子との関係を上手く築くことができませんでした。
サイファーは、妻から「あなたはあの子のことを何も知らないわ。必要なのは父親よ」と諭されていました。
サイファーは、キタイが崖を登っていた時に、キタイの手にクモがいたことを見ていませんでした。
サイファーが妻への伝言を残すとき「息子との通信が切れた、以上だ」としか言えなかったのは、サイファーの息子との接点のなさを端的に示すものでしょう。

最後に父と息子は、序盤に不時着した時よりも強く、抱擁を交わします。
父と息子はこの過酷な旅を通して、お互いのことを知ることができ、絆を強固なものへとしたのです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-06-22 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
親ばか映画で、胸が痛みました。

あの監督の作品だとは分からずに見てましたが、パンフレットで意外だと感じました。

初めのスペースオペラ風の場面では、このようなのが続いたら偉いことになる傑作ではと思いましたが、あのレンジャーになる宇宙船のシーンになってから、急激にチープな感じになってしまいました。

未来的なコスチュームのデザインに斬新性が何もなく、シートベルトを外すもの現代世界の延長の感じでした。

あのワープをしている時に、多分被害を受けた着陸に失敗した後のシーンは、ラップと安っぽいFRPの残骸だらけで、ちょっとした産廃処分場並みの安っぽいシーンでした。

何と云っても、地上の活動で緊張感を大きく殺いだのは、あのレンジャー小僧のコスチュームです。

素手で、ノンヘルメットで動き回らせるなんてのは、白けます、そのため寄生虫の被害を受ける(当たり前だ)

無防備の首筋から、体にナンカ入ったら、どうするんだ!と心配してましたよ。

それとアーサーと、大鷲のキャラクターが好い加減でした。

監督の名前を見てから、あの大鷲の行動はなるほどな!と納得です(あの迷作、ビレッジのオチを思い出しました)

何故か、女房は「予告編で面白くないのは、予想していた!」と、連れて行った私は怒られました。

なんで判ったんだろうかと思ってます。
2013-06-22 20:19 : sakura URL : 編集
鳥がなぜ助けたのかがわからなかったのですが

我がヒナを助けようとしたお礼か、
彼を自分と同じ鳥族かヒナかとおもいちがいをして?たので助けようとしたのでしょう
2013-06-28 09:40 : 巨大鷲さん URL : 編集
No title
期待したのと違ったなぁ
期待したのは
1、サバイバル。どうやって生き残るのか。レンジャーっぽく工夫してくれるかな。
2、未来の地球の生き物ってどんなのかな。
結果、普通に走って逃げるだけ。
生き物もほとんど今のまま。フューチャー・イズ・ワイルドみたいなの期待したんだけどなぁ。生物学に基づいた未来の生物のデザインに期待したのに。
何かというと気絶(眠る)。目が覚めたら何事もなく次の場面。ってのは何回もやったらダメでしょ。
2013-07-01 22:24 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。